☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第23回

<<   作成日時 : 2013/06/11 10:17   >>

トラックバック 0 / コメント 5

会津を救え

画像
1868(慶応4)年3月、会津討伐に乗り出した新政府軍が仙台に到着。参謀の世良修蔵らは同じ奥羽の仙台藩に早く会津を討つよう命を下す。しかし、理不尽さを感じずにはいられない仙台藩は米沢など奥羽の諸藩と結束し、会津救済の嘆願書を提出することに。その知らせを聞いた八重は、安堵する。そして八重と尚之助は早速、米沢藩士らに銃の扱いを教える。
 しかし、会津救済の嘆願はあえなく世良によって破棄され、これに怒った仙台藩士らが世良を暗殺。新政府軍と会津・奥羽軍との間で戦いの火蓋が切られる。(番組HPより)
江戸を攻められなかった腹いせのように、
その矛先は会津に向けられることに・・・
慶喜さんもどうなるか解っていながら、我関せずの姿勢は
さすがに腹だたしい。
新政府は奥羽の賊徒は奥羽に討たせるとの腹づもり・・・
そして、奥羽鎮撫使参謀として送ったのは地獄の使者・世良修蔵
NHKのドラマで、こんな言い方いいの?って心配するほどの
言われ方してますが(^^;)確かにそんな感じ。
観た感じもそのままの小沢仁志さん・・・怖い〜
やりたい放題、言いたい放題の態度には殺されて当然みたいな
感じですが、長州の方にとってはどうなんだろう・・・。
まぁ、新撰組だってそう描かれることがあるのだから、
見方の違いだと言ってしまえばそれまでかな。
でも、新政府はこういう性格の者をわざと送って、事を荒立てる意図が
あったのではと思うのは考えすぎ?(笑)
奥羽の諸藩も意地を見せたところですけれど、
ちょっと、動くのが遅かった・・・まさか、こうなるとは思っても
いなかったことでしょう。
所持している鉄砲が火縄銃って・・・
一緒に戦ってくれる相手の武器に不安を隠せない八重さんの気持ち、
私でも解る(^^;.)

戦が始まって緊張感が高まる一方、出会いもあって・・・
時尾さんと斎藤さんの出会いのシーン、二人とも可愛らしかった♪
悲しみを共有するのって、絆は強くなるよね・・・
この二人のこれからが楽しみ♪
でも、戦火はどんどん北上して・・・次回は二本松ですか・・・。
第22回 
小沢仁志さん、キョーレツでした・・・NHKドラマは初めて? 
今回、小沢さんの怖さと、時尾さん&一くんカップルの微笑ましさで
八重さんや殿の影が薄れたような感じがするくらいでしたが
たまには、そういうのがあってもいいかな(笑)

殿と言えば空井くん、前回のロックオンで心は快晴でしたが
俄かに怪しい雲行きに・・・最後は大雨(台風か?)でした。
でも、上司たち、大人が素敵に描かれていて好かったな。
来週は台風一過で、晴れると好いね〜(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜さま、皆様こんばんは。
『二人の王女』もあと少しで終わりですね。李旦の髪を観てると縛ってしまいたくなるんですが、あの髪型似合わないですよね。ルー@こんみんもあの髪型っぽいのしてましたが、こんみんは似合ってましたね(笑)
『封神演義』は文王が姜子牙を探しに行くのを観て三顧の礼を思い出しニマニマしてしまいました。相変わらず妲己のやることのグロさには嫌になりますが、面白くなってきました。

そんなこんなで、『二人の王女』と『封神演義』『項羽と劉邦』さらには『水滸伝』までレンタルしてしまい、なかなか大河ドラマと『空飛ぶ…』まで辿り着きませんでした。

世羅って悪人らしい悪人ですよね。長州の方が観たらどう思うんだろうとか長州での彼の評価はどうなんだろうかと考えてしまいました。

会津も主君や家老の首を出さずに戦を避けるのは難しい気がしますが、悪いことを何もしてないわけだから差し出す意味がないということでしょうが、もう少しなんとかならなかったんですかねぇ~薩長が会津を倒さなければ怒り収まらないなら何をしても結局戦になるんでしょうか。

来週は二本松少年隊ですか。白虎隊はよくドラマで取り上げますが二本松少年隊はあまり取り上げないので嬉しいです。あそこも激戦地…ダルマのお話がここに繋がるんですね。

『空飛ぶ…』はあと数話で終わりですね。大河の鬱憤晴らしに丁度良かったのにぃ~稲ぴょん空井くんにちゃんと想いを伝えず不器用すぎるですが、カメラマンさんのナイスフォローで稲ぴょんの気持ちがわかり良かったですね。予告ではまたいい感じになりそうなので楽しみです。
ちはる
2013/06/13 18:20
ちはるさん♪
『二人の王女』終わりますね〜
この時代の話はよく知らないので
ドラマのつくりは粗くても(笑)
結構楽しんで観てます。
李旦、どうしてあんなに似合わない
のでしょう(^^;)
あの髪形は、美形じゃないとね〜

「水滸伝」ですか〜新版のですか?
長いそうなのでレンタルも根気が
要りますね〜私も元気があったら
借りてみよう・・・

世羅さんの解りやすい悪役振りは
心配になる程ですね(笑)
Vシネマか?感じでした。
二本松のお話、今から涙の覚悟が
いりそう・・・
その次は白虎隊、若い者が犠牲になるのは
観てられないですね。。。

「空飛ぶ〜」が終わったら、寂しいなぁ。
意地わるな人も多くなくて、
気分良く観ることができる数少ない
ドラマだったのに・・・
ひらで〜
2013/06/14 10:15
ちはるさま&ひらで〜さま
(八重24回にコメしてから、23回に来ちゃいました)

ちはるさんの言うとおり、姜子牙探しはまるで三顧の礼!ですね(ここからヒントを得たのでは?と思ってしまう)私も太公望(姜子牙)か臥龍(こんみん)探しに行きたいなあ(←廃人(^_^;) ちはるさんなら付き合ってくれるでしょうか・・・)

「水滸伝」とは、ひらで〜さんも聞いていますが新版ですか?興味ありますが水滸伝は人物が多すぎるのと、華がない(女性の登場人物が少ない)・・・。イケメンがたくさんならいいのですが、そうでない方?もたくさんいそうですね(公式サイト参照。でも情報が少ないです)。
涼子
2013/06/17 17:58
ひらで〜さま、涼子さまこんばんは。

『水滸伝』は新版です。新作160円で7泊8日借りられるので、つい借りてしまいました。まだ冒頭なので主要キャラの人物紹介って感じです。『水滸伝』はあまり詳しく知らないので、これを観てお勉強します。でも、キャラが多すぎて誰だか分からなくなりそうなので、ガイド本を買ってそれを観ながら視聴してます。今のところ呉用さんが好きです♪♪

涼子さま、太公望と臥龍探しにお供いたしますよ♪どうしたら会えるんでしょうかねぇ~探しに行く前には占いをしなきゃですね。中国の山奥に行けばどちらか会えるかしら(笑)
ちはる
2013/06/17 22:54
涼子さん♪&ちはるさん♪
お二人の「封神演義」談義に
加われないのが寂しい
「二人の王女」が終わったら(今日?)
観たいと思います

『水滸伝』、私もよく知らないので
興味はあります・・・
ガイド本あるのですか?
いい男度が高ければ買おうかな(笑)
ひらで〜
2013/06/18 10:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八重の桜 第23回 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる