☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴェラ・ドレイク☆すべてを赦す。それが、愛。 ヴェラ・ドレイク、彼女には誰にも言えない秘密があった。

<<   作成日時 : 2006/09/21 16:59   >>

トラックバック 3 / コメント 2

WOWOWで観ました♪
画像
ヴェラ・ドレイク 
VERA DRAKE
2004年 
イギリス・フランス・ニュージーランド
監督・脚本: マイク・リー
衣装: ジャクリーヌ・デュラン
音楽: アンドリュー・ディクソン
出演: イメルダ・スタウントン (ヴェラ・ドレイク)
    フィル・デイヴィス (スタン)
    ダニエル・メイズ (シド)
    アレックス・ケリー (エセル)
    エディ・マーサン (レジー)
    エイドリアン・スカーボロー (フランク)
    ヘザー・クラニー (ジョイス)
    ピーター・ワイト (ウェブスター警部)
1950年初冬のロンドン。ヴェラ・ドレイクは家政婦として働きながら
近所で困っている人を助け、自動車修理工場で働く夫と息子・娘の
4人で慎ましくも充実した毎日を送っていた。が、彼女には家族には
話していない仕事もしていた ・・・それは望まない妊娠をしてしまった
女性たちを助けることであった。

2004年の映画賞ではアカデミー賞では受賞ならずでしたが、
主演女優賞を多く受賞し、ヴェネチア国際映画祭では金獅子賞も
受賞した作品で・・・ようやく鑑賞できました♪
イギリス映画好き!とか言ってますが、恥ずかしながらマイク・リー監督作は
これが初めて・・・出演者も娘の婚約者となるレジー役のエディ・マーサンの
お顔ぐらいしか観た事なくて・・・彼の名前も初めて認識(^^;)
こういう、日常を描いた世界と言うのはどちらかと言うと
スターがいないほうが均一的に全体が観れるので好いのでしょうか?
少なくても私にはそう思え、人物や道具など映画の世界の隅々まで
気にしながら観る事ができました。
当時のイギリスの様子、そのものを観ているような・・・
もちろん当時の暮らしぶりは知りませんが、後の評価から考えても充分な再現なのでしょう
・・・とても平凡な日常を切り取った世界でした。
彼女の秘密行為もあまりに日常に溶け込んでいて、観ている方も、
罪悪感を彼女から全く感じず、後半秘密が公になると彼女の苦しみを
同時に観ている方にも感じさせる、そんな錯覚(?)を感じるほど。
重いテーマだけど重くならずに見せたのは監督の演出によるものか?
と、感じましたが・・・演出は、
ストーリーを俳優に知らせず即興的な演技を引き出すような
ものらしいのですが、それが彼らに日常の中の異常を引き出し、
どんな立場にも立って状況を見ることが出来る作りになっていて、
観ている者の性別・立場・状況などの違いでどんなようにも思える、
考えさせられるのではないでしょうか。
実際、ラストシーンはこれからあなたならどうする?と言われたようで
なかなか、興味深い作りの映画だと思いました。
問題点をどこに置くかでも面白く・・・テーマ的に不謹慎だけど、
いろんな点から考える事が出来るお話だと思います。

ヴェラ・ドレイク役のイメルダ・スタウントンはホントに当時そうやって
生きてたんじゃないかと思うほど、普通に生活していて凄いです♪
彼女を取り巻く人々も良い人ばかり・・・
家族に対してはこれからがんばるんだぞ!と応援したくなります。
愛でいっぱいな家族ですものね。
それから、
たぶん正確だろう当時の生活風景、特に上級と中流(かな?)の差は
なるほど〜と思うほどでした。
また、イギリスが好きになりましたよ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヴェラ・ドレイク
彼女の心は黄金だ ...続きを見る
悠雅的生活
2006/09/23 00:19
映画『ヴェラ・ドレイク』
原題:Vera Drake 優しさゆえに犯した罪、それでも法が法であるために、そして哀しくも見せしめと言われ、彼女は2年6ヶ月の禁固刑を受け入れた・・それでも幸せな彼女・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/09/23 18:26
映画鑑賞感想文『ヴェラ・ドレイク』
さるおです。 『VERA DRAKE/ヴェラ・ドレイク』を観たよ。 監督・脚本は『NAKED/ネイキッド』『SECRETS &amp; LIES/秘密と嘘』『人生は、時々晴れ』のマイク・リー(Mike Leigh)。 出演は、ヴェラ・ドレイク役に『SENSE AND SENSIBILITY/いつか晴れた日に』『SHAKESPEARE IN L.. ...続きを見る
さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
2006/10/09 22:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この作品、ずっと泣きながらみていて、でも、気持ちいい涙でなくって、考えながら、彼女の生活とか想像しながら、観てました。
ご主人がずっと彼女の味方だったとき、感動しました。
ゆうこ
URL
2006/09/23 22:28
ゆうこさん♪
内容的にはどこの国でも
あった事・・・ただそれを
そうのように見せるか、
考えさせるかが大事なのでしょう。
いろいろ考えさせられる事が多い
映画でした。
ひらで〜
2006/09/26 17:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヴェラ・ドレイク☆すべてを赦す。それが、愛。 ヴェラ・ドレイク、彼女には誰にも言えない秘密があった。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる