☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS マレフィセント☆誰も知らない「眠れる森の美女」がいま目覚める―。

<<   作成日時 : 2014/07/13 15:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

邪悪な妖精マレフィセント―なぜ彼女は“呪い”をかけたのか?画像 

マレフィセント(3D)
MALEFICENT
2014年 アメリカ・ディズニー
監督: ロバート・ストロンバーグ
脚本: リンダ・ウールヴァートン
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演: アンジェリーナ・ジョリー
              (マレフィセント)
    シャールト・コプリー (ステファン)
    エル・ファニング (オーロラ姫)
    サム・ライリー (ディアヴァル)
    イメルダ・スタウントン (ノットグラス)
    ジュノー・テンプル (シスルウィット)
    レスリー・マンヴィル (フリットル)
    ブレントン・スウェイツ (フィリップ王子)
ある王国で、念願のロイヤル・ベビー、
オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれ、
招待客たちが見守る中、3人の妖精たちが
次々に幸運の魔法をオーロラ姫にかけていく。
「美しさを贈ります」「いつも幸せに包まれます
ように」…だが、3人目の妖精の番になった時、
“招かれざる客”である邪悪な妖精
マレフィセントが突如現れ、オーロラ姫に
恐ろしい呪いをかけてしまう──「16歳の誕生日の日没までに、姫は永遠の眠りにつくだろう。そして、真実の愛のキスだけが姫の眠りを覚ます」と。
なぜ彼女はオーロラ姫に呪いをかけねばならなかったのか?──その謎を解く鍵は、人間界と妖精界とのあまりに悲しい戦いの歴史と、マレフィセント自身の封印された過去にあった。マレフィセントの呪いは成就してしまうのか?そして、呪いがマレフィセントとオーロラ姫にもたらす驚くべき運命とは?(公式HPより)
アンジーらしい、アンジーの映画でした♪
王子さまはもういらない!とばかりの展開は「アナ雪」にも
通じるところで、それだけ男たちが頼りなくなったってことかな?
マレフィセントが邪悪になるきっかけが愛への裏切りなのは
ありがちなのだけど、良心を取り戻す過程が子育っていうのは
私生活でも子どもの多いアンジーらしさを感じます。
アンジーなら、男の浅はかのところを破壊しても
誰も文句は言えなそうですしね(^^)
 「眠れる森の美女」では、私も以前から邪悪な妖精が
オーロラ姫の誕生祝いに呼ばれなかっただけで
どうしてそこまでするんだろうって、思ってたので
スッキリしたわ(笑)
それから・・・16歳までは安全なのに、どうして隠して
育てなければならなったのかな?とも不思議だったけれど、
この部分を逆手にとって愛情ってこうやって育まれるんだなって
思わせてくれたあたりに感動を覚えました。オーロラ姫が
また、見事にマレフィセントの愛情に応えるものですから、
母親からすると、こういう展開はたまらないです♪
ただね、オーロラ姫のお母さんが可愛そうなのが、残念。
三人の妖精は、予想外のキャラ設定で笑わせてくれます。

いい男的に観ると(笑)
カラスのディアヴァルくん、好かったですね♪
英国の方だそうで、これからが楽しみです。
シャールト・コプリーって初めて観るか?って思ったら、
『第9地区』の主人公だったのね・・・映画は面白かったけど、
人はあんまり覚えてなかったりする・・・エイリアンが主役だからね。
本当なら、オーロラ姫を救う王子は、人は好さそうだけど
見るからに頼りなさそうな感じだったのが笑えた。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マレフィセント☆誰も知らない「眠れる森の美女」がいま目覚める―。  ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる