☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 最高の恋人☆誰にでもたった一人運命の人がいる。

<<   作成日時 : 2009/09/08 14:48   >>

トラックバック 1 / コメント 0

画像
 この映画の中にはあなたがいます。

最高の恋人
MR. WONDERFUL
1993年 アメリカ
監督: アンソニー・ミンゲラ
脚本: エイミー・スコア
    ヴィッキー・ポロン
音楽: マイケル・ゴア
主題歌:フィル・ベリー
     ウェンディー・モートン
     “Still It's You”
出演: マット・ディロン(ガス)
    アナベラ・シオラ(リー)
    メアリー=ルイーズ・パーカー(リタ)
    ウィリアム・ハート(トム)
    ヴィンセント・ドノフリオ(ドミニク)
    デヴィッド・バリー・グレイ(ポープ)
ニュー・ヨークで電気技師として働くガスは離婚した元妻への慰謝料の
支払いに追われ、恋人の看護士・リタとの結婚にも、同僚たちが共同出資して
廃墟となっているボーリング場を再建しようという話にも消極的。
同僚のポープは、慰謝料から開放されるには、リーを再婚させるしかないと
提案するが・・・。

録画しておいたビデオですがそろそろハードも怪しくなり(笑)、
DVDで残そうかと改めて録画したりと整理を始めたところ、
録画したまま観てないのも何本かあり・・・
これも、そのうちの一本で、ようやく鑑賞♪

マット・ディロンは若かりし日のアイドル♪
80年代はよく観たのですが、最後に劇場で観たのは
91年の『死の接吻』・・・以後はビデオやTVでちらほらと。
気にはなっていたのですが、埋もれておりました(笑)

お話は腐れ縁で結婚した二人が一度は離婚し、
別々の恋愛を通してやっぱり自分を理解してくれるのは・・・
と、元鞘に納まってしまうよくあるのものですが、
離れても、お互いが前向きな状態で生活しつつ、
お互いの良さを見出していく過程とか、
周りの人々の温かさなどは、好感が持てて好かったです。
電気技師ゆえにガスが元妻の家でも壊れたものが気になる所、
実は我が主人も会社で電気保守の仕事についているので
同じだ〜とか、笑ってしまった。
でも、電飾飾りはさすがにつけてくれないけど(笑)
・・・クリスマスの飾りにと一時は考えたけど、
  費用とか、電源とかマジに考えたら、無理だって

一方、元妻リーは若い時に結婚したので、
他の世界が知りたくて大学に入ったという設定で
妻子持ちの大学教授トムと関係中・・・
う〜ん、勉強したいという気持ちはわかるけど
不倫までしなくても・・・と言うのが正直な所(笑)
ガスにとっては離婚した後に出会った看護士リタの方が、
時間的にきつくても絶対いいと思う・・・
リーに何故戻る?って感じもするけど、
まぁ、元妻とちょくちょく会ってる奴を愛していけるか自身なくなるのは
当然でしょうと、理解して(笑)

若いときにはこういうやり直しもあるかな・・・と
既に年寄り目線で観てしまうところもありましたが(笑)
マット・ディロン、やっぱり好いよね♪
『イン&アウト』以降、コメディが多くなっていましたが、
最近では『クラッシュ』で表に出てきましたし、
これからも楽しみです♪
気になる新作は
サスペンス映画『TruNothing But the th
主演:ケイト・ベッキンセイル、監督・脚本:ロッド・ルーリー 
クライム映画『Armored
共演:ジャン・レノ、ローレンス・フィッシュバーン、監督:ニムロッド・アーントル
ディズニー・コメディ映画『Old Dogs
主演:ロビン・ウィリアムス、ジョン・トラボルト
クライム映画『Takers』 予告編
共演:ヘイデン・クリステンセン、ポール・ウォーカー
監督:ジョン・ルーセンホップ

監督は昨年急逝したアンソニー・ミンゲラ監督。
監督作品は『イングリッシュ・ペイシェント』以降のは
ほとんど観てますが、本作のような明るいロマンス物は
意外でしたので、観てから気がついた次第(^^;)
   ご自身の脚本ではないのでしょうがない?
唯一観てないのが監督デビュー作の『愛しい人が眠るまで』。
アラン・リックマンが出演してるのもあって観たい!と
探してはいるのですが・・・(涙)
    追記:観ました〜♪感想はこちら
もともとは脚本家で、脚本家として最後の作品となる
ミュージカル映画『NINE』が来春日本公開予定。
(アメリカでは今年11月末公開予定)
監督はロブ・マーシャルで、グイド役にダニエル・デイ=ルイス。
彼を取り巻く女性たちには
マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ
ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン
ステイシー・ファーガソンと、華やかです♪
私的には舞台の『NINE』でグイド役で出演した
ラウル・ジュリアが好きで、舞台は観てないけど
CDで聴いていて思い入れがあるので
是非、観たい、楽しみな一本です♪
   追記:観ました〜♪感想はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
4本の映画の最新予告
Takers[Trailer II] 【出演】ゾーイ・サルダナ     ヘイデン・クリステンセン     ポール・ウォーカー     マット・ディロン ...続きを見る
映画予告編ブログ
2010/06/09 22:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最高の恋人☆誰にでもたった一人運命の人がいる。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる