推理作家ポー 最期の5日間☆偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…?

THE ONLY ONE WHO CAN STOP A SERIAL KILLER
      IS THE MAN WHO INSPIRED HIM.

画像
推理作家ポー 最期の5日間
THE RAVEN
2012年 アメリカ
監督:ジェームズ・マクティーグ
脚本:ハンナ・シェイクスピア
    ベン・リヴィングストン
音楽:ルーカス・ビダル
出演:ジョン・キューザック
             (エドガー・アラン・ポー)
    ルーク・エヴァンス
            (エメット・フィールズ警視)
    アリス・イヴ(エミリー・ハミルトン)
    ブレンダン・グリーソン(ハミルトン大尉)
    ケヴィン・マクナリー(マドックス編集長)
    オリヴァー・ジャクソン=コーエン
                       (ジョン)
    パム・フェリス
1849年、アメリカ・ボルティモア・・・人一倍気位は高いが、思うように仕事ができない
作家エドガー・アラン・ポーは酒場で荒れていた。そんな夜、母と娘が襲われ、
警官が駆けつけ部屋に入ったところ、犯人は既に逃げた後だったが、現場は密室状態。
調べに来た、フィールズ警視は窓の細工を発見し、事件が過去に出版されたポーの
推理小説『モルグ街の殺人』に似ていることに気づく。すぐに第二の殺人事件が起こるが
これもポーの小説をまねたものだった・・・。

実は、エドガー・アラン・ポーの小説、読んだことないのです(^^;)
名前だけは、聞いたことはありましたが・・・江戸川乱歩の名前のもと、
ぐらいのことです。
ですから、冒頭に死に際の話が出ても、そ~なんだぐらいに思って
観てまして、そこからの展開がポーの作品になぞらえたものであると
言われても・・・一つでも読んでいれば、楽しみが深まったでしょうね~。
結末ありきのお話ですから、観ているうちにそうならないでほしいと
願うようになっても、どうにもならない悲しさもあって、
割り切れなさも残るもの確か。
とはいえ、全く読んでいなくても、ゴシック・ホラーとして
十分楽しめてしまったので、好かったなぁ~と(笑)
それに、一番の楽しみどころは、相変わらず(笑)出演者ですから♪
本作のお目当ては、ルーク・エヴァンス
画像

予想以上の活躍に、大満足♪主役はどっち?って思うほど(笑)
ジョン・キューも好かったのですけど、
途中から田中邦衛さんに見える時があって(^^;)・・・ない?
ルークは事件を担当する警視、19世紀中期の衣装も
似合ってます。観たい姿の時代まではもう一息(笑)
犯人にポーと共に翻弄されつつも、冷静に対処していく姿は
なかなか頼もしく、内に秘めた熱意なども感じられて・・・
一度、感情的になるシーンがありまして、ゼウス降臨?と
思えるような演出には笑ってしまったけど・・・
画像
ファンとしては
申し分なく、最後の最後まで楽しませていただきました。
エメット・フィールズ警視を主役でもう一作とか作ってほしいぐらい(笑)
ルーク・エヴァンスのファンは必見です♪・・・が、
かなりグロいシーンがあります。R15の理由はそこなんですね。
首から、血がぴゅ~!なんていうのはまだ、好い方です(^^;)
結構馴れていると思ってましたが、
さすがに、目を覆ったシーンがありましたので、
覚悟して観た方が好いかと・・・。
ちなみに、原題のTHE RAVENはポーの作品、『大鴉』(おおがらす)から。
読んでから、観直しすべきなんだろうな・・・。
画像

新作は「ホビット 思いがけない冒険」なのだけど、
Bard って役名・・・最近観た予告編ではわからなかった(^^;)
後記:↑わからないはずです、出演は2作目でした(^^)

この記事へのコメント

  • 悠雅

    ひらで~さん、こんばんは。
    これは、内容にも興味あったけど、
    やっぱりルーク・エヴァンス出演というのが嬉しかったですねぇ。
    しかも、予想以上の出演時間と役割だったし。
    ポー作品をよく読んでいれば、マニアックな楽しみかたができたんでしょうが、
    知らなくてもお話はわかるようになってたので助かりました。

    ホント、マジで目を覆うシーンがあったけど、
    そこさえちょっとの時間我慢すれば、
    最後まで素直に楽しむことができる作品でしたね。
    2012年10月20日 00:01
  • ひらで~

    悠雅さん♪
    やっぱり、ルーク・エヴァンスですね♪
    期待以上の露出(笑)と活躍に
    嬉しくなってしまいました。
    お話は陰惨なのに、
    こんなに楽しむことが出来たのは、
    彼のお陰です♪・・・って、
    楽しみどころが違う?(笑)
    2012年10月20日 11:43

この記事へのトラックバック

推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN
Excerpt: 最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2012-10-18 11:25

劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」
Excerpt: エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2012-10-18 12:37

推理作家ポー 最期の5日間
Excerpt: 告げ口心臓。赤死病の仮面。大鴉。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2012-10-19 23:57

映画「推理作家ポー 最期の5日間」感想
Excerpt: 映画「推理作家ポー 最期の5日間」観に行ってきました。19世紀前半のアメリカで推理小説を執筆し有名になったエドガー・アラン・ポーの、その死に至るまでの最後の5日間に何が...
Weblog: タナウツネット雑記ブログ
Tracked: 2012-10-20 23:10

映画「推理作家ポー 最期の5日間」こんなに有名な作家の死にまつわるお話
Excerpt: 「推理作家ポー 最期の5日間」★★★ ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、 アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン出演 ジェームズ・マクティーグ監督、 110分、2012年10月12日(公開) ..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-10-22 07:32

推理作家ポー 最期の5日間 : 天才に対する賞賛と謎を求めて
Excerpt:  民主党の田中法相、真偽のほどは分かりませんが…。まあ、報道と本人の質疑を見る限り、限りなくクロに近い感じですが、ここはあえて”謎”としておきましょう。ちなみに、本日
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-10-24 09:27

推理作家ポー 最期の5日間
Excerpt: ルーク・エヴァンスの存在が良かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-10-30 00:31

映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観て
Excerpt: 12-86.推理作家ポー最期の5日間■原題:The Raven■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■観賞日:11月10日、新宿ミラノ1(歌舞伎町)■料金:1,800円..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2013-01-14 21:20

映画:推理作家ポー 最期の5日間
Excerpt:  あれ?公式サイトがなくなってる!いくら何でも早くない?と言うわけで推理作家ポー 最期の5日間を見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2013-01-21 01:13

推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・
Excerpt: 【=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな~o( ̄ー ̄;)ゞううむ そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。 ..
Weblog: 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~
Tracked: 2013-01-31 09:45