☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 第89回 アカデミー賞☆授賞式

<<   作成日時 : 2017/02/27 15:35  

トラックバック 0 / コメント 0

ご無沙汰しておりました。久々の更新は、一年に一度のお楽しみ♪
今年もLIVEで観ることができました(^^)

画像
ホストはジミー・キンメル・・・ごめんなさい、初めて名を聞きました。
人気のコメディアンで、授賞式会場の対面のホールで仕事をしているという
地元人、セレブいじりが得意で中でもマット・デイモンいじりが有名(?)
らしいです(笑)
マットくん、プレゼンターですから期待できそうです・・・ということで、開演♪

オープニング
歌曲賞パフォーマンス 1
 "Can't Stop the Feeling" 『Trolls』 ジャスティン・ティンバーレイク

ホールの入り口から唄いながら、踊りながら登場。
スッキリしていて、素敵なオープニング。
ジャスティンの紹介で、ホストのジミー・キンメルが登場。

政治ネタ絡みのトークですが、ノミニーの面々をしっかり絡ませているのに
感心します。情報どうりにマット・デイモンを早速いじって
『グレイト・ウォール』で大赤字を出したと暴露(?)
「黒人がNASAを救い、ジャズを白人が救う」
「ハリウッドは 国籍で差別しないが年齢と体重で差別」
言い得て妙でした。
大統領ネタも「過大評価のメリル」と「ツイッター」でつかみはOK(笑)

プレゼンター(以下P):アリシア・ヴィカンダー
助演男優賞
マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』
  ジェフ・ブリッジス 『最後の追跡』
  ルーカス・ヘッジズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
  デヴ・パテル 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
  マイケル・シャノン 『Nocturnal Animals』
お嬢さんが四日前に誕生でおめでた倍増♪

P:ケイト・マッキノン&ジェイソン・ベイトマン
メイクアップ&ヘアスタイリング賞
  『幸せなひとりぼっち』
  『スター・トレック BEYOND』
『スーサイド・スクワッド』
衣装デザイン賞
  『マリアンヌ』
  『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
  『ラ・ラ・ランド』
  『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』


P:タラジ・P・ヘンソン&ジャネール・モネイ&オクタヴィア ・スペンサー
  キャサリン・ジョンソン
長編ドキュメンタリー賞
  『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』
  『 Am Not Your Negro』
  『ぼくと魔法の言葉たち』
『O.J.: Made in America』
 『 13TH -憲法修正第13条-』
人種格差がテーマの作品が多いのが今年の特徴らしい。
『O.J.: Made in America』は7時間以上、元はTVで放送されたもの。
プレゼンターのお一人キャサリン・(コールマン・ゴーブル・)ジョンソンさんは
物理学者・数学者でNASAの研究者さんらしいですが・・・良く分かりません。

P:ドヴェン・ジョンソン
歌曲賞パフォーマンス 2
  "How Far I'll Go" 『モアナと伝説の海』 
                     口上(?):リン=マニュエル・ミランダ
                          唄:アウリィ・クラヴァーリョ


米アカデミー賞会長(映画芸術科学アカデミー会長)
  シェリル・ブーン・アイザックス挨拶


お腹を空かした方のために
キャンディがワルキューレの行進の曲でパラシュート落下(^^♪

P:ソフィア・ブテラ&クリス・エヴァンス
音響編集賞
『メッセージ』
  『バーニング・オーシャン』
  『ハクソー・リッジ』
  『ラ・ラ・ランド』
  『ハドソン川の奇跡』
録音賞
  『メッセージ』
『ハクソー・リッジ』
  『ラ・ラ・ランド』
  『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
  『13時間 ベンガジの秘密の兵士』
『ハクソー・リッジ』の方は21回目のノミネートで初受賞だそうです。

あと二ドルでキャンディにアボガドをトッピングしてくれるとか(笑)

P:ヴィンス・ボーン
 特別賞
 アンディ・V・コーツ
 リン・スタルマスター
 フレデリック・ワイズマン
 ジャッキー・チェン  
 ジャッキー好かったねぇ♪
レッドカーペットでのインタビュー、ホント嬉しそうで、なりよりです(^^)

P:マーク・ライランス
助演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス 『フェンス』
  ナオミ・ハリス 『ムーンライト』
  ニコール・キッドマン 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
  オクタヴィア・スペンサー 『Hidden Figures』
  ミシェル・ウィリアムズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
初受賞?って感じでしたが、涙ながらのスピーチは感動的。
昨年の反動か?ってスタジオでも語られてましたが
そんな感じになりそうな気配です。

P:シャーリー・マクレーン&シャーリーズ・セロン
外国語映画賞
 『ヒトラーの忘れもの』デンマーク
 『タンナ』オーストラリア
 『幸せなひとりぼっち』スウェーデン
『セールスマン』イラン
 『ありがとう、トニ・エルドマン』ドイツ
アスガル・ファルハーディー監督は二回目の受賞ですが、
政治的な圧力に対抗してボイコット、代理人が監督の思いを代読。

P:デヴ・パテル 
歌曲賞パフォーマンス 3
 "The Empty Chair" 『Jim: The James Foley Story』 唄:スティング


P:ヘイリー・スタインフェルド&ガエル・ガルシア・アナベル
短編アニメーション賞
  『盲目のヴァイシャ』
  『Borrowed Time』
  『Pear Cider and Cigarettes』
  『Pearl』
『ひな鳥の冒険』
長編アニメーション賞
  『Kubo and the Two Strings』
  『モアナと伝説の海』
  『My Life as a Zucchini』
  『レッドタートル ある島の物語』
『ズートピア』  
『Kubo and the Two Strings』は桃太郎を元にしてるとか。
アニメでありながら特撮なので、視覚効果賞にもノミネート。
プレゼンターのガエルくん、お久しぶりですわ♪
しっかり「移民への壁には反対」って訴えておりました。

Pジェイミー・ドーナン&ダゴタ・ジョンソン
美術賞
 『メッセージ』
 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
 『ヘイル、シーザー!』
『ラ・ラ・ランド』
 『パッセンジャー』


ドッキリカメラ?(笑)
バスツアーのお客さん、何も知らずに会場に・・・羨ましい・・・

P:フェリスティ・ジョーンズ&リズ・アーメッド
視覚効果賞
  『バーニング・オーシャン』
  『ドクター・ストレンジ』
『ジャングル・ブック』
  『Kubo and the Two Strings』
  『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
 
P:セス・ローゲン&マイケル・J・フォックス
編集賞
  『メッセージ』
  『ラ・ラ・ランド』
『ハクソー・リッジ』
  『ムーンライト』
  『最後の追跡』
『L.O.T.R』を手掛けた方だそうです

『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』に出演している子役、
サニー・パワーで「ライオンキング」・・・。また、キャンディ落下(笑)

P:サルマ・ハエック&デヴィット・オイェロウォ
短編ドキュメンタリー映画賞
  『最後の祈り』
  『Watani: My Homeland』
  『4.1 Miles』
『ホワイト・ヘルメット〜シリアの民間防衛隊』
  『Joe's Violin』
短編実写映画賞
 『Ennemis intérieurs』
 『彼女とTGV』
『合唱』
 『タイムコード』
 『Silent Nights』


大統領のツィートがまだ来てないって心配(笑)

P:レスリー・マン&ジョン・チョウ
 科学技術賞紹介

P:メリル・ストリープ&ハビエル・バルデム
撮影賞
  『メッセージ』
  『ムーンライト』
『ラ・ラ・ランド』
  『沈黙 −サイレンス−』
  『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 
他の作品は観てないけど納得♪

悪口ツイッターの紹介
自分に向けられた悪口を自分で読み上げるって自虐を通り越して
相手への愛さえ感じます(笑)
デニーロまで出てるのが、凄いよ♪

P:エマ・ストーン&ライアン・ゴズリング
歌曲賞パフォーマンス 4
 "City of Stars"  『ラ・ラ・ランド』
 "Audition (The Fools Who Dream)"  『ラ・ラ・ランド』 唄:ジョン・レジェンド


映画ではピアノ弾いてないので、なんだか新鮮(^^)

指揮者ハロルド・ウィラーの紹介

P:サミュエル・L・ジャクソン
作曲賞
 『ムーンライト』 ニコラス・ブリテル
『ラ・ラ・ランド 』ジャスティン・ハーウィッツ
 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 ミカ・レヴィ
 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ダスティン・オハロラン
 『パッセンジャー』 トーマス・ニューマン

P:スカーレット・ヨハンソン
歌曲賞
  "Audition (The Fools Who Dream)"  『ラ・ラ・ランド』
"City of Stars"  『ラ・ラ・ランド』
  "How Far I'll Go" 『モアナと伝説の海』
  "Can't Stop the Feeling" 『Trolls』
  "The Empty Chair" 『Jim: The James Foley Story』
ジャスティン・ハーウィッツは監督のハーバード大での同級生だそうです。
ここも、それしか観てないけど、納得します(笑)
テーマ曲も耳に残る素敵で元気してくれる曲でした♪

P:ジェファー・アニストン
追討パフォーマンス
 サラ・バレリス ”Both Sides Now” 

ここでマットいじり炸裂(笑)
シャーリーズ・セロンはシャーリー・マクレーンに、ハビエル・バルデムは
メリル・ストリープに影響を受けたということで、往年の作品を紹介しつつ、
プレゼンターとして登場するときに紹介するVTRが流れるのですが
ジミー・キンメルが『幸せへのキセキ』を影響を受けた作品として
VTRで紹介・・・大ウケでしたね(笑)
更にプレゼンターのマットをゲストとアナウンス(笑)

P:ベン・アフレック&マット・デイモン
脚本賞
  『最後の追跡』
  『ラ・ラ・ランド』
  『ロブスター』
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
  『20センチュリー・ウーマン』
この二人がプレゼンターとは・・・時を感じます(笑)
その上で、二人に関わりのある作品の名を読むことになるとは
粋な計らいというか、時の積み重ねも感じさせられました。
それにしても、マットがしゃべるとスピーチを止めるための音楽が
流れたのには笑った・・・
あの人がオーケストラを乗っ取っていたのでした。

P:エイミー・アダムス
脚色賞
  『メッセージ』
  『フェンス』
  『Hidden Figures』
  『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
『ムーンライト』


観客のお腹を更に心配して(笑)クッキーとドーナツ落下

P:ハリー・ベリー
監督賞
デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』
  メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』
  バリー・ジェンキンズ 『ムーンライト』
  ケネス・ロナーガン 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
  ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『メッセージ』
32歳の受賞は最年少だとか
脚本賞と分けたので、先も読めなくなって来たような・・・
「腹立つわ〜」ってスタジオゲストの大友監督は仰ってましたが、
期待感もいっぱいなのが、良かったな♪

P:ブリー・ラーソン
主演男優賞
ケイシー・アフレック 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
  アンドリュー・ガーフィールド 『ハクソー・リッジ』
  ライアン・ゴズリング 『ラ・ラ・ランド』
  ヴィゴ・モーテンセン 『はじまりへの旅』
  デンゼル・ワシントン 『Fences』
ライアン、ピアノの腕とか凄かったけど、
やっぱり、そ〜来ましたか!って感じです。基本、巧いものね。
私はあんまり得意な方じゃないけど・・・
ますます、作品賞の行方が分からなくなって来た(笑)

P:レオナルド・ディカプリオ
主演女優賞
 イザベル・ユペール 『エル』
 ルース・ネッガ 『ラビング 愛という名前のふたり』
 ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
エマ・ストーン 『ラ・ラ・ランド』
 メリル・ストリープ 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
これは、順当だろうな・・・凄く可愛いのよ♪目が好いよね(^^)
というか、
人種的配慮を凄く感たのだけど、考え過ぎかな・・・。
それにしても、レオくん、昨年は何してたんだろう?

P:フェイ・ダナウェイ&ウォーレン・ベイテイ
作品賞
  『メッセージ』
  『フェンス』
  『ハクソー・リッジ』
  『Hidden Figures』
  『最後の追跡』
  『ラ・ラ・ランド』
  『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
  『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
『ムーンライト』
なんと、最後の最後にまさかのハプニング・・・
『ラ・ラ・ランド』って発表されて、ひっくり返るかとちょっと期待もしたけど
まぁ、こうなるのが自然でしょうね♪なんて思っていたら
なんと、スタッフが間違えて主演女優の封筒を手渡して
しまったらしくて、途中で『ムーンライト』に訂正・・・
『ラ・ラ・ランド』の関係者にオスカーをしっかり手渡して
受賞のコメントまで言っていたのに可愛そうだよねぇ。
ジョーク?って思ったほどだけど、こういうことも起こるんだねぇ。
開封までは管理が厳しいのはネタになるほど有名だけど、
開封後は管理が適当だったわけだ(笑)
  追記:予備の封筒を間違えて渡したとのこと
こんな手違いが最後に起こるとは、観ている方もびっくりです。
どうりで読み上げるのにタメてたわけです・・・勿体ぶってると思ってた(笑)
こうなると、プレゼンターのお二人はいい迷惑ですよね。
でも、豪華なプレゼンター♪でした。
素敵なお爺ちゃんお婆ちゃんになった二人を見ると、やっぱり時を感じますが
名作映画として残るってことは、時がいくら過ぎてしまっても変わらない、
不変的なものになるってことなんだねぇ・・・そんなことを思ってしまいます。
そして、言うまでもないですが、『ラ・ラ・ランド』は好い作品です♪
ハリウッド映画への応援的な作品のような気がしました。
これしか観てないので、あんまり言えないけど(笑)

おまけの裏話
会場はアールデコとハリウッド黄金期をイメージ。
スワロフスキークリスタル30万個を使用してあって
目玉はクリスタルのオスカー像・・・確かに凄かった♪

オスカーには“エヴリワン・ウィンズ・アット・ザ・オスカーズ”と
呼ばれる副賞があるのだとか・・・とはいえ、オスカー公認ではなく、
企業がスターに使ってもらおうと、勝手に送りつけている物だそうです(笑)

家事もそっちのけで、早々に準備してしっかり観てしまいましたが
全体的に落ち着いた雰囲気で、トークの内容も好かったような気がします。
さすがに最後の大混乱には唖然としてしまいましたが、彼のせいじゃ
ないですものね。あれがなければ大統領をもっとイジってたのではないかな。
Twitterも気になってたのになぁ(笑)
とはいえ、『ラ・ラ・ランド』に乗る形で、派手に行くかと思っていたので
予想を裏切られた感じでもあります(笑)
WOWOWの同時通訳も良かったです。
スタジオも落ち着いた雰囲気で、内容も良かったと思います♪
レッドカーペットのインタビューもガンバってました・・・板谷さん、
昨年の巧みくんより勢いがあって、好いかも(笑)
夜の字幕版が楽しみです(^^)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第89回 アカデミー賞☆授賞式 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる