シャッター アイランド(字幕版)

二度目の鑑賞♪
画像


シャッター アイランド
SHUTTER ISLAND
2009年 アメリカ
監督: マーティン・スコセッシ
原作: デニス・ルヘイン
    『シャッター・アイランド』(早川書房刊)
脚本: レータ・カログリディス
音楽監修: ロビー・ロバートソン
出演: レオナルド・ディカプリオ (テディ・ダニエルズ)
    マーク・ラファロ (チャック・オール)
    ベン・キングズレー (ジョン・コーリー医師)
    ミシェル・ウィリアムズ (ドロレス・シャナル)
    マックス・フォン・シドー (ジェレマイアー・ネーリング医師)
    パトリシア・クラークソン (真実を知る謎の女)
    エミリー・モーティマー (レイチェル・ソランド)
    ジャッキー・アール・ヘイリー (ジョージ・ノイス)
    イライアス・コティーズ (アンドルー・レディス)
ボストン沖合の“シャッター アイランド”と呼ばれる孤島・・・
そこには精神を病んだ犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があった。
1954年9月、レイチェルという女性患者が忽然と姿を消してしまう事件が起き、
連邦保安官のテディは新たな相棒チャックと共にその捜査のために訪れる。

単純にレオくんの声で堪能したくて(笑)
   一度目の感想はコチラ→シャッターアイランド超日本語吹替版
しっかり、ネタばれしてますので観てから読んでね♪
画像

展開はわかっているから、それ程驚きも無いだろうし、
レオくんだけを観て、映像をとことん楽しもうと思っていたら・・・
なんだか、一回目より面白くて、そこにびっくり!(笑)
レオくんだけを見ている場合じゃないぞ~!な、感じ。
夢や妄想場面の誘うような映像も
一回目とは印象が違いますし、
何よりマーク・ラファロの存在感が大きくなってる!
いいところに彼のアップが入ってくるのです・・・
なぜ?と考えましたら(笑)
展開がわかっているということは、
医者側の立場で観ているのと同じなんですね。
観ていて不思議な感覚でしたが、
一度目はレオくん目線で、いっしょになって謎解きをしようと
必死に観ていたけど、
二度目はマーク目線でレオくんを観ている訳。
だから、そのお医者さん(レオくん以外の人)目線で観る
一人だけ知らないでいるレオくんは愛しく、
何をしても許せてしまうし、その先へ行ってごらん・・・な、気持ちにもなる。
でも、ラストはやっぱり辛い・・・
もう、二度と同じ思いをしたくないと思う
レオくんの選択なのかもしれないけど、
結局は医者の戦争に利用されてしまう姿には
悔しさも感じる。
そして、
人間が人間としていられる境界線が
一部の人間によって変えられることない
世の中が来るといいな・・・とも思う。

でも、一番強く思ったのは
レオくんはやっぱり好い♪ということ。
DVD早くでないかな(笑)
監督とレオくんのコメンタリーな~んていうのが付いてたら
最高なんだけどね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「シャッターアイランド」(2010)
Excerpt: 戸田奈津子さん監修超吹き替え版で見てきました。どうかなぁと心配してたけど、おかしかなかったです。ディカプリオの地声知らないし。 断崖絶壁に囲まれた孤島。凶悪犯罪を犯した患者だけを収容している精神病院。..
Weblog: INUNEKO
Tracked: 2010-04-17 01:57

『シャッターアイランド』お薦め映画
Excerpt: 人間の心こそ最大のミステリー。何分で仕掛けに気づくか、同伴者と競うも良し。ラストについて、自説を語るも良し。または肩ひじ張らず、素直に観てしっかり騙されるのも楽しいお薦め作品だ。
Weblog: 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
Tracked: 2010-04-22 01:33