サムサッカー☆フツーに心配な僕のミライ

本日、グランドシネマズで鑑賞♪
画像
サムサッカー
THUMBSUCKER
2005年 アメリカ
監督・脚本: マイク・ミルズ
原作: ウォルター・カーン
音楽: ティム・デローター
出演: ルー・プッチ (ジャスティン・コッブ)
    ティルダ・スウィントン (オードリー・コッブ)
    ヴィンセント・ドノフリオ (マイク・コッブ)
    ヴィンス・ヴォーン (ギアリー先生)
    キアヌ・リーヴス (歯科医ペリー・ライマン)
    ベンジャミン・ブラット (俳優マット・シュラム)
    ケリ・ガーナー (レベッカ)
ジャスティンはオレゴン州の閑静な郊外住宅地に両親と弟と住んでいる
17歳の高校生。彼には親指を吸う癖があり、両親も心配していた。
彼の歯の矯正をしている歯医者が、あるとき催眠術で癖を直そうと試みる。
癖は直りつつあったが、彼の心や行動に反動が出てついにはADHD
(注意欠陥多動性障害)と診断されていまう。薬を処方され、飲んでみると
効果テキメン、頭が冴え行動的に変身したのだが・・・。

キアヌ目当てで、気軽な気分で観に行ったのですが・・・
今年一番感動した映画かもしれない♪
自分が何をしたいのか、するべきか模索中の人間たちのお話で、
主人公は17歳の少年、誰もが抱える悩みを持つよくいる少年の
青春映画のはずなんだけど・・・
両親、先生、友達、そのほか彼に関わる大人たちも
それぞれ悩んでいる姿が描かれていて、成長するのは少年だけじゃないよ!
って、最後はエールを送られているようで、母親の観点から観ていた私も、
凄く感動して、いい気分に♪
少年の成長、親離れを描いた映画であるのと同時に
子離れの映画でもあったのね・・・
  私には娘しかおりませんし、まだ小学生ですが、
  そのことを考えただけでも、観ていてラストは泣けました

高校生とその両親、一緒に観たら好いなぁと思うお話でした。

母親の観点から見てはいましたが、
その母親・オードリー役のティルダ・スウィントンが素敵でした♪
初めて普通の女性として観たような・・・
今まで観たのが、中性的で、生活感のないイメージが強くて・・・
それが、息子の態度に敏感になってる普通のお母さん、しかも
TVドラマの俳優に熱を上げてる、どこぞの主婦みたい(笑)に。
でも、どこぞの主婦とは違ってカッコいい♪
手が係っていたはずの子どもがいつの間にか、
手が係らなくなって、それどころか持て余すように・・・
そして最後は手の届かない所へ。
子どもが大きくなっていくのは嬉しいけど、
自分を越えて行くときの寂しさは計り知れないです。
まだだけど、想像するだけで泣けるわ←親バカ(笑)

お目当てのキアヌくんは・・・
歯医者さんです。3種類のバージョンでサービスです(笑)
主人公を助けているようで実は悩まし混乱させる、厄介な奴です(大笑)
でも思っていた以上に登場シーンが多いので
ファンには十分楽しめました♪

そうそう、邦題の『サムサッカー』、
最初サッカー少年の話かとも思ってたのだけど(笑)
親指を吸う癖をサムサッキングというのね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック