☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛☆第42話 & 奇皇后☆第12回

<<   作成日時 : 2014/10/20 16:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

太閤の野望

 秀吉は諸大名に大陸への出兵を命じ自らは官兵衛に築かせた肥前名護屋城に陣取った。関白の座を甥の英次に譲り、太閤となった天下人・秀吉を止められる者はもはや誰もおらず、官兵衛や長政も朝鮮へと出陣する。
 破竹の勢いで半島を進撃した日本の軍勢だったが、戦が長引くにつれ戦況は悪化。官兵衛は秀吉の命を無視し、全軍の撤退を提案する。
 そんななか、名護屋城で淀は再び秀吉の子を身ごもる。淀の懐妊で上機嫌の秀吉だったが、官兵衛が自らの命に背いたことで激怒。秀吉は官兵衛に蟄居を命じる。
いよいよ朝鮮へ・・・日本側からのドラマで
観たのは初めてかも・・・ほとんど、セリフで済まされて
記憶にないのよね(^^;)
NHKが好きなイ・ビョンフン監督のドラマ「ホジュン〜宮廷医官への道」で
初めて戦うシーンを観たのですが、ホジュン先生ごめんなさい!って
感じでした。忍びなく思う反面、王様が逃げたの?!と驚きました。
そういうこともあって、どう描かれるか期待してましたが、
それだけ?な感じでしたねぇ。
ドラマでは官兵衛さんの危惧した通りに、ままならない戦になって
行長さんの尻拭いをして官兵衛さんが戦を止めたかのように
描かれてますが・・・まぁ、いいか。
チクリ魔の三成さん、確かに“そこまでやるか”、って感じで
退場する時の小賢しい表情が良かったですねぇ。
そうそう、官兵衛と三成さんについては明後日10月22日(水)の22:00から
「歴史秘話ヒストリア」で特集されるようなので、観てみようかな♪

続いて、奇皇后♪
敗戦の計
 タファンはついにヤンがスンニャンだと知る。ずっと知らぬふりをされていたことがショックなタファンは…。オジンはヤンの指示に従い具合の悪いふりをする。それを見て、薬の効果を確信したタナシルリは、今度はオジンの偽装妊娠のウワサを流すようヤンに命じる。
 一方、西の辺境では、ワン・ユの作戦どおり、チュルクの兵がワン・ユたちへの追撃をやめて陣地に戻る。手薄なはずの敵陣を攻めていたペガンら元の軍だったが…。
ついに、ヤンの正体がスンニャンだと気がついたタファン・・・
え?知らないふりには知らないふりで返すの??思わぬ展開(笑)
まぁ、それも彼の性格ならありだわね・・・と思っていたら、
結局追っかけるのか〜と、今回もタファンには爆笑させていただきました。
女たちは、命を張った戦いをしてると言うのに(^^;)
まぁ、ここはスンニャンに任せておけば大丈夫だろうけど。
王さまも、計画が成功したようでチュルクの内部へと迫りましたが、
迫り過ぎの感もあるような(笑)ここから妙な三角関係になったりして・・・
四角関係かな♪

ついでに、「昨夜のカレー、明日のパン」
題名から感じる通り、食べるシーンが必ずあるこのドラマ、
今回の食べるシーンは、食べる=生きているって思えて、泣けた。。。。。
溝端淳平さん演じる岩井さんの表情も良かったなぁ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひらで〜さま&チームの皆様

『官兵衛』は、秀吉の大陸出兵・・・あの時代にすごいことなのでしょうが、官兵衛があっさりと往復しているのを見ていると、飛行機かしら?とか、大陸の戦況が伝わってくると、携帯かしら?とかつい思ってしまいます(戦況の伝達だって簡単なわけないですよねえ。海の上を伝書鳩?←レッドクリフか)。華流や韓流の歴史ドラマをたくさん見てると、秀吉がいかに身の程知らずな無謀な戦いを仕掛けたのかが分かりますよね。岡田君は役者が板につき過ぎて、V6として踊っているのを見ると「え、まだアイドルするの?」と逆にびっくり(高校生役で『信長協奏曲(コンチェルト)』に出ている、小栗旬もすごいですが・・・)。

『奇皇后』はタファンの自己中な「心の揺れ」が、相変わらず笑える。こんなんじゃ国を任せられないと思うので、ヨンチョル丞相に感謝すべきでしょう。前のスンニャンといいヨンビスといい、何のサービスやらまたまた由美かおる状態(入浴シーン)でした。

『チャン・オクチョン』の後番組を見ようかと思ったのですが、挫折しました(もうすぐ『ジャクギ』の続編も始まるし、準備?しなきゃ)。ひらで〜さんはミュージカルにはまりっぱなしのご様子。生きがいがあっていいなあ。私は未だに「新三国ロス」状態で、ヨンチョル丞相でさえ「丞相」というだけで萌えそうに(マジで廃人)・・・。歴男の甥っ子が突如「レッドクリフの孔明(金城武)」がよかったという話をし出したので、ルー@こんみんについてむきになって語ってしまいました。

『傾城の雪』の明娟ちゃんの女優さんは『宮廷の泪』の海蘭珠の人じゃなくて、チャン・ツィイーに似ていると私は思いました。ついでに杭景珍の女優さんは、最初は赛g雅(サイチーヤー)の女優さんだと思っていました(若い役やってるなあ、とか思っていた)。
涼子
2014/10/21 12:43
涼子さん♪
こんばんは
官兵衛の朝鮮行きは、不本意だったとはいえ
あの描き方では、やるならもう少し協力しても
いいんじゃないか・・・なんて思えるところも
ありましたし、あれだけ行き来してるとね、
距離感がないですねぇ(^^;)
朝鮮は通るだけだったとはいえ、攻めるなら
もう少し調べるべきでしたねぇ。
無謀というか、行き当たりばったりというか。
とはいえ、明も秀吉さんにかまってたから
ヌルハチが狙ってたとは気がつかずにいて、
隙を突かれちゃったってこともあるから
世の中、わからないものすね(笑)

タファンは好いキャラですよね♪
今まで観た、韓国の時代劇の中では
一番好きかも・・・でも、韓国人じゃない
のよね(笑)このドラマ、不思議だわ。

「ジャクギ」・・・また33話で泣きましたわ。
明日で終わりなのねぇ・・・続編、受け入れ
られるのか、心配です(^^;)

ひとりだけ、ミュージカルで盛り上がり
すみません!!気が多くて、困りもの(^^;)
歴男さんの甥っ子がいるなんて、幸せじゃ
ないですか〜(^^)こちらは、分かる人
いなくて、語ることもできない(−−)

中国の女優さんも、雰囲気が似てる人
多いのかもしれませんね・・・私は
韓国の若い俳優さんが皆同じように
見える・・・(^^;)
ひらで〜
2014/10/21 23:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
軍師官兵衛☆第42話 & 奇皇后☆第12回  ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる