☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 真田丸☆第18回 上洛

<<   作成日時 : 2016/05/08 23:28   >>

トラックバック 1 / コメント 10

卑怯者で何が悪い
画像


家康が上洛したことで、ついに昌幸も秀吉に臣従することをようやく決意する。戦国武将として実力で生き抜いてきたプライドを抑えて渋上洛した昌幸を軽く扱う秀吉。昌幸が隙あらば秀吉を攻めるつもりだと察した信繁は、父の無念な思いを晴らすため秀吉に直談判する。一方、二が伊上洛を果たした昌幸と信幸は、その苦労を一気に忘れさせる、嬉しい再開が待っていた。
昌幸さん、なんだか急に小さく見えた・・・
上洛しないことをここまで粘ってきたのは、意地もあるけれど、
自分でもどうしていいのか迷っていたのでしょう・・・
「死にもの狂いに戦って来た果てに、武田に縁も所縁もない男の
家来になるというのでは割にあいません。」
信玄公と自分のその姿を知る母に愚痴のようにこぼす昌幸さん、
悔しさが滲みでてました。
そんな息子に、あえて嘘でも降ることを勧めるとりさんは
「下手に出て牙を隠して爪を隠して・・・・
 秀吉の勢いに陰りが見えたら寝首を掻く。」
真田のやり方でやりとおせとばかりに、背中を押すとは
さすがは息子を分かってらっしゃる。
昌幸さんの決意にお一人を除いて家臣たちも、承知のようでしたが、
出浦さんの悪魔のささやきのような言葉には思わずドキッとした(笑)

ところが上洛した昌幸さんを秀吉さんは“蔑(ないがし)ろ”に・・・
信幸さんも怒り心頭でしたが、その正直すぎる言葉に傷つく昌幸さん、
背を丸めて腰かけている姿が切なかった。

でも、昌幸さんを評価している方もいるのよね♪
信繁くんも信繁くんにかできないこと・・・茶々さんと裏取引してまで
秀吉さんに直談判。お願いというより脅しです。本人もはっきり
恫喝ですと言ってるし・・・恫喝って会話に出てくる言葉なのね(笑)
昌幸さんを助けるために、根回しに奔走する信繁くん、お兄ちゃんと
違ってもともと気の利く性格のようですが、秀吉さんや三成さんの
そばにいて、ますますそういうのに長けてきたような感じですね。

信繁くんの働きで、昌幸さんは秀吉さんにお目見えすることが
できたのですが・・・待っていたのは屈辱的な采配。
「徳川の与力となるように。」
逆らうこともできない昌幸さん、今までして来たことは何だったのか・・・
「・・・辿り着いたのは、秀吉の家来となった徳川の、そのまた家来。
こんなに面白いことが、あるか」自嘲するしかありません。
そして、ふたりの息子に問うのです。
「わしはどこで間違った?」
誇りに思っていた父の弱々しい言葉を、精一杯の言葉で打ち消そうとする
二人・・・切ないながらも、未来を感じるシーンでした。
それよりも、家康さんの高笑いが、無性に腹立たしかったのよね。
だから余計に、悔しい思いも感じてしまいました。

が、悪い話の後には好い話♪
松さんが生きていた!ここは、どうするのか楽しみなとろでもありましたが、
これほど楽しくするとは(笑)
記憶の鍵が、きりちゃんの“あそこ”とは・・・誰も予想できまい。

そして、昌幸さんは駿府へ。
家康さんの高笑い、ホント、嫌らしい(笑)。

追記:《滝の上に城 なかった・・・》こんな見出しで
5月10日の信濃毎日新聞に「真田丸」関連のニュースが載ってました(^^)
オープニング映像の岩櫃城っぽいお城の下方に二本の滝が流れ落ちる
シーンがあるのですが、この滝は、長野県須坂市の「米子大瀑布」。
最近、そのシーンのままお城があると勘違いして滝を見に来るかたが
いらっしゃるので、市では“映像は合成なので城はない”との看板を
現地に立てたり、HPでお知らせしているのだとか・・・オープニング映像、
罪作りだなぁ。でも、見に行く気持ちは分かる(笑)それにオープニング映像の
ロケ地の紹介、例えばニュースウォーカーおでかけなどをを見ると
そのままあるように思えるものね(^^;)
そのあたり、真田丸のロケ地など詳しい“真田の館“をお薦めします♪

第17話                              第19話

          キャスト
      真田信繁・・・堺雅人
      真田信幸・・・大泉洋    
          きり・・・長澤まさみ
           藤・・・木村佳乃        
      石田三成・・・山本耕史
      加藤清正・・・新井浩文
      大谷吉継・・・片岡愛之助
      矢沢頼綱・・・綾田俊樹
          こう・・・長野里美
       梅(回想)・・・黒木華
小山田茂誠(回想)・・・高木歩
      出雲阿国・・・シルビア・グラブ
      直江兼続・・・村上新悟
      出浦昌相・・・寺島進          
      片桐且元・・・小林隆
      高梨内記・・・中原丈雄
        千利休・・・桂文枝
         茶々・・・竹内結子  
      羽柴秀次・・・新納慎也          
      大蔵卿局・・・峯村リエ
      吉野太夫・・・中島亜梨沙
      河原綱家・・・大野泰弘
      羽柴秀吉・・・小日向文世
          とり・・・草笛光子
      本多忠勝・・・藤岡弘、
           薫・・・高畑淳子
           寧・・・鈴木京香
      本多正信・・・近藤正臣
      徳川家康・・・内野聖陽                                                  
      真田昌幸・・・草刈正雄
     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「真田丸」第18回感想
「ワシを恫喝するか?」「恫喝しております」裏表がありそうで、なさそうなこの二人のやりとり、この後もこういう関係が続くのでしょうね。 ...続きを見る
鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ
2016/05/09 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。さくっとTB完了です。
松さんが記憶を取り戻すシーンは最高でしたね。暴露合戦みたいで。昌幸パパが出てくると、どうしても信繁よりも存在感が大きくて、そっちに目がいっちゃいますわ。
キョーコ
URL
2016/05/09 00:16
こんばんは〜!
昌幸さんが迷い始めましたか。多分、真田家が生き残っていくにはどうしたらいいのかが分からないからでしょうね。まあ、昌幸さん、ゆっくり情況を見極めてください。それから信繁君、騒ぎ過ぎです。若いから仕方のないことだけど、先に大坂へ来てるのだからその辺をお父さんやお兄ちゃんに話すことだね。三谷幸喜、その辺をオーバーに描いてるなと感じました。
blogの文章への感想はここまでにして後は放送を見てからコメントしようかと思います。

おりんご
2016/05/09 00:29
秀吉からの上洛令きたときはさんざん父親は大名でもないのに…と言ってたのに、いざ上洛してみたら上杉や徳川との扱いの差に憤るお兄ちゃん
たしかに昌幸パッパにあいつには腹芸(芝居)できんと言われるわけですな

2016/05/09 07:40
キョーコさん♪
こんばんは(^^)
あのシーンは、落ち込んでた気分を
一気に晴らしてくれる程、楽しい
シーンでした。松さんのキャラって
際立ってるけど、あの家族の中では
普通なのよね(笑)
昌幸パパ、小さくなっても存在感は
ありますね。嫌らしく感じた家康さん、
笑いもいつまで続くかな(笑)
ひらで〜
2016/05/09 23:11
おりんごさん♪
途中までしたが、感想ありがとう。
先は、観てからのお楽しみ♪
信繁くん、大阪へ来てから
ドタバタしてる感じですけど、
いろいろ吸収してるのでしょうね。
ひらで〜
2016/05/09 23:20
犬さん♪
お兄ちゃんは、隠し事ができませんからね、
嘘もつけないでしょうし・・・そこが
良いところでもありますね。
パパさんとの、やり取り、何気に笑いがあって
お兄ちゃんの反応が楽しみなのです。
顔も面白いですしね♪
ひらで〜
2016/05/09 23:25
ひらで〜さま、皆様こんにちは。

昌幸パパ小さくなってしまいましたね〜
中年真田兄弟ファンなので泣けてきました。
なかなか上洛しないパパを皆心配していますよね。
「どこで間違った?」と息子たちに聞くパパにすかさず「間違ってない」という信之。
私も一緒になって「間違ってないよ」と言いたくなりました。
いつの間にか息子たちが情勢を見極めれるようになっていて頼もしくなりました。

悲哀の場面が続き重くなりがちなんですが、三谷さんのすごいところは姉上の記憶が戻る場面をコミカルに演出していて、さすがだなと思いました。
姉上、黒歴史を暴露されましたね(笑)
どれも酷いエピソードで笑ってしまいました。

それにしても家康の高笑いは腹が立ちますね。私は徳川のファンでもあるんですが、あの高笑いはいやらしくて腹が立ちました。
ちはる
2016/05/10 15:10
ちはるさん♪
こちらにもありがとう(^^)
なのに、返事が遅くてごめんなさい!!

真田の行く末を知りながら観ていると
昌幸パパの抵抗が切なく思えますが、
松さんのようなドタバタだけど、ホッと
するような展開があると、昌幸パパの
幸せな部分が見えて、愛おしい♪
そして、
それにしても、家康ですね(笑)
ひらで〜
2016/05/13 11:14
ヘンテコではないのですが、あまりにも面白すぎるセリフ回しに笑ってしまいました。現代社会にもこういうことがあるのではという場面があったり、昌幸さんの大人げないセリフもあったりして。それから昌幸さんの大坂城を見てどう攻めようかなんて職業病かと思ってしまいました。三谷幸喜、こんなストーリーも書けるのならシリアスなストリーも書けるんじゃないかとも感じました。個人的には命のやり取りがある合戦だけはふざけたセリフや演出はやめて欲しいと願っているのですが、関ケ原、大阪の陣はどうなるのかな?
おりんご
2016/05/14 15:59
おりんごさん♪
確かに、現代にも通じるところが
ありますね。だから、分かりやすい。
コメディ部分があるから、ホッとできる
のでは・・・シリアスな話より、
コメディを書く方が技術がいると思うな。
心配は、ごもっともですが、
シリアスも心得た方ですから、
大丈夫だと思います♪
ひらで〜
2016/05/14 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
真田丸☆第18回 上洛 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる