☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS グランド・マスター☆どれだけ愛を失えば、頂点に立てるのか。

<<   作成日時 : 2013/06/02 17:32   >>

トラックバック 2 / コメント 4

千拳歸一路 到頭來就兩個字 一横一豎
画像
グランド・マスター
一代宗師 THE GRANDMASTER
2013年 中国
監督: ウォン・カーウァイ[王家衛]
脚本: チョウ・ジンジ[鄒靜之]
    シュー・ホーフェン[徐浩峰]
    ウォン・カーウァイ
武術指導: ユエン・ウーピン[袁和平]
音楽: 梅林茂
    ナサニエル・メカリー
出演: トニー・レオン[梁朝偉]
          (イップ・マン[葉問])
    チャン・ツィイー[章子怡]
       (ゴン・ルオメイ[宮若梅])
    チャン・チェン[張震]
           (カミソリ[一線天])
    マックス・チャン[張晉]
            (マーサン[馬三])
    ワン・チンシアン王[慶祥]
       (ゴン・パオセン[宮宝森])
    ソン・ヘギョ[宋慧喬]
           (張永成:葉問の妻)
    チャオ・ベンシャン[趙本山]
        (丁連山:宮宝森の師兄)
    シャオ・シェンヤン[小沈陽](三江水)
    ユエン・ウーピン[袁和平](陳華順:葉問の詠春拳師父)
世界を呑みこむ戦争の足音が、刻一刻と迫る1930年代の中国。
北の八卦掌の宗師グランドマスターである宮宝森は引退を決意し、その地位と生涯をかけた
南北統一の使命を譲る後継者を探していた。候補は一番弟子の馬三マーサンと、
南の詠春拳(えいしゅけん)の宗師・葉問イップ・マン。(公式HPより)
とっても真面目なカンフー映画・・・って言うのかな?(笑)
映像は綺麗で、トニーさん主演だし、女性が観てもOK♪
でも、一般的に言う、カンフー映画とも違うよね。
でも、カンフー映画の形は整っているような・・・私の認識だと
カンフー映画のお話は殆どが復讐劇。
娯楽作品としては、最後は悪い人をやっつけて、気分良く♪
そういうイメージがあります。でも、主人公は葉問だから、
彼の人生を描くだけなら復讐劇はないはずなのですが、
もう一人の主人公ともいえる方にしっかりあって、お約束の?血を吐く
シーンもあって、そこはちゃんとカンフー映画してるな、と感心。
たたね、その部分、あまり気持ちよくないの・・・後悔の念が一杯。
演じているのは章子怡。復讐する前に葉問と一戦交えているのですが
技がとても綺麗♪円を描くような動きで相手の力を吸収して
反動で相手を打つような感じ。力技はないけど、相手にとっては
厭だろうな〜って思える動き♪
復讐の時は、相手も必死ですから綺麗というわけにはいかなくて
殺気だった雰囲気になってます・・・駅で戦うの?汽車近い!とか
別の怖さもありましたけど・・・それは娯楽的な部分ですね(笑)
画像
復讐を果たした後は、技を見せることも教えることもしなくなって、
親の仇を討たねば、子じゃない!みたいな、教えが一方であるけれど
技を伝え、心を伝えようとうする人が復讐したら・・・もう、教えることは
できないなぁ〜と、教えなかった気持ちがわかるような気がしました。
技は見よう見まねで、伝授出来るかもしれないけど、
心の部分は難しいですよね・・・葉問と最後の会話のシーン、
そんな彼女の自分を律する思いが伝わってきくるようで
切なかったです・・・彼女が主役でも、好かったのではと思うくらい。
彼女のように、伝えられなかった人もいれば
芯の通った生き方の中で、技と心を地道に伝え、
今では世界中に広めることができた葉問のような人もいる・・・
演じたトニーさん、この年齢だから出来る役でしょうね〜。
アクションも、頑張りましたね♪
画像
王家衛監督作ですから、そこにもう一人♪
主人公たちとは、殆ど関わりのない人が(笑)
張震演じる一線天。宮若梅と後々、関わりがあるのかと思いましたが
・・・白薔薇理髮店(実は道場)での小瀋陽とのシーンが楽しかった♪
画像
かなり野生的で凄みの利いた張震、好!
このキャラクターでもう一本、作ってくれないかしらね〜
・・・パロディはあるらしい(笑)

話は元に戻りますが・・・
真面目っていうのは、歴史的な部分かな・・・日本人にはあまり
馴染みがなくて、本編上映前に説明映像が流れまして、、
知らなかったわ〜と、ありがたく観ましたが、今までの宗師と言われる
人たちを主人公にした映画では語られてなかった部分・・・北と南の
流派の関係、戦争後の事が描かれているのです。
戦争中のお話部分・・・日本人は居心地が悪い・・・を、しっかり描いて
いる映画は多いけれど、その前後ってあまりなかったような・・・。
中国側から観ると、日本人がやられるシーンがなくて物足りなかったかも
なんてことも思ったりして(笑)
カンフー映画を期待していくと、なんじゃこりゃ?映画でしょうね〜
でも、そこは、王家衛監督作ですから〜♪
でもでも、袁和平のアクションは見物です♪

ところで、トニーさんは広東語、ツイイーさんは北京語、
通訳は要らないの?って(笑)
中文字幕版はトニーさん吹き替えになってましたけど
実際はどうだったんだろう?

なんだか巧くまとまりませんでした(^^;)
もう一度くらい観ようかしら♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グランド・マスター
一代宗師 葉問。 ...続きを見る
悠雅的生活
2013/06/04 23:14
映画「グランド・マスター 」美しいもの、強靭なものも全て滅びていくのだ
映画「グランド・マスター 」★★★★トニー・レオン、チャン・ツィイー、 チャン・チェン出演 ...続きを見る
soramove
2013/06/18 06:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜さま&ちはるさま&の皆様

グランドマスターの迅速なUP をありがとうございます!・・・しかし、書くのに苦労されたことと思います。確かにトニーとツィイーの所作と映像の美しいこと!長年のウォン・カーウァイ作品ファンとしては嬉しい限りでした。が、当然というか凡人には理解しきれないストーリー運び・・・。一緒に行った悪友も言っていたように、たいていの人は「みんなでグランドマスターの座を巡って戦う」と思っていただろうし、トニー&ツィイーの関係ももっと深い♂♀関係かと・・・そして白バラ理髪店で笑いをとってしまった(私は笑っていいのか悩んでいましたが、悪友は爆笑していた)チャン・チェンは、全国大会で優勝するほど頑張ったのにあれで出番すべて?(もったいないなあ)『戦いまくって頂点・グランドマスターを目指せ』という映画ではなく『中国近代拳法の歴史』みたいでしたね。

また怒涛の週末、「項羽と劉邦」はオネエ趙高とヘタレ胡亥くんの悪政(しかし「封神演義」を見ていると、こんなのまだ甘いけど)と、出番の増えてきた項羽はよかったけど、劉邦・・・主役なのに出番少なすぎません?「封神演義」は二倍速にするとわけわからなくなるので普通に見ると、「二人の王女」の時間が無くなり見れないの〜(T_T)でも今の私はやっぱり姜子牙が見たいの〜(ちはるさま、オジサマ同盟ですね)。奥様と離縁してしまったので、今がチャンスか?

「太陽を抱く月」はみんなどんどん(秘密を知って)不幸になってくし、「八重」だって会津は悲しいし、無条件で楽しいのは「広報室」だけか?メンバーのウサギダンスは楽しい限りですが、自衛隊はあんなところかとイメージupなのかdownなのか・・・。

ひらで〜さん、楽天レンタルという悪の道?があったんですね。利用してみたいです!
涼子
2013/06/03 08:55
涼子さん♪
王家衛監督作ですからね〜
映像ありき、のところもありますから
すんなりとは理解し難いでしょうね
でも、解りやすい方だとは思うな。
その割には、文章まとまってなくて
ごめんなさい!!
多分、描きたいこと一杯あって
納まりきれなかったのでしょうね
・・・私もそうだ(笑)・・・
歴史も大切だから、変に脚色できないし、
ド兄さん映画みたいにアクション重視の
映画には出来ないだろうし・・・
それでも、袁和平のお陰で、見応えは
あるんですよね。袁和平、今更ながら
凄い!って、感動しました。

今週の「項羽と劉邦」まだ観てないの・・・
「一枝梅」にすっかりハマって、
悪の道(笑)楽天レンタルで一気に
30話観てしまいました♪
もう1回、観ようかな(笑)
次は「天下第一」に進むかも・・・
自分でも驚くほどハマってしまいました。
なので、
「封神演義」は、もう少し先になりそう。
でも、私もオジサマスキーだから
楽しみなんですよ♪

悪の道?
楽ですよ〜一度お試し下さい♪
ひらで〜
2013/06/03 16:46
こんばんは(^^♪
何年も待ってたから、大喜びで観に行きましたが、
これは万人ウケしないな、と思った通り、賛否両論ですね。
でも、何やかんや言いながら、しっかり楽しませてもらいました。
トニーはやっぱり決めるとこ決めてくれるし、張震は誰とも絡まなくとも見蕩れちゃうし(笑)

そうそう。
>トニーさんは広東語、ツイイーさんは北京語、
それ、わたしも思いました。
でも、そんなことも超越できるのが、グランドマスターなのかな、と(笑)
悠雅
2013/06/04 23:22
悠雅さん♪
王家衛監督で、この出演者の顔触れでは
期待してしまいますよね。
題材も、日本では殆ど知られてない方々
ですから、受け入れられるかどうかは
出演者に頼るところもあるだろうし、
トニーさんファンにとって、観たいと
思っていたトニーさんだったかというと
そうじゃなかったり(笑)
このトニーさんで充分だわ♪って思って
しまったから、結構楽しめたのですが、
宮若梅と一線天の話が強烈で、
葉問の物語は何処行った?観も
無きにしも非ず(笑)
トニーさんの広東語・・・
広東語映画が、少なくなってきてるので
久々に聞いたわ〜♪
宗師たちは心で会話できるのかも・・・
賛否両論はあるにしてもトニーさんの
出演作が公開されるだけで
ありがたいです(^^)
『大魔術師Xのダブル・トリック』は
単館での上映しかなくて残念でした・・・
DVD出てるけどね〜まだ観てない(^^;)
『聴風者』はどうなったんだろう?
ひらで〜
2013/06/05 20:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
グランド・マスター☆どれだけ愛を失えば、頂点に立てるのか。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる