☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 127時間☆あきらめるな、未来を笑え。

<<   作成日時 : 2011/09/27 16:18   >>

トラックバック 6 / コメント 0

画像
   生きて帰りたい。
  断崖に挟まれた一人の青年の、
      究極の〈決断〉   


127時間
127 HOURS
2010年 アメリカ・イギリス
監督:ダニー・ボイル
原作:アーロン・ラルストン
    「奇跡の6日間」(小学館刊)
脚本:ダニー・ボイル
    サイモン・ボーフォイ
音楽:A・R・ラフマーン
出演:ジェームズ・フランコ
         (アーロン・ラルストン)
    アンバー・タンブリン(ミーガン)
    ケイト・マーラ(クリスティ)
    リジー・キャプラン(ソニア)
    クレマンス・ポエジー(ラナ)
    ケイト・バートン(アーロンの母)
    トリート・ウィリアムズ(アーロンの父)
金曜の夜、いつものようにロッククライミングを一人で楽しむために
ブルー・ジョン・キャニオンに出かけたアーロン。
途中、道に迷った女性二人を案内し、その後目的の渓谷の中へ・・・が、
突然大きな岩と共に滑り落ち、その岩に右手を挟まれ身動きが取れなくなってしまう。
誰も寄せ付けない深い渓谷で、一人この状況から抜け出す策を模索するアーロンだったが、
なす術もなく、時間だけが過ぎていく。

6月には公開されていた本作ですが
こちらでは、漸く公開・・・遅いとは言え、公開されただけ
ありがたいですね。
ジェームスくんの新作がダニー・ボイル監督作だと知って、
期待は大きかったのですが、内容が遭難モノとわかると
悲惨な姿のジェームズくんはちょっとなぁ〜(^^;)と
二の足を踏んでいたのですが、まさかのアカデミー賞ノミネートで
遭難モノもボイル監督の手にかかると、そんなに凄いの?と、
期待感が復活(笑)
丁度、ジェームズくんの最新作も公開直前、
先週には『食べて、祈って、恋をして』を観たものだから、
これはジェームズくん祭を開くしかない!と・・・
そんな次第で観に行ってきました♪って、前置き長すぎ!(笑)

もうね、最初から元気な映画なんです。
結末が分かっているってこともあるのかもしれませんが、
彼の前向きな姿がとても素敵に感じられる作りで
クライマックスの、ちょっと話題になった場面は
あまりの生々しさに私もさすがに
正視できずにいましたけど、そこがメインではないので
遭難モノ特有の凄惨さはあまり感じることなく観ることができました。
どうやって生還できたのかではなく、
どうして生還できたのかを描いているので、
心に素直に入り込んでくるのでしょうね。
現実とアーロンの想いを混ぜて描くことで彼の生き様や
考え方が理解でき、彼だからこそ生還できたのが理解できます。

一人で何でもできると信じていた自分が何もできずに、
死を覚悟した時、一人で生きてきたのではなかったと悟り、
今までの経験の中から感じた生きることの楽しさを思いだし、
家族や友人と共に自分の未来に生きたいと願った時に生じた力が
生還の道に繋がるシーンには鳥肌が立つぐらい・・・。
公式サイトのインタビュー映像で監督が語っていましたが
彼は一人だったけど心は一人ではなかったというのが
とても感じられる作りになっていました。
絶望というのは心が孤独になること・・・納得です。

ジェームズくんは初めの元気印の青年から
疲れ果てた姿まで、いろんな表情を堪能させていただきました♪
  あのシーンは、丁度昨日、『フライ・ボーイズ』を観たところで、
  友人が同じような目にあっているシーンがあって
  「ソーリー!」と簡単にはいかないんだよね〜とか、
  目をそむけながら思ってしまいました・・・不謹慎でごめんなさい!
    でも、あの、切れないナイフを使わなきゃならなかった
    状況で、どうやったらできるかの知識があったのは凄い!

ジェームズくん“落ち”のウルウルな目もちゃんと用意されてまして、
本作では、すっかりジェームズくんの魅力にはまり込んで、
身動きできなくなってしまいました♪
127時間とは言わず、
しばらくはその状況を楽しみたいと思います(笑)。
今度はお猿さんたちと一緒なのね〜
大自然に動物たち・・・秋にはぴったり・・・か?(笑)
画像

音楽も素敵でした。
サントラ・・・輸入版しかないのね・・・

127 Hours
Interscope Records
2010-11-22


Amazonアソシエイト by 127 Hours の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
127時間/ジェームズ・フランコ
これも一応は山岳映画ですよね?単独での登山の最中にアクシデントに見舞われ谷間で身動きがとれなくなってしまった若き登山家アーロン・ラルストンの実体験を綴った原作を『スラ ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/09/28 11:23
生きることをあきらめない〜『127時間』
 127 Hours ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/09/28 21:06
『127時間』・・・生きる、生き抜く、生き延びる
死に直面した青年が“生きる”ために究極の決断をする壮絶なドラマ。作り話としてなら案外ありふれたシチュエーションかもしれないが、これが実話だというから驚くばかりである。 ...続きを見る
SOARのパストラーレ♪
2011/09/29 22:56
映画:127時間
 そのタイトルからどうしても96時間のようなアクション映画を想像しちゃいますよね。でも全く違います。そんな訳で渋谷のシネクイントで127時間を見てきました。  このシネクイント、前回の半券を持っていくと1,000円になるので、前回見たムカデ人間の半券でお得に見られるぜ!って思っていたら、半券なくしたみたい。ショック!orz ...続きを見る
よしなしごと
2011/09/30 00:33
127時間
ブログネタ:○○の秋、あなたは何の秋? 参加中 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2011/10/03 21:20
■映画『127時間』
2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/10/10 01:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
127時間☆あきらめるな、未来を笑え。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる