☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS いつか晴れた日に

<<   作成日時 : 2006/06/28 01:56   >>

トラックバック 4 / コメント 6

WOWOWで久々に観ました♪

『いつか晴れた日に』
SENSE AND SENSIBILITY
1995年 イギリス・アメリカ
監督: アン・リー 
原作: ジェーン・オースティン 「分別と多感」
脚本: エマ・トンプソン 
音楽: パトリック・ドイル
出演: エマ・トンプソン (エリノア)
    アラン・リックマン (ブランドン大佐)
    ケイト・ウィンスレット (マリアンヌ)
    ヒュー・グラント (エドワード・フェラース)
    グレッグ・ワイズ (ジョン・ウィロビー)
    エミリー・フランソワ (マーガレット)
    イモジェン・スタッブス (ルーシー・スティール)
    ジェマ・ジョーンズ(ダッシュウッド夫人)
    ロバート・ハーディ (ジョン・ミドルトン卿)
    エリザベス・スプリッグス (ジェニングス夫人)
19世紀初め、イングランドのサセックス州。
エリノア、マリアンヌ、マーガレットの3姉妹の父親が亡くなるが、
その遺言には先妻の子孫が彼女たちの面倒をみるよう記されていた。
やがてエリノアとマリアンヌは各々別々の男性を愛するようになるが、
それまで姉妹が知らなかった複雑な人間関係によって、
恋の成就を阻まれそうに……。(WOWOW・HPより)

前日の『シャンプー台のむこうに』のアラン・リックマンつながりで♪
と、言うことではなく偶然なんですが(笑)実はコレで
リックマンさんに惚れたので、つい観てしまいました。
こちらは、久しぶりの鑑賞ですが、このラストが好きで
結末を知っていても嬉しくなってしまいます♪
初め観た当時はヒューさま目当てでしたが、ちょっとね〜
情けないほど煮え切らない役で、おいおい(^^;)って(笑)
そのせいか、リックマンさんのブランドン大佐が
マリアンヌ冷たくされてもじっと耐え、ひたすら思い続ける姿が
凄く大人に見えて・・・私も若かったなぁ(笑)
エリノアとマリアンヌが共に傷ついて一家で帰郷してから
ラストまでは、それまでお金(財産)に翻弄される人々の悲喜劇を
さんざん見せられたせいなのか、そこから離れてやっと幸せに
なっていく過程が好いなぁと思います。
エマ・トンプソンの最後に泣くシーンは、
今まで抑えていた心が一気にあふれ出たんだろうなぁ、
逆転満塁サヨナラホームラン!ってカンジでよかったね〜♪って。
ラストのラスト、結婚式のシーンはもちろん、風景が素敵ですし、
衣装や立ち振る舞いも素敵です♪

なんだか、『ラブ・アクチュアリー』がまた観たくなってきたぞ(笑)
<ASIN:B000ALVXIM></ASIN>

いつか晴れた日に(その2)
いつか晴れた日に(その3)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<いつか晴れた日に> 
1995年 アメリカ・イギリス 137分 原題 Sense and Sensibility 監督 アン・リー 製作総指揮 シドニー・ポラック 製作 リンゼイ・ドーラン 脚色 エマ・トンプソン 撮影 マイケル・コールター 音楽 パトリック・ドイル 出演 エリノア・ダシュウッド(長女):エマ・トンプソン    コロネル・ブランドン:アラン・リックマン    マリアンヌ(次女):ケイト・ウィンスレット    エドワード・フェラース:ヒュー・グラント    ジョン・ウィロ... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2006/07/17 19:30
いつか晴れた日に
19世紀初頭のイングランド。ジェーン・オースティンの世界。 ...続きを見る
悠雅的生活
2006/08/12 22:43
いつか晴れた日に
タイトル: いつか晴れた日に SENSE AND SENSIBILITY ...続きを見る
映画を観よう
2006/08/21 00:34
いつか晴れた日に
WOWOWで鑑賞―【story】19世紀のイングランド。ダッシュウッド家の主人が亡くなった。残された妻と娘3人は、先妻の画策で貧しい生活を余儀なくされる。長女エレノア(エマ・トンプソン)、次女マリアンヌ(ケイト・ウィンスレット)、まだ幼い三女マーガレットは、田舎で母とつましい生活を送る。そこにエドワード(ヒュー・グラント)、ブランドン大佐(アラン・リックマン)などの男性が現れて―   J・オースティン原作、アン・リー監督、エマ・トンプソン脚色   第68回アカデミー賞脚色賞受賞作品【commen... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2007/04/12 08:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
最後は、みんなしあわせになったので良かったですね。 ハッピーエンド大好きです。 
この映画でアラン・リックマンを好きになったのって分かるような気がします。
そういえば<ラブ・アクチュアリー>も似たような出演者でしたし、もう一度観たいですね!
みのり
2006/07/17 19:40
みのりさん♪
『ラブ・アク』では
アランとエマが夫婦で、
エマとヒューさんが姉弟・・・
このほうが
自然な年齢関係かな?(笑)
ひらで〜
2006/07/18 08:58
この作品は、どのキャラクターも好きで
何度見てもラスト近くのエマの嗚咽に・・一緒にググッと来てしまいます

URL
2006/08/21 00:30
Dさん♪
TB&コメントありがとうございました。
どのキャラクターにも好感が持てるのは
ひとりひとりが丁寧に描かれている
からでしょうね。
私も何度観ても、ラストには
感動します♪
ひらで〜
2006/08/21 09:56
ひらで〜さん、こんにちは!
WOWOWで鑑賞しました。
何の気なしに観たのですが、すごく良かったです。
最後はもう号泣です、号泣!!(笑)
アラン・リックマンが素敵でしたねぇ
ああいう懐の広い男性って理想です。現実にはなかなかいませんが。。
由香
URL
2007/04/12 08:31
由香さん♪
最後、泣けますよね〜
でも嬉し涙でいい気分です♪

ブランドン大佐は好いよね〜
理想!
現実にはいませんね・・・きっぱり!

ひらで〜
2007/04/12 16:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いつか晴れた日に ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる