☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 善き人☆友よ、愛する人よ、僕は何を失ってしまったのだろうか――。

<<   作成日時 : 2012/05/31 10:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ただ、正しい道を選びたかった。
善き人
GOOD
画像

2008年 イギリス/ドイツ
監督:ヴィセンテ・アモリン
原作戯曲:C・P・テイラー
脚本:ジョン・ラサール
音楽:サイモン・レイシー
出演:ヴィゴ・モーテンセン(ジョン・ハルダー)
    ジェイソン・アイザックス(モーリス)
    ジョディ・ウィッテカー(アン)
    スティーヴン・マッキントッシュ(フレディ)
    マーク・ストロング(ボウラー)
    ジェマ・ジョーンズ(ハルダーの妻)
    アナスタシア・ヒル(ヘレン)
1930年代のナチス台頭のドイツ、ベルリン。大学で文学を教えるジョン・ハルダーは、病気の母、妻と子供たちと賑やかに暮らす平凡な男。大学で昇進するにはナチスに入党しなくてはならないが、そんな気もない。しかし、安楽死をテーマにした彼の小説がヒトラーに気に入られ、入党せざるを得なくなる。ジョンには、モーリスというユダヤ人の親友がおり、友情にも暗雲が立ち込める。だが、ユダヤ人への弾圧が激しくなるとモーリスはジョンに国外脱出の手助けを頼んできた。なんとか助けようとするジョンだったが・・・。

5月9日、鑑賞。
ヴィゴさんのドイツ物・・・っていうジャンルがあるのか?(笑)・・・なので、
DVDでもいいから観たいなぁ〜って思ってましたら、公開が決まって、
それでも、地方はムリかと諦めていましたら、こちらでも遅れて上映♪

物語の主人公は極々普通の男・・・仕事は大学の文学系の教授、
家に帰ると病気でちょっと痴呆の母がいて、ピアノに夢中になってる
妻がいてあまり夫婦仲は巧くいってなくて、だけど、子どももいて
普通の息子であり、夫であり、父でもある。
世の中は、ナチスが力を持ち、反感を持ってはいるけど、
何もできずせいぜい、入党を拒否するだけ。
そんな男の人生が、自分の書いた小説が元で
嫌っていたナチスへ入党することになり、
教え子と好い仲になり、妻とは別居、母は施設へ、
ユダヤ人の友人とはぎくしゃくし・・・世の中の変化に
同調するように自分の生活も変化し、
自分でも押さえようがなくなり・・・
物語は、自分の意志とは真逆の世界に足を踏み入れてしまった
現実を見るところで唐突に終わります。

原作は戯曲ですから、こういう終わり方もありなんでしょうが、
映画的に観ると、少々拍子抜けする感じも否めません。
主人公が高揚感(絶望感?)に覆われる時に本人にだけ
聞こえ見える音楽シーンが、巧く活かせないでいたように感じ
もったいなかったなぁ〜
映画だと、日常がリアルすぎて、こうした場面が挿入されても
違和感を感じてしまうのでは・・・かといって、日常を曖昧に
描きすぎると、難解なものになってしまうし、難しいところかな。
でも、メッセージを素直に感じることができたので、いいのかな、これで。
画像

ヴィゴさんファンにとっては、本作でのビジュアルは
たまらないモノばかり♪でしたので、それで充分かも(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
善き人☆友よ、愛する人よ、僕は何を失ってしまったのだろうか――。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる