☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第44回

<<   作成日時 : 2013/11/04 10:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

襄の遺言

画像
八重が心配するなか、襄は同志社英学校を大学にする資金集めのため、欧米へ旅に出た。留守を任された八重だったが、女学校の運営方針をめぐって米国人宣教師たちと口論になり、険悪な状態になる。すると、そこへスイスの襄から遺書が郵送されてくる。襄が命を削りながら大学をつくろうとしていることを知った八重は、改めて襄を支えていく決意をする。
 一方、覚馬のもとには、斗南から青木栄二郎という書生が訪ねてきていた。彼は山本家に住み込み始めるが、次第に覚馬の妻・時栄に好意を寄せるようになる。
のっけから、不安を煽るような襄さんの姿から始まった今回・・・
今まで苦労はしても幸せそうでしたから、心配になりましたね。
襄さんは確か、伊豆だったか、とにかく八重さんに看取られて
亡くなっているのは存じてましたから、これはないなとは
思いましたが、一緒に観ていた義母は知りませんから、
外国で亡くなるの?と心配してました(^^;)

オープニングは11月バージョンとなり、、「会津絵ろうそく」が登場。
2月にお祭りがあるそう・・・雪の中のろうそくの灯りは幻想的♪
時は一ヶ月前へと遡ります。
時代は朝鮮や清との関係の悪化から徴兵制度が改正され、
すべての学校に与えられていた徴兵免除が官立学校の特権となり、
当然、学生は官立にに流れるわけで・・・こうなると、学生が流出しまう
私学である同志社は危急存亡の秋(とき)。
襄さんは体調を崩しながらも、これを回避しようと奔走、外国へ
助けを求めに旅立ち・・・旅先で発作を起こし、死を覚悟。
しかし、回復して・・・という展開。
嬢さん不在の間には、女学校でも問題が発生、八重さんも
踏ん張り時でした。
会津の方々では、照姫さんが亡くなり悲しみにくれ・・・
山本家でも、なんだか不穏な空気が流れだす・・・
なんとも、まとまりのつかない展開でしたが、
時代に翻弄される様子も見て取れて、これはこれで。
殿の久々の登場は嬉しかったけど、照姫さんとの別れと共に
ご宸翰と御製を世に出さなかったエピソードがさりげなく入れられ、
切ない気分に・・・明治も17年が過ぎても髷をゆっているのですね
そういう姿だけでも切ないよね・・・。
第43回                           第45回

さて・・・「八重の桜」のあとは「馬医」を続けて観ているのですが・・・
そこに出てくるスッキ王女に仕えるマ武官がお気に入りで
同じく王女に仕えるカク尚宮の三人のシーンにはいつも
楽しくさせられています。
画像

マ武官は、王女に健気なほど忠実で、毎回王女のわがままや
無理難題に付き合わされ、可愛そう・・・でも、頑張るんですよ。
そこが楽しくて♪
ということで、健気なマ武官を応援しちゃいます(笑)
そう意気込んだものの、今回の登場は1シーンのみ(^^;)
でも、お嬢に豚やイタチよりマシだと褒められて、感謝するという
これまた、いじらしい姿が見られましたので、いいかな(笑)
王女にはクァンヒョンしか男として映ってないですから、
仕方ないですねぇ〜(^^;)
でも、負けるなマーくん♪です(^0^)/~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜師姐&ちはる師姐&江湖に集うチームの皆様

あっという間に11月ですねえ。秋らしいトップページ&江湖第8話&八重44話、そしておまけに『馬医』のズッコケ三人組の記録までありがとうございます。こんな素敵な写真があったんですね〜

『江湖』8話は、冲と儀琳の「小さな恋の物語」はかわいいですが(儀琳の片思いですが)、江湖の派閥(流派)争いがややこしすぎて、江湖の人々と同程度に頭のネジが足りない私にはよくわかんなくなってきた・・・。連休中に何を思ったか夫が見残していた『諍い女』の録画を見ていたのですが、あの後宮とピュア少女・儀琳との落差にめまいがしました・・・。

『八重』44話は「ジョー、立つんだジョー!」という感じでした。殿が久々に出てきたのはよかったですね(でも照姫さんがあぁ・・・)。確かに、最近はNHKは朝の連続テレビ小説も大河ドラマも、オープニングの映像がずっと同じではなく変わっていくんですよね。新しい楽しみです(時代だなあ)。

『項羽と劉邦』はいよいよ漢と楚の対決ですが、劉邦のおうちは正妻と側室の対決か?(このドラマは戚夫人の恐ろしい末路まで・・・やらないよね?)

『馬医』は期待して見る時に限って、マー君(マ武官)の活躍(=王女に無茶振り命令をされて、悲惨な目に遭うこと)がなかった・・・(がっかり。しかし彼はMなのか。いや、いたぶられているうちにMキャラになってしまったというところでしょうか)。でも王女はクァンヒョンをいじめた医学生に復讐するために、カイロ(かな?)を顔にあてて仮病を作っていたのが可愛かった。あきれつつ仕方なしに協力するカク尚宮もがんばれ!(「マ武官のいたぶられ日記」とか「カク尚宮のため息日記」とか読んでみたい)
涼子
2013/11/05 13:46
涼子さん♪
おはようございます
11月に入り、こちらは急に寒くなり
今朝は寒さで目が覚めました(^^;)

「馬医」の3人の写真は、ようやく
探し当てたって感じです(笑)
マ武官の役者さん、実は名前も
知らなかったから(^^;)
でも、たぶんこのドラマ限定ですから
いいかも・・・
今回は活躍(?)の場が少なくて
残念でしたが、王女がクァンヒョンに
代わって復讐してくれて、スッキリ
しましたね〜。あの時代って、胆石が
わからなかったのね〜って、
驚きましたけど・・・時代劇でよくある
持病の癪が・・・とか言う腹痛は
胆石だったて、聞いたことあるけど、
日本の場合はどこまで知られてたの
でしょうかね〜

「項羽と劉邦」・・・マズイなぁ〜
ここ数回、放置状態です(^^;)
でも、娘から漢文の教科書を借りて
鴻門の会とか、四面楚歌とか
読んだりしてます。白文=中国語に
なれちゃうと、レ点とか付いてると
邪魔!とか思えるのが笑えた。。。
でも、ドラマの場面を思い出して
読むと、これが結構楽しいです♪
そんなことしてる間に、ドラマを
観なさい!って感じですが(笑)
ひらで〜
2013/11/06 08:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八重の桜 第44回 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる