☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS アリス・イン・ワンダーランド☆世界はもう、マトモではいられない…。

<<   作成日時 : 2010/04/20 17:36   >>

トラックバック 3 / コメント 4

画像
 「不思議の国のアリス」のその後・・・

アリス・イン・ワンダーランド
ALICE IN WONDERLAND
2010年 アメリカ(ディズニー)
メディア 映画
監督: ティム・バートン
原作: ルイス・キャロル
『不思議の国のアリス』/『鏡の国のアリス』
脚本: リンダ・ウールヴァートン
音楽: ダニー・エルフマン
出演: ミア・ワシコウスカ (アリス)
    ジョニー・デップ (マッドハッター)
    ヘレナ・ボナム=カーター (赤の女王)
    アン・ハサウェイ (白の女王)
    クリスピン・グローヴァー
               (ハートのジャック)
    マット・ルーカス
    (トウィードルダム/トウィードルディー)
声の出演: アラン・リックマン (アブソレム)
       マイケル・シーン (白うさぎ)
       スティーヴン・フライ (チェシャ猫)
       ティモシー・スポール (ベイヤード)
       ポール・ホワイトハウス (三月うさぎ)
       バーバラ・ウィンザー (ヤマネ)
       クリストファー・リー (ジャバウォッキー)
子どものころから不思議な夢を見つづけていたアリス。
19歳になったある日、亡くなった父の友人の息子から求婚される。
好きでもなく、突然の出来事に戸惑うアリス。そんな彼女の目の前に
チョッキを着た白ウサギが現れ、咄嗟にそのあとを追いかけた。
ウサギが逃げた先の木の根元の穴を覗き込んだ彼女は、
そのまま深い穴に吸い込まれるように落ちてしまう・・・。

前売り券のおまけ・・・第三弾のストラップで
マッドハッターをいただきました♪
アリスも可愛いかったけどね、券二枚はいらないもの(笑)
で、17日に鑑賞♪
『クレしん』と『コナン』の上映も劇場はキュウキュウでしたが、
『アリス』はね、そんなでもなかった・・・ちょっと淋しい。
やっぱり、2D上映だからか?それとも・・・
字幕だからか・・・
でも、これは字幕じゃないとね〜
だって、お目当てはアラン・リックマンだから♪
もちろん、ジョニ・デもなんだけど。

お話は子どものころに不思議な夢を観たアリスが
19歳になって、家の事情で好きでもない人と
結婚させられそうになるところから始まります。
こういう現実的な話からは始まるとは思っていなかったので
違和感を感じながら観てしまったのがいけなかったのか・・・
ファミリー対象だからなのか、
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』が
あまりにも強烈だったからなのか、
グロさがなくて、不思議な感じ。
アリスにグロいところはいらないのか(笑)
監督、ティム・バートンだよね・・・?
キモかわいいのは、“らしい”けど
お話の展開から受ける印象が
ロビン・ウィリアムスの『ピーター・パン』の感じに
キャラクターからは『千と千尋の神隠し』の感じに
なんだか似てるような気もしたりして・・・
3Dだったら、もっと楽しめたのかな〜
いつの間にか、違うものを期待してたみたい(苦笑)

でも、アラン・リックマンは声だけでも好いわ♪
アブソレムは青い芋虫で、賢者。
   声だけ出演といえば『銀河ヒッチハイク・ガイド』♪
   根暗ロボット、マーヴィン役で、いじけちゃう ところが可愛かった

芋虫は、昔からその変化の大きさから魔力を持つものとして
考えれていたみたいで、たぶんアリスの変化に同調するものとして
出てきたんじゃないかと思うと、彼の存在は大きいもの。ラストも素敵♪
ジョニ・デのマッド・ハッター、ちょっと見不気味なんだけど、
慣れてくると可愛いもので(笑)
素顔じゃないけど、いい表情してました。
もう、出演者が楽しくて、そこはとっても好かったです♪
というのも、
私の知ってる“アリス”の世界はアニメでの世界だけだし、
原作も読んでないし(買ったけど)
アリスの様に深いところまでは落ちてないから
本作の見た目の世界だけしかつかめてないのでダメなんだろうな。
そう思うと、好いとか悪いとか言えないよね。
ただ、
少女から大人への入り口で戸惑う姿はわかるけど、
19歳はどうなんだろう?
おとぎ話で表現するには難しい年頃かも・・・

映像的には“アリス”の世界を知ってる人にはたまらないのだろうな・・・
せめて、ちゃんと読んでから観なきゃダメだよね。
出直して来ま〜す♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アリス・イン・ワンダーランド
お前はどうかしてる。でもいいことを教えよう。偉大な人はみんなそうだ。【2D字幕版】 ...続きを見る
悠雅的生活
2010/04/22 22:45
アリス・イン・ワンダーランド
世界はもう、マトモではいられない…。 原題 ALICE IN WONDERLAND 製作年度 2010年 上映時間 109分 製作国・地域 アメリカ 原作 ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』/『鏡の国のアリス』 脚本 リンダ・ウールヴァートン 音楽 ダニー・エルフマン 監督 ティム・バートン 出演 ミア・ワシコウスカ ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーターアン・ハサウェイ クリスピン・グローヴァーマット・ルーカス 声の出演 アラン・リックマン マイケル・シーンティモシー・スポ... ...続きを見る
to Heart
2010/04/23 00:40
アリス・イン・ワンダーランド ULTIRA 3D(吹き替え版)
Alice in Wonderland(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督: ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ/ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アン・ハサウェイ ...続きを見る
小部屋日記
2010/04/25 20:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜♪
目が疲れるから2Dで、アランほか英国俳優の声が聞きたいから字幕で、
ジョニデファンの女性グループが多数の中、観て参りました(笑)
アリスについて、ジョニデについて、ティム・バートンについて、3Dについて、
ろくすっぽ語ることなく、感想のほとんどが吹替えの英国俳優のことに終始するとは
われながら思ってなかったんだけれど、
いいか、そんなブロガーがいても、と開き直ってます(笑)

そうそう。『銀河〜』の、いじけて肩を落とすマーヴィンが大好き♪
芋虫やチェシャ猫が出てくるたび、元の俳優たちの顔を思い出してニタニタしてました。
って、この作品のコメントになってないわ・・・
悠雅
URL
2010/04/22 22:30
早速観たんですね(うらやましい)
いよいよこちらでも5/1から3D観れます。
1日の割引日に観に行く勇気はありませんが・・・(笑)
ジョニデファンに押しつぶされてまで、観るもんじゃないかな?
・・・と命は大事にしようと思っています。
ブログ見て絶対「吹き替え」にしようと決めました。
ありがとう(^_^)v

娘の今年の選択家庭科の製作品は「アリス服」だそうです。
う〜ん、アリスはやっぱり少女(10歳くらい)がイメージ。
中高生が「アリス服」・・・コスプレですか???
ましてや19歳は想像できません。
原作にハマルと、逆に映画がもっとつまらなくなるかもしれませんよ(苦笑)
緑茶
2010/04/22 23:46
悠雅さん♪
この作品が観たい!と思った
一番の理由がアランの声・・・
い〜んです!
そういう理由で観て、
それだけを語っても(笑)

芋虫といじけロボットだけで
たくさん語れそうだわ♪私たち(笑)
ひらで〜
2010/04/23 15:14
緑茶さん♪
好いね〜そちらは3D上映なんですよね。
なんで、こっちにはないんだ?
『タイタンの戦い』そっちへ観に行こうかと
考えてたりするんだけど・・・時間はあるか?

アリスは永遠の少女だもんね、ある意味・・・
現実味を帯びると色あせるかも。
まぁ、本作は原作を借りた別物だから
どうにでもいじれるんだろうけど、
ファンの怒りを買わないように
気を使って、普通のお話のように
したのかな?
ひらで〜
2010/04/23 15:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アリス・イン・ワンダーランド☆世界はもう、マトモではいられない…。  ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる