☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS アバター☆観るのではない。そこにいるのだ。

<<   作成日時 : 2010/06/30 16:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もうひとつの体。もうひとつの運命。
画像
アバター
AVATAR
2009年 アメリカ・FOX
監督・脚本: ジェームズ・キャメロン
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: サム・ワーシントン (ジェイク・サリー)
    ゾーイ・サルダナ (ネイティリ)
    シガーニー・ウィーヴァー (グレース・オーガスティン)
    スティーヴン・ラング (マイルズ・クオリッチ大佐)
    ミシェル・ロドリゲス (トゥルーディ・チャコン)
    ジョヴァンニ・リビシ (パーカー・セルフリッジ)
    ジョエル・デヴィッド・ムーア (ノーム・スペルマン)
    CCH・パウンダー (モアト)
    ウェス・ステューディ (エイトゥカン)
    ラズ・アロンソ (ツーテイ)
戦時の負傷で下半身不随になってしまった元海兵隊員のジェイク は
亡くなった双子の兄の代わりに、ある仕事をすることになった。その仕事とは、
地球から離れた衛星パンドラでの鉱物発掘のために造られた“アバター”という
先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体にリンクし、
ナヴィたちと交流を図ることであった。不自由から放たれたジェイクは
パンドラの森の奥へと入り込み、ナヴィ族の長の娘、ネイティリと出会うのだが・・・。

ようやく、DVDで観ました。
やっぱり、これは大画面で観るべきものなのでしょうね〜
3Dが売りでしたが、2Dでも充分じゃないかと思うくらいの
映像で・・・3Dではかなり疲れそうなんだもの
・・・って、観てもないのに言えないですが(笑)
まぁ、さすがに映像は凄かったです。
夜光性の植物みたいのとか綺麗でしたね♪
お話は・・・
う〜ん、やっぱり欧米人の歴史観がそのまま出てる・・・
そんな印象でした。
日本人はナウシカでもう観ちゃったし(笑)
そんなことしちゃいけないよって、
初めからわかりきっていて、
逆にここまでさせるものって何?って。
どんなことになってる地球?って不安になる(笑)
でも、仮想現実を描くのではなくて、
肉体の遠隔操作と言うのは面白かったです。
それに映像が、しつこいようだが凄かった。
技術も素人ではさっぱりだけど、
きっと凄いんだろうな。

DVDで観たから、こんな感想しか書けない・・・
そういうことで(^^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アバター☆観るのではない。そこにいるのだ。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる