マイアミ・バイス☆深く静かに潜入せよ。

レンタルDVDで鑑賞♪
画像
マイアミ・バイス
MIAMI VICE
2006年 アメリカ
監督・脚本: マイケル・マン
オリジナル脚本: アンソニー・ヤーコヴィック
音楽: ジョン・マーフィ
出演: コリン・ファレル (ソニー・クロケット)
ジェイミー・フォックス (リカルド・タブス)
コン・リー (イザベラ)
ナオミ・ハリス (トルーディ・ジョプリン)
エリザベス・ロドリゲス (ジーナ)
ジョン・オーティス (ホセ・イエロ)
ルイス・トサル (モントーヤ)
バリー・シャバカ・ヘンリー (マーティン・カステロ)
フロリダ州の楽園マイアミ。
南米に近いことから密輸の中継基地にもなっている。
潜入捜査に挑むマイアミ警察特捜課(バイス)の二人の刑事、ソニーとリカルド。
ある日、二人の情報屋が家族を殺され自殺。同じころ、FBIの潜入捜査官も殺される。
大きな麻薬密輸団に捜査情報が漏洩 しているらしい。そこで、顔が知られていない
ソニーとリカルドが北米のドラッグ・ディーラーになりすまし潜入捜査を開始する・・・。

コリンくんとジェイミーの刑事と言うので
どんなコンビになるのか楽しみでしたが・・・
プレイボーイのソニーと、恋人トールディに一途なタブス、私生活は正反対だが、
刑事コンビとしての絆は固い・・・雰囲気は感じられるのですが
TVシリーズを観ていないせいなのか二人の絆の強さが
今ひとつ感じられなくて、ちょっと物足りないかな。
映像もカッコいい方だし、音楽も好みなんだけど・・・。
お話も悪役がちょっとお間抜けだから、緊張感が今ひとつ。
ヒロインはコン・リーだったなんて知らなくて出てきてビックリ!
コリンくんと恋に落ちるのか?と意外な組み合わせにもビックリ!!
なんだか可愛らしさが漂うカップルに見えたのだけど・・・
だって、コリンくんってあんまりプレイボーイに見えないし、
コン・リーはそれほど艶っぽくないし・・・綺麗だけどね。
それでも一生懸命な二人はそれ相応で好いかも・・・とも思う。
ラストの切なさは伝わってきました。
私的には最後コン・リーはコリンの腕の中で息絶えて、
傷心のコリンは一回り大きな刑事さんに成長・・・の物語が好かったけど。
   ・・・これじゃぁ、あまりにも普通か?(笑)
でもでも、コリンくんはカッコ好かったです!
いい男になりました♪
ジェイミーは目立った活躍がなくて、印象が薄かった~!

DVD特典の“コリンくん、潜入捜査のドッキリにはまる”が一番面白かったです。
             ↑こんなタイトルじゃないけど(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック