TVドラマ「鹿鼎記」 (1984年)

画像
大ヒット公開中の
『レッドクリフ』に
出演のトニー・レオンの
若かりし頃の香港TVドラマ
「鹿鼎記(ろくていき)」の
第一話~第五話が
GyaOで
無料配信されてました♪
・・・ということで、
鑑賞いたしました♪♪


鹿鼎記(TVドラマ・全40話)
1984年 香港・TVB
原作:金庸
アクション監督:程小東
主題歌:レスリー・チャン[張國榮]
     “始終會行運”

出演: トニー・レオン[梁朝偉] (韋小宝いしょうほう/小桂子)
    アンディ・ラウ[劉德華] (康熙帝こうきてい〔愛新覺羅玄燁〕/小玄子)
    ケネス・ツァン[曾江] (天地会首領・陳近南ちんきんなん)
    ラウ・シウミン[劉兆銘] (太監・海大富かいだいふ)
    クワン・ホイサン[關海山] (大臣・鰲拜おーばい)
    キキ・ション[商天娥] (皇太后・侍女 阿珂あか)
清国、康熙帝の時代。
女郎屋で育った少年・韋小宝はひょんなことから宮廷にもぐりこんでしまう。
間違って殺してしまった宦官・小桂子の変わり身となり、
目の見えない太監・海大富の世話係となる。
一方、大臣・鰲拜は反清組織の弾圧をしながら勢力を拡大し、皇帝をも
ないがしろにする行動が目立ってきていた。
そんな折、韋小宝は宮廷内で同じ年頃の小玄子と出会い、意気投合。
親友となるが、小玄子の正体は・・・。

『レッドクリフ』の公開前に、
トニー・レオンの若いころの『インファナル・デイズ 逆転人生』を再見したら
他のも観たくなってしまいました。
ネットで観られるものを探してみましたら
Gyaoでドラマ「鹿鼎記」が 5話だけだけど、配信されていました。
で、早速、拝見♪

テーマ曲はレスリー♪
昔香港で購入してきたレスリーのCDで
曲だけはよく聴いて知っていたので
なんだかそれだけで嬉しくなってしまったけれど、
若いアンディとトニーがじゃれあっている(ような)姿は
ほほえましくて、ドラマの作りの荒さ(^^;) も気にならないほど
楽しくて、面白いです。
『インファナル・アフェア』以降、ファンになった方には
何?って思われるようなおバカなキャラですが(笑)

物語は清の康熙帝の時代、韋小宝が
持ち前の破天荒さと機転の良さ+運の良さで
ひょんなことからもぐりこんだ宮廷で、宦官になりすまし、
時の若き皇帝と友情を交わしながら、
宮廷内のいざこざを解決に導いたり、
反対に反清組織の幹部になったりと複雑な世の中を巧みに泳ぎ切り
最後は7人の妻と共に・・・というもの。
ドラマの主人公にしてはあまりカッコよくない人物
(のちに鹿鼎候の名を皇帝からいただくのでこの題名)を
若きトニーが元気いっぱいにやっております。
トニーさんはこれで人気者になったはいいけれど
7人の妻をもった役のおかげで女ったらしっぽいイメージが
ついてしまったのだとか・・・
これ観てなくても、そんな感じがしていたような気もするが(笑)
そして、若き康熙帝というのが若きアンディ・・・
ちょっとぷっくりで可愛い♪
親友となった韋小宝を上手に使い(笑)
悪い大臣をやっつけてしまいます。
画像

この続きはDVDで鑑賞中♪
7人の妻の中にはやっとトニーと結婚したカリーナ・ラウ[劉嘉玲]や
テレサ・モウ[毛舜筠]、サンドラ・ン[呉君如]も・・・
他にはラウ・チンワン[劉青雲]、ン・マンタ[呉孟達]、
チャン・コッキョン[張國強]の名も・・・

原作の訳書本(全8巻)は徳間書店から出ておりますので
興味のある方はどうぞ♪
また、映画としては『チャウ・シンチーのロイヤル・トランプ』、
『チャウ・シンチーのロイヤル・トランプ2』があります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック