☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS チェ 28歳の革命☆かつて、世界を本気で変えようとした男がいた。

<<   作成日時 : 2009/01/17 22:10   >>

トラックバック 9 / コメント 4

2009年、映画館での初鑑賞です♪
(実は16日)
画像
チェ 28歳の革命
CHE: PART ONE
THE ARGENTINE
2008年 アメリカ・フランス・スペイン
監督: スティーヴン・ソダーバーグ
脚本: ピーター・バックマン
音楽: アルベルト・イグレシアス
出演: ベニチオ・デル・トロ (エルネスト・チェ・ゲバラ)
    デミアン・ビチル (フィデル・カストロ)
    サンティアゴ・カブレラ (カミロ・シエンフエゴス)
    エルビラ・ミンゲス (セリア・サンチェス)
    ジュリア・オーモンド (リサ・ハワード)
    カタリーナ・サンディノ・モレノ (アレイダ・マルチ)
    ロドリゴ・サントロ (ラウル・カストロ)
1964年、ニューヨーク。一人の男が語る。
「馬鹿らしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。
人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛のない真の革命家を想像することは、
不可能だ。」
「革命家にとって重要なことは?」という問いに答えたその男の名は
キューバの“影の実力者”チェ・ゲバラ。
1955年7月、メキシコ。アルゼンチンの裕福な家庭で育ち医師となった彼は
南米大陸の旅の途中、独裁政権下のキューバに革命をもたらそうとする
フィデル・カストロにフィデルの弟ラウルを介して出会い、意気投合、
革命に身を投じる。
1956年11月、わずか82名の仲間と小さな船でキューバに上陸した彼らは、
ゲリラ戦を重ね、2年の歳月を経て大都市サンタクララを襲撃。
1969年1月、首都ハバナに入城する。

"2009年観たい映画”に挙げた通り、まずは一本目です(笑)
ただ、チェ・ゲバラという人物についてはあまりにも無知なので
観ても解るのか?という不安があったのが正直なところ。
お名前だけは、よく聞きましたね。
ジョニ・デも敬愛しているとかどこかで読みましたし、
Tシャツとかライターとかに印刷された顔なども見たことが・・・
あとは彼の青春時代を描いた『モーターサイクル・ダイアリーズ』ですが、
きな臭いイメージの革命家という言葉に結び付かない
印象を受けた作品でしたから・・・。

本編上映前に(たぶん日本だけだろうけど)、彼についての説明がなされます。
知っている人にはいらないかもしれないけど、
何も知らない人(私だ!)にはかなりありがたいものでした。
1964年のアメリカでのインタビューら始まったかと思えば
1955年のメキシコ、そして1956年以降のハバマまでの進攻、と
時を刻んで挿入されてくるので初めのうちは
人物や行動の把握に一苦労するのですが、
次第にあ〜そうか〜となるので不思議です。
インタビューで語る言葉、そして国連で語る言葉の意味を
裏付けするような展開でした。
ドキュメンタリーっぽくはあるけれど、
なぜ革命に命をささげるのかとか、
革命そのものを描くのではなく、
チェの生活面や人間性を中心に周りとの関わりを交えて描くことで、
彼の姿を感じ取ることができたというのかな・・・
戦線に出されず傷痍兵を担ぐ役になったり、
馬鹿にされたと文句を言う兵士の誤解を解いたり、
文盲の兵士たちに文字や算数を教えたり、
駐屯した村で医者として村人を診たり、
農民に手を出した兵を粛清したり・・・
そんな小さなエピソードを紡ぐ様にした物語から
彼の姿をすべて知ることは到底無理なことですが、
彼の行動がその後に語られる言葉通りに
愛から湧き出てくるものであろうことは
感じ取ることができました。
そう、彼が何をやったのかを知らしめる映画ではなく、
彼を感じさせる映画のような気がします。
そして、自分の持っていた革命家という言葉のイメージが
変わったというのが自分でも収穫だったと思います。
今までですと、苦しめられた圧制に耐えかね、
半ば憎しみを持って反発して立ち上がる人がなるもの・・・な感じの
イメージを持っていましたけど、彼の場合は違うよね。
武力で変えようとするところは、別にしても
憎しみとか、うまく言えないけど、
マイナスの心情から湧き出たものじゃなくて、
すべてを愛する心からというもの。それが
「愛のない真の革命家を想像することは、不可能だ。」という
彼の言葉になっていて、この作品から強く感じました。

さてさて、デル・トロさん♪
28才には見えないよ〜とか思ったけど、
当時の人たちは今の人たちよりずっと老けて見えたのだろうな〜と、
ということで、まぁ、いいかと(笑)
実在の人物、しかもまだチェを知っている人が存在する中で
演じるのは大変なことだったろうとは思うけれど、
私としてはデル・トロさんがチェにどれだけ似ているのか
想像がつかない分、デル・トロさんのいいところがいっぱい観れて
とても好い気分になりました。
続きが楽しみです♪
脇としてはあまり登場シーンは多くなかったけど、
カストロの弟・ラウル役でロドリゴ・サントロが出てるのが嬉しかった♪

   追記:『チェ 39歳 別れの手紙』の感想はこちら

1月も半ばにして初鑑賞とは・・・なんだか寂しいですので
この日、がんばって二本目を観ることにしました(笑)
『チェ 28歳の革命』とは正反対な
おバカ映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』なんですけど(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画:チェ 28歳の革命
 いつもお世話になっているRosalindaさんに誘われて、今年初めての試写会に行ってきました。題目は“チェ 28歳の革命”と“チェ 39歳別れの手紙”です。(共通公式ホームページはこちら。) ...続きを見る
よしなしごと
2009/01/18 11:20
その男、ゲバラ〜『チェ 28歳の革命』
 CHE: PART ONE ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2009/01/18 11:33
映画「チェ 28歳の革命」
原題:The Argentine 彼の1952年23歳の頃ラテン・アメリカ探検の旅が描かれた「モーターサイクル・ダイアリーズ」とても素晴らしい映画だった〜そして偉大なる愛の革命家へ〜 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/01/18 20:02
チェ 28歳の革命
祖国か、死か。 ...続きを見る
悠雅的生活
2009/01/18 22:42
チェ 28歳の革命
程よい予習と睡眠をとってから観ましょう。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/01/23 12:51
『チェ 28歳の革命』
公開から1カ月近く経ってからやっと観てきました、『チェ 28歳の革命』。 新宿バルト9に日曜に観にいったんだけれど、朝8:50からの回なのに客入りは普通に入ってて、日曜の動員をなめてましたw。 ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2009/02/13 23:05
「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか?
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。ソダーバーグ監督とデル・トロの執念が詰まったような、渾身の一作になっています。 ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2009/02/18 02:03
チェ 28歳の革命
1955年、メキシコ。 ラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいと南米大陸の旅を続けるアルゼンチン人の医師エルネスト・ゲバラは、独裁政権に苦しむ故国キューバの革命を志すフィデル・カストロと意気投合。 わずか82人で海を渡り、2万人のキューバ政府軍と戦うというカストロの作戦に、参加を決意する…。 実在したキューバ革命のカリスマの誕生を描く闘いのドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2009/02/19 23:56
チェ 28歳の革命(147作目)
チェ 28歳の革命はWOWOWで昨年にし観たが ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2010/02/21 12:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜さん、こんにちは! コメントありがとうございました。
私も、この作品が今年の一本目だったんですよ♪ 幸先いいですね〜。
革命家としてのゲバラでなく、一人の「よき人間」だった彼が描かれていましたね。
フィデルも、彼が大事だったからこそ訓練係にして、一見降格だけれど実は彼を守っていたのがよくわかりました。
ラウルをロドリゴくんが演じていたとは私も知らず、うれしかったです〜。
後編も楽しみですね♪
ではでは、また来ますね〜。
真紅
URL
2009/01/18 11:37
ひらで〜さん、こんばんは。
お邪魔がすっかり遅くなりました。

わたしも名前と顔のプリントくらいしか知らず
『モーターサイクル〜』も未見で、
もし、置いてけぼりになったらどうしようと、直前まで迷っていたんですけど
思い切って、全く何も知らない状態で観てみて大正解。
革命そのものよりも、淡々と彼の内面を描いたことで、
いつまでも崇拝され続ける理由がわかった気がするし、
39歳も是非、観てみようと思わせられました。

映画を通して、その人となりを知る・・・
いったい、何人目なんだろう…っていうか、
わたしはこれまで、何をどう勉強したり知識としてきたのか、
自分で自分に呆れております。。。
悠雅
2009/01/18 22:47
真紅さん♪
真紅さんもこの映画が今年お初なのですね♪
ホントに好い映画でスタートできて
お互いに幸せですね。

純粋に困っている人を助けたい・・・
それだけの思いだったのでしょうね。
フィデルという人は、人をよく見て
使い方も上手だったのかもしれませんね。
上に立つ人は尋常な常識や精神力じゃ
続きませんものね。

後編、すぐにでも観たいです♪
ひらで〜
2009/01/19 14:51
悠雅さん♪

政治的なことも全くといっていい程
知りませんから、
理解できなくても、デル・トロさんだけ
観てれば・・・な〜んて思ってたりも
してたのですが、杞憂でしたね(笑)

個人的には無欲なところや、
誰に対しても愛を持って接し、
ただ施すのではなく無力な人でも
力が持てるように手を貸す姿勢が
人を時代を超えても
人々を引き付けてやまないのでしょうね。

映画というのは私にとっては
世界を知る一番の手段です。
まだまだ世界は広いので、
これから出会う映画が私を未知の世界へ
連れて行ってくれるのだと思うと、
楽しみで、楽しみでたまらないのです。
だから、悠雅さんも自分に呆れるなんて
仰らないで、開き直りましょ♪(笑)
ひらで〜
2009/01/19 15:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チェ 28歳の革命☆かつて、世界を本気で変えようとした男がいた。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる