☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 真田丸☆第27回 不信

<<   作成日時 : 2016/07/11 21:35   >>

トラックバック 1 / コメント 4

世の中もう一度乱れるぞ。それも、そう遠くないうちにな・・・。
画像


秀吉と茶々に再び男子が誕生。信繁は、関白秀次のそばにつくように命じられる。秀吉との溝が深まることを恐れる秀次は、吉野の花見で能を披露し機嫌をとろうとする。しかし、秀次の能をみた秀吉は・・・。一方、秀吉は信繁に官位を授けると言いだす。信繁は兄・信幸にも官位を願い出るが、それを知った信幸は弟に情けをかけられたと激しく憤る。そんな中、秀次は失踪する。
信じる・・・これが、どれだけ難しいことか・・・
そんことを思いながら、観た秀次さんの悲劇のはじまり。
なりたくててなったわけでない関白、秀次さんにとっては、
ありがた迷惑だったのかもしれない。
そうじゃなくても、秀次さんと弟たちは、実の両親から引き離されて
育てられてきたのだろうから、そこに遠慮とか、ご機嫌取りとか
しなくちゃならない、目に見えない溝が最初からあったのでしょうねぇ。
秀吉さんあっての豊臣家、すべてにおいて、逆らうことでもできず
生きながらえて来たような感じです。
可愛い甥っ子とはいうものの、実子には許される”甘え”も
させてもらえなかったのかも・・・なんて、思いました。
でも、秀吉さんの気持ちもなんとなくわかるから、お互いに
切ない思いはしてたんだろうな。
亡くなった秀保くんへの仕打ちは、確かに恐怖も感じるけれど、
秀吉さんがかけていた期待が、どれだけ大きかったか、
それが崩れることが、どれだけ許せなかったかも感じられますし、
関白になった秀次さんに秀吉さんも秀吉さんで、気を使ってたのに、
これが逆に関白とは名ばかりじゃないかと、不信感を抱くことで、
信頼されてないどころか、自分は必要ないって思いこむ秀次さん、
これも秀吉さんへの気遣いからだと思うと、
お互いを思いやってのすれ違いに心が痛くなります。
秀次さんは関白の座は拾くんが継ぐまでの繋ぎって割り切って
いても、一度抱いた不信感は鬼胎となって不安を餌にどんどん
膨れ上がって・・・

一方、真田家では・・・ここにも、不信感を抱いてしまった方が一人。
兄弟そろって官位をいただき、喜びいっぱいだったはずの信幸さん、
弟のお情けでもらったと秀吉さんから聞かされて、大ショック。
その上、また自分だけ蚊帳の外だったのも、信幸さんの傷を
更に広げてしまったよう・・・京には行かないってダダをこねる
稲さんに、ご主人さまらしく振舞ったのはカッコ好かったけどねぇ。
だから、ここで信幸くんが返せるものなら返したいって思ったのが
ちょっと意外だった感もあるのよね。冷静に世の中の動きを
観てる人だと思ってたから・・・
まぁ、ここは積もるものが積もって爆発したと思っておこう。
怒る信幸くんに対して、昌幸パパは、
もらえるものは病気以外もらっとけ♪と、いつもの如く、
あっけらかんとして、何を怒っているのか分からない〜って感じで、
伏見城の普請まで、また丸投げ。ここは当然、断られましたけど、
懲りずに信幸くんがやらないのら、信繁くんに、ってふっちゃうところ、
どれだけいい加減な性格なんだ〜と感心しちゃいます(笑)
でも、このいい加減にやったとしか思えない丸投げが秀次さんの
秀吉さんへの不信感に拍車をかけることになるのだから、
この展開はさすがです。
さすがといえば、ダダをこねて浜松に帰る〜って泣きだした稲さんを
説得した、おこうさん。ますます、しっかりしてきました♪
しっかりしてるといえば、この方、信尹おじ様。
この兄に、もったいない!って今回は観てて思ってしまった(笑)
しばらく旅に出るらしいので寂しいけど、再登場が楽しみです♪

次回、秀次さんときりちゃんがどうなるのかが気になるとこですが、
予告で知った「黄金の日々」とリンクするみたいな展開も気になる!

そうそう、ドラマには関係ないのだけど、関白って、最近観た
中国ドラマ「雲中歌〜愛を奏でる〜」に出て来た前漢・昭帝を補佐した
霍光さんに由来してると知って、関白って聞くたびに、
思い出してしまう(笑)

第26話                              第28話

          キャスト
      真田信繁・・・堺雅人
      真田信幸・・・大泉洋
          きり・・・長澤まさみ
      石田三成・・・山本耕史
           稲・・・吉田羊
      大谷吉継・・・片岡愛之助
      真田信尹・・・栗原英雄
          こう・・・長野里美
         たか・・・岸井ゆきの
      大蔵卿局・・・峯村リエ
      片桐且元・・・小林隆
      平野長泰・・・近藤芳正
      豊臣秀次・・・新納慎也
     宇喜多秀家・・・高橋和也
         茶々・・・竹内結子
      豊臣秀俊・・・浅利陽介
      豊臣秀保・・・三津谷亮
      豊臣秀吉・・・小日向文世
           寧・・・鈴木京香                                                 
      真田昌幸・・・草刈正雄
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「真田丸」第27回感想
「おまえの抜け目のなさに腹が立つのだっ」と吐き捨てて去るゲンザブローを見た昌幸パパ「いや〜怒っとったな〜」どんな人間関係よりも、こじれて一番やっかいなのは家族の中の人間関係なのは、いつの時代も同じなんでしょうね。 ...続きを見る
鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ
2016/07/11 22:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
ついに秀頼が産まれ、秀吉がどんどんおかしくなっていくのか〜。小日向さん、何処までおかしくなっていくのか見所ですね。やはり我が子が可愛くて色々な悲劇を招くという何たる皮肉。何だかやりきれなくなります。
おりんご
2016/07/12 00:52
こんにちは。
そういえば昌幸パパと弟信伊さんはうまくいってるんでしたね。
前回の婆様の台詞「離れていても真田は一つ」ってのは、今回に向けての念押しだったのだなと改めて感じました。
キョーコ
2016/07/12 20:30
おりんごさん♪
こんにちは(^^)
秀吉さんも自分に残された時間や
頼みとする者たちが予想より
仕えないことに苛立って、周りの者に
厳しくなっていったのでしょうね。
小日向さんが、見事です♪
ひらで〜
2016/07/13 13:12
キョーコさん♪
昌幸さんと信尹さん、本当なら
3男と4男ですから、奔放に育って
いたのかも・・・長男の信幸くんの
苦悩は理解できないんじゃないかな〜って
思える節もあるような(笑)
ひらで〜
2016/07/13 13:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
真田丸☆第27回 不信 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる