☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮尾本 平家物語

<<   作成日時 : 2005/08/04 13:26   >>

トラックバック 1 / コメント 0

先ほど読み終わりました。
全4巻。1巻550Pほどの物なので、私的には超・長編(笑)。
今年のNHK大河ドラマ「義経」に触発されてのことですが、
図書館で借りて読むのでゆっくりできないのが好かったのか、
何とか読破。自分でも嬉しい♪

平家物語、
今までまともに読んだ事がなくて、部分的に知っている程度。
今でこそ、幼児番組で“ぎおんしょうじゃのかねのこえ〜”なんて
やっていますが、古文の暗証の基礎の基礎というトラウマ(?)で、
敬遠しておりました。原文を読み下す気は今もありませんが(笑)
ドラマも観ている事だし、ちょっとここらでしっかり内容を把握しておくのも
悪くはないなぁ〜とばかりに読み始めましたが・・・

登場人物がとにかく多い!平家一門とは一口に言っても、
まず、名前が紛らわしい!盛の字が氾濫しております。
そして、あっちこっちに姻戚関係があるので・・・
女子に至ってはだれだれの娘が嫁に、というのもあって、
こちらの力関係もややこしい。。。。
でも、書き進め方が素晴らしく、
忘れてもちゃんと思い出せるように説明があったり、
重要な方は何度か出てくるので、読んでいくうちに覚えるようになっていました。
何よりも、平家の印象が読んでいくうちに、
すっかり変ってしまったのには我ながらビックリ!
ドラマを平行して観ていたせいか、役者さんのイメージも関係しているかも。
中でも、清盛婦人の時子さんは、面白い方で松坂さんのイメージにぴったり♪
清盛さんとの出会いの辺りをドラマで観たいなぁと思うほど。
素敵なのは知盛さん明子(あきらけいこ)さんご夫妻♪
知盛さんの知的で潔い武将振りは、東国の武将とは違った趣があります。
ドラマでは阿部寛さんが演じてますが、カッコいいです♪
明子さんは義母・時子さんにとっても平家にとっても一番の頼み所となっていて、
生き残って、本当に好かった!と、いつの間にか平家を応援・・・
平家中心に書かれていては感情移入も仕方ないことですが(笑)
それにつけても、宗盛さんの、情けなさったら半端じゃないですね。。。。
ドラマでは鶴見辰吾さんですが・・・似合いすぎ!なので、
この情けなさを毎回楽しみにしてたりもしたりして・・・ないない!(笑)
物語は明子さんの最期で終わります。
終盤、!?的な展開にはなっていますが・・・ここまで読んで、
この小説に嵌った自分には心和む終わり方でした。

できれば、ドラマのもうひとつの原作、「義経」も読んでみようと思います。
宮尾本平家物語全4巻セット

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「義経」
「義経」とうとう終わりました。 大河ドラマを一年間、録画もせずに一回も欠かさずに観たのは 「琉球の風」&「炎立つ」以来・・・12年ぶり?(笑) 自分でもよく観たなぁ〜と、感心しています。 ...続きを見る
☆お気楽♪電影生活☆
2005/12/12 10:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮尾本 平家物語 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる