☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 新笑傲江湖☆第7話

<<   作成日時 : 2013/10/30 15:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

生死由命 由它去吧

定逸より、狐冲と田伯光が儀琳をかどわかしたと聞いた岳不群、
考えられないと否定しますが、天門と人達も見ていると言われ、
余滄海にも責められると、本人たちに聞くまでは何も言えないと
答えるしかありません。そこへ、伯光にやられたと天門が現れ
冲と伯光は仲間だと証言・・・一気に嫌な雰囲気となり、劉正風が
その場を収拾しようとしますが、そこへ人達・・・人傑が冷狐冲に
殺されたと知らせ、この目でしかと見ましたと証言・・・冲を
かばいきれなくなった岳不群は徳諾と大有に冲を探しに行かせます。
余滄海は冲を逃がさぬように見張るため人達を同行させます。
そこへ儀琳・・・定逸が冲の行方を問うと、確かに会ったが、
画像
亡くなりました〜(泣)と儀琳。信じられない霊珊は、この目で見たと
言われ、ショックで気を失ってしまいます。
余滄海は冲が死んだと聞いて、殺す手間が省けたと喜びますが、
冲は人杰に殺されたと儀琳がいうものですから、みんなびっくりです。
仏様にかけてう嘘は申しませんと訴える儀琳・・・ここで、ようやく儀琳の
話を聞くことに・・・冲の行方を聞くより、それがまず先だと思ったのは
私だけではナイはず(笑)
そのころ、平之は・・・劉正風の引退の儀を用意する下男を襲い・・・。

群玉苑では、冲を治療するために曲洋が内力を注入中・・・
画像
しばらくして気がついた冲は、助けてもらった礼を言います。
私の気でやっと命を保っている、気が途切れたら終わりだ、私の犠牲も
無駄にするなと言う曲洋に、自分のせいで内力を消耗させてしまったと
気を病む冲。ところが、曲洋は内力などどうでうもよい、それより今日は
友人の祝いの日だが、心配に思うことがあり様子を見に行きたいのだが
あなたに気を吹き込み続けなければ助けることができない、と悩みを
冲に打ち明けます。冲は、迷わず江湖は義理が第一、死にかけの俺の
ことより友人が大切ですと、すぐに行くように勧めます。その答えに
驚く曲洋に、生涯の友と俺の命、どちらが大事かお考え下さい、俺も
人を犠牲にしてまで生きたくはないと冲・・・笑って、早く行って下さいと
促す冲に感心した曲洋は気の半分を注入することに・・・だけど、
華山派の内功とは違うので、内功がまだ浅い冲だと二つの気が体内で
ぶつかって体を痛めるかもしれない賭けになるが、いいか?と
問われ、賭けは得意なんですと答える冲です。冲が内功を消耗して
友人を助けられるか曲洋を心配すると、高笑いして心配ないと答える
曲洋は命知らずと怖いもの知らずが出会ったと、ご満悦の様子。
画像

冲との経緯を話した儀琳・・・天門も冲が助太刀をしたことを認めたので
冲へのへの誤解も解けたと、定逸は納得しますが、そうはいかないのが
弟子を殺された余滄海。冲の死体はどこだ!と、儀琳に詰め寄ります。
冲が亡くなると自分は気を失ってしまい、目が覚めると姿がなかった・・・
儀琳がそう話した時に、部屋の外で盗み聞きしてた平之が物を落として、
あっさりと、余滄海に捉えられてしまいます。劉正風も知らない顔だと言われ、
間諜に間違われた平之の助けに入る木高峰・・・余滄海と互角に戦います。
孫に何をする!と高峰が言ったところに、空から于人豪(う・じんごう)・・・
その隙に、木高峰は平之を連れて逃走・・・逃飛か(笑)
人豪の背中には亀の絵。人豪もよく解らないうちにやられた様子・・・
そこへ、今のが尻から雁のごとく吹っ飛ぶ技(冲が青城派を馬鹿にする時に
言う)だなという声が聞こえたかと思うと、大群の蜂が現れ、大騒ぎ。
その騒ぎの隙に東方不敗が現れ、儀琳を連れ去ってしまいます。
蜂が去り、儀琳がいないことに気づくと、余滄海は口笛で蝙蝠を呼び、
人豪の匂いを嗅がせ、行き先を辿ることに。警察犬みたい!蝙蝠って、
鼻利くんだね・・・凄い!!

平之を助けて逃げてきた木高峰は余滄海の腕前を知って、敵に回すのは
まずいと考え手を引こうとしますが、そういうわけにはいかない平之は
余滄海が伝家の”辟邪剣譜”を狙っていると訳を話してしまいます。
木高峰は余滄海が狙うなら余程の物だと考えて、横取りを決め、平之に
手を貸すことに・・・。

東方不敗は儀琳を連れて群玉苑に戻ると、恒山派の秘薬・天香断続膠と
白雲熊胆丸を出すように頼みます。貴重な薬だから悪人には使えないと
儀琳が渋っていると、悪人かは知らんがお前の恩人であろう、と冲を
思い出させる不敗・・・そこに、群玉苑の女たちが現れ、ここで働いたほうが
尼寺にいるよりずっといいなどと儀琳をからかいます。そこに、物騒な
者たちが店に来たとの知らせ。バレたことに驚く不敗ですが、女将に
彼らを中へ入れないように頼むと儀琳と奥へ。
外には余滄海と人豪、岳不群、定逸、そして騒ぎを聞いて集まった野次馬。
女将たちが相手をしようと出て行くと、人豪が傲慢な態度で女将をど突き
女たちとひと悶着・・・その隙に高峰と平之が・・・。

不敗に連れられ、ある部屋に入った儀琳、所は遊郭ですから勝手に想像し、
罰が当たると誰かが寝ているベッドを見ることもできません。不敗に
怪我をしているのだからと言われて恐る恐る見てみると、そこには冷狐冲。
喜んで、揺り起こそうとする儀琳に、揺らすな死んだらどうすると冲・・・
不敗は冲の脈をみて曲洋が気を吹き込んだことを確認すると別の部屋に
移動するため、冲と儀琳を連れ出します。

入れ替わるように現れた余滄海たち・・・いつの間にか徳諾と大有が合流。
二手に分かれて捜索を開始。隙を見て腐敗たちが別の部屋に入っていくと、
そこには女と遊ぶ田伯光・・・
画像
偶然も、お約束なんですね(笑)
冲に師父である儀琳に叩頭しろ、男なら約束は守れよなと言われ困った
伯光はできないなら外の奴らをやっつけて欲しいと言われると、
助けの船とばかりに、兄弟の頼みは断れないと喜びます。
早速出て行く伯光、途中不敗に目を付け、何やら感じた様子(笑)
伯光は定逸、余滄海&人豪組に出くわすと、定逸に向かって
失礼な言葉で挑発。いきなり現れたこの男が、儀琳を弄んだ男と知った
定逸は伯光に挑みます。その間に余滄海と人豪は別のところを探しに・・・
定逸が手ごわいと察した伯光、女性が嫌がる戦法(?)に変えると、
余計に怒らせて気を引きます。
そこへ平之が飛び出し・・・木高峰に余計な手出しをするな、余滄海が
一人の時をねらえと言われ諦めます。

伯光を追い出した冲、儀琳の差し出すお茶よりも酒がいいと、飲んだは
いいけれど、激痛が走るような状態。こんなところにいたら、師匠に
怒られると途方にくれる儀琳に隠れていろと、 冲と不敗は進言。
儀琳は白雲熊胆丸を冲に差し出し、飲ませます。そこに余滄海たちの声、
慌てて、冲を残して隠れます。部屋に入り、冲を見つけた余滄海は
君子剣こと岳不群の後継が遊郭で女遊びとは恐れ入ると嫌味を
言いますが、冲も負けず、余観主も来ているのでは、ときり返し
無礼な態度に腹を立てた余滄海は人傑の仇を討ってくれる!と
冲に手を出そうとしますが・・・そこへ、卑怯な真似はよせ!相手は
怪我人だ!と入って来た平之。卑怯者と呼ばれて、余滄海の怒りの
矛先は平之へ・・・。人傑に冲を見張らせ、逃げる平之を追う余滄海。

平之を追って外に出た余滄海を待っていたのは木高峰。
余滄海がなぜ孫を使って再三楯突くのかを問うと、したくはないのだが
弟子になりたいとこいつがいうので、と木高峰。そこで、平之は自分が
林震南の子・平之であることを明かします・・・ここ、ストレートに言わず、
相手に気づかせるように、まわり口説く言うのですね・・・めんどくさっ(笑)

そのころ部屋では、冲は衝立の前に立つと人豪を挑発し、
画像
手を出そうとするところに、衝立の後ろにいた不敗が飛び出し点穴・・・
その場に倒れる人豪。私が助けることを知っていたなと、不敗が
冲に言うと、私は分からなかった、ただ心配だったと儀琳。
ほっと一息ついたところで、頭痛に襲われその場に座り込む冲・・・
薬で力が抜けたと言うと、あの薬は効き目は抜群だけど、飲むと
半日眠気に襲われると師匠が言ってたと儀琳・・・それを二つも
飲ませたのね、この子は(^^;)  とにかく、ここを出たい冲たち、
見つからずに出たいとしゃべっていると、伯光の相手をしていた
遊女が秘密の出口を教えます。客の夫人が乗り込んで来た時の
ための逃げ道だとか・・・さすがは遊郭(笑)

外では・・・余滄海が平之に掌(しょう)を向け、平之が自分の手のひらで
受けるのを見た木高峰、すかさず平之の逆の手を取り掌を当てます。
二人の間で、二人の気が体の中でぶつかり合う形となり、危険な
状態になる平之。このままでは死ぬから離せと余滄海。平之も
離すよう木高峰に頼みますが、木高峰は離そうとはしません。
そこへ岳不群。急いで二人から平之を引き離し助け、二人に若者の命を
無駄にするつもりかと、たしなめます。邪魔をされた木高峰は平之を
連れて帰ろうとしますが、手を話さなかったのにショックを受けた平之は
弟子入りを撤回。木高峰はこっちから願い下げだと怒って出ていきます。
すると、木高峰の弟子入りをやめるなら、俺のところに来いと、余滄海。
余滄海にその気はないと察した岳不群は大人気ない、人様に笑われると
止めに入りますが、笑われるのはそちらのほうだ、遊郭で女遊びをする
弟子がいるとは、と余滄海。岳不群が意味を問うと、冲が中にいると言う。
岳不群はそんなはずはないと、大有に確かめに行かせます。
大有が部屋に入ってみると、ベッドには人豪・・・。
余滄海は人豪を点穴して起こすと、冲の行方を聞きますが、冲の罠で
気絶させられたというだけ。余滄海は岳不群に弟子のしたことの借りは
必ず返すと言うと、去って行きます。
残った平之は岳不群に跪くと、弟子にしてほしいと頼み込みます。
画像
弟子にするのは簡単だが、それには親の許しがないと、と岳不群が言うと、
両親は青城派に捕まっているのですと平之。岳不群は、弟子になった
以上は力になると励まします。
岳不群たちが帰ろうとすると、霊珊が駆け込んできました。冲の無事を
知ると喜ぶ霊珊は、平之がいることに驚きます。平之も、林家を青城派から
助けようと、徳諾と霊珊を見張りに行かせたが一足遅かったと、岳不群に
聞かされ、霊珊を師姐(ししゃ:姉弟子)と呼ぶほど、喜びます・・・
画像
って、単純に喜んでいていいのか?平之くん(笑)
岳不群も“辟邪剣譜”に興味があるんだからね・・・霊珊も初めて
師姐と呼ばれて、嬉しそう♪
冲の無事を確信した岳不群は徳諾と大有に冲を探しに行かせます。

翌日。群玉苑を出た冲たちは、廃屋に身を隠すことに。
不敗は儀琳に冲の世話を頼むと、急用があるからと帰って行きます。

岳不群が平之を助け、平之も岳不群を頼ったことに腹を立てている、
そこには岳不群の何らかの下心があると睨みます。
林夫婦が拷問でも口を割らないと知らされた余滄海、自分は劉正風の
引退の儀に出席して岳不群を牽制するから、その間に人達たちが密かに
林夫婦を青城山に連れて行き拷問して必ず口を割らせるように命令します。

一方、両親を心配してため息の平之・・・岳不群はすぐにも助けたいのは
わかるが、劉正風の引退の儀に出席しなければならないので、
騒ぎを起こせば劉殿に申し訳が立たぬ、終わったら何としてでも助け出そう、
だが、余滄海は“辟邪剣譜”を狙って手を出してくるはず、私のそばを
離れるでないと安心させます。
そこへ、徳諾と大有が冲の足取りが全く掴めないと報告・・・。

そのころ冲は・・・傷の痛みに必死に耐えています。 見かねた儀琳が
天香断続膠を取り出し、冲の背中の傷に塗り始めます。
画像
薬がしみて痛がる冲、少しは楽になった言いますが、
まだ痛そうです(^^;)
そんな冲に、男性と女性は体の作りが違うの?と儀琳は質問、
そんなの当たり前だろ、と答える冲。すると、不思議そうな顔をして
画像
私に触れられても平気だった?と儀琳。冲が真顔になって、
痛み以外は平気さと答えると、急に冲の顔が獣(けだもの)に見えてきました。
思わず、顔を手で覆うと、師匠の「男は恐ろしい獣だ、女を見ると野獣に
変貌する、襲いかかられたら取り返しがつかない」との言葉を思い出し
指の隙間から冲を見ますが獣に見えてしまいます。
そんな儀琳の様子を不思議そうに見る冲・・・。
画像
BGMはピンクレディーの”SOS"か〜?って古すぎ?(笑)
ところで、儀琳は幾つの設定なんだろう・・・
第6話                       第8話
登場人物&キャスト
儀琳誘拐事件が羅人傑殺人事件に発展かと思いきや
なぜだか令狐冲殺人事件へ(笑)でも死体がな〜い・・・
一人の証言だけで決めつけちゃうのはどうなの〜?って思うのは
野暮ってもんでしょうか(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜さま&江湖に集うチームの皆様

おかげさまで、第7話を堪能させていただきました 多謝 師姐 多謝 m(__)m 中文でも話が分かるほどの丁寧な解説を、本当にいつもありがとうございます。つい師姐と書いてしまいましたが・・・過去記事から類推するにひらで〜さんの方が私より年下と思われますが、敬意をこめてということで(『諍い女』の「娘娘」から、『江湖』風の呼び方にあっさり鞍替え)。面白いですね〜やっぱり。弱っている冲(ちゅう)も色気があって?いいし、儀琳はピュアで可愛いです(それにしても江湖の人物はみんなオツムのネジが数本足りない気がするのは私だけ?まあ基本コメディなのでそれでいいのでしょうが)。最後の冲の顔がけだものに変わるところは爆笑でした。

ひらで〜さん、マ武官応援隊を結成しましょう!スッキ王女、カク尚宮も入れると『馬医』の「ズッコケ三人組」といったところでしょうか。『仮面ライダー鎧武』まで守備範囲とは恐れ入ります、師姐!確かに「ホストクラブ鎧武」はもう少し熟すのを待つとしましょう(そういう楽しみ方もありですね)。武侠ものは確かに戦隊もののノリですね。「古装戦隊イケメンジャー」そのものかも。

『大王の夢』の主人公はワイルド系でしょうか?ちょっと見てみようかと思います。でも実は三国志のムックを読んでいたらやっぱりルー@こんみんが恋しくなり、83話の池の鯉を見ながら劉禅に会うこんみんのシーンを見直している病人なのでした(何度見ても素敵なんだもん)。
涼子
2013/11/01 13:06
涼子さん♪
年齢はほぼ同じではないでしょうか・・・
ここは、同志ということで(笑)

江湖の方々は、考え方が一直線なんでしょうね、
戻って考えるとかしないし、今見たもの、聞いた
ものが全てって感じです。それが凄い(笑)
考え方が予想外で、それが楽しいのよね。
未知なる世界観ですわ♪

マ武官応援隊、結成決定ですね♪
隊長をお願いします(^^)
私、記録係で「八重の桜」のあとに
報告書付けま〜す(笑)予定ですけど。

WOW♪池の傍らのこんみん・・・素敵です♪
劉禅を見て、微笑むのもいいのよね
ひらで〜
2013/11/01 17:07
ひらで〜さま、江湖にお集まりの皆様こんばんは(*^^*)
東方不敗はなんだかんだで冲を助けたいのですね。そのために内力使ったり儀琳ちゃんを拉致して薬を飲ませようとしたり可愛いとこありますね。

伯光は定逸に会ったらを挑発するだろうなぁと予想はしていましたが、やっぱりここはお約束通り挑発しましたね。だんだん伯光が可愛いくなってきました♪定逸vs伯光もう少し見ていたかったなぁ。

相変わらずダメダメな平之くん、木高峰を捨てて岳不群に乗り換え。岳不群も辟邪剣譜を狙っているのに弟子になって大丈夫かしら。不群からしたら平之くんの弟子入りはラッキーだったりして(笑)

ひらで〜さまも涼子さまも『馬医』ご覧になってるのですね。私、録画はしてますが5話までしか見てなくて溜まりっぱなしです。そろそろ見ないと録画容量が足りなくなりそうなので見なければ。お二人一押しのマ武官を早く見たいです(*^^*)
ちはる
2013/11/01 22:15
ちはるさん♪
返事が遅くなりました、ごめんなさい!!
連休は如何お過ごしでしたか?
こちらは相変わらずですが、
地区のお祭りがあって、
娘のお友達が3人もお泊りにきて
騒がしい昨晩でした(笑)

伯光は不思議なキャラですよね(笑)
カッコイイから、多生変態でも
よく見える。
華山派に入門した平之くん、
以外な素顔をみせてくれます。
笑顔になるとニコラス・ツェーに
どことなく似ていて、私的には
ハマりそうな予感・・・ウォレス
目当てが、変わるかも(笑)

「馬医」は大河の続きで、観ています♪
マ武官、イイですよ〜(^^)
あの3人のドタバタはほっこりします。
注目です♪♪
ひらで〜
2013/11/04 13:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新笑傲江湖☆第7話  ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる