ぼくの大切なともだち☆あなたには親友と呼べる友達がいますか?

DVDで鑑賞♪
画像


ぼくの大切なともだち
MON MEILLEUR AMI
MY BEST FRIEND
2006年 フランス
監督: パトリス・ルコント
原案: オリヴィエ・ダザ
脚本: パトリス・ルコント
    ジェローム・トネール
音楽: グザヴィエ・ドゥメルリアック
出演: ダニエル・オートゥイユ (フランソワ)
    ダニー・ブーン (ブリュノ)
    ジュリー・ガイエ (カトリーヌ)
美術商のフランソワは、顧客の葬儀で出席者の少ないのを見て、
友人の死を嘆き涙でいっぱいにしたという壺を衝動買いしてしまう。
その姿を見たビジネス・パートナーのカトリーヌはフランソワの
誕生パーティの席で親友に10日以内にあわせるという賭けを持ちかける。
フランソワの葬儀には誰も出ないし、親友もいないと言われて
その賭けに乗るフランソワだったが・・・。

久々にレンタルショップを覗いてみましたら
ダニエル・オートゥイユの名に目がいきまして
雰囲気もコメディっぽかったので思わずレンタル。
パトリス・ルコント監督作は久々・・・『タンゴ』以来・・・昔すぎ?(笑)
   
人生も先が見えてきたとき、ふと周りをみると
気の許せる友人がいないことに気がついた男・フランソワが主人公。
フランソワは新たに友人を見つけようとするが上手くはいかない。
そんな時、たまたま乗ったタクシーの運転手・ブリュノの
誰とでも仲良くできる姿をみて、友人作りの指南を請います。
でも、自分に傲慢な所があるのに気がついていないフランソワですので
そう簡単には友人は作れず、賭けの期限も迫る中、焦りが募るばかり。
ちょっと、自己チュー入った役をダニエル・オートゥイユが
好い感じで演じていますね。
友人といえる人がいなくて右往左往する姿は可笑しいけれど
自分もそうかな?って神妙な気分にもなります。
一方、気が好くて人懐こいブリュノも実はクイズオタクで一人ぼっち・・・。
仕事より、フランソワの友人探しが気になってしまいます。
クイズ番組に出たいのだけど、根っからのあがり性で
オーデションではいつものように喋れず落選を繰り返すブリュノ役の
ダニー・ブーンはフランスの人気コメディアンだそうです。
   『線上のアリア』に出演していたそうですが、覚えてない(^^;)
コメディアン振りは映画の中では出てこないのだけど、
“好い人”が滲み出ていて好いですね。
お話の結末は予想はできるものの、
結構盛り上がれる作りになっていまして
楽しむ事ができました。

大笑いするようなコメディではないけれど、
自分を見つめなおすきっかけにもなるような
愛らしいおじさんのお話でした。
ダニエル・オートゥイユはパトリス・ルコント監督作では
『橋の上の娘』に出演しているので、今度探して観てみようかしら・・・。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック