☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第19回

<<   作成日時 : 2013/05/13 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

慶喜の誤算

画像
 
1867(慶応3)年、慶喜は徳川家の存亡を賭け、大政奉還を決意する。その知らせは会津の八重たちにも伝わり、尚之助は藩から軍備増強策を実現するよう指示される。八重たちは、都にいる会津藩の動向がわからず、不安を募らせていく。
 都では、息を吹き返した討幕派諸藩や浪士たちが、会津藩や新選組に嫌がらせを繰り返していた。覚馬にも討幕派の浪士が襲いかかり、視力を失いかけている覚馬は斬殺されそうになる。しかし、その危機を小田時栄が救う。時栄は、大垣屋が覚馬の目を心配してつけた下女だったのだ。
 その後、岩倉らによって王政復古が宣言され、幕府は廃絶。慶喜は容保を連れ、大坂へ下ろうとする。(番組HPより)
慶喜さんが大政奉還を受け入れる覚悟を決めたころ
八重さんは少年たちに銃を使えるように教授中・・・
鉄砲は楽しいと喜ぶ少年たちに「鉄砲は命のやり取りをする道具だ」と
心して取り組むように諌めつい熱が入ってしまったようで・・・佐久さんの
鉄砲撃つには早いと思う年頃の子どもたちを教える八重さんへの言葉は、
母としては同感でしたが、二本松での体験が八重さんに影響してるのですね。
大政奉還について山本家の会話は良かったですね〜
解りやすくて(^^)さすがは尚之助さんです♪
大政奉還のその先、会津で何かが起こる・・・一度取り下げられた
反射炉がまた取り沙汰される意味は・・・緊張感が張り詰めていく雰囲気は
見ていても辛くなります。

その大政奉還・・・ついこの間まで公武合体とかやっていたのにね〜
お互いに傷つけあった末、慶喜さんの徳川家存亡をかけた決断でしたが、
相手の傷の深さと行動の素早さを計れなかったようで・・・
薩摩の上洛に身の危険を感じて朝議を欠席・・・親切にも
容保さんにも欠席するよう促して・・・したところまでは良かったが、
気がつけばそのまま蚊帳の外(^^;)
頼母さんの言うとおり容保さんも早く会津に帰ればいいのに〜って
思いましたが、それでは納まらないところまで来ていたのですね。
あっという間に、王政復古の大号令。

西郷さん、怖いわ・・・大政奉還で意味をなさなくなったはずの偽勅も
薩摩を動かす手段にするは、小御所会議では容堂公を黙らせたり・・・
やるならとことんやらなければ、またどこでひっくり反されるか
解らないですからね〜

新撰組もこの先の不安からか殺気立っていましたね・・・
薩摩との小競り合いで、その場に居合わせた覚馬さんは斎藤さんに
行動を控えるように諌めますが、今までの行動は何の為だったのかと問われば
反す言葉もなく・・・覚馬さんも思っていたことなのかもしれません。
その覚馬さん、洋学所に帰ると見知らぬ女性が・・・小田時栄と名乗り
聞けば大垣屋さんが手配したとのこと。手伝いは不要だからと
帰そうとしているところへ・・・
身の危険を感じた時栄さん、機転を利かせて覚馬さんを助けます。
鉄砲を撃つ妹がいるだけあって、ピストルにも怖気づかないところが
気に入ったか(笑)、世話になることに。

小御所会議での決定に対し、巻き返しを狙う慶喜さんがとった行動は・・・
容保さんを連れて、大阪城へ向かうこと。
折しも長州が御所に入った知らせも届き・・・京の会津藩士たちは・・・。
第18回                           第20回 
やっと次回鳥羽伏見の戦いです・・・このまま行くと、ドラマの冒頭に戻るまで
まだ数回ある?まぁ、幕末好きだからいいけど、半年は長くないかい?
早く八重さんが主役となるドラマが観たいよ〜
でも、殿も観たいし・・・ということで、今週の「空飛ぶ〜」です♪
空井くん、相変わらず、言葉の順番が可笑しいのが好いなぁ・・・
言われたことを、素直に受け止めてしまうところも可愛いけど、
それは危うさでもありますね〜いなぴょんとの関係も気になるけど、
女性との付き合い以前に、
人間との付き合いに慣れてない感じがする(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜さま、皆様こんばんは。
やっと『孫子…』追いついたと思ったらドラマ終わってしまいました。『二人の王女』『項羽と劉邦』も途中で止まってるのに『封神演義』まで始まって録画容量が足らなくなりそうです。おかしいなぁGWに溜まった録画を観て消化したはずなのに(笑)

幕府は簡単に会津を切り捨てようとしますが、容保さんは簡単に宗家を切り捨てられないみたいですね。容保さんこの先も幕府は見捨てるんだから早く会津に戻ってと言いたくなります。

仮病をつかってズル休みした代償は大きかったですね。容保さんまで道連れにしてホント嫌なヤツだわ(笑)

西郷さんも怖いですが、飄々とした岩倉さんも怖い。老獪な政治的駆け引きが上手くて…岩倉さん慶喜さんに続いてぶん殴りたい人だったりします♪

今週の『空飛ぶ…』は柚木さん男前でカッコよかったですね♪空井くんは相変わらず言葉の順番がおかしくて、全国の女子たちの心を鷲掴みですな(*^^*)
恋愛ドラマは苦手なのでウジウジとした話は嫌だなぁと思いました。早く稲ぴょんとくっついちゃえばいいのに(笑)
ちはる
2013/05/18 19:52
ちはるさん♪
孫子、如何でした?
感想聞かせて下さいね♪
中国ドラマが放送されるのは嬉しいですが
ほぼ毎日ですから、録画が大変ですよね〜
私もいっぱいにならないよう頑張って
観たり、せっせとDVDに移したり
大変なことになってます(笑)
民放はCMが入るのでカットするのが
一苦労(^^;)

いよいよ戦が始まりますね・・・
容保さん、早く帰って〜って
ずっと思いながら観ています。
その反動で、空井くんを思いっきり
楽しんでおります(笑)
稲ぴょんとは巧く行くのかしらね〜
お節介おばさんの目から見ると
空井くんには手に負えなそうだけど
ドラマ的にはくっつくことに
なるんでしょうね〜(笑)
稲ぴょん、空井くんが互いに
成長すれば大丈夫かな?
ひらで〜
2013/05/18 22:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八重の桜 第19回 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる