☆お気楽♪電影生活☆

アクセスカウンタ

zoom RSS マイウェイ 12,000キロの真実☆全てを失っても、走り続けた――

<<   作成日時 : 2012/01/14 22:39   >>

トラックバック 13 / コメント 2

画像
    一枚の写真から始まった、
                真実の物語


マイウェイ 12,000キロの真実
마이웨이 MY WAY
2011年 韓国
監督・脚本:カン・ジェギュ
音楽:イ・ドンジュン
出演:チャン・ドンゴン(キム・ジュンシク)
    オダギリジョー(長谷川辰雄)
    ファン・ビンビン
    キム・イングォン
    キム・ヒウォン
    オ・テギョン
    キム・シフ
    チョン・ホジン
    夏八木勲
    鶴見辰吾
    山本太郎
    佐野史郎
    浜田学
1928年、日本占領時代の朝鮮・京城(現・ソウル)。
長谷川辰雄は、両親と共に日本軍の司令官を祖父宅へ越してきた。そこで、
歳が近い使用人の息子キム・ジュンシクと出会う。二人は、ともにマラソンで
オリンピックを目指す良きライバルとして成長していく。
ある日、祖父がジュンシクの父が運び込んだ荷物に仕掛けられた爆弾で亡くなってしまう。
辰夫は大好きだった祖父を殺された怒りをジュンシクらに向ける。
そして、迎えたオリンピックの選考会。ジュンシクが勝利するが・・・。

何かと話題が尽きないオダジョーくんですが、
それも彼らしいなぁ〜と、思うのだけど・・・
そんな中、その話題の作品を観に行ってきました♪
さすがは巨額な制作費をつぎ込んだ作品です、
観たら、出演者の記者会見とか宣伝活動を
休ませてあげたいよね〜と思うほど、
過酷な内容で、まぁ、韓国映画だからと、
ある程度は覚悟していたものの(笑)
戦闘シーンは想像以上に凄かった・・・。
大変だったのはドンゴンさんも同じだっただろうけど、
鍛え方が違うから、大丈夫♪なんてことも思ったりして・・・
何だろう?この安心感・・・
って、感想にならないわ(^^;)

本物を使った映像ばかりじゃないとは思うけど
戦場がだんだんグレードアップしていく様を観ていると
何やってるんだろ?って、戦争の愚かさが自然と湧いてきます。
個人的なものでも国家的なものでも暴力で成り立つ権力は
やがて別の暴力に潰されていく・・・愚かで、哀れな姿です。

韓国や中国映画での日本軍の描かれ方は
大概、非道な姿なので、後ろめたい感じがしてしまいます。
日本人が自ら描く事は殆どないので、こうした映画で
日本軍のこの地での姿を観るしかないのも仕方ないですね。
反面、どうすりゃいいのさ?と開き直ってしまいたくもなるのです(笑)。
でも、本作は、見慣れた俳優さんが演じているせいか
非道な行動もあるけど、それをさせる理由のようなものが
描かれていて、後ろめたさだけを感じることなく観ることが出来ました。
一方的な描き方をされなかったのはオダジョーくんや
山本くんたちがちゃんと話をしながら演じたお陰でしょうね。
戦争映画に出演するとは意外だったオダジョーくんですが、
狂気に満ちた将校、さすがでした。
女性から観ると戦場シーンばかりで、困っていたのですが
ノルマンディーでの一時の安らぎシーンはありがたく(笑)
カッコいいオダジョーくんで好かったです♪
山本くんの日本兵・野田も、嫌らしくて好かったなぁ。
もったいなかったのが、ファン・ビンビン。
中国人の思いも入れたのでしょうが、
あっという間の退場に、えっ?終わり?って感じでした(^^;)。

なんだか、もう全然まとまりませんね〜(笑)
まぁ、戦場のシーンはとにかく凄い!の一言ですので
それだけ観に行くのもありですね。
そうそう、ドンゴンさんの安心感・・・
タイフーン TYPHOON』での強さを観ればわかるはず♪
でも、『PROMISE』の方を思い出すのは
走っているせい?(笑)

TB頂きましたが文字化けしてしまいました。
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜さん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マイウェイ 12,000キロの真実/????
ノモンハン、シベリアの強制収容所、ノルマンディ―日本軍、ソ連軍、ドイツ軍と3カ国の軍服を着て闘うという数奇な運命を辿った日本人と韓国人の姿を壮大なスケールで描き出す。監督は『シュリ』のカン・ジェギュ。主演に『ウォーリアー&ウルフ』のオダギリジョーと『グッドモーニング・プレジデント』のチャン・ドンゴン。共演にファン・ビンビン、山本太郎らが出演している。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/01/15 11:43
劇場鑑賞「マイウェイ 12,000キロの真実」
生きる道を、探して… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.A
2012/01/15 12:43
[映画感想][オダギリジョー]「マイウェイ 12,000キロの真実」(カン・ジェギュ監督)
 1928年、京城。両親と共に将校である祖父(夏八木勲)の元へ引っ越してきた少年・長谷川辰雄は、使用人の息子で同年代の少年・キム・ジュンシクと出会う。どちらも走ることが得意な二人は出会った時から競争を始め、やがてマラソン選手としてライバルとなっていく。しかし ...続きを見る
流れるままに徒然に。
2012/01/15 22:23
映画「マイウェイ 12,000キロの真実」感想
2012年映画観賞のトップを飾る作品は「マイウェイ 12,000キロの真実」。 1944年のノルマンディー上陸作戦時に捕虜になったという東洋人の証言を元に作られた韓国映画です。 韓国映画は、2001年に日本で公開された映画「リベラ・メ」以来、実に11年ぶりの観賞であり、さらに今作が2作目の作品となります。 ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2012/01/16 00:20
マイウェイ 12,000キロの真実
駆け足ドラマの真骨頂!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2012/01/16 18:01
マイウェイ 12,000キロの真実/オダギリジョー、チャン・ドンゴン
オダギリジョーの韓国映画出演2作品目は第二次世界大戦で日本、ソ連、ドイツ三国の兵士として戦い、連合軍の捕虜になった日本人の実話をモチーフに描くヒューマン・ドラマです。監 ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/01/16 18:03
マイウェイ 12,000キロの真実
★★★★★ “対立するものの間に友情が育つまでには長く険しい道のりが必要なのか” 祖父の死で辰雄は朝鮮人へ憎しみの感情を抱くようになります。このことが引き金になったかのように、映画の中では日本人による朝鮮人差別がエスカレートしていきます。選考会でのジュンシクへの妨害が仕組まれていたらしいことや、日本軍では何かにつけて朝鮮人に因縁をつけ体罰を与える野田の態度など、観ていて本当に嫌になりますね。そんな憎たらしい野田を山本太郎はうまく演じていたと思います。 また、辰雄は皇軍の兵士として死ねることを名誉... ...続きを見る
映画とライトノベルの日常自販機
2012/01/17 09:21
『マイウェイ 12,000キロの真実』
□作品オフィシャルサイト 「マイウェイ 12,000キロの真実」□監督 カン・ジェギュ□キャスト オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2012/01/19 12:24
映画「マイウェイ 12,000キロの真実」遠くまで走った二人の真実
「マイウェイ 12,000キロの真実」★★★★ オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン出演 ...続きを見る
soramove
2012/01/24 23:39
マイウェイ
 『マイウェイ 12,000キロの真実』を渋谷TOEIで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2012/01/29 21:27
????????????????????
?????????????????????????????????&??????????????????????????????????????????????????????? ...続きを見る
??????????????????
2012/02/03 18:51
『マイウェイ 12,000キロの真実』 たったひとつ残念なこと
 素晴らしい!  そう素直に感嘆した。  人々の対立と葛藤、壊れる友情と生まれる友情、そして彼らを取り巻く数奇な運命。物語は波乱に富んで飽きさせないし、喜怒哀楽すべての感情を揺さぶるエピソードに... ...続きを見る
映画のブログ
2012/02/19 10:18
全てを失っても、走り続けた――「マイウェイ 12,000キロの真実」
...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2014/08/20 22:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜〜♪
戦闘シーンだけでも観て損はないですよね〜。
本当に凄い!!
日本兵も酷いけど、日本兵だけじゃなく、よその国でも戦争というものが人を変えてしまうんだよね。
哀しいね。
ファン・ビンビン〜無理やり作った役っぽくないですか〜?なんかとってつけたみたいな出方で、違和感感じちゃったんです〜。彼女好きだから嬉しいんだけど〜どうせならもっと観たいっ。KARAの二コルと扱いあんまり違わなかったような???
オダジョーはとってもよかったです。
マリー
2012/01/15 22:00
マリーさん♪
よりによって、戦史の中でも
過酷な戦いばかり・・・まぁ、
描くならば、とことんやってしまえ!
って、事でしょうか。

因果応報って、感じで
やられたらやり返して、またやられる、
その繰り返しでしたね。
すべてを失なわないと分からないなんて
哀れですよね・・・って、
少林寺のニコくんか?(笑)

ファン・ビンビンの役ね〜
後から付け足したみたいだった(^^;)
綺麗なんだから、別の役でもよかったよね。
KARAのニコルさんは、ごめんなさい!
知らなくて・・・お顔も分からないです。
うん、うん、オダジョーくん、
好かったよね♪狂気が折れてからの
静かなところも好かったな・・・って、
全部ですね(笑)
ひらで〜
2012/01/16 16:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マイウェイ 12,000キロの真実☆全てを失っても、走り続けた―― ☆お気楽♪電影生活☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる