☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼が二度愛したS☆選ばれたエグゼクティブだけが集う秘密クラブ。

<<   作成日時 : 2008/11/12 09:55   >>

トラックバック 9 / コメント 6

 導くのはエリート弁護士、ハマったのは孤独な男。
 待っていたのは運命の女と、罠──。

   会員制秘密クラブのルール
     I 名前や職業を聞いてはいけない
     II 待ち合わせはホテル
     III 手荒なことは禁止
     IV 合い言葉「Are You Free Tonight?」


映画館で鑑賞♪(実は11日)
画像
彼が二度愛したS
DECEPTION
2008年 アメリカ
監督: マーセル・ランゲネッガー
脚本: マーク・ボンバック
音楽: ラミン・ジャヴァディ
出演: ユアン・マクレガー (ジョナサン・マコーリー)
    ヒュー・ジャックマン (ワイアット・ボーズ)
    ミシェル・ウィリアムズ(S)
    リサ・ゲイ・ハミルトン ルッソ刑事
    マギー・Q (ティナ)
    シャーロット・ランプリング (ウォール街の美女)
ニューヨークで真面目一筋に会計士として働くジョナサンは、
友だちもおらず、孤独な毎日を送っていた。
そんなある日、派遣先の大手法律事務所で知り合った
弁護士ワイアットと友だちとなる。優雅でセレブな生活を送るジョナサンと
知り合えたことでジョナサンの孤独感も癒されていき、携帯電話を取り違えてことで
生活までもが変わっていく・・・。

久々のヒューたまです。
『X-MEN:ファイナル ディシジョン』は観てなくて、
『ファウンテン 永遠につづく愛』も
観そびれているので『プレステージ』以来・・・
劇場では『タロットカード殺人事件』以来です。
なので、最近地味めな雰囲気なのですが、
今回も・・・以下、ネタばれありです・・・
地味ったら地味だけど、雰囲気は今までと違うし
ビジュアルは好いので、悪くはないのだけど・・・主役じゃないのね。
初めと終わりにしか出てこない・・・
ユアンくんが主役。そ〜いえばユアンくんも劇場では久々かな?
車のCMではよく観ているけど(笑)
ユアンくんはどっちかっていうとやんちゃさんの方が好いなって思うのだけど、
今回はニューヨークの真面目なビジネスマンという、これまた地味な役。
万年少年っぽいところが功を奏した感じで
   コート姿なんて学生みたいで可愛かった♪
知らない世界に足を踏み入れてとんでもない目にあうという
典型的なパターンなんだけど逆襲ありで、なんとか彼らしさを魅せてくれます。
しかも、多くの女性相手にがんばってます。
段々、大人になるって感じかな。
相手の女性たちが好かったのね、きっと。
そうそう、ユアンくんとは対照的にヒューたまは女性相手のシーンは殆どなし・・・
製作サイドに奥様がいるから、という理由が彼らしくて好いですね(笑)

お話は知らないうちに犯罪に巻き込まれてしまうというもので
原題の“DECEPTION”はズバリ“詐欺”なんだよね〜
だけど、邦題は“愛”を入れちゃって、
売りは“会員制秘密クラブ”みたいな雰囲気で・・・
無理やり官能入れてるのかな?
ぜんぜん違う!とは言わないけど、そんなにはないので
そうだとすれば、それで観に行っちゃった方には申し訳ないんじゃなかろうか・・・
それとも、ユアンくんが♪、ということで、いらぬ心配か?(笑)
それに山場の犯罪(?)がコンピューターでできちゃうので
そんなもんか?な感じだし、
    ・・・『ファイヤー・ウォール』みたいだ
銀行でのシーン・・・写真ってそんなにわからないのもなのか?
って、不思議・・・じゃない?
   ・・・『リプリー』みたいだ
ラストもありきたりなので・・・というか、あのままでいいの?
と言う、疑問ものこるので
大声でお薦めできないのが残念です(笑)
二人のファンならいいんだけど・・・
そーなの、私はこれでいいんだよ〜って思ってしまうのよね

ところで、ユアンくんといったら、
天使と悪魔』ですね。
2009年5月15日に全世界一斉公開が決まったようです。
作品HPの日本版は表紙だけみたいですが
オリジナルサイト『ANGELS & DEMONS』では予告編もあり、
かなりの出来具合です。
2009年5月追記:観ました♪感想はコチラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
彼が二度愛したS
彼が二度愛したS (2008)今回の映画は、「彼が二度愛したS」です。本作「彼が二度愛したS」は、孤独な会計士の男が官能的な誘惑に堕ちていくラブ・サスペンスです。監督はマーセル・ランゲネッガー。ニューヨークの孤独な会計士ジョナサン(ユアン・マクレガー)は、... ...続きを見る
映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画...
2008/11/13 05:03
彼が二度愛したS
&nbsp;孤独な会計士。彼が愛した女、“S” ...続きを見る
悠雅的生活
2008/11/13 09:13
「彼が二度愛したS(DECEPTION)」映画感想
お気に入り俳優のユアン・マクレガーとヒュー・ジャックマンが共演しているサスペンスって事で見てきました。「彼が二度愛したS ...続きを見る
Wilderlandwandar
2008/11/18 16:13
危険な罠〜『彼が二度愛したS』
 DECEPTION ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2008/11/22 15:26
彼が二度愛したS−(映画:2008年62本目)−
監督:マーセル・ランゲネッガー 出演:ヒュー・ジャックマン、ユアン・マクレガー、ミシェル・ウィリアムズ、リサ・ゲイ・ハミルトン、マギー・Q ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/11/25 23:38
彼が二度愛したS 原題:Deception
 愛と欲望が渦巻くニューヨーク。 この騙しあいに勝つのは誰だ? 11月18日、MOVX京都にて鑑賞。ダサいユアン・マクレガーと何か超悪そうなヒュー・ジャックマン。ユアンがこんなキャラで登場するなんて、ちょっと珍しい?それに対して、ヒュー・ジャックマン、もう腹黒いというのが顔に表れています。そしてこの二人に絡む謎の美女Sがミシェル・ウィリアムズ・・・・・。またヒュー・ジャックマンはこの作品の製作にも関わったということです。 何となくストーリーを観ているとだいたい予想のつくような展開だとは思っ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2008/11/29 20:29
彼が二度愛したS
2007 アメリカ 洋画 エロス 作品のイメージ:萌え、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ 出演:ヒュー・ジャックマン、ユアン・マクレガー、ミシェル・ウィリアムズ、リサ・ゲイ・ハミルトン ...続きを見る
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/05/31 21:49
「彼が二度愛したS」(DECEPTION)
「ムーランルージュ」や「アイランド」のユアン・マクレガー、「ニューヨークの恋人」「タロットカード殺人事件」のヒュー・ジャックマン、二大スターが主演したサスペンス「彼が二度愛したS」(原題=詐欺、2008年、米、108分、マーセル・ランゲネッガー監督)。この映画は、冴えない会計士がセレブな弁護士との出会いをきっかけに、Are you free tonight?(今晩おひま?)と甘くささやく会員制秘密クラブにのめりこみ、背後に仕組まれた危険な罠に堕ちていく様を描く極上のサスペンスに仕上がってい... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2009/11/24 22:06
【映画】彼が二度愛したS
<彼が二度愛したS を観ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2010/10/18 21:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
いつもいつも、ご無沙汰続きでごめんなさいね。

伏線とも呼べないヒントだらけ、先まで読める筋書きと、
目新しさも何にもないのに、すっかりこのお話が好きになったワタシ。
後々冷静に考えたら、もし、好きなキャストじゃなかったら、
どんな感想を書いたかわからないのですけど、
生真面目で一途なユアンを一生懸命応援したり、
ミシェルを観たらヒースを思い出したり…
我ながら、何だか違う見方をしてるかも、と思いつつ、
どういう理由であれ、好きだわ、と思える作品に出会えてよかったです。
悠雅
2008/11/13 09:19
悠雅さん♪
PCに向かっていた時間が
同じ頃だったようで、
早速のTB&コメント、
ありがとうございます。

伏線どころか、初めから怪しい(笑)
でもいいの♪と
しっかり、二人を堪能して
別の意味で楽しみました。

>ミシェルを観たらヒースを思い出したり…

しばらくは・・・仕方ないですね。
楽しみ方はそれぞれ♪
私もこの作品、ツッコミ入れながらも
愛しいと思いました。
ひらで〜
2008/11/13 09:52
こんばんは〜♪
コレはもうヒュー・ファンには、たまらん1作でしたね〜。ワルい彼、いいわぁ〜〜〜♪

ストーリー的には、ツッコミ満載ですが、そこはあえて触れないで〜〜〜(笑)堪能しました。
ユアンは普通っぽいとこがよかったし〜
真面目な彼がSを愛してしまうあたりも、よかったし・・・(中華街がいいカンジ)
ミシェルは、こんなに美しかった?とびっくりさせてくれて〜
ランプリングさんやマギーのサービスショットまでありで、よかったです。

とにかくヒューさまが素敵だったわ。
マリー
2008/11/15 22:16
マリーさん♪
ヒューさんのファンじゃなければ?って
感じの作品ですが(笑)
ファンにとってはたまらんですね♪
狼男などの野性的な彼もいいけど、
インテリっぽい悪役が素敵でした。
眼鏡姿は特に♪(笑)

ユアンは今回、対女性シーンが多くて
大変だったらしいですね・・・
相手のイメージも元気印だから、
大人の女性に意外性があって
新鮮でした(笑)
ひらで〜
2008/11/16 11:34
ひらで〜さん、こんにちは! コメントありがとうございました。
私は最近DVDで『ファウンテン〜』観たのですがオススメですよ〜♪
『タロットカード〜』もDVDで観ようとしたら、再生できなかったんですよ(泣)。
ディスクとデッキの相性が悪かったみたいで・・。
他のタイトルに変更してもらったんですが、PCで観ればよかったな〜。
ヒューさま、素敵ですよね〜、旬だわ♪
でもグラントさんの消息も気になる私です(笑)。
ではでは、また来ます〜。
真紅
2008/11/22 15:31
真紅さん♪
こちらこそ、ありがとうございます。

『ファウンテン〜』是非みたいです!
『タロットカード〜』は
残念でしたね。
PCなら大丈夫ですけど、
画面が小さいのでやっぱりイマイチ・・・

私の古い(?)映画仲間の間では
ヒュー“さま”といえばグラント、
ヒュー“たま”がジャックマンなのです
変な呼びかただけど、結構
気にいって使ってます(笑)
グラントもそろそろ
落ち着いてほしいなぁ〜
ひらで〜
2008/11/22 17:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
彼が二度愛したS☆選ばれたエグゼクティブだけが集う秘密クラブ。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる