☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS デイジー☆愛は、枯れない。

<<   作成日時 : 2006/06/05 18:06   >>

トラックバック 7 / コメント 8

今月1日、映画の日、2本目に観ました♪
(1本目は『ピンクパンサー』で〜す)
画像
デイジー
DAISY  데이지
2006年 韓国

監督: アンドリュー・ラウ【劉偉強】
脚本: クァク・ジェヨン 
音楽: 梅林 茂
    コンフォート・チャン【陳光榮】  
出演: チョン・ジヒョン(ヘヨン)
    チョン・ウソン (パク・ウィ)
    イ・ソンジェ(ジョン・ウ)
    チョン・ホジン (チャン刑事)
    デヴィッド・チャン【姜大衛】(チョウ)
オランダ・アムステルダムで祖父の骨董屋を手伝いながら
絵を描いているヘヨンのところにデイジーの花が届く・・・
誰が送るのかはわからないが、デイジーに纏わる
思い出がいつも思い出され、いつしかそれは初恋ともいえる
思慕へと変わっていた。
ある日、デイジーを持つ男性が絵を描いてくれとヘヨンの前に現れ、
彼がデイジーの送り主ではないかと思うのだが・・・。

泣ける映画だよ・・・と言われてましたが・・・
なるほど、主役3人のうち、誰に思い入れるかによって
変わってきますね、どれだけ泣けるかは。
以下、ネタバレあり・・・
だから、誰にも思い入れがないと、後半置いていかれます(^^;)
チョン・ウソンの殺し屋の辛い気持ち、わかりますが
ファンならそれはそれは切なく思うでしょう。
ファンではない友人の観た直後の感想・・・
「アレじゃストーカー。」そうかみえるか?やっぱり・・・
私も、それほど彼に思い入れがない分少しだけ思ってしまった(^^;)
そうみえちゃう原因は殺し屋という非日常な設定と
何も残らないラストかな?
殺し屋ゆえに姿を現せない理由はわかりますが、花を贈るって、
やっぱり気づいて欲しいのかい?って思ってしまうわけで(笑)
映画的っていえば映画的ですが・・・
途中まではすご〜く好かったの♪一人の女性と二人の男性、
3人の視点から話が展開して、それぞれの絡みようがなるほどね!って。
女性を見守る男性の立場が逆転するまでは、
結構泣けるシーンがありました。
たとえばヘヨンが初めてパク・ウィの絵を描く所・・・
指が覚えているのでしょうね、いなくなったジョン・ウの絵を
無意識に描いてしまう所・・・もう、切ない。
ヘヨンのジョン・ウへの想いの大きさがよくわかるし、
別の男性を描かれてしまったパク・ウィの気持ちを考えると
ただただ、切なくて泣けました。
デイジーに纏わる思いで話もいい話だな〜って思ったのに、
一人が突然欠けてから、映画だけが突っ走って行ってしまった感じ。
前半が韓国映画で後半は香港映画・・・。
アクションシーンはカッコ好かったです♪映像も素敵でした。
途中、もしかしてジョン・ウの死は偽りの死?
であってほしいなぁとも思ったのですが(笑)
みんないなくなっちゃうなんて・・・
ジョン・ウー【呉宇森】監督だってしなかったのに、勿体ないです。
でも、コレが本当の韓国風なのかな?
呉宇森監督で思い出しましたが、『男たちの挽歌』のリメイク話が
香港だけでなく韓国にもあるとか・・・
チャン・ドンゴンとルイス・クー【古天樂】とRain(ピ)・・・
ちなみに香港版はアンディ・ラウ【劉徳華】が出るらしいが
まだどうなることやらわかりません。

話がそれてしまった・・・元に戻して、
途中退場でしたが、イ・ソンジェ、好いですね〜♪
『動物園の隣の美術館』のあの強引な兄ちゃんだったとは・・・
以後の出演映画を、観てないのでわかりませんでした。
女性も変わるけど、男性も変わるものですね(笑)
香港映画ファンとしては姜大衛が、お懐かし〜ぃ♪
こちらも貫禄がついて最初のうち誰?って(笑)
広東語じゃないとこも好いじゃないですか〜!
好いところもたくさんあったこの映画、
韓国、香港、日本(音楽)とアジアの枠を超えて
作られた映画として評価はできると思います♪
追記
TB頂きましたが文字化けしてしまいましたので
こちらから・・・
京の昼寝〜♪さん♪
水曜日のシネマ日記さん♪
ひらりん的映画ブログさん♪

Rain(ピ)さんについてのTBを頂きましたが文字化けでしたので
こちらから・・・ナルミヤ@通販情報さん
ありがとうございました。

デイジー 韓国映画OST (韓国盤)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【デイジー】
★「古惑仔」「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督、最新作 ...続きを見る
空の「一期一会」
2006/06/05 19:49
「デイジー」チョン・ジヒョンがもっと輝いて欲しい
「デイジー」★★★ チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ主演 アンドリュー・ラウ監督、2005年、韓国 ...続きを見る
soramove
2006/06/09 07:50
「デイジー」見てきました
 僕の彼女を紹介します、私の頭の中の消しゴムに続く、感動作(と言われている)デイジーを見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/06/13 00:22
DAISY デイジー
今週は 映画鑑賞週間。 日曜は「ディバージェンス」、火曜は 「DAISY・デイジー」、水曜は「ダ・ヴィンチ コード」を見に行っていました。 それぞれ、満足のいく作品でした♪ ...続きを見る
My Favorite Things
2006/06/15 23:27
デイジー−(映画:2006年94本目)−
監督 アンドリュー・ラウ 出演 チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2006/07/15 22:38
映画「デイジー」
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/08/20 01:58
デイジー
「心に秘めた愛」の花言葉を持つ小さな花にも似て。ひっそりと愛している人の幸せを陰ながら見守っているよ、と毎日花を届けていたあるヒットマンの恋の行方。ひとりは慣れているから、傘は持たない…ヘヨンの清純なイメージに似つかわしい白い小花。野原いっぱいのデ... ...続きを見る
Have a movie-break !
2007/10/02 22:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜さん、こんばんは!
先日は「イルマーレ」にTBして頂き、ありがとうございました(^^)こちらからも・・・と、思ったのですが、何故か出来なくて。ゴメンナサイ!
「デイジー」ご覧になられたのですね!私もジョンウの死は、偽りだと思ってました・・・。
えっ!?「男たちの挽歌」がリメイクされるのですか?ちょっとイヤかも・・・。
あの・・・もし良かったら“映画バトン”を受け取ってもらえませんか?やっぱり、駄目かナ・・・。

URL
2006/06/05 19:48
空さん♪
ありがとうございます。
『イルマーレ』のTBはこちらの設定ミスで
出来なくなっていました。ごめんなさい。
設定を変えましたので、もしよろしければ
もう一度お願いします。
『男たちの挽歌』のリメイクは私も
ちょっとイヤですね(^^;)
でも、上映されたら
きっと観に行っちゃうんだろうなぁ(笑)

“映画バトン”がんばってみます♪
ひらで〜
2006/06/06 11:25
ひらで〜さんへ
この話は、イ・ソンジュとチョン・ジヒョンの純愛ストーリーでジ・エンド!これで決まりです。黄泉がえりしてリメークしてほしい!私にはとても不完全燃焼をおこす作品でした。
オランダもCIAも・・・そんなに壮大な?ストーリーは必要なし。何でもいいんです。ある町のコソドロと刑事と花売り娘でも、三人の美しさに水をさすことはできないでしょう。
チョン・ウソンは、こんなに『いい男』でなかったら、ストーカーというか・・・とても『押し付けがましい奴』で、美しい?殺人者の報われない愛・・・なんていう感情移入はできなかったでしょう。彼が劇団ひとり(話が飛びすぎるかな)だったら・・・想像してみてくださいマセ(~_~;)
チョウ・ウソン、今回は惜しすぎました。もう彼は、セキスイハウスCMの阿部寛ナミの悲哀のこもった滑稽な姿です。(ファンの皆様に殺されるかしら・・・)ますますイ・ソンジュがステキに見えます。
しかしパイレーツといい、最近「ヒゲの男性」に心惹かれるのはなぜでしょう。バルト・・・の方はチョット遠慮しておきますが・・・ね<(_ _)>
グリーン茶
2006/06/16 00:51
グリーン茶さん♪
不完全燃焼な気分、分ります。
それにしても、たとえが、
なぜに劇団ひとり?(笑)
イ・ソンジェ・・・まんま、
グリーン茶さんの好みですね♪
「ヒゲ男」に惹かれるとは、
グリーン茶さんも
大人になったね〜うん、うん。。。
ひらで〜
2006/06/21 17:07
こちらに遊びに来てしまいました〜。
そして、『デイジー』に導かれてここにコメントを(笑)

ここから【ネタバレ】ですが…。
>みんないなくなっちゃうなんて・・・
いやいや、それがねぇ。『デイジー アナザーバージョン』を観るとちょっと違うみたいなんですよ。(ラストのあの対決の後が…)
たぶん、2枚組DVDとか出ると思うので、そちらで確認してみてくださいね♪
mimi
2006/07/18 20:42
mimiさん♪
ようこそ!
“慶さん”ではないのね(笑)
『デイジー アナザーバージョン』、
違うんですってね、ラスト・・・。
こちらでは上映がなかったので、
気にはなっていたのです。
みんな生きてたら凄いぞ〜!
ンな訳、ないか(笑)
ひらで〜
2006/07/19 15:26
ひらで〜さん、こんにちは〜
拙宅へTBとコメントをありがとうございました♪
脚本が韓国で、監督が香港で、アジア同士が四つに組んだ嬉しい一作でした。
今度、イ・ソンジェ氏を借りて観てみる予定です♪
fizz♪
URL
2007/10/02 22:39
fizz♪さん♪
こちらこそ、ありがとうございました。

イ・ソンジェさん、好いですよね♪
私も、他の作品を観てみたいです。
ひらで〜
2007/10/04 08:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デイジー☆愛は、枯れない。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる