フェルメール 2012

マウリッツハイス美術館展&ベルリン国立美術館展
観てまいりました♪(9月11日)

画像
マウリッツハイス美術館展  オランダ・フランドル絵画の至宝
                  東京都美術館 (東京・上野公園)
2012年6月30日(土)-9月17日(月・祝)

東京会場での開催の終了間際で、混んでいるかと覚悟をして行きましたが
やっぱり、混んでしました(笑)それでも、開場30分前の9時頃に行ったら、
もう開場してくれていたので、待つこともほとんどなく、入場できました。
出てきたら、外までの列にびっくりしましたが(笑)
昨年の「フェルメール≪地理学者≫とオランダ・フランドル絵画展」、
「フェルメールからのラブレター展」
に続いてのフェルメール鑑賞♪
コリン・ファースがフェルメールを演じた『真珠の耳飾りの少女』を観て以来
恋焦がれていた画に、こんなに早くお目にかかれるなんて・・・
幸せな気分です♪
不思議な感じがしますね~背景が黒だけで、人物だけなのは珍しいので・・・
あと、1点同じような画がありますが、頭部像だけを描いたということで、
モデルはいたとしても、その人をそのまま描いたのではないらしいですね。
「 トローニー 」と呼ばれる様式だそうです。架空のキャラクターということかな?
そう思うと、フェルメールの理想とまではいかなくても、好きなタイプかも♪
また、映画観たくなりました(笑)
「 トローニー 」と言えば、レンブラントの作品もありました。
こちらは、おじさんの画。
自画像もあって、重なる感じが、自嘲気味で面白い。
フェルメール以外で気になったのは、ルーベンスの弟子のヴァン・ダイクの
≪アンナ・ウェイクの肖像≫。アンナさんの美しさもさることながら、ドレスの
素敵なことと言ったら♪再現したのが観てみたい!
画も素晴らしかったけど、お楽しみは他にも・・・記念のお買いもの(笑)
いろいろありましたが、迷った末に購入したのは
“真珠の耳飾りのミッフィー”と“ナノブロック・マウリッツハイス美術館”・・・
玩具ですか~!(笑)オランダと言ったら、フェルメールとディック・ブルーナ
でしょう♪見た瞬間、やられた~♪って感じでした(笑)
ナノブロックは、まさかの日本文化(?)とのコラボですね~。
組み立ては、細かい作業が得意な下の娘に頼みました。テストが近いとか
言いながらも、楽しんで作ってました(笑)。
マウリッツハイス美術館展はこのあと、神戸市立博物館で開催されます。
期間は2012年9月29日(土)~2013年1月6日(日)。
画像
ベルリン国立美術館展  学べるヨーロッパ美術の400年 
                 国立西洋美術館(東京・上野公園)
2012年6月13日(水) -9月17日(月・祝日)

東京都美術館を出たあとは、歩いて2.3分のところにある(ほぼ隣接)
国立西洋美術館へ。ここはすんなり入ることが出来ました。中は
さすがに混んでいましたが・・・。
こちらは、点数が多いのですが、絵画のほか彫像なども多くあって
見ごたえがあるものばかりでした。
お目当ての、≪真珠の首飾りの少女≫は、昨年観た≪手紙を書く女≫の
前に描かれたもので、同じ衣装なのね。でも、リボンの色は違って、
赤っていうのが、妙に目に残る。手の動き(止まってるけど)も好きだな。
こちらでのお買い物は・・・目を引いたのはシュタイフの「真珠の首飾りの少女」
モデルのクマさんですが、高価過ぎて~手が出ません(苦笑)
絵葉書ホルダーを購入・・・今まで購入した絵葉書保存にちょうどいいから♪
ベルリン国立美術館展は、このあと福岡の九州国立博物館で開催。
期間は2012年10月9日(火)~12月2日(日)。

東京は暑いからと、心配して下さった師匠~!ありがとうございました♪
予想していたより暑くなく・・・新幹線が寒かった~・・・ほとんど、汗もかかずに
観ることができました。オランダ、ドイツとヨーロッパの気分で、お昼は
イタリアンにしました(笑)でも、そのあと、渋谷で一気に別の世界へ(笑)
それにしても、いっぱい歩いたので、疲れましたわ~
若い時にはめいっぱいいろいろ行ったのですが、もう、帰りたい!と
3時過ぎには帰り支度でした(笑)

それから・・・「フェルメール・センター銀座」。
こちらは、春に大学時代の友人たちに会いに上京した折に観てきましたが、
雑居ビルの中にあって、入るのには少々勇気が要りました(笑)
第一弾は7月22日に終了しましたが、
9月5日より第二弾を開催中とのことです。
詳しくはフェルメール・センター銀座 Vermeer Center Ginzaにて♪

この記事へのコメント

さっちゃん
2012年09月15日 14:54
ひらで~様

暑くなかったですか?
今週の木曜日練馬区は34.9度で全国三番目の暑さ。
練馬は東京でも一番暑いところですが。

目玉に栄養補給できましたか?
私たち親子にはまだ手の届かない世界です。
上品すぎるというか・・・
でもゆったり観賞できるならみたいですよね。もう少し落ち着いたらかな?でも作品数が少ない画家だからあちこちから日本に来ると作品を全部日本で見ることができるかも。
今年は私の体調がよくないので美術展になかなかいけません。残念です。芸術の秋に合わせてまた少し涼しくなったら出かけてみたいと思うのですが、犬を2ひきおいて出かけるのは至難の業です。1匹は楽な犬なんですが、もう1匹が極悪で(笑)
2012年09月16日 00:20
師匠~♪
思ったより、暑くなかったです。
こちらも、暑いですからね~
朝晩は、寒くなりましたが(^^;)

目の栄養、心の栄養、たっぷりです♪
上品?今でいう、漫画っぽいのもありますし、
風刺ものが多いですから、絵画鑑賞というより、
当時を垣間見る感じかな?
全部、日本で観れたら・・・凄いですよね。
人気あるので、可能かも。でも、ちょっと前に
数点、来てるみたいです・・・気長に待つかな。

体調よくないのですか?まだまだ、暑いし、
気をつけてくださいね。
緑のえりまき
2012年09月17日 19:20
ひらで~様、お久しぶりです。
私は前回、観たので今回はいいかな、と思っていたのですが
やっぱり観たくなって、行ってはみたのです。
でも午後からだったので30分まち、60分待ちに負けて帰ってしまい、結局それきりになりました。
残念です。先日tvで山田吾郎さんのコメントをみたら
観たくなったのですけど。
振られたので、代わりに芸大で契丹をみました。
中国づいているので、楽しめましたよ。
2012年09月17日 21:47
緑のえりまきさん♪
忘れずにいてくださって、嬉しいです(^o^)

今日まででしたね・・・駆け込みの方が多くて
混んでいたようですね。それを思うと、
ラッキーでした。

契丹も、今日まででしたね。
緑のえりまきさんは東京にお住まいですか?
たくさん、観るものがあって羨ましい。
元気があれば(若い時には)、上京した折に
いろいろ廻る計画を立てましたが、さすがに
もう、無理(笑)
中国ものでは、東京国立博物館で
中国王朝の至宝展が来月、始まりますね。
・・・今の情勢ではホントにできるのか
心配ですが・・蜀の宝もありますし、
三国志ドラマで出てくる面白い形の
杯にそっくりな爵という青銅器もあり、
興味があります。
緑のえりまきさんは、行かれるのかしら?

緑のえりまき
2012年09月18日 23:09
ひらで~様、
はい、私は東京在住です。会社が上野にあるので、
美術館の横は毎日通っていますが、実際見に行くのは
ごく時々ですよ~。
国立博物館の催しのポスター、見ました。
私も興味はあります。
でも何より、中国の情勢が心配です。。
2012年09月19日 14:30
緑のえりまきさん♪
まぁ、職場が上野にあるなんて、
素晴らしい!!
でも、近いからいつでも行ける・・・って
感じなのでしょうか。
私も学生時代東京に住んでいましたが、
もっといろんなところへ行っておけば
よかった・・・史学科だったから、
江戸をなぜしっかり
感じてこなかったかって(苦笑)

中国ね・・・どうなるのでしょうか
いつものガス抜きができればいいけど、
今回は、被害が大きいから・・・。
さっちゃん
2012年09月19日 15:09
緑のえりまき様

はじめまして。
友人が少し前に成都から帰国しました。
仕事の都合で住んでいたのですが、一応家と一部荷物を残してあるそうです。さすがに元、「蜀」の国の中心だから山でしょ?いくらか北京などより平和だそうです。一番盛んなのが「呉」の国のあたり。
娘いわく・・・「熱い人がおおいからね~~」と。
でも友人の帰国でたくさんお土産が来ました。
DVDとか見る暇がないぞ~~

今後ともよろしくお願いします。

ひらで~さま

史学系ですか?中国関連・・・ですよね~~
息子がチベットの勉強をしていたんですが、研究に行こうとしたら渡航禁止で行けず、今年「成都」に孔明のお墓参りとか騒いでいたけど中止。
縁がないです・・・とほほ。
私は西洋史でしたのでルンルン。
江戸はいいですよね~最近とみに思います。
緑のえりまき
2012年09月19日 23:57
さっちゃん様
こちらこそよろしくお願いします。
成都のお友達、無事帰国でよかったですね。
外国に住むって大変だけど楽しそうって普段は思ったりしますが、今回みたいな事が勃発すると怖いですね。つくづく。
南の方はやっぱりエネルギッシュな感じがするから、そういうエネルギーも余ってしまうのかしら。
息子さんは成都に行きそびれて残念っ!ですね。

ひらで~様
フェルメールから大分離れた話になってしまってすみません。。少し前に山岡宗八の「徳川家康」を読んでから、私も江戸を再認識したというか、江戸を感じると嬉しくなる、みたいな時があります。NHKのブラタモリの影響もあるかも。

史学科、あ、だから字幕で三国志を楽しめたりするのですね!私はもっぱり吹き替えでしたが、レンタルDVDの時は日本語字幕を併用してました。理解が深まるので。
2012年09月20日 10:01
師匠~♪
史学ですが、日本史の方です(^^;)
多少は中国史やりましたが・・・当時
学生時代興味あったのは、
『ラストエンペラー』の影響で、
清朝末あたり。
卒業旅行で、紫禁城行って、驚愕(笑)
成都も行ったのに・・・当時は
孔明には気が行ってなかったなぁ~
だいたい、お墓があることも知らなかった・・・
もったいないことしてました(^^;)
2012年09月20日 10:13
緑のえりまきさん♪
関係なくても、大歓迎(^0^)/~

江戸、好いですよね~
身分制度とかは別として、
流通システムとか無駄がなくて
素晴らしいのですよ。
いわゆる、ゴミが出ない生活。
外国人が入るようになって、
みんな驚いていたそうです。
日本の未来は江戸に学べってね(笑)

そうそう、上にも書きましたが、
日本史ですので、中国語は字を見て
何となくわかる程度(笑)
一応、基礎だけは習いましたが、
ほとんど解りません(‐‐;)
字幕は、人や地名が出てくるので
ありがたいですよね。
セリフだけだと、頭に入らないの・・・
それは歳のせいか(笑)
未子
2012年12月08日 18:12
寒いですね(>_<)外は木枯らしです。

先月ベルリン国立美術館展へ行ってまいりました(私は九州在住)。こちらの首飾りの少女は、良家の子女という感じですね。去年の「フェルメールからのラブレター展」@京都は2時間待ちくらいだったので断念した過去が(実家は関西)。このときは同じ少女の手紙を書く姿がみられたのですね。
ひらで~さんのご指摘どおり、私も朱色のリボンに惹きつけられました。絵も素敵だけど、衣装を身につけた実際の姿は美しかったでしょうね。
絵としては「耳飾りの少女」のほうが好きで、涙がでそうになったほど。生命力みたいなものがあふれていたような。
ベルリン展では、ほかにボッティチェッリの素描画がみられてよかったです、緻密で小さい絵にびっくりしました。優美な少女漫画の原画をみている気分でした。

ひらで~さんのブログを参考に、これからも美術展めぐりを楽しみたいと思います。私の場合は西日本中心ですが。

それから最新の「こんみん39その2」も楽しませていただきました!静かに怒る孔明は美しいですね。困らせる大都督も好き。で、つーちん。可愛いってコメントを入れてくださって有難うございます
2012年12月08日 23:22
未子さん♪
こちらは、雪が舞いました
明日はもっと、寒そう・・・

福岡でのベルリン国立美術館展、
行って来られたのですね~
そちらも、盛況でしたか?
フェルメールの作品は数が少ないけれど
日本では人気があるので、
こうして観られるのは日本ならでは、
でしょうか(笑)

ボッティチェッリの素描画・・・コメントを
読んで、カタログを引っ張り出してきました。
そうそう、小さな絵でした。でも、その時の
思いや迷いのようなものが感じられますよね。
完成品もいいけれど、また違った趣でした。
少女漫画と言えば、私は森川久美さんの作品が
好きなのですが、絵の雰囲気が展覧会での
素描画を観ていて似てるなぁ~と
思ったのを思い出しました♪

こんみん画像、こんみんだけにしようかと
思いましたが、大都督やつーちんあっての
こんみんですから、ちょっとだけですが
入れてみました(笑)
未子
2012年12月10日 18:13
お返事を有難うございます。
森川久美さん、なつかしいです。「ララ」買ってましたよ。私が読んでいたときは「南京路に花吹雪」のころだったのでクールでカッコいいイメージでした。
ネットで調べたら王朝ものなど、華麗な絵もお描きになるのですね。

いつかボッティチェッリのビーナスと三美神を観てみたいです。ひらで~さんはご覧になったことがありますか。

ところで「真珠の耳飾りの少女」は肖像画ではないのですね。ひらで~さんの記事を読みなおして、今頃気がつきました。あんなに生き生きとしているのにー。

素晴らしい人物画をみたときに、画家の腕前なのか、モデルが魅力的なのか、って考えることがあるのですが、耳飾りの少女の愛くるしさはフェルメールの技量によるものなのですね、きっと。

福岡のベルリン展は混んでいました。会期終了が迫っていたからか、自分のペースでみることはできなかったです(T_T)それからシュタイフ社の熊も見つけられませんでした。完売だったのでしょうか。ひとめ見てみたかった・・・
2012年12月11日 10:19
未子さん♪
「南京路に花吹雪」、ご存知でしたか~♪
私の中国好きは、「南花」や「蘇州夜曲」から
始まったのじゃないかと、思うくらい
好きな作品です。その後、イタリアを舞台に
した作品などもあって、その画風が
上記のうように思えたのです♪
ボッティチェッリの絵画の方は
まだ観たことないですね~
「ヴィーナスの誕生」など
所蔵しているウフィツィ美術館の
自画像展なら観たことあるのですが(笑)

「真珠の耳飾りの少女」は映画が
ありますので未見でしたら、
ぜひ観てください♪

熊さん、もう完売?高かったのに・・・
みんなお金持ちだなぁ(笑)
画像は、HPにあるかも・・・
未子
2012年12月12日 22:16
ひらで~様♪

熊さん・・・言葉足らずですみません。
展覧会のチラシで小さな写真を見まして、お値段もお値段だから実物を見てみたかったのです。(俗っぽくてごめんなさい!)チラシには限定100体と書いてありました。

「真珠の耳飾りの少女」は観てみます。スカーレット・ヨハンソンが大好きなので。
実際の絵をみるまでは映画を控えていたようなところがあって。私は影響をうけやすいから。
長期戦覚悟でした(笑)実際これほど早くにお目にかかれるとは思っていませんでした
観たら、ひらで~さんの映画記事を読んでみますね。たしか過去にアップされていましたよね。

ひらで~さんの中国好きは、本当に長いのですね。
ずいぶん前に中国を周遊されたみたいなことも書かれていましたよね。うらやましい!!
人民服や自転車は多かったですか?古い建物も残っていましたか?
貴重な経験をされていますね

2012年12月13日 13:50
未子さん♪
いえいえ、こちらこそ、
気にしてくださって、すみません!
限定で売られていたのですね~
お高いですものね(^^;)

「真珠~」の感想は、ないのですよ~
観たのが、ブログを始める前でしたので・・・。
そもそも、この映画を観たきっかけが主演の
コリン・ファースを観たい!というもの
でしたから、観て初めて、フェルメールを
知った、という感じです(笑)
コリンが演じてなかったら、
絵を観に行くこともなかったかも・・・。
映画で作者の生きざまを観て、作品に
興味を持つ、という変な見方してます(笑)

中国・・・行ったのは、大昔ですから
今とは全然違うと思います。
北京も停電がよくあって、
夜の電気の使用が規制されていました。
高い建物も殆どありませんでした。
人民服・・・着てましたね~
赤い星のついた帽子をお土産に
買ってきました(笑)
トイレも開放的でしたし(笑)
上海も今となっては別世界ですね、きっと。
新しくなった中国、行ってみたいです♪
未子
2012年12月14日 18:23
ひらで~様

お返事を有難うございます!
トイレ・・・そういえば個室ではなかったと聞いたことが。
おおらか?だったんですねー。

映画の感想記事を勘違いしてしまってすみません。
私ハヤトチリが多くて(>_<)
コリン・ファースもお好きなんですね。
有名なかたなのに、私は「ブリジット・ジョーンズ」とあと「ひと月の夏」というのを観たことはあるのですが、後者は記憶にないです・・・どちらの男性だったんだろう^_^;

中国のこともお詳しいけれど、その他に関してもひらで~さんはなんでもご存じですよね。おかげさまでこちらのサイトで私の世界も広がりつつあります。

経過報告ですが、「鉄面歌女」は未見で、「我的青春谁做主」はその後進まずです。原因は、グズな性格が災いして、12月に入りすべきことが山積してきまして・・・
また、感想をお伝えできたら、と思います。

新しいこんみん画像、有難うございます。たしかにお髭がへんですね。可愛いけど。

霍青さんは「1911」にご出演なのですね。wowowは加入していませんが、こちらも観てみようと思います。
いつも情報をいただき有難うございます!
2012年12月14日 23:03
未子さん♪
今はもう世界的レベル(笑)のトイレに
なっているとは思いますが、
当時は壁があるようなないような、
ただっ広いものありました。
ホテルのトイレは大丈夫でしたが。

コリン・ファースの「ひと月の夏」は
絵を修復する方ですね♪

12月は何となく忙しいものです(笑)
何となくなのは私だけか?
私も動画など紹介しながら、観る時間が
なかなかないのに、ほかに観たいのが
出てきたり・・・
まぁ、ゆっくり楽しみましょう♪

「1911」私もあとから知ったのですが、
また違った角度から(笑)観ることが
出来るでしょうね♪

この記事へのトラックバック