ワールド・オブ・ライズ☆どっちの嘘が、世界を救うのか。

映画館で鑑賞(26日)♪
画像
ワールド・オブ・ライズ
BODY OF LIES
2008年 アメリカ・ワーナー
監督: リドリー・スコット
原作: デイヴィッド・イグネイシアス
    『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊)
脚本: ウィリアム・モナハン
音楽: マルク・ストライテンフェルト
出演: レオナルド・ディカプリオ (ロジャー・フェリス)
    ラッセル・クロウ (エド・ホフマン)
    マーク・ストロング (ハニ・サラーム)
    ゴルシフテ・ファラハニ (アイシャ)
    オスカー・アイザック (バッサーム)
    サイモン・マクバーニー (ガーランド)
    アロン・アブトゥブール (アル・サリーム)
    アリ・スリマン (オマール・サディキ)
CIAの工作員フェリスは、中東で国際的テロ組織のリーダーを捕獲するという
任務にあたっていた。彼の上司ホフマンは死と隣り合わせの日々を送るフェリスとは
違い、家族と悠々と暮らす自宅や監視カメラで事件を見ている本部から
現場にそぐわな指示を送り、フェリスとはよく衝突していた。そんな二人が追う
国際的テロ組織のリーダーは正体不明。フェリスはトルコ情報局長、ハニに
協力を求めるため近づくが・・・。

26日は小学校も中学校も終業式・・・
なので、明日から冬休み・・・ということで、今年の映画館納めに(笑)
しかも二本立てさ♪(もう一本は『地球が静止する日』)

リドリー・スコット監督でレオくんに、ラッ・クロさん主演で・・・というだけじゃなくて、
マーク・ストロングも出ている♪ならば、お話がどんなでも
はずすわけにはいかない!(笑)
政治やテロがらみのお話なので、どこまで理解できるか心配だったけど、
これなら、大丈夫。キャラクターがそれぞれかなり面白いので、
小難しそうな雰囲気がなくて、単純に楽しめました。
ラッ・クロさんは役作りしました!とばかりの
老けすぎ、太りすぎの観があるけれど、
くえない上司の雰囲気は十分でした。
レオくんはとても自然な緊張感で『ブラッド・ダイヤモンド』の時に感じた以上に
とても好い感じ。このレオくん、好きだなぁ。
次回作は『タイタニック』コンビ復活だそうで、
そちらも楽しみなことです。
そして、大抜擢?なマーク・ストロングの素敵なこと♪
   (『トリスタンとイゾルデ』と『スターダスト』がまた観たくなった)
最初、誰?と思うほど別人の雰囲気でしたが、目で納得。
役も紳士的で、退場なしで良かった~。
これからも活躍が望まれそうなので楽しみです。
画像

ところで、邦題は“ワールド・オブ・ライズ”ですが、
原題は“BODY OF LIES、ボデイ・オブ・ライズ”・・・
イメージ的には邦題の方が合うのかな?
内容は先にも触れましたが硬派なイメージ中にも
映画的な面白さがあって、特にレオくんの危機の顛末は
お約束みたいで逆に、え?って思ったほど。
でも、安心したけどね(笑)
それに、そこが、“ワールド・オブ・ライズ”と考えれば、
まぁ、いいかと(笑)
それにしても、監視カメラ・・・ほんとにあそこまで見れるの?
テロ組織側の監視カメラ対策のシーン(車でグルグル、砂モコモコ)で
思ったけど、どうせならレオくんの体に発信機とか
埋めちゃったほうがいいんじゃないかって・・・
そのほうがカメラで追わなくてもわかるような気がするのだけど・・・
映画だけ観てると、現実の技術はどこまで行っているのか
わからないところの方が、怖いのかなぁ~。
まぁ、一般人には関係ないか(笑)

この記事へのコメント

  • 真紅

    ひらで~さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
    こちらでは、24日が終業式でした。始業は8日です。
    冬休み、忙しいですよね。正直早く終わって~って思ってます(笑)。

    さて。この映画私も面白く観ました。
    レオが素敵ですよね。。
    新作は、夫婦間のビミョーな問題を描いてるみたいで、ちょっと重そうだな・・と感じてます。
    でも、(特にケイトの)演技が絶賛されているみたいなので、必見ですね!

    マーク・ストロング、スーツの立ち姿がとっても素敵でした♪
    今後も要チェックですね!
    ではでは、よいお年をお迎え下さい~。
    2008年12月30日 00:00
  • ひらで~

    真紅さん♪
    終業式、早いのですね~
    こちらの始業式は、中学が7日で
    小学校が8日です。
    早く冬休み、終わってほしいけど
    書初めとか面倒な宿題がありませんか?
    早くやらないと、あっという間に
    終わってしまうのも、冬休みですね(笑)

    さて、映画。
    レオくん、去年あたりから好いですよね。
    重そうだけど無理のないレオくん、
    新作で期待できそうです。

    そうそう!マーク・ストロング♪
    細身の長身でアノ目つき・・・素敵でしょ
    今後もよろしくね♪

    今年も今日、一日となってしまいました。
    一年間、ありがとうございました。
    良い新年をお迎え下さい♪
    2008年12月31日 00:06
  • なな

    ひらで~さん
    あけましておめでとうございます。
    もう冬休みも終わりますね~
    さてこの作品,重かったけどとってもおもしろかったです。
    マーク・ストロング,ダンディですね~
    私は彼の他の作品,「オリバー・ツイスト」の
    泥棒役しか見たことなくって
    今回とっても素敵な役なので
    目を疑いました。
    今後の活躍も要チェック!ですね。
    2009年01月06日 23:54
  • ひらで~

    ななさん♪
    あけましておめでとうございます。
    お返事が遅くなってごめんなさい!
    冬休みが終わったと思ったら、すぐに
    3連休・・・これが終わって、
    やっと落ち着きました。

    マーク・ストロング♪好いでしょ♪♪
    コミカルな役からダークな役まで
    カッコよく演じてくれる
    素敵な“目”に惚れています。
    他の過去作品もぜひ観てくださいね。
    2009年01月13日 09:58

この記事へのトラックバック

「ワールド・オブ・ライズ(BODY OF LIES)」映画感想
Excerpt: レオナルド・ディカプリ オとラッセル・クロウが共演と言う事で話題になっていますが、もし違う俳優でも、CIA絡みの話しだし
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2008-12-29 18:17

レオの粉骨砕身~『ワールド・オブ・ライズ』
Excerpt:  BODY OF LIES  欧米各国では、イスラム原理主義者による爆破テロが頻発。CIA中東局工作 員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2008-12-29 23:55

ワールド・オブ・ライズ
Excerpt: いやー,まいった。いかにも密度の濃い,見事な作品だ。リドリー・スコットらしい,ずっしりとした重い手ごたえを感じる作品。対テロという使い古されたテーマだけど,実際に現地で繰り広げられる緊迫感あふれる情報..
Weblog: 虎猫の気まぐれシネマ日記
Tracked: 2009-01-06 23:55

★「ワールド・オブ・ライズ」
Excerpt: 今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-01-14 01:57

「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。
Excerpt:  レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2009-02-18 02:09

映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督
Excerpt: 国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグ..
Weblog: 英国日記
Tracked: 2009-10-13 23:34