ミッション:8ミニッツ☆他人の人生に、他人の体、タイムリミットは8分

画像 
  もし人生が残り8分なら?

ミッション:8ミニッツ
SOURCE CODE
2011年 アメリカ
監督:ダンカン・ジョーンズ
脚本:ベン・リプリー
音楽:クリス・ベーコン
出演:ジェイク・ギレンホール
         (コルター・スティーヴンス大尉)
    ミシェル・モナハン
           (クリスティーナ・ウォーレン)
    ヴェラ・ファーミガ
           (コリーン・グッドウィン大尉)
    ジェフリー・ライト(ラトレッジ博士)
シカゴ行きの列車の中で目を覚ました
コルター・スティーヴンス大尉は
目の前に座る女性から
ショーンとして話しかけられるが、記憶がない。
鏡を見れば見知らぬ男性がそこにいた。
戸惑ううちに、突然列車が爆発する。
気がつくと、軍の研究施設の中にいた。
モニターに写るグッドウィン大尉から、今朝全乗客が死亡する列車の爆破事件が起き、
その犯人を探るために、ある犠牲者の死亡8分前の意識に入り込んでいたとの
説明を受ける。犯人が分かるまで繰り返されるミッションの中で、コルターは
目の前の女性・クリスティーナを助けたいと思うようになる・・・。

   警告:このラスト、映画通ほどダマされる。
ダマされる、っていう映画だったのかどうか?
このコピーにだまされたって感じですが(笑)

月に囚われた男』でちょっと衝撃を受けたダンカン・ジョーンズ監督の
新作がジェイク主演だってことだけで楽しみにしていた本作。
内容から、てっきり、ダンカン監督が最初から関わっていた作品だと
思っていたのですが、脚本の方が先で、
なかなか監督が決まらなかったところ、
ジェイクがダンカン監督を推したのだとか。
監督決定の方が後だってことに驚いたけど、
まさに、ぴったりの監督ですね。
推したジェイクも凄いよ♪

以下、ネタばれありますので、観てから読んでね。

お話的には『月に~』の方が好みなんですが、
派手な作りとハッピーエンドなラストで
予想以上に楽しめました♪
孤独な世界から自分を忘れないでって思いも感じて、
このあたりは『月に~』に通じるところで、
そのあたりの切なさが何とも言えない余韻を残してくれます。

8分で何が出来るの~っていうハラハラ感や
スティーヴンス大尉はどうなる?っていう謎とか
目いっぱい詰まった93分(94分?)は、
そんなに短かったっけ?って驚くような濃い内容。
突っ込む時間を与えないゾ!っていうスピード感でした(笑)。

パラレル・ワールド、平行世界っていうのかな?これ、
便利ですよね~、なんでもありだよね。
その分、突っ込みどころは多いと思うけど(笑)
詳しくない私でも、
ショーンはどこ行った?とか
スティーヴンスは他の世界の彼とブッキングしなかったのか?
とか、思ってしまったのだけど・・・
でも、ジェイクが楽しめれば、それでいいんだよね。
画像

正義感や使命感がしっかり感じられるのがまず好いよね。
それがあっての、
最後の8分でのすべてを受け入れ悟ったような姿には
ウルウルきてしまった・・・の、あとの、ハッピーなラストでは
ホントに良かったね♪って
・・・ショーンさんは気の毒だけど。

ジェイクが楽しめればそれでいいとか言いながら、
最後にもう一つ突っ込みを(笑)
あのラストの世界にはスティーブンスが二人いることにならないかい?
別人になってるからいいのかもしれないけど・・・
それとも、あのあと別のミッションがあって、と続くんだろうか?(笑)
いや、それもジェイクが楽しめればいいんじゃないかい♪
・・・の前に、そもそも亡くなる人の8分前の意識に入り込むって
前提はどんなるんだぁ?(笑)

追記:8ミニッツ:ジョーンズ監督に聞く2011年11月06日MANTAN WEBより>
月面基地で働く宇宙飛行士の運命を描いた前作の「月に囚われた男」が長編映画デビュー作ながら数々の賞に輝いた英国人監督ダンカン・ジョーンズさんの最新作「ミッション:8ミニッツ」が全国で公開中だ。列車が爆破される直前の乗客の意識に潜入し、爆弾テロ犯を突きとめるという特殊任務を与えられた男コルター・スティーブンス。与えられた8分間を何度も繰り返し体験し、犯人捜しを進める中で驚くべき事実にたどり着くというサスペンスアクションだ。作品のPRのため来日したジョーンズ監督に話を聞いた。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)

 ジョーンズ監督が今回の仕事をすることになったのは、主人公スティーブンス役のジェイク・ギレンホールさんが、今作のプロデューサー、マーク・ゴードンさんに推薦したことに端を発する。ギレンホールさんは前作「月に囚われた男」に感銘を受けた一人。一方、ギレンホールさんの大ファンで、常々一緒に仕事ができる企画はないものかと探していたジョーンズ監督は、受け取った台本を読んで「内容的に自分のスタイルに合うと、ビビっと来た」とオファーを受けることにした。

 もともと「周囲の大きな力が作用するところや大義名分の下で、個人の価値はどう扱われるのかといったことに興味がある」と話すジョーンズ監督。前作「月に囚われた男」でもそうしたテーマを扱っていた。そんな監督にとって「自分が置かれた状況が分からない主人公が、徐々に大きな力に操られていることに気付いていく」という今作は、願ってもないテーマだった。

 今作は完全なSFだ。しかしジョーンズ監督は「あくまでも1人の人間がSF的な環境の中でどう立ち回るのかが作品の醍醐味」と考えている。だから前作同様、今作も「ヒューマンドラマとして描いたつもり」と言い切る。その上で今作を「誰が信じられる相手なのか、この世の中で自分が果たす責任はどういうものなのかを考えながら、主人公が突き進んでいくという構造にしていった」と明かす。

 物語は、列車とスティーブンスが乗客の意識に入るために使われる装置、そして彼に指示を与える人物がいる司令室の三つのセットを往来しながら展開する。「8分間の同じ出来事を何度も繰り返すという特殊なストーリーの構造上、毎回なんらかの視覚的な新しさを提供するよう気を遣った」と苦労を明かす。

 台本では、当初8分間ではなく14分間などいろんなアイデアがあったという。ある観客からは「8分間にしたのは無限大のマーク(∞)を表しているからか?と問われ、そういえばカッコよかったと後悔した」と笑うが、実際のところは「緊張感を保ち続けることができ、一つのミッションを終わらせたり、何かの出来事が完結できる長さ」ということで、「試行錯誤の末、8分間に落ち着いた」のだと語る。

 父は英国を代表するミュージシャンであり、俳優としても活躍するデヴィッド・ボウイさん。9歳のときに両親が離婚してから父の元で育った。それだけに父と息子の結び付きは強い。それを感じさせるエピソードが、前作にも今作にもあった。

 「『月に囚われた男』は、自分としてはよりプライベートな映画。あの作品には、父親が家族と離れ離れになるというテーマが備わっていました。今回は、過去のある出来事による後悔があり、父親との関係を修復したいと思っている主人公がいる。その点で自分も共感できる」と話す。その一方で主演のギレンホールさんが、映画監督である父スティーヴン・ギレンホールさんとの間に葛藤を抱えており、それを演技に生かしたことを打ち明け、主人公とその父にまつわる場面が「いちばん思いがこもったシーンだ」と振り返った。

 そんな息子の映画を、ニューヨークに住む父・ボウイさんは、自腹を切ってチケットを買い、劇場で一般客に混じって見てくれたという。「とても気に入ったと言ってくれました。1本目もとても気に入ってくれたようで、まだ2本しか撮っていませんが、今のところ“打率”はいい」と笑顔を見せる。

 「いろんな解釈ができる結末で、観客の間で議論を呼ぶ」ことは自分でも承知している。それでも、「あえてここでは口にしませんが、僕の中では一つの解釈しかありえない。そこに向かって突き進むヒントが全編にちらばめられている。オープニングのクレジットにさえ、実はヒントが隠されているんです」。そう話すジョーンズ監督からは、スーパースターを父に持つ気負いはまったく感じられない。人を驚かせたり、楽しませることが好きな気鋭の映像作家の表情がうかがえた。

この記事へのコメント

2011年10月30日 12:23
思いつくパラドックスはすべて“だってパラレルワールドだから”で片付けてもいいような、この際そんな無茶ブリを通したくなっちゃうような、それくらいに面白く、後味のよい切なさが残る作品でした。

たしかにショーンご本人はいろいろかわいそうですね(笑)
2011年10月30日 15:07
SOARさん♪
パラレル・ワールドって、
ホント、便利で、楽しいですよね~。
この手の作品は突っ込みもすべて
楽しんだ者勝ちなんじゃ
ないでしょうか(笑)

そう、ショーン・・・鏡にだけ
映る気の毒な扱いでした(笑)
マリー
2011年10月31日 21:18
こんばんは~~♪
すべてジェイクが楽しめれば~に笑ってしまった。うふふ・・・。
確かに分からないことは多かったけど~なんか自分の中で勝手に整理してしまった私。
ハッピーエンド好きなのでいいかなって。
でも私もショーンが一番お気の毒だと思って観てた。
結局亡くなったのは彼だけだもんね?
本物の彼も彼女のこと好きだったのかな?
最高のアドバイスしてたぐらいだし・・・
だとしたら彼の中で生きてるか。とかいい方に解釈。
2011年10月31日 22:21
マリーさん♪
こんばんは

ジェイク、しっかり楽しませて頂きました♪
同じ時間を繰り返しながら
頑張るジェイク観ていたら
どうか幸せになって~って思うよね。
だから、あれ?とか思いながらも
あのラストはホントに好かったな~って
嬉しく思いました。
ショーンはホント、お気の毒なんだけど。
もしかしたら、どこかに隠れていて
時折出てくるとかね・・・
二重人格者みたいに・・・
それじゃぁ、違う映画になっちゃうか(笑)
悠雅
2011年11月06日 16:56
ジェイク主演、ダンカン・ジョーンズ作品なら絶対観るわ、と思いながら、ちょっとバタバタしていてやっと観れました。

いろんな受け取り方ができる閉じ方の作品が好きなんだけれど、
これはその中でも特にお気に入りになりそうです。
ペルシャの王子様もいいけど、彼はやっぱりこういう作品がいいですねぇ。
ヴェラ・ファーミガも素晴らしかったし、
心に残るシーンもたくさんあって、スクリーンで観れて本当に嬉しかったです。

ホント、ショーンはどこ行っちゃったんでしょうね。。。
2011年11月07日 09:45
悠雅さん♪
バタバタしている日常を忘れて、
楽しいひと時、嬉しいですね♪

心に残る形はいろいろあるけれど、
観た時も、観た後も楽しめる作品は
そうないですよね。
その点、ジェイクで楽しませてもらい、
観た後も、こうして考える楽しみがあって、
私も気にいっています♪

ジェイクはお父さんとのシーン、
実の父親との思いを込めていたのだとか・・・。
そういう話を聞くと、益々
この作品が好きになります♪

ショーン、カムバッ~ク!って、
言ってあげたいほど
かわいそうな存在でしたね。。。

この記事へのトラックバック

  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: 『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第2作目となるSFサスペンスだ。主人公は爆破テロで死亡する人間の8分前の意識に入り込みテロの犯人を探してゆく。主演は『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-10-28 22:16
  • ミッション:8ミニッツ/ジェイク・ギレンホール

    Excerpt: 第一印象でとてもSF小説っぽいお話だなと思ったんですけど原作モノではないのかな?日本では賛否両論みたいですけど私は大好きな『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-10-28 22:41
  • 『ミッション:8ミニッツ』| 超絶シチュエーション、そして神展開。

    Excerpt: 本作品は、ストーリーが進むにつれて 徐々に真相が明らかになっていくタイプの映画なので、 ご覧になるのであれば、前情報を仕入れなければ 仕入れないだけ、面白く観られると ... Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2011-10-29 00:53
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: 列車の中で目を覚ました青年コルターは、目の前のチャーミングな女性から「ショーン」と呼ばれて困惑する。 しかも鏡に映る自分は見知らぬ他人の顔をしている! その後、爆風と共に別の場所で再び目を覚ましたコル.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-10-29 02:22
  • [映画『ミッション:8ミニッツ』を観た(スマン、短信だ)]

    Excerpt: ☆これは、きっちりとよく出来た良作だ。  惜しむらくは、非常に「大人の物語」として完成しているので、「若さゆえの突出」が少なく、展開に、それ程に燃えてこない点だろうか?  ・・・サンフランシスコで.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2011-10-29 07:46
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: ダマされるというか、よく解らん・・・。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2011-10-29 12:00
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: 【SOURCE CODE】 2011/10/28公開 アメリカ 93分監督:ダンカン・ジョーンズ出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 警告:こ.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-10-30 00:25
  • 『ミッション:8ミニッツ』・・・そして彼女の指がEnterキーを叩く

    Excerpt: 時空超えSF大好きな私にとって久々に登場のこのジャンル。主人公がある時間を繰り返すうちに状況が変化していくというアイデアは過去にも秀作があるが、本作はそれをさらに一捻り二捻りさせたうえでの二段オチとい.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2011-10-30 11:49
  • 映画「ミッション:8ミニッツ」感想

    Excerpt: 映画「ミッション:8ミニッツ」観に行ってきました。 シカゴユニオン駅行の列車で発生した爆破テロ事件の犯人を、犠牲者が死亡する8分前の意識に潜り込んで探し出すSFサスペンス。 ストーリーは、主人公コ.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-10-31 01:52
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: 列車爆破事件の犯人を突き止めるために、軍の施設から爆弾で死亡する男性の意識に入り込むというとんでもないお話だ。ジェイク・ギレンホール演じる主人公はアフガニスタンで大怪我を負い、シカゴの列車内に転送され.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-10-31 21:12
  • 映画通ほど騙される!? 【映画】ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: 【映画】ミッション:8ミニッツ ジェイク・ギレンホールが主演♪ 【あらすじ】 シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が.. Weblog: B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら racked: 2011-10-31 22:12
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: Source Code [Blu-ray]時間のループの果てにある思いがけない秘密と切ないラストに驚く。ダンカン・ジョーンズ監督のセンスが活きたSF映画だ。シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破テロ ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2011-10-31 23:45
  • 映画「ミッション:8ミニッツ」 感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画『ミッション:8ミニッツ』(公式)を本日映画の日昼の回で劇場鑑賞。キャパ112名に老若男女で50名ほど。意外に多かったかも。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)100点.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2011-11-01 18:16
  • ミッション:8ミニッツ(2011)◆◇SOURCE CODE

    Excerpt: 警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 評価:→70点 騙されはしませんでしたが、、、、(笑) 「月に囚われた男」の監督 ダンカン・ジョーンズの長編第2作目。確かにこれ前作が好.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-11-01 22:13
  • 『ミッション:8ミニッツ』 選ぶのは誰か?

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  公式サイトによれば、ダンカン・ジョーンズ監督は『ミッション:8ミニッツ』の内容に関する科学的データを徹底的に調べ上げたいという強い好奇心に駆られたものの、ストーリー性を重... Weblog: 映画のブログ racked: 2011-11-02 03:12
  • ミッション:8ミニッツ 脳味噌フル回転!楽しかった!

    Excerpt: 【=57 -9-】 昨日は宝塚市で単組の11秋季年末闘争方針の職場討議→神戸市北区の鈴蘭台でとある労組の大会で来賓挨拶→池田市で再び単組の職場討議、それぞれ挨拶(スピーチ)が主な仕事、だからほぼ移動.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-11-03 09:10
  • 映画:8ミニッツ Source Code テクノロジーが生み出す、新感覚タイムスリップSF

    Excerpt: 正式な日本タイトルは、ミッション:8ミニッツ。 原題は、Source Code。 主人公がいきなり巻き込まれるのは、8分間でリセットされる世界。 8分後、爆発に巻き込まれる高速列車の乗客に、いつの.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2011-11-03 16:40
  • 多世界解釈~『ミッション:8ミニッツ』

    Excerpt:  SOURCE CODE  コルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)は、目を覚ますとシカ ゴ行きの列車の中にいた。目の前には、クリスティーナ(ミシ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-11-04 10:00
  • ダンカン・ジョーンズ監督インタビュー:映画『ミッション:8ミニッツ』について

    Excerpt: 観る者の想像を完璧なまでに裏切る鮮やかなプロットで全米の映画ファンを熱狂させた『ミッション:8ミニッツ』(原題:Source Code)。日本公開に合わせて初来日していたダンカン・ジョーンズ監督に、お.. Weblog: INTRO racked: 2011-11-06 07:55
  • 「ミッション:8ミニッツ」 Source Code (2011 米)

    Excerpt: デビッド・ボウイの息子が監督しているという情報を抜きにしても、なんか面白そうとい Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2011-11-06 11:26
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: 新バージョン。満場の笑顔。世界を救う。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-11-06 16:45
  • ミッション:8ミニッツ (Source Code)

    Excerpt: 監督 ダンカン・ジョーンズ 主演 ジェイク・ギレンホール 2011年 アメリカ/フランス映画 93分 SF 採点★★★★ 数年前に電車通勤をしていた頃、意識していた訳でもなく習慣として毎日同じ時間の.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-11-10 20:24
  • シネトーク85『ミッション:8ミニッツ』●B級SFと思ってスルーしちゃうと後悔するで!

    Excerpt: 三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「最近、リンジー・ローハンと小○美奈子がダブってしまう」 .. Weblog: ブルーレイ&シネマ一直線 racked: 2011-11-12 03:36
  • 映画「ミッション:8ミニッツ」その時を取り戻すまで何度でも

    Excerpt: 「ミッション:8ミニッツ」★★★★ ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 出演 ダンカン・ジョーンズ 監督、 94分、 2011年10月28日公開 20.. Weblog: soramove racked: 2011-11-15 06:58
  • 完全ネタバレ!映画『ミッション:8ミニッツ』の秘密を徹底解説!!ラストシーンの謎を解明できるか!?

    Excerpt: さて、昨日は『ミッション:8ミニッツ』のレビューを書いたのですが、ネタバレしないように書いたらほとんど内容について触れられなかったため、妙なフラストレーションが溜まって ... Weblog: ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション racked: 2011-11-28 14:15
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: ミッション:8ミニッツ'11:米◆原題:SOURCE CODE◆監督:ダンカン・ジョーンズ「月に囚われた男」◆出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー ..... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-12-05 16:31
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: ミッション:8ミニッツ ★★★★☆(★4つ) 「乗客全員死亡」のシカゴ列車爆破事件― 犠牲者の〈死ぬ8分前〉に入り込み、爆破を阻止せよ!だがその極秘ミッションには、 禁断の真実が隠されていた…?.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-12-12 13:54
  • 映画『ミッション:8ミニッツ』を観て

    Excerpt: 11-71.ミッション:8ミニッツ■原題:Source Code■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:94分■字幕:林完治■鑑賞日:11月13日、TOHOシネマズ有楽座□監督:ダンカン・ジョー.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2011-12-25 21:03
  • 映画:ミッション:8ミニッツ

    Excerpt:  「映画通ほど騙される」というキャッチフレーズ。映画通の方はみんな「どこが?」って感じで、映画通ほどこのキャッチフレーズに騙されてしまったようですね。と言うわけでミッション:8ミニッツ。 Weblog: よしなしごと racked: 2011-12-31 13:31
  • ■映画『ミッション:8ミニッツ』

    Excerpt: デヴィッド・ボウイの息子であるという、一般人とはかなり違う育ち方をしたであろう出自を持つ若手監督、ダンカン・ジョーンズが手がけた映画『ミッション:8ミニッツ』。 既に死んでしまっている人間の死の.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2012-01-21 20:31
  • ミッション:8ミニッツ

    Excerpt: 毎回異なる8分間、それぞれ事態も変って行くのがとってもスリリングに描かれてました。「月に囚われた男」の監督さんの2作目になるSFサスペンスもの。94分と短いですが内容は濃かった。パラレルな展開.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-04-01 10:16