☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第43回

<<   作成日時 : 2013/10/29 11:19   >>

トラックバック 0 / コメント 4

鹿鳴館の華

画像
襄は八重と共に、同志社大学の設立を陳情するため東京の勝海舟のもとを訪ねた。
 そして、2人はその帰りに山川家に立ち寄る。山川家には、旧薩摩藩士の陸軍中将・大山巌が、長期留学から帰国したばかりの山川家の末娘・捨松を嫁にほしいと日参していた。旧薩摩藩士との結婚に怒りを抑えきれない長兄の浩と、迷いを捨てきれない妹の捨松。その様子を見かねた八重は一計を案じるが…。

久々に、笑いましたね〜
結婚を決めるのに、まさかの腕相撲。
いつの間にか、会津と薩摩の争いになってしまった
浩さんと、大山さんの言い争いに八重さんが止めに入ったのは
八重さんらしいとは思ったけれど(笑)自分で言って、自分が
戦うというのにはびっくり・・・止めない山川兄弟がイイよね(笑)
この嫁取りは、女と腕相撲をするようなものって、説明付けちゃう
健次郎さんさすがは東京大学・・・って、関係ないか(笑)
八重さんの力持ち、ここで本領発揮なのですね〜
大山さんは八重さんの力を知りませんから、挑発されて
つい、対戦してしまうのですが・・・予想外に強かったみたい(笑)
山川兄弟のどうしたんだ?って思う程の熱の入った応援に
気後れもしたのかもしれませんが、劣勢の雰囲気・・・
そこへ「大山様!」の捨松さんの一声。
八重さん、一気に脱力・・・。

ほんとにあったのかはわかりませんが、人の縁とは案外
周りが思っているより単純なものかもしれません。
敵対していた会津と薩摩であること、家柄も釣り合わず、
歳も離れている上、大山さんにとっては子連れ婚ですから、
誰が見ても、ありえないというか、許されない婚姻でしょうが、
捨松さんは日本語もままならない状況だけど、お国のために
働きたいと思っているし、何より婚期を逸している年齢ですから、
もらってくれて、外国での生活の再現も可能とあれば、
いいんじゃない・・・なんて、思ったかもしれない。
このままいても、外国人扱いで疎外されるなら、今の自分を
ありのまま受け入れてくれるところへ行ったほうが
どれだけ幸せか、ってね♪
まぁ、どのような経過があったにせよ、ふたりは周りが羨むような
夫婦であったことは間違いないようですから、
せめてドラマの中だけでも、ほっこりする展開をみせてくれたことは
よかったな♪って思いました。
捨松さんが叫ぶまでは笑いながら観てましたが、悲しみや憎しみを、
こうしていつかは笑いながら癒せることができたら、幸せだな・・・
そう望みを託しているのかもって思ったりもして胸が熱くなったし。

鹿鳴館・・・思ったより狭かったのが残念(笑)映画がありましたね・・・
三島由紀夫の戯曲が原作の市川崑監督作ですが、それは豪華な
もので、そのイメージがあったものですから、あれ?って。

ドラマは会津の汚名を雪ぐ話にもなっていくのかな?
襄さんの体も心配だ・・・
第42回                           第44回

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜さま&チームの皆様

台風一過。「真『三国志』」は、確かにこんみんが「何か大人の事情が?」と疑うくらい少なかったですね・・・まあ皆様のおかげで覚悟して?読んだのでいいのですが。特に目新しくはなかったかな(でも関連本のコレクションが増えたということで。『三国』と聞くと見境なくなるんですよね)。

『項羽と劉邦』はついに呂雉が劉邦と再会!しかしそこには戚夫人が・・・「諍い女バトル」が始まるかと思ってドキドキしたじゃないですか。まあ戚夫人が呂雉に勝てるわけないのですが。そして最近の私の数少ないイケてる古装男子の一人、章邯がああぁ・・・(T_T) (あとは『新笑傲江湖』に期待するしかない)。

『馬医』は個人的におまぬけな恋する乙女、スッキ王女と、そのお付きの女官カク尚宮(さんぐん)のファンで、今度は何をやらかしてくれるかと期待!(ペク・クァンヒョンが医学生試験に受かるように、医者の妻の下着を身につけて試験を受けるといいという迷信を聞いた王女がペク・クァンヒョンに女物の肌着を贈ってしまい、それを取り返そうとカク尚宮が二人の間に滑り込んで壁に激突した時は、笑い死にしそうだった)。その王女に振り回されるマ武官も最近のツボです(王女がペク・クァンヒョンに会う口実作りのために、ペク・クァンヒョンに治療してもらう病気の犬捜しをさせられたり、迷信のために下着泥棒をやらされたり、先回はペク・クァンヒョンを探していた謎の美女の素性を知るために張り込みをさせられて怪しまれ追われる羽目に・・・)。

そうそう『八重』は(ここは八重の記事でした・・・)結婚をかけた腕相撲!やりますね〜(むか〜し「有閑倶楽部」という一条ゆかりのマンガで、「婚約記念決闘」というのがあったのを思い出した・・・すみません、オタクで・・・)。
涼子
2013/10/29 12:28
涼子さん♪
こんばんは
「真『三国志』」、こんみんが少なくて
残念でした(^^;)まぁ、今頃?って
感じでしたから、あるだけいいか♪って
ことで(笑)私も、コレクションの
ひとつになったと思ってます♪

章邯・・・涼子さんも、イケてるって
思いました?彼の退場は私も寂しいです。

「馬医」、私もマ武官がツボです♪
クァンヒョンに意地悪するかと思ったら、
王女に忠実で健気に働いてて、
最難に会うのが楽しくて(笑)
王女も可愛いですよね♪
「八重の桜」の後のお楽しみです(^^)

「有閑倶楽部」・・・大昔全巻読んだけど、
忘れてます。「婚約記念決闘」って?
記憶にない(^^;)
ひらで〜
2013/10/29 23:02
ひらで〜さま&チームの皆様

章邯は私が『項羽と劉邦』の中で唯一いいなと思った♂です・・・唯一というのが悲しいですが。でもひらで〜さんと(また)ご趣味が一致して嬉しいです。韓信はヒトは好きなのに俳優さんがタイプでなくて残念。

『馬医』のマ武官というマイナーキャラにもやっぱり注目してましたね!これからも王女のパシリの不遇な彼を、ご一緒に応援しましょう(しかし彼もイケメンというレベルではないか・・・)。『大王の夢』ってよさそうなんですか?チェックしようかな。『新笑傲江湖』のウォレスは可愛いのですが、ルー@こんみんファンとしては「もう一声」何かが足りない(あくまで私見です。ファンの方ごめんなさい)。

閑話休題いきなり変な話ですみませんが、現在放送中の『仮面ライダー鎧武(がいむ)』をご存知でしょうか(普通知らないか・・・)。武士?(鎧:よろい)とフルーツが合体したという、昔のライダーファンとしては「はあああぁ?」なライダーなのですが、たまたま見てしまってビックリ!♂たちが驚愕のイケメン揃い(味方から敵まで)なんです!!「ホストクラブ華山」の向こうを張る素晴らしさ。でもひらで〜さんのご趣味には若造軍団過ぎるかなあ(ちはるさんといい、オジサマスキーの方も多いので)。でもどこかに「古装戦隊イケメンジャー」がいたら、興味ありますよね?(『クレヨンしんちゃん』の妹、ひまわりちゃんが好きな「ホスト戦隊イケメンジャー」のパクリ)・・・

「有閑倶楽部」をご存知なだけで嬉しいです。「婚約記念決闘」は、菊正宗清四郎と不本意に婚約させられた剣菱悠理が記念に?決闘して、悠理が勝ったら婚約破棄・・・だったかな。検索するとテレビドラマ版(2007年)の情報が出てきます(私のコメントが入ったこのサイトまで、検索結果に出てくるのですが)。
涼子
2013/10/30 14:27
涼子さん♪
「項羽と劉邦」は制作費で
お金使っちゃいました〜って
感じですかね(笑)

マ武官応援隊、結成しましょうか(笑)
あのドラマのほっこりシーン担当の
スッキ王女、カク尚宮も合わせたトリオの
応援隊でもいいかも♪

「大王の夢」は、百済と高句麗を新羅に
統一したお話・・・以前「ケベク」を観て
歴史モノとしては残念だったので(^^;)、
同じ頃のお話が観たいな〜って思ってたら
これが良さそうかな〜ってことで、注目。
役者さんはどうかな(笑)

『仮面ライダー鎧武』は娘が観ています(笑)
戦隊ものも一緒に♪
なので、たまに観て、知ってっますよ♪♪
確かにカッコイイよね・・・だけどちょっと
若すぎかな(笑)仮面ライダーを卒業して
少し経ってからからの方が旬かも。
殿とかタケルくんのようにね♪
熟すのを期待しましょう(笑)
「古装戦隊イケメンジャー」・・・
イイですね♪日本の戦隊ものは
どれだけイケメンでも変身して
お顔が隠れちゃうからつまらないけど、
これだったら、ず〜っと見ていられる
ものね(笑)・・・武侠ものは見方に
よっては変身しない戦隊もののような
気がする(笑)

「有閑倶楽部」・・・そう言えば、ドラマ化
されてたのですよね。漫画、読みたくなって
来た(^^)
ひらで〜
2013/10/30 16:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八重の桜 第43回 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる