☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 第90回 アカデミー賞☆授賞式

<<   作成日時 : 2018/03/05 15:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ご無沙汰しておりました。久々の更新・・・昨年と同じですが(笑)
あっという間の1年で、今年もLIVEで観ることができました♪

画像
ホストは昨年と同じ、ジミー・キンメル。
昨年のまさかの事故をどうイジるのか楽しみ(笑)
今年はセクハラ問題でも注目されているので、興味はいつにも増して
大きい感じ。鑑賞してあるのは『グレイティスト・ショーマン』、『スリー・
ビルボード』、『シェイプ・オブ・ウォーター』の3作品。
『スリー・ビルボード』と『シェイプ・オブ・ウォーター』の一騎打ちが
予想されていますが、どうなることやら。
日本からも、メイクアップや短編アニメでノミネートですので楽しみです。
注目の女性陣のドレスですが、かなり華やか♪
女性の強い存在感を表しているようなことを、レッドカーペットでレポート&
インタビューをされていたすみれさんが言っていましたが、なるほどなぁ、と
・・・さてさて、開幕です♪

オープニング
往年のニュース映画のように紹介・・・伝えていたのは、ホスト本人?
「名前が呼ばれても、すぐには立たないように」
いろんな意味で、オスカーくんは誠実なんだそうです(笑)
昨年までの反省を込め、前向きに行くらしい。
一番短いスピーチをした方に$17,999のジェットスキーをプレゼント・・・
貰っても困るような気がするけど(笑)
オスカーを手にしたところからタイムを計るそうですが、短くなるのかな(笑)
ステージはスワロフスキークリスタルに覆われていて光輝く洞窟状態
地味派手って感じです(驚)

まずは助演男優賞
プレゼンター(以下P):ヴィオラ・デイヴィス
助演男優賞
  ウィレム・デフォー『The Florida Project』(原題)
  ウッディ・ハレルソン『スリー・ビルボード』
  リチャード・ジェンキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』
  クリストファー・プラマー『ゲティ家の身代金』
サム・ロックウェル『スリー・ビルボード』
やったね♪
嫌な奴だったけど、憎めない役処、良かったですものね
ヴィオラ・デイヴィスのピンクのドレス、政治的な意味合いもあるのだとか。

スピーチがもし長くなったら、音楽の代わりにある人が出てくるので注意(笑)

P:ガル・ガドット&アーミー・ハマー
メイクアップ&ヘアスタイリング賞
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
  『Victoria and Abdul』
  『Wonder』
来ました!辻一弘さんおめでとうございます
辻さんは、『シェイプ・オブ・ウォーター』のクリーチャーの目の部分の
担当もしているそうです・・・あれ、CGじゃなかったのね。

P:エヴァ・マリー・セイント
衣装デザイン賞
  『美女と野獣』
  『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
『ファントム・スレッド』
  『シェイプ・オブ・ウォーター』
  『Victoria and Abdul』
プレゼンターのエヴァ・マリー・セイントはちょっとだけ
オスカーくんより年上だそうです。

P:グレタ・ガーウィング&ローラ・ダーン
長編ドキュメンタリー賞
  『Abacus: Small Enough to Jail』(原題)
  『顔たち、ところどころ』
『イカロス』
  『アレッポ 最後の男たち』
  『ストロング・アイランド』
ロシアのドーピングに纏わるドラマのような
かなりスリリングなドキュメンタリーだそうで、オリンピックを絡んで興味深々♪

P:タラジ・P・ヘンソン
歌曲賞パフォーマンス 1
 "Mighty River" 『マッドバウンド 哀しき友情』 唄:メアリー・J・ブライジ

歌曲賞と助演女優賞のWノミネートは初めてのことだとか。

オスカー90年の軌跡みたいなVTR
過去のジョークに「クリストファー・プラマーが最も若い」というのが
あったそう・・・

P:エイザ・ゴンザレス&アンセル・エルゴート
音響編集賞
  『ベイビー・ドライバー』
  『ブレードランナー 2049』
『ダンケルク』
  『シェイプ・オブ・ウォーター』
  『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
録音賞
  『ベイビー・ドライバー』
  『ブレードランナー 2049』
『ダンケルク』
  『シェイプ・オブ・ウォーター』
  『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
プレゼンターは『ベイビー・ドライバー』ペア。若いわ(^^;)
ここは、順当に・・・町山さん『ダンケルク』は“音”の映画だと断言してました(笑)

P:ルピタ・ビョンゴ&クメイル・ナンジアニ
美術賞
  『美女と野獣』
  『ブレードランナー 2049』
  『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
  『ダンケルク』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
プレゼンターは移民ペア、世界にエール

P:エウヘニオ・デルベス 
歌曲賞パフォーマンス 2
 "Remember Me" 『リメンバー・ミー』 
 唄:ガエル・ガルシア・アナベル&ナタリア・ラフォルカデ&ミゲル

ガエルくんの唄はどうなの?って感じでしたが(笑)素敵なパフォーマンスになりました。

スピーチの短さは今のところ36秒が一番・・・
貰いたい気を引くために更にジェットスキーをCMっぽく紹介、
リゾート施設まで使えるようですが・・・、
なぜかポテチ?を頭に乗せてます(笑)

P:リタ・モレノ
外国語映画賞
『ナチュラルウーマン』(チリ)
  『L'insulte(英題:The Insult)』(レバノン)
  『ラブレス』(ロシア)
  『心と体と』(ハンガリー)
  『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(スウェーデン)
追記:リタ・モレノのドレスは1962年のアカデミー賞助演女優賞を獲った時に来ていたもののリメイクだそう・・・
スカート部分は日本の帯なのだとか。

P:マハーシャラ・アリ
助演女優賞
  メアリー・J・ブライジ『マッドバウンド 哀しき友情』
アリソン・ジャネイ『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」』
  レスリー・マンビル『ファントム・スレッド』
  ローリー・メトカーフ『レディ・バード』
  オクタビア・スペンサー『シェイプ・オブ・ウォーター』
実在の方にそっくりなんだそうです。

ジミー、9歳の自分に遭遇・・・『スター・ウォーズ』のTシャツで次の
プレゼンターを紹介。
P:マーク・ハミル&ケリー・マリー・トラン&オスカ―・アイザック&BB-8
短編アニメーション賞
『Dear Basketball』(原題)
  『ガーデンパーティー』(原題:Garden Party)
  『LOU』
  『Negative Space』(原題)
  『へそまがり昔ばなし』(原題:Revolting Rhymes)
残念!桑畑監督。でもこれからです!!
長編アニメーション賞
  『ボス・ベイビー』
  『The Breadwinner』(原題)
『リメンバー・ミー』
  『Ferdinand』
  『ゴッホ 最期の手紙』
こちらは、順当なのかな。

P:ダニエラ・ベガ
歌曲賞パフォーマンス 3
  "Mystery of Love" 『君の名前で僕を呼んで』
            唄:スフィアン・スティーヴンス

 
P:ジーナ・ロドリゲス&トム・ホランド
視覚効果賞
『ブレードランナー 2049』
  『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
  『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』
  『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
  『キングコング 髑髏島の巨神』
『猿の惑星』が有力だった様ですが・・・
『ブレ・ラン2049』はDVD買ってあるので、これから観てみます♪ 

P:マシュー・マコノヒー
編集賞
  『ベイビー・ドライバー』
『ダンケルク』
  『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
  『シェイプ・オブ・ウォーター』
  『スリー・ビルボード』


観客に感謝コーナー?
チャイニーズシアターにいる観客に実際に感謝に行くツアー開始♪
・・・昨年はツァー客が会場にドッキリ来場でしたので、逆バージョンですね(笑)

CM中にギレルモ監督にオタク仲間の町山さんがインタヴューするVTR
昔なんだけど、今のアメリカを表してるって仰ってましたが、確かに
観ていて、技術や文化的な進歩はあっても人間は変わってないのねぇって
素直に感じられる作品でした♪

CM明け、お菓子やホットドックをもって映画を鑑賞中の劇場へ・・・
観ていた映画が急に変わって観客大騒ぎ・・・ドルビーシアターと
チャイニーズシアターが一体化してます(笑)去年同様、羨ましい
お客さんの一人が次のプレゼンターを紹介

P:ティファニー・ハディッシュ&マーヤ・ルドルフ
短編ドキュメンタリー映画賞
  『Edith+Eddie』(原題)
『Heaven Is a Traffic Jam on the 405』(原題)
  『ヘロイン×ヒロイン』
  『Knife Skills』(原題)
  『Traffic Stop』(原題)
短編実写映画賞
  『DeKalb Elementary』(原題)
  『The Eleven O'Clock』(原題)
  『My Nephew Emmett』(原題)
『The Silent Child』(原題)
  『Watu Wote: All of us』(原題)
プレゼンターのお二人とも、足が痛いとかでハイヒールを
脱いで手に持って登場、これもジェンダー絡みの抗議なのでしょうか。
白人イジりでテンション高いし、このコンビ楽しすぎる(笑)

P:デイヴ・シャペル
歌曲賞パフォーマンス 4
 "Stand Up for Something"『マーシャル 法廷を変えた男』
                     唄:コモン、アンドラ・デイ

移民のために立ち上がろう!とコモンが訴える姿が印象的。

P:アシュレイ・ジャッド&アナベラ・シオラ&サルマ・ハエック
「Time’s Up(タイムズ・アップ)」賛同VTR

P:マーゴット・ロビー&チャドウィック・ボーズマン
脚色賞
ジェームズ・アイボリー『君の名前で僕を呼んで』
  スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー『The Disaster Artist』
  ジェームズ・マンゴールド、スコット・フランク、マイケル・グリーン
                            『LOGAN ローガン』
  アーロン・ソーキン『モリーズ・ゲーム』
  バージル・ウィリアムズ、ディー・リース『マッドバウンド 哀しき友情』
これは誰もが納得ではないかな・・・観てないけど(^^)
P:ニコール・キッドマン
脚本賞
  エミリー・V・ゴードン、クメイル・ナンジアニ
                 『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
ジョーダン・ピール『ゲット・アウト』
  グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』
  ギレルモ・デル・トロ、バネッサ・テイラー『シェイプ・オブ・ウォーター』
  マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』
お〜!面白い展開になってきました(笑)
会場もスタジオも驚きの声が・・・作品賞どうなる?

P:ウェス・ステューディ
戦争映画を振り返るVTR

忘れちゃないらないマット・デイモンいじり、ここで入りました(笑)

P:サンドラ・ブロック
撮影賞
ロジャー・ディーキンス『ブレードランナー 2049』
  ブリュノ・デルボネル
     『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
  ホイテ・バン・ホイテマ『ダンケルク』
  レイチェル・モリソン『マッドバウンド 哀しき友情』
  ダン・ローストセン『シェイプ・オブ・ウォーター』
14回目のノミネートで初受賞。

P:ゼンデイヤ 
歌曲賞パフォーマンス 5
 "This Is Me"『グレイテスト・ショーマン』唄:キアラ・セトル


オーケストラ紹介:指揮・ハロルド・ウィラー

P:クリストファー・ウォーケン
作曲賞
  ハンス・ジマー『ダンケルク』
  ジョニー・グリーンウッド『ファントム・スレッド』
アレクサンドル・デスプラ『シェイプ・オブ・ウォーター』
  ジョン・ウィリアムズ『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
  カーター・バーウェル『スリー・ビルボード』

P:エミリー・ブラント&リン・マヌエル・ミランダ
歌曲賞
  "Mighty River"『マッドバウンド 哀しき友情』
  "Mystery of Love"『君の名前で僕を呼んで』
"リメンバー・ミー(Remember Me)"『リメンバー・ミー』
  "Stand Up for Something"『マーシャル 法廷を変えた男』
  "This Is Me"『グレイテスト・ショーマン』
"This Is Me"に行くかと思ってましたが・・・

P:ジェニファー・ガーナー
追討パフォーマンス
  ”Room at the Top” 唄:エディ・ヴェダー&ブレンダン・オブライエン 
中島春雄さん、鈴木清順監督が追討。中島春雄さんはゴジラを演じた方。

P:エマ・ストーン
監督賞
  クリストファー・ノーラン『ダンケルク』
  ジョーダン・ピール『ゲット・アウト』
  グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』
  ポール・トーマス・アンダーソン『ファントム・スレッド』
ギレルモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』
ギレルモ監督の第一声、「私は移民です」
軽く言ってるけど、重いよね。

P:ジェーン・フォンダ&ヘレン・ミレン
主演男優賞
  ティモシー・シャラメ『君の名前で僕を呼んで』
  ダニエル・デイ=ルイス『ファントム・スレッド』
  ダニエル・カルーヤ『ゲット・アウト』
ゲイリー・オールドマン
         『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
  デンゼル・ワシントン『Roman J. Israel, Esq.』(原題)
やりました!
昔からのファンとしては嬉しい受賞です。

P:ジュディ・フォスター&ジェニファー・ローレンス
主演女優賞
  サリー・ホーキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』
フランシス・マクドーマンド『スリー・ビルボード』
  マーゴット・ロビー『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
  シアーシャ・ローナン『レディ・バード』
  メリル・ストリープ『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
かなり興奮していましたが、会場の女性を立ち上がらせ
思いを伝えました。カッコ好かった♪

いよいよ最後・・・粋な再登場、昨年のリベンジです(笑)
P:フェイ・ダナウェイ&ウォーレン・ベイテイ
作品賞
  『君の名前で僕を呼んで』
  『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
  『ダンケルク』
  『ゲット・アウト』
  『レディ・バード』
  『ファントム・スレッド』
  『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
  『スリー・ビルボード』
作品賞としては異例な作品だった様です。
オタク仲間として、嬉しさいっぱいで感涙した町山さん・・・色んな思いが
巡ったのでしょうね。もらい泣きしそうになりました。年齢近いので、
なんかわかるような気もして・・・

気になるジェットスキーはコスチューム賞の受賞者の方に(笑)
昨年を思えばj授賞式の原点を見直し無駄を省いて綺麗に終わった感じでしたが、
社会的な問題を抱えてる姿をさらけ出して、解決の道を見出そうと頑張る姿勢が
はっきり映し出されていたような授賞式だったと感じました。
そうそう、構成(順番とか)が去年と同じでしたねぇ・・・昨年のリベンジ
しっかりできてたと思います♪

詳しくは、夜の字幕放送までお預けということで・・・♪ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第90回 アカデミー賞☆授賞式 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる