☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・ロード☆父には息子が、息子には父が全てだった。

<<   作成日時 : 2011/10/22 22:03   >>

トラックバック 1 / コメント 2

画像
   それぞれが、相手の全世界となって──。

ザ・ロード
THE ROAD
2009年 アメリカ
監督:ジョン・ヒルコート
原作:コーマック・マッカーシー
    『ザ・ロード』(早川書房刊)
脚本:ジョー・ペンホール
音楽:ニック・ケイヴ
    ウォーレン・エリス
出演:ヴィゴ・モーテンセン(男)
    コディ・スミット=マクフィー(少年)
    シャーリーズ・セロン(女)
    ロバート・デュヴァル(老人)
    ガイ・ピアース(兵士)
突然訪れた世界の終わり・・・数年がたち、火はすべてを焼き尽くし、廃墟となった地を
ひたすら南へと、父と息子が旅をする。父は妻を、子は母の遠くなった思い出を胸に
危険な道を歩いていく。先々では飢えた末に人食いとなり生きながらえている悪しき人々から
身を守りながら、乏しい食べ物を探す父と息子だった。

ヴィゴさんの映画、ここのところ公開されなくて寂しいな〜
本作も公開はしたけれど、単館扱いで地方ではかすりもせず・・・
やっと、WOWOWで鑑賞♪

世の終わりから始まる物語・・・観ていて辛いものがありました。
観るまではちょっと、ホラーの入ったロード・ムービーと、
簡単に考えていましたが、こんなにも重いお話だったなんて・・・。

物語は行けども行けども、希望どころか、危険ばかりの世界での
親子の旅を、まだ妻、そして母がいた頃の思い出を挟みながら
展開していきます。
目的地も曖昧な終わりなき旅は何を意味するのか・・・
人食いから身を守りつつ、飢えても人としての一線を越えぬよう、
心の火を守りながら旅をする父と子。
親になった今では、息子を守ろうと、神経質になり
必要以上に先回りする気持ちがよくわかる。
自分の命の方が短いと分かっているなら尚更で、
教えこまねば、という思いが強くなる反面
自分は何が出来るのだろうともどかしくなるのも
理解できるから、余計に父の行動は切なく見える。

この世界のように常に、判断を迫られる生活というのは
どんなんだろう・・・母親のように、逃げ出したくなるのもわかるな。
こんなにも追いつめられた生活で、果たして人間としての
平常心を保っていられるだろうか?
人間の尊厳って何だろう?
飢えたら人でもなんでも食べて生きるのだろうか?
死んだ方がましと、死を選ぶのだろうか?
人ってどう生きれば人なんだろう?
二人の旅を観ながら、常に考えさせられる。そして、
心の火を運ぶ為の旅だと言う父が、子にその火を託し
死んでいく姿を目にすると、親(大人)が子に成すべき事の重要さが
身にしみてくる。
映画の中の何もかも焼き尽くされ破壊され、
人として生きるということが容易ではない世界と、
平穏に自分が生きている世界では大きな隔たりがあるからと、
簡単には切り離せなくなっている今は、余計にそう思う。
自然でも人的でも一度壊された秩序を元通りにするのは
難しい事だろう。生き延びたものは暴徒と化し生きるのか、
再び人としての秩序を求めて厳かに生きるのか・・・
   まぁ、暴徒も組織されれば秩序も生まれるだろうけど、
   恐怖による支配の末は目に見えてるよね

人類がたどる道はどこへ向かうのか・・・
もちろん、この映画のような未来は考えたくもないが、
絶対無いとも言えない今の世では
灯した心の火を伝え続けることのできる道を歩みたいと
願うばかり・・・悲しいよね、こんな願いは。

悪しき人ばかりに出会ってきた子は、自分を守ってくれた父を
失くしたあとに、漸く善き人に出会い、新たな世界を見つける。
心の火を持ち続けた父が招いたかのように・・・。
父の思いは報われたんだと思いたい。
親はそういう風に死んで行くのがいいんだろうな。
画像

やっぱり、小汚くてもヴィゴさんは好いわ〜♪
珍しく、弱気なところもある役で、それもまた好いわ〜と思ったり。
辛くて切ない展開だけど、希望の火を持ち続ける強さは
充分に感じられました。
   そんなこと思ったら、王様のヴィゴさんムショ〜に観たくなって
    DVD引っ張り出して観てしまいましたわ、
    もちろん出てないとこはすっ飛ばして(笑)

ガイ・ピくんも出演すると聞いていたのに、どこに出てる?って
ず〜っと、観てましたら最後に!まぁ、人食いさん役じゃなくて
良かったわ(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ザ・ロード
最後の神。火を運ぶ者。南へ。 ...続きを見る
悠雅的生活
2011/10/23 23:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ガイ・ピアース、どこに出てくるんだ?見逃したのか?と思ってたら、最後の最後でしたね。
ホント、人食いでなくてよかった(^^♪

こういう作品は、地方は滅多に観ることができませんね。
関西は、大阪、京都、神戸があるので、奈良はいつも完全にスルーされてしまいます。

『ザ・ウォーカー』、春から夏にWOWOWでよく放送されてたんですが、
見逃されましたか。
そうそう (^^♪
URL
2011/10/23 23:10
悠雅さん♪
最後の最後にガイ・ピくんの登場・・・
それも気を抜いていたら、
気がつかなかったかも(笑)

地方でも、都会へ近ければいいのですが・・・
忘れた頃でも上映してくれると
ありがたいですよね。
でも、すぐにDVDになるのも悲しいな(笑)

春から夏は何かと忙しなくて
ブログUPもおろそかになっていたころで、
WOWOWどころか普通にTVを観るのも
ままならなかったので・・・(><)
また、放送してくれるのを期待です♪
ひらで〜
2011/10/24 10:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ザ・ロード☆父には息子が、息子には父が全てだった。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる