☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・シューター/極大射程☆合衆国VS孤高の狙撃手<シューター>

<<   作成日時 : 2009/02/16 11:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

WOWOWで鑑賞♪
画像
ザ・シューター/極大射程
SHOOTER
2007年 アメリカ
監督: アントワーン・フークア
原作: スティーヴン・ハンター
    『極大射程』(新潮社刊)
脚本: ジョナサン・レムキン
音楽: マーク・マンシーナ
出演: マーク・ウォールバーグ (スワガー)
    マイケル・ペーニャ (メンフィス)
    ダニー・グローヴァー (ジョンソン大佐)
    ケイト・マーラ (サラ)
    イライアス・コティーズ (ジャック・ペイン)
    ローナ・ミトラ (ガリンド)
    ネッド・ビーティ (ミーチャム上院議員)
元アメリカ海兵隊の敏腕狙撃手のスワガーは三年前、アフリカのエリトニアで偵察任務中、
不足の自体から戦闘となり、敵陣に取り残され、司令部に見捨てられる過去を持つ。
ある日、世捨て人のように愛犬サムと山中で生活する彼の前にジョンソン元大佐が現れ
遊説予定の大統領暗殺計画を阻止するために、狙撃手ならばどこの都市で、どう計画するのか
予測を立てて欲しいと依頼していった。はじめは乗り気ではなかったスワニーだったが・・・。

マーク・ウォールバーグって、
レオくん目当ての『バスケットボール・ダイアリーズ』や
ユンファ目当ての『NYPD15分署』に出ていたので
若い時から知ってることは知っていたけど、主役の作品を観ていないので、
それほど興味を持つことがなかったのですが、
『ハッカビーズ』(ジュード・ロウ目当て)で、
力を抜いた役が印象的に残って、『ディパーテッド』(レオくん目当て)での
嫌な上司(でも、美味しい役)が好かったので、最近気になりだしました。
脇の方が好い味だせそうなんだけど・・・
主役のもたまにはね♪

お話は大統領暗殺を阻止するはずが、いつの間にか犯人にされてしまい、
がんばって疑いをはらす・・・というもの。
マーク・ウォールバーグ、体を張ってがんばってましたが
依頼主をもっと調べてから受けないといけないよね・・・
とか、突っ込みどころがたくさんあって(笑)
ラストなんかもなんだかすっきりしないうえに
決着のつけ方がなんだかなぁ〜って、困ってしまうのだけど、
1600メートル離れたところから狙撃するということの大変さとか
リモコンでも銃は撃てるものだとか
狙撃に関するトリビアが結構面白かったです。
あと、ホームセンターで売ってるもので
ナパーム爆弾とか作っちゃうとことか・・・
凄い威力でびっくり!・・・真似したりしないかと心配です。
・・・と、武器とか好きな方は楽しめる作品だったのでは。

脇としては新米FBI捜査官・メンフィス役のマイケル・ペーニャが面白い。
なんだか、兵隊役のイメージがあるので捜査官って意外でした。
敵役としてダニー・グローヴァーは申し分ないのだけど、
あまり厚みのない悪役だったし、
あっけないラストなのでもったいなかったなぁ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ザ・シューター/極大射程☆合衆国VS孤高の狙撃手<シューター> ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる