☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS カウボーイ&エイリアン☆人類の運命を握る 記憶を失くした男

<<   作成日時 : 2011/10/26 20:49   >>

トラックバック 19 / コメント 0

画像
   その正体 敵か味方か

カウボーイ&エイリアン
COWBOYS & ALIENS
2011年 アメリカ
監督:ジョン・ファヴロー
脚本:ロベルト・オーチー
    アレックス・カーツマン
    デイモン・リンデロフ
    マーク・ファーガス
    ホーク・オストビー
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演:ダニエル・クレイグ(ジェイク・ロネガン)
    ハリソン・フォード
     (カーネル・ウッドロー・ダラーハイド)
    オリヴィア・ワイルド(エラ)
    サム・ロックウェル(ドク)
    アダム・ビーチ(ナット・コロラド)
    ポール・ダノ(パーシー・ダラーハイド)
    ノア・リンガー(エメット・タガート)
西部開拓時代のアメリカの荒野で、一人の男が目を覚ました。
男は記憶を失っており、左腕には奇妙な腕輪をしていた。
男は通りがかった賞金稼ぎを倒し、
彼らの物を奪いやがて元軍人のダラーハイドが牛耳る街へとたどり着く。
そこで男はダラーハイドの息子・パーシーの勝手なふるまいを諌めたが
お尋ね者・ジェイク・ロネガンとして、逮捕されてしまう。
ロネガンが護送されようとする時、正体不明の飛行物体が町を襲い、
人々を連れ去ってしまう。鎖に繋がれていたロネガンも応酬しようと願うと、
突然ロネガンの謎の腕輪が動きだし目の前の壁を吹き飛ばした。
腕輪が正体不明の敵に有効な武器と分かると、ダラーハイドと町の男たち
そしてロネガンは手を組み、さらわれた者たちを助け出すために町をでる・・・。

予告を観て、カウボーイとエイリアンの組み合わせと、
ハリソン・フォードとダニエル・クレイグの組み合わせが
面白そうだわ♪と、思い、観に行ってきました。

お話は割と単純なんだけど、
      脚本家が5人もいてよくまとめましたね〜(笑)
・・・以下、ネタバレありです。
ダニエル扮するジェイクが記憶喪失で、
エイリアンを倒す武器を持っていたりと、
初めからしばらくは何者?状態で話が進むので、
謎解きもしつつ、そう単純には終わらなかったですね〜
ただ、謎解きも、すっきりはっきりっていうわけではないし、
エイリアンも割と弱かったりする(笑)ので
お話としては驚きや発見が少ないのだけれど、
諍いのあった人間同士が次第に団結していく様子や
愛する者を命がけで助けに行く姿は
王道なんだけれど、いいなぁ〜って思いました。

で、おもしろいのがカウボーイとエイリアンの組み合わせ・・・
人間同士を戦わせる代わりに
エイリアンはもってこいの人類の敵になるっていうのは
ミエミエなんだけど、即、悪っていうのがわかりやすいかな。
それに、エイリアンが出てくるのはいつだっていいわけで(笑)
この時代だって別に変じゃないし、
一応、理由らしきものも明かされるのですが、
やっぱり、どうやって応戦するのかが気になるよねぇ〜
こっちは武器といったら、ショットガンや拳銃、
あとはダイナマイト・・・ほかに槍と弓・・・
まぁ、日本だったら、『戦国自衛隊』のように
弓や鉄砲が戦車を負かしちゃうのがありましたが、
ここでも、何とか、高度な兵器に立ち向かちゃうんですね〜。
すごいよね〜・・・ってか、やっぱりエイリアン弱すぎなんじゃ(笑)
弱くても、気持ち悪い姿でそこそこ驚かせてくれる
おちゃめなところもあったから、
もう少し活躍させてくれてもよかったのにね。

という、数ある突っ込みは忘れて・・・
私的見どころはダニエル♪なのですからね〜
とにかく、カウボーイ姿もカッコいいのです♪♪
スタイルが良いからなんでも似合うのよね。
肩から細い腰にかけてのライン、好いですね〜
ただ細身ってわけでもないし、
鍛え方がアメリカのマッチョとは違うのよね・・・
スティーブ・マックィーンを思い出させる雰囲気に
新しいダニエルを観た♪って、感じです。
ダニエルのイメージにカウボーイっていうのがなかったから
余計にそう、思うのかしら(笑)
欲を言えば、早打ちとか、馬上打ちとか西部劇っぽい動きが
あったら、もっとよかったのにね
腕輪での早打ちはあったけど、物足りなかったなぁ〜
でも、ラストで連れ去られて人たちと再会を一人で見ている姿や
野草の花束持って昔の家に行く姿は切なくて、
オバさん心はキュン♪ってなったりして・・・
画像

ハリソン・フォードも珍しく初めは悪そうな雰囲気だったけど
だんだん、いつもの好い人になってきて
やっぱり、洞窟の中で追われて逃げる姿は
ハリソン・フォードが一番!って思わせてくれます♪
・・・って、どーいう褒め方してんだ?(笑)
ハリソンの息子・パーシー役はポール・ダノくん。
最近では『ナイト&デイ』のサイモンくんで、
ヤワな役が似合いそうなんですが、
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』ではなかなかの好演、
これから期待できそうな予感です。
エメット少年のノアくんは『エアベンダー』のアンくん・・・
実生活でもめっちゃ強いんだけど、ここでは普通の少年。
少年が大人の入り口に立つ姿もいいけど、
大人より動ける子なんだから、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』の
キーくんのように、楽しく使えばよかったのにねぇ。
それから・・・
観るまで出演を知らなかったサム♪
銃を扱ったことがないような、頼りなさそうなドクですが、
珍しく好い人だし、最後はね、カッコ好いんですよ♪
今までで、一番まともな役かも・・・(笑)
画像


突っ込みは忘れて・・・と、言いながら、
多い突っ込みですが(笑)、
私としては、好いものを観たな♪って感じです。
いつもながら、どこ見てるの?と
あきれますけどね〜、それが一番のお楽しみなんですから
しょーがない♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「カウボーイ&エイリアン」まさに荒唐無稽、でも新鮮味はない
「カウボーイ&エイリアン」★★★☆ ダニエル・クレイグ、ハリソン・フォード、 オリヴィア・ワイルド、サム・ロックウェル、 ノア・リンガー、ポール・ダノ、クランシー・ブラウン主演 ...続きを見る
soramove
2011/10/27 07:08
「カウボーイ&エイリアン」
映画 「カウボーイ&エイリアン」 COWBOYS &amp; ALIENS を観ました ...続きを見る
ここはここ
2011/10/27 12:34
カウボーイ&エイリアン
1873年、アメリカ・アリゾナ。 一人の男が荒野で目を覚ます。 なぜ、ここにいるのか、自分が誰かさえもわからない。 男の腕には奇妙な銀の腕輪がはめられていた。 その日、男がたどり着いた西部の町の夜空に見たこともない強大な敵が現れ、町の人々を次々と連れ去ってしまう。 息子をさらわれた悪名高き町の支配者ダラーハイドと共に、男は未知なる敵と戦うことになったのだが…。 SFウエスタン。 ...続きを見る
象のロケット
2011/10/27 21:48
[映画『カウボーイ&エイリアン』を観た(短信)]
☆最近のスピルバーグ印は、先の『スーパー8』と言い、「ビックリ玉手箱」のようだった初期の作品への原点回帰を目指しているようだ。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2011/10/28 06:32
「カウボーイ&エイリアン」濃厚!旨味満載ムービー!!
 「スカイライン−征服−」、「SUPER 8」、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」…、何か今年はやたらとエイリアンが地球にやって来ますな〜(あ、モチロン映画の中のお話ですよ!(^^;)。で、またまたもう1本、地球にエイリアンが!「カウボーイ&エイリアン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。今回チョット違うのは、エイリアンがやって来るのは、19世紀のアメリカ西部、そうカウボーイの全盛期なのです。そこでエイリアンを迎え撃つのは、何と!“007×インディ・ジョーンズ”という夢のタッグ・チー... ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2011/10/28 18:48
映画「カウボーイ&エイリアン」感想
映画「カウボーイ&エイリアン」観に行ってきました。 1873年のアメリカ・アリゾナ州を舞台に繰り広げられる、カウボーイ・ならず者・インディアンの連合軍とエイリアン達との戦いを描いた、ダニエル・クレイグ&ハリソン・フォード主演の作品。 物語は、荒野のど真ん中でひとりの男が飛び起きるところから始まります ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2011/10/29 03:52
カウボーイ&エイリアン
タイトルからは予想してたけど・・・。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2011/10/30 02:19
『カウボーイ&エイリアン』・・・物足りない印象なれど
エイリアン・ラッシュにしてスピルバーグ・ラッシュ。 ここ最近のそんな流れに乗っかる作品がまたひとつ。とはいえ西部開拓時代にエイリアンが現れたら・・・という発想は斬新だしきっと面白いに違いない。製作陣にはビッグネームが名を連ね、しかもダニエル・クレイグにハリソン・フォードだ。予告に登場する飛行メカにも興味津々で・・・。 洋画邦画ともに話題作目白押しの10月。その中でも私的注目度一番のそんな本作をさっそく鑑賞。 ...続きを見る
SOARのパストラーレ♪
2011/10/30 12:12
カウボーイ&エイリアン B級臭さに魅力を感じて・・・
【=54 -9-】 西部劇の舞台でエイリアンが絡んでくるってのは、もう、思いっ切り笑える設定でしょう〜B級の香りがプンプンする、観たくなるよね〜ついつい。 ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2011/10/31 09:26
カウボーイ&エイリアン(2011)☆★COWBOYS &amp; ALIENS
 人類の運命を握る記憶を失くした男、その正体 敵か味方か? 評価:&amp;rarr;50点 MOVX京都にて鑑賞 タイトル「カウボーイvsエイリアン」の方が良いんじゃない? この作品の公開知ったとき、なんてミスマッチなんだろうって思ったんですよね。でもこんなの今まで... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/11/01 22:35
『カウボーイ&エイリアン』
西部を襲う未知の敵 ...続きを見る
pure breath★マリーの映画館
2011/11/04 21:38
シネトーク84『カウボーイ&エイリアン』●もっと面白くできたはずなのにもったいない!
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「三谷幸喜、あちこちに出すぎ」 ...続きを見る
ブルーレイ&シネマ一直線
2011/11/07 15:15
『カウボーイ&エイリアン』
□作品オフィシャルサイト 「カウボーイ&エイリアン」□監督 ジョン・ファヴロー□脚本 ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン、デイモン・リンデロフ、マーク・ファーガス、 ホーク・オストビー□キャスト ダニエル・クレイグ、ハリソン・フォード、オリヴィア... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2011/11/15 12:07
■映画『カウボーイ&エイリアン』
007ことダニエル・クレイグと、インディアナ・ジョーンズことハリソン・フォードが1873年のアリゾナで大活躍する西部劇、『カウボーイ&エイリアン』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/12/07 05:10
映画:カウボーイ&エイリアン
 溜まっていた映画記事を2週間かけて放出し、ようやく溜まっているのが1桁になったと喜んで1週間サボったら、また2桁に戻ってしまった。今日は忘年会なので1本分しか書けなかったけど、またたくさん書かなきゃ…。ということで今回の記事はカウボーイ&エイリアンです。 ...続きを見る
よしなしごと
2011/12/15 00:08
映画『カウボーイ&エイリアン』を観て
11-74.カウボーイ&エイリアン■原題:Cowboys &amp; Aliens■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:118分■鑑賞日:11月19日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督・製作総指揮:ジョン・ファヴロー□脚本・製作:ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン□脚本... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2011/12/30 09:52
カウボーイ&エイリアン (Cowboys &amp; Aliens)
監督 ジョン・ファヴロー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ映画 135分 SF 採点★★★ 異ジャンルとの奇抜な組合せって、映画に限らず色々ありますよねぇ。ただまぁ大抵は組合せが素っ頓狂なだけで、どちらか一方が際立つだけか双方がただただ自己主張し… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2012/04/06 09:35
カウボーイ&エイリアン
ダニエル・クレイグ×ハリソン・フォード。サム・ロックウェルさんも。 カウボーイとエイリアン、全然共通項の見当たらない二つですが、私の脳裏に「アンデッド」という作品が収まりました。あれはゾンビ&エイリアンだったけどね。 荒唐無稽なお話ではありますが、父子の愛情や少年の成長、敵との和解といったありがちのテーマもしっかり描かれていました。…でもこれ超大作ってよりはB級だけどね!BGMはかなり好きな感じでした! ワイヤーで人間をさらっていく画はなかなか面白いものがあるのですが、残念ながら圧... ...続きを見る
いやいやえん
2012/04/12 16:55
【映画】カウボーイ&エイリアン…ジョン・ファヴローは凡才らしい
女子アナは日テレ系が好み…ピロEKです ここ数日は実に寒いです。体調を崩さないように気を付けまくります。 ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2012/12/27 22:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カウボーイ&エイリアン☆人類の運命を握る 記憶を失くした男 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる