三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D)☆伝説よりも、ハデにいこうぜ。

画像
   "One for All, All for One"

三銃士
  王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
THE THREE MUSKETEERS
2011年 
     ドイツ/フランス/イギリス/アメリカ
監督:ポール・W・S・アンダーソン
原作:アレクサンドル・デュマ
脚本:アレックス・リトヴァク
    アンドリュー・デイヴィス
衣装デザイン:ピエール=イヴ・ゲロー
音楽:ポール・ハスリンジャー
出演:ローガン・ラーマン(ダルタニアン)
    ミラ・ジョヴォヴィッチ(ミレディ)
    オーランド・ブルーム
              (バッキンガム公爵)
    クリストフ・ヴァルツ
             (リシュリュー枢機卿)
    マシュー・マクファディン(アトス)
    レイ・スティーヴンソン(ポルトス)
    ルーク・エヴァンス(アラミス)
    マッツ・ミケルセン(ロシュフォール隊長)
    フレディ・フォックス(ルイ13世)
    ジュノー・テンプル(アンヌ王妃)
    ガブリエラ・ワイルド(コンスタンス)
    ジェームズ・コーデン(プランシェ)
    ティル・シュヴァイガー(カリオストロ伯爵)
17世紀のフランス。若くして王位についたルイ13世は統治する能力に欠け
助言者であるリシュリュー枢機卿が実権を握ろうと密かに画策していた。
そんな中、ヴェネチアでは三銃士こと、アトス、アラミス、ポルトス、そして
アトスの恋人、ミレディがある設計図を手に入れる。ところが、ミレディの裏切りに会い、
設計図はバッキンガム侯爵の手に渡ってしまう。
それから1年後、フランスの田舎から銃士に憧れ腕を磨いてきた青年ダルタニアンが
パリに向かっていた。

予告を初めて観た時から楽しみにしてました♪
なんたって出演者が凄すぎる~!!!
私的にめちゃくちゃ豪華(笑)
案の定、物語より出演者で楽しんでしまい、
一斉に登場されると誰を観ればいいやらだけど、
嬉しくて楽しくて♪・・・ず~っとニヤニヤしてんじゃないかな
その上3Dだから、
観た後、ぐったりなんだけど、脳内は興奮状態(笑)

以下ネタばれありですので、観てからね♪
画像

飛行船の設計図を手に入れる
「ルパンⅢ世」みたいなノリのオープニングから
マシュー・マクファディンのアトス、カッコいいじゃない♪と
小躍りするくらい喜んでいたら・・・あれ?
ティルさん?だよね~・・・ええ~っ!もう退場?ってな感じ(笑)
画像

そして、オーリーのバッキンガム公爵の早々のお出ましに
益々の楽しい予感♪
どう見ても、ダルタニアンがまいた種なのに
悪いのは俺様かよ~って感じで
初めから悪役顔で登場の(笑)
マッツ・ミケルセンのロシュフォール隊長。
画像

さすがは元ダンサーだけあって
ダルタニアンとの戦いシーンでの剣さばきは美しい♪
敵役としては申し分ない強さで、
すぐに言う事を聞かない部下をさっさと撃ち殺してしまうような
残忍さも、なんだか赦せてしまうわ(笑)

フランスではクリストフ・ヴァルツのリシュリュー枢機卿が
悪だくみをコツコツとしているのが楽しくて・・・
画像

こういう、ずる賢い感じ、上手いですね~
緋色の聖職者服も似合っております♪

おバカさん丸出しだけど、なんだか憎めないのが
フレディ・フォックスのルイ13世。
若い時のヒュー・グラントのイメージが湧いてくる
お顔立ちと表情の(笑)
フレディ・フォックスくんは、
エドワード・フォックスの息子さんなんですってね~

生意気だけど、腕は確かなダルタニアンには
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の主役、ローガン・ラーマンくん。
ユーロな出演者の中で(たぶん)唯一のアメリカ人です。
若くて田舎者扱いっていうのが、なんだか意味ありげ(笑)
でも、着実にいい仕事してますね~ますます先が楽しみです。
画像

そして、三銃士・・・アトスのマシュー・マクファディン、
惚れ直したわ♪
NHKで放送していた「大聖堂」での彼とは別人みたい・・・
声も好いのよね。
ポルトスのレイ・スティーヴンソンは
『キングアーサー』のダゴネットですね・・・
ティルさんにマッツにと、こう『キングアーサー』組揃ってると
また観たくなっちゃうじゃない(笑)
三銃士で一番気になるアラミスは、ルーク・エヴァンス。
ロビン・フッド』にも出演していたようですが
全く記憶になし・・・マシューは覚えているけれど(笑)
   追記:気になって確認しました(笑)マシューの手下みたいな役で
      客人が来たと告げるだけだった・・・横顔ぐらいしかまともに
      映ってないけれど、声でわかる♪

タイタンの戦い』のアポロも
記憶になし(^^;)・・・マッツさんしか覚えてないような(笑)
カッコいいのですが遠目に見ると
オーリーに雰囲気が似ているので、損してるかな。
でも、落ち着いた雰囲気はいい感じです♪
女性好きな感じもアラミスらしくて好いよね(笑)

物語は原作(読んでないけど)と
当時のイギリスとフランスの関係を巧く組み合わせて
嘘も派手に、賑やかなものになっていて誰でも楽しめますね。
久々に、誰にでも観て~!って、お勧め出来る映画です♪
ノベライズも読みました♪・・・感想?はコチラ

3Dも広くて奥行きや高さのある宮殿にとても合っていて、
とても豪華に見えます。立体感のある衣装も素敵です。
宇宙やジャングルより見応えがあると思う(笑)

続きそうな終わり方でしたので、
オーリーの逆襲篇(笑)、期待してもいいのかな?
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』公式サイト

この記事へのコメント

2011年10月29日 23:24
こんばんば♪
ご覧になりましたね~♪お話もお話だけど、これはわたしたちは欧州男たちを堪能せずにいられましょうか、という作品でしたわね。
マシュー・マクファディンね、わたし、どうしても『プライドと偏見』のMrダーシーだけが「この人じゃない~~」と今も思うんだけど(大変申し訳ない)
それ以外は、いつも結構好きなのですよ。
アトスはもちろん、あの三銃士は誰もが素敵でしたね。
特に、わたしはメガネ、本、などという小道具が似合うと一気に好きになるので(またか)嬉しくってしょうがなかった♪
これはWOWOWで『ロビン・フッド』をルーク目当てに見直さなくちゃね。
ホント、俳優たちを語りだしたら、ちっとも終われなくなっちゃう(^^♪
2011年10月30日 00:04
悠雅さん♪
素敵な欧州男たちを観るために
仕事の後、子どもたちをほっておいて
さっさと観に行きました(笑)
ティルさんの登場は予想外でしたので
もう、最初から興奮状態♪

『プライドと偏見』はあの方のイメージが
強いのでしょうね~
私は『プライドと偏見』は観ましたが、
まだドラマ版の方は未見ですので
よくわからないのですが・・・

三銃士の中では
マシューを一番観ているせいか
そのイメージの変わりように
驚いてしまったのですが、
ルークも好いですよね♪
私もメガネと本のシーンは
うふふってなりました(笑)
『ロビン・フッド』、見つかるかしら?
役名、Sheriff's Thugってなってたけど
殺し屋なの?(笑)
それより、『インモータルズ -神々の戦い-』に
期待した方がいいかもです。
マリー
2011年10月30日 20:12
こんばんは~~♪
どこかでお見かけ~って方がたくさん出てましたね。それもコスチュームものに出てた人多くない?顔が古典顔なのかしら?(笑)
若き王、ちょっとおバカでかわいかった!ローガンくんより彼が気に入ったわ~♪そういえば、アメリカ~ンってほとんどいないよね。コレ意図的なのかな?アメリカでコケたそうだけど、そこにも原因が???

オーリーの悪役ぶりがなかなか良かった!ナルシー気味のとこもおっけ~!
2011年10月31日 10:07
マリーさん♪
ハリウッド映画ではゲスト扱いでも、
ヨーロッパで作れば地元作品!とばかりに
ユーロの代表国からそれぞれ人気俳優が
集結しました~!っていうような顔ぶれ。
各国の歴史の重みが自然と古装の似合う
雰囲気を醸し出しているのでは(笑)
やっぱり歴史が200年そこらの
国には作れまい!っていうような
挑発的な感じもします(笑)

オーリーは実は悪役顔だよね・・・
ファンだったら、ごめんなさい!
褒め言葉ですよ(^^)

この記事へのトラックバック