リリーのすべて☆あなたの愛で、本当の自分になれた。

画像夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。


リリーのすべて
THE DANISH GIRL
2015年 イギリス・ドイツ・アメリカ
監督: トム・フーパー
原作: デヴィッド・エバーショフ
    「世界で初めて女性に変身した男と、
     その妻の愛の物語」
脚本: ルシンダ・コクソン
編集: メラニー・アン・オリヴァー
音楽: アレクサンドル・デスプラ
出演: エディ・レッドメイン
    (リリー/アイナー・ヴェイナー)
     アリシア・ヴィカンダー
    (ゲルダ・ヴェイナー)
     ベン・ウィショー (ヘンリク)
     アンバー・ハード(ウラ)
     マティアス・スーナールツ (ハンス)
     セバスチャン・コッホ(ヴァルネクロス)  
1926年のデンマーク、コペンハーゲン。
風景画家のアイナー・ヴェイナーは肖像画家の妻ゲルダと結婚して6年、公私ともに充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダの描く踊り子・ウラの代役を頼まれモデルとなったのをきっかけに、アイナーは自分の中に潜んでいた女性の存在に気付く。そうとは知らずに、ゲルダは遊びのつもりで女装したアイナーを、アイナーの従妹“リリー”として外に連れ出すが・・・。

今年の初めに、観たい映画として名を挙げた本作、
こちらでの上映がやっと始まり、ようやく観ることができました♪

お話は、世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、
リリー・エルベの実話に基づくもの。
“性同一性障害”とは字の如く、性別に対して心と体が一致しない状態の
人の抱える問題と、認識するようになってきたとはいえ、
そんな男性に対して、ゲイや女装愛好者と混同するようなところもあって
正直なところ、この作品に対しても単純に女装したエディ・レッドメインが
観たいなどと、興味本位なところがあっての鑑賞でした。
ところが、観始めて、美しく、切ないものだったとは・・・と、反省。
画像
描き方によっては、もっとスキャンダラスに、悪く言えば見世物的にして
観る者を挑発することもできたのではないかと思うような(少なくても、
自分はそうなるかなと思ってた)内容ですので、
これが、リリーの主観だけで描かれていたら、理解しようがなかったと
思うのだけど、初めは受け入れられなくても、次第に夫を理解し、
彼(彼女ですね)の望みの先を見届けるまで寄り添った妻の目を通して
描かれているところがあるので共感できたのが好かったのですよね。
その妻・ゲルダをアリシア・ヴィカンダーがアカデミー賞で助演女優賞を
獲得したことに納得です。主演女優でも良かったくらい♪
彼女はどこかで観たような・・・と思ったら、『コードネーム U.N.C.L.E.』の
ヒロイン。カッコいいわでけです♪
脇では、リリーの正体をすぐに見抜いて愛する男性・ヘンリク役の
ベン・ウィショー、
画像
リリーの友人でもあり苦悩するゲルダを支える男性・ハンス役の
マティアス・スーナールツ のお二人が好印象でした。
画像

マティアス・スーナールツもどこかで観た気がする~って思ってたら
最近観た『ヴェルサイユの宮廷庭師』で気になってた方でした♪
髪型が全然違うから気がつかなかったよ~(^^;)
映像的にも、美しく上品な作品でした♪

この記事へのコメント

  • kira

    愛は縛り、時に甘やかし、といったレベルでいられなかった
    ヒロインの心情に、こころが揉みしだかれた作品でした。

    マティアス・スーナールツ、「ヴェルサイユの宮廷庭師」に出ていたんですか?
    機会があったら観てみたいです。

    久々にお邪魔したので過去記事のドラマレビュー、読みふけりました♪
    特に「宮廷の泪~」は珍しく完走したドラマなのでひらで~さんの解説で解り易かったです。
    またゆっくりお邪魔します~☆

    2016年06月12日 13:47
  • ひらで~

    kiraさん♪
    TB&コメ、ありがとうございます(^^)
    返事が遅くなり、すみません!!

    マティアス・スーナールツ、好いですよね♪
    「ヴェルサイユの宮廷庭師」は、観たものの、
    アラン・リックマンが亡くなって、どう
    感想を書いていいものやらと・・・

    「宮廷の泪~」の感想お待ちしてます(^^)
    こちらは、「蒼穹の昴」を今頃みてますが、
    チャン・モンが若いというか、
    少女なので、別人みたい!と
    びっくりしながら観ています(笑)。




    2016年06月18日 08:45

この記事へのトラックバック

リリーのすべて
Excerpt: あなたの愛で、 本当の自分になれた。 夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。 THE DANISH GIRL 上映時間 120分 映倫 R15+ 原作 デヴィッド・エバーショフ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2016-06-10 10:12

映画「リリーのすべて」感想
Excerpt: 極めて哲学的で観念的でArtisticでComplicatedしていてConfusedだった、けれどもとてもファンタジックな作品でした。 (C)2015 Universal Studios...
Weblog: 鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ
Tracked: 2016-10-24 20:07