プリンセス トヨトミ☆大阪全停止。

画像  その鍵を握るのは、
    トヨトミの末裔だった。


プリンセス トヨトミ
2011年 東宝
監督: 鈴木雅之
原作: 万城目学
脚本: 相沢友子
音楽: 佐橋俊彦
エンディングテーマ: ケルティック・ウーマン
      “princess Toyotomi ~永遠の絆”
出演: 堤真一 (松平元)
    綾瀬はるか (鳥居忠子)
    岡田将生 (旭ゲンズブール)
    中井貴一 (真田幸一)
    沢木ルカ (橋場茶子)
    森永悠希 (真田大輔)
    笹野高史 (長曽我部)
    和久井映見 (真田竹子)
7月8日金曜日、午後4時  大阪が全停止した。
その4日前の月曜日・・・東京から大阪に国の予算が正しく使われているかを調べる
会計検査院の調査官たちがやってきた。超エリートで税金の無駄使いを決して見逃さない
“鬼の松平”の異名を持つ松平元とその部下、頼りなさそうだが時々天性の勘を発揮する
“ミラクル鳥居”こと鳥居忠子、日仏ハーフのクールなイケメン新人エリート、旭ゲンズブールの
3人は順調に調査をこなしていく。そして次の調査対象の空堀商店街にある財団法人OJO
(大阪城趾整備機構)でも調査を問題なく終えたはずだったのだが・・・。

29日、台風の大雨の中、上の娘の行ってきました。
ここ数日、本作の宣伝の為、堤さんがやたらとTVに出ていて
ファンとしては嬉しかったけど、“おっさん”ぶりが目について複雑な気分(笑)
ほんとは一人で観に行くつもりだったのだけど、
V6の岡田くんファンの娘が『SP』を観て堤さんが気になりだしたようで、
観に行きたいと言うので一緒に行くことに。
観終わったとたん、「ソフトクリーム、食べたい!」と一言(笑)

物語は奇想天外と言ってしまえばそれまでだけど、
もしかしたらあるんじゃないかな、と思えるような歴史的、人情的背景があって、
いつの間にか、そうだったら素敵だなと思えるような不思議なお話でした。
大阪国の総理大臣の中井さんがまじめ顔して言うから余計にそう感じる(笑)

“父と息子の関係”や“繋がり”をテーマにしていると宣伝していただけあって
そのテーマを強く感じることができました。ただ、私は母であり娘なので
父と息子の関係を理解することは多分できず、大変なんだね・・・と思うくらいしか
できないのですよね、残念だけど。
でも、“繋がり”については男でも女でも関係なく必要なことだし、
“繋がり”に通じる“伝える”ことは“母と娘の関係”にも大事なことかだら、
その点では共感すると同時に、自分は何を伝えられるのだろうかと考えました。
とはいえ、大したことはないからなぁ~(笑)
それに秘密を介した“繋がり”て強いよねと思ったり・・・男性なら特に
そういう繋がり方、好きそうだし・・・秘密結社とか。

そうそう、堤さんと中井さんってNHKの大河ドラマ「武田信玄」で親子だったよね、
と観ながら思い出して、懐かしいなと・・・あとでパンフで確認したら23年も昔の話。
堤さんはそのドラマを観てファンになったのでなんだか不思議な感じ(笑)

展開については、なんでそうなる?そんなのあり?と突っ込みどころは多いけれど
こんな雰囲気いいな~♪と感じる方が多かったので観て好かったです。

鑑賞後、しっかりソフトクリーム食べて帰った母娘でありました(笑)。

この記事へのコメント

  • マリー

    こんばんは~~♪
    うふふ・・・ソフトクリームですか?
    私はお好み焼きです~。
    この映画見たら、そのへん絶対食べたくなりますよね~。

    お話はええっ?って感じもするけど
    無理なく作ってあるな~って思いました。背景が結構しっかりしてるからかな~?
    原作読み始めたけど、止まってる・・・ゲーンズブールが女性でっていうのにまだ慣れなくて・・・。

    面白かったけど
    予告がちょっと見せすぎなのが気になった作品でした

    2011年06月21日 21:31
  • ひらで~

    マリーさん♪
    お返事が遅れてすみません!!
    お好み焼き、好いですよね~
    でも、観終わったらもう夕方、
    夕飯も近いので、ソフトクリームに。

    原作、我が家も文庫を買いましたが
    他に読んでいるものがあって、
    まだ手を付けてないです。
    そうそう、ゲーンズブールさん、
    女性なんですってね・・・
    映画のイメージがしっかりついているので
    私も慣れるまで時間がかかりそう(笑)

    本人たちの出演を含めて
    いくら宣伝とはいえ
    出すぎ、出しすぎでしたね~
    内容もダブっていて
    どの番組も同じに見えました・・・
    堤ファンには嬉しかったけど(笑)
    2011年06月28日 09:13

この記事へのトラックバック

『プリンセス トヨトミ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2011-08-30 17:34