☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS あるスキャンダルの覚え書き☆彼女の恋の相手は15歳だった

<<   作成日時 : 2008/09/02 15:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

WOWOWで鑑賞♪
画像
あるスキャンダルの覚え書き
NOTES ON A SCANDAL
2006年 イギリス
監督: リチャード・エアー
原作: ゾーイ・ヘラー
   『あるスキャンダルについての覚え書き』
   (ランダムハウス講談社)
脚本: パトリック・マーバー
音楽: フィリップ・グラス
出演: ジュディ・デンチ (バーバラ・コヴェット)
    ケイト・ブランシェット (シーバ・ハート)
    ビル・ナイ (リチャード・ハート)
    アンドリュー・シンプソン (スディーヴン・コナリー)
定年間近の女性教師バーバラは
ロンドン郊外にある労働階級の子供たちばかりが通う
中等学校で歴史を教えていた。
厳格な態度で生徒や同僚に接しており、周囲からは疎まれ孤立していた。
そんな彼女の前に学校には場違いな美術教師シーバが赴任してくる。
バーバラは「彼女こそ、私が待ち望んだ女性に違いない」と、
シーバの様子を、日記に書き綴る。
孤独さや寂しさを表面には決して出さない彼女は日記にだけは全を記していた・・・。

この作品のジュディ・デンチは怖いらしい・・・
と、小耳に挟んで(笑)、かなり興味がわいておりました。
ストーカーもどきの役?と勝手に想像していたのですが
そんな安易なものではありませんでしたね。
アカデミー賞はじめ、いろんな映画賞で主演・助演女優賞や
作品賞などのノミネートがあったのも頷ける作品でした。
地味目の物語ですがスター女優さんの共演で
深い作品に仕上がったのではないでしょうか。
ジュディ・デンチの人を寄せ付けない雰囲気が
愛する事に執着して現実が見えず、
己の妄想に生きようとしてしまう孤独な女性にピッタリ。
そして、生きがいともいえる
本心を語る唯一の手段である日記の組み合わせは抜群です。
映画に描かれるのもそんな彼女の日記のある部分、
というのも凄いよね〜。ラストには、びっくりしました。
その日記の、ある部分の主人公がケイト・ブランシェット・・・
精神的に強そうなイメージがあるので、
何時反撃に出るのか?と思いましたが
普通の主婦が出来心でつい・・・みたいな、弱さが出ていて
上手いな〜と、感心してしまいくらい。
ビル・ナイさんがダンナ役というのも驚いたけど、
若い奥さんをもらってもビル・ナイさんだったら、納得!って
思ってしまう人だから、絶妙な配役かと(笑)

物語は、怖いと一言では言い切れないもやもやとしたものを
残してくれます。
特に年齢を重ねた女性は
バーバラにしてもシーバにしてもどちらも自分にありえるかも
しれない恐怖を感じるのでは・・・。
自分が求めるものを探す過程で、
まだ探せないでいるバーバラ、
途中で妥協してちょっと違うと感じていたシーバは同じ女・・・
彼女たちが陥ってしまったところは
極端な場所で、もしかしたら小さな所へは
誰もが堕ちているのでしょうね・・・やっぱり、怖いわ(^^;)
そこには悪意なんてものはないけど、
愛する方向が相手じゃなくて
実は自分にあることで それも自分じゃ気付いてなくて
周りを傷つける形になってしまうのが怖くて、哀しいです。

ところで、物語には関係ないのですが・・・
シーバの娘さんの部屋が可愛い♪とか
アトリエみたいなシーバの離れの部屋が欲しい!とか
思ってしまった・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あるスキャンダルの覚え書き☆彼女の恋の相手は15歳だった  ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる