流星剣侠伝 大人物(中国ドラマ)

  江湖子弟江湖老, 江山代有才人出
画像

流星剣侠伝 大人物
大人物
2007年・中国(TVドラマ)
監督:アマン・チェン[張敏]、李秉光
原作:古龍
脚本:ジャー・ジェン[賈楨]
    ジュウ・カーシン[朱可欣]
    リー・チージエ[励啓傑]他
出演者:ニコラス・ツエー[謝霆鋒](楊凡/鉄君)
     アンジェリカ・リー[李心洁](田思思)
     リウ・タオ[劉涛](公子翌 / 楚楚)
     ヤン・ジア[楊佳](田心)
     ヤン・ニェンセン[楊念生](田二爺・文貴)
     ワン・ジエングオ[王建国](楊三・爺国正)
     ラン・ラン[蘭嵐](蘇蓉蓉)
     楊懐民(楚留香)
     イエン・クァン[厳寛](秦歌)
     チャオ・チン[趙擎](費無極)
     ジュウ・シャオユー[朱暁漁](柳風骨)
     スーチン・ガオリー[斯琴高麗](張好児)
     瀋蘭(花姑)
     チャオ・ユエ[趙越](江曼紅)
     ファ・チャン[賀鏹](岳环山)
     李明(葛不常)
     邵傑(虫不知)
     任天野(柳青)
     熊乃瑾(烏蘭)
     唐一菲 (倩宁) 
 
観てしまいました・・・全編、中国語字幕で・・・
だって、まだレンタル高いから(笑)
YOUKU優酷っていう中国の映像サイトで31話、無料・・・
私の中国語の能力では殆ど細かい事は分かりませんでしたが、
日本で放送された際のチャンネルNECOの紹介サイト
あら筋と照らし合わせながら観てましたら、
結構わかるもの(笑)
画像

ニコくん祭を昨年末に開催して、とうとうTVドラマまで手を伸ばし、
ヤバイ!と思いながらずるずると(笑)
そしたら、Gyaoで「八人の英雄」とか始めちゃったし・・・
ニコくんから離れても、武侠ドラマの深みにどっぷりです(笑)
中国語の勉強になるかな~とか思いますが、
日本でいったら侍言葉のようですから、
日常に使えるのかどうか、疑問は残ります(笑)

さてさて、本ドラマ・・・
登場人物が多い分、物語があっちこっちに飛んでまして、
時間経過の整理がいるかと・・・。
登場人物たちの関係も複雑と言いますか
謎と言いますか、設定がそもそも想定外(笑)
こうした物語では普通なんでしょうが・・・でも、
それが明かされていくのが、面白かったです。
登場人物については、若者が好いですね~
ニコくんはそれほど出てない気がするのですが、
気のせい?(笑)
戦っては傷ついて、寝てるシーンばっかりだったような・・・
みんなに介抱されて、助けられながら強くなって、
一応、ラストでは大ボスと対決もしちゃいます・・・が・・・
一番強かったのは彼じゃないよね(笑)
画像

そうそう、好かった若者たち。
流星閣という武侠たちの一つの流派が物語の核になっているのですが
そこのメンバーたちが、今で言ったらアイドルのような扱いを受けていて、
中でも人気なのが赤いマフラー(?)をした秦歌くん。
若い時の松平健さんをすっきりさせたよなお顔立ちで、
カッコつけ~な雰囲気で出てきて楽しいです♪
そして、NO2の費無極くん。
初めは地味目だったのですが、
チョット力を付けて、恋人なんかもできますと、
アニメのナルトくんのような姿に変身。
画像

ただね、だんだん登場人物が減っていくのは
お約束とはいえ、悲しいです。
親分の言う事、ちゃんと聞いて素直な分だけ、
かわいそう・・・。
女の子たちもみんな可愛らしくて、いいですね。
おじ様たちもみな個性的です(笑)
そんなこんなで、
細かいところが分からないながらも面白かったです。

何せ、DVDが15巻ほどにもなりますので、
レンタル料金が安くなったら、
またゆっくり突っ込みながら観ようかと♪
楽しみです。 
そうそう、中国ドラマのオープニングとエンディング、
なぜか先の映像を使ってあるので、
ネタばれ注意です。すっ飛ばして観るのが好いかと(笑)  



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック