日本インターネット映画大賞2011・外国映画部門

日本インターネット映画大賞、初参加です♪

外国映画部門
【作品賞】(5本以上10本まで、持ち点合計30点、1作品最大10点まで)
  「英国王のスピーチ」     5点
  「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」    5点
  「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」    5点
  「新少林寺/SHAOLIN」    10点
  「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」    5点
  
  【コメント】
  気にいった作品に点数を付けて選んだ事がないので、
  どうしようかと悩みました。10作品挙げて、
  点を分けてしまうのもなんだかなぁ~と、5本にしました。
  「新少林寺/SHAOLIN」は、
  大好きなアンディを贔屓して(笑)最高点を、
  ほかはどれも同じくらい好かったので、同点です(笑)
------------------------------------------------------------

【監督賞】         作品名
   [ブラッド・バード] (「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」)
  【コメント】
  シリーズの中では一番面白かったし、
  トムをカッコ良く見せてくれました♪

【主演男優賞】
   [アンディ・ラウ] (「新少林寺/SHAOLIN」)
  【コメント】
  「新少林寺/SHAOLIN」の主役はアンディです♪

【主演女優賞】
   [ヘレン・ミレン] (「テンペスト」)
  【コメント】
  主人公は元々は男性とのこと。 ですが、元を知らずに観れば
  違和感を全く感じず、逆に男性だったらこんな話にはなるまいと
  思うくらい。魔女っぽいのも妙に説得力あるし、
  母たる包容力も感じます。

【助演男優賞】
   [ニコラス・ツェー] (「新少林寺/SHAOLIN」)
  【コメント】
  ひげ面でもすっきりと美しい冷酷さが際立つ悪役が素晴らしい♪

【助演女優賞】
   [ヘレナ・ボナム=カーター] (「英国王のスピーチ」)        
  【コメント】
  弱気になる夫を優しく包み込む姿は 理想的。
  私だったら何言ってんの!って、なるんだろうな(笑)
  演じてはいるのだろうけど、彼女自身の心の余裕を感じます。
   
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ルーク・エヴァンス] (「王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」)
                (「インモータルズ -神々の戦い-」)
  【コメント】
  渋いアラミスに、若いゼウス・・・『ロビン・フッド』(2010年)で
  チョイ役だったなんて信じられない!

【音楽賞】
  「127時間」
  【コメント】
  サントラ欲しい・・・と観ながら思った。

【ブーイングムービー賞】
  「該当なし」
  【コメント】
  だって、どれも面白かったから・・・。
----------------------------------------------------------

【勝手にベスト主題歌賞】
   [悟] (「新少林寺/SHAOLIN」、唄:アンディ・ラウ)
  【コメント】
  破壊された世界から希望が見出せるエンディングでした。

【勝手に長い間よく頑張ったで賞】
   「ハリー・ポッター」シリーズのメイン出演者の皆さん
  【コメント】
  あの、ちっちゃかった子どもたち、彼らを見守った先生たち・・・
  最後までご苦労さまでした。
  親子共々楽しませて頂いた感謝をこめて♪

-----------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------
発表
2012年2月8日(水)を予定しておりますが、
集計が完了次第発表いたします。
なお各賞の上位授賞者が決まり次第、twitterでも
順次発表していく予定です。


お気に入り作品に順位をつけるのは気が引けるけど、
参加させていただくには付けなきゃならないわけで・・・
こうなると、内容より好きだから♪っていう理由の方が
強くなるね(笑)だけど、今年は私的に
コリン・ファース、アラン・リックマン、ジェームズ・フランコ、
アンディ・ラウにニコラス・ツェーと、大好きな人がてんこ盛りで、
観るたびに深みにハマっていたので
選ぶという作業が苦痛に近いものでした(笑)
まぁ、それも幸せな事だよね。
自分の点数なんて微々たるものだけど、発表が楽しみです。
未見の作品も多いだろうから、参考にして観ていきたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック