☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンケルク☆生き抜け。

<<   作成日時 : 2018/06/25 08:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

絶体絶命の地“ダンケルク”に追い詰められた若者たち。
残り時間、わずか。
画像


ダンケルク
DUNKIRK
2017年 イギリス・オランダ・アメリカ・フランス(ワーナー)   
監督・脚本: クリストファー・ノーラン
音楽: ハンス・ジマー
出演: フィオン・ホワイトヘッド(トミー 英国陸軍二等兵)
    トム・グリン=カーニー (ピーター ミスター・ドーソンの息子)
    ジャック・ロウデン (コリンズ 英国空軍・スピットファイアの操縦士)
    ハリー・スタイルズ (アレックス 英国陸軍“高地連隊”二等兵)
    アナイリン・バーナード (ギブソン無口な兵士)
    ジェームズ・ダーシー (ウィナント陸軍大佐)
    バリー・キオガン (ジョージ ピーターの友人)
    ケネス・ブラナー (ボルトン海軍中佐)
    キリアン・マーフィ (謎の英国兵)
    マーク・ライランス (ミスター・ドーソン 小型船船長)
    トム・ハーディ (ファリアー 英国空軍・スピットファイアの操縦士)
声の出演: マイケル・ケイン(英国空軍・スピットファイアの指揮官)
フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミーとその仲間ら、若き兵士たち。

一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間の船長ドーソンは息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のファリアも、数において形勢不利ながら、出撃。こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。(公式HPより)

WOWOWで、鑑賞♪
戦争映画は若いころは平気で観てましたが、歳をとってくると、
若い人たちが命を落とすシーンが耐えられなくて、敬遠してしまい
本作も映画館では観なかったのですが、出演者に負けて・・・
いつものことです(笑)
物語は英国ではきっと誰でも詳しく知るお話なのでしょう、ざっくりな
紹介文が出たかと思いきやいきなり始まって、
陸・海・空でそれぞれ繰り広げられる展開に。
しかも、時間の経過が一週間・一日・一時間ですから、観ている方は
切り替えが大変・・・とはいえ、クリストファー・ノーラン監督ならではです。
映画で表現できることを常に模索しているような方ですから、
観ている方も期待してしまいますが、こう来るか〜って感じでした。
こうなると、どこで一緒になるかが結構お楽しみに。
展開も、ただ“撤退”だけを描いているはずなのに、陸では若い兵士が、
手段を選ばず我先へと海に向かうのですが、逆に怖い目にあって
元いた場所に戻されてしまうし、海では救助にむかう途中、
Uボートに撃沈され漂っていた兵士を助けたがため
悲劇が起こってしまうし、空では燃料がギリギリの戦闘機で・・・と、
サバイバル、サスペンス、ホラー、スリリングな要素が詰まっていて、
それを上質な音響効果とハンス・ジマーの音楽が煽りまくるので、
娯楽的な刺激はたっぷり♪
もちろん、それだけでなく、反戦的な訴えもしっかり・・・
例えば民間人のミスター・ドーソンが退役軍人らしく、一番戦争を
知っているという設定は、大人がこれからどうあるべきかを考えさせられます。
上映時間は106分という、最近の映画では珍しいくらい短いのですが
たっぷり観せられた感があります。
映画館、IMAXで観たら疲れて帰れなくなってたかも・・・TVで好かった(笑)
あと、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を
先に観ておいたので、背景が少しは分かっていたのも好かったのかな。

賛否は分かれているみたいだけど・・・それも分かる気がする。
戦争の悲惨さを伝えるためなら、ドキュメンタリーのような形を取った方が
しっかりと伝わるはずですし、血が多く流れるとか悲惨なシーンを多くするとか
史実に忠実な作品も必要なのだろうけど、こういうのもありではないかな。
時代と共に記憶や関心が薄れていく戦争について、娯楽作品として
まずは気を向かせるとか知るきっかけを作る作品も必要なのではないか
とも思います。
それに、そこはクリストファー・ノーラン監督だから・・・じゃ、ダメか(笑)
いい男もいっぱいだし♪・・・ここでは、それが一番大事(笑)
英雄的な役を演じてるトム・ハーディ、相変わらずのキリアン・マーフィなんて
ドキドキしながらも嬉しかったり、
副官的な役が似合っていたジェームズ・ダーシーや、このところ
胡散臭い役が似合いすぎていたケネス・ブラナーが大佐だとか
司令官とか演じる年齢になったんだねぇ・・・
と、しみじみしてしまいました、というのが実のところの感想です(笑)
ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ダンケルク☆生き抜け。 ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる