射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー☆登場人物&キャスト

射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー[射雕英雄傳(2017年)]の
登場人物&出演者です♪
画像
 

郭靖かく・せい・・・ヤン・シューウェン[楊旭文]
少年期:ドンリー・ウーヨウ[董李無憂]
 郭嘯天の息子、蒙古で育つ 
黄蓉こう・よう・・・リー・イートン[李一桐]
 郭靖が張家口で出会った物乞い 
楊康よう・こう(完顔康ワンヤン・こう)・・・チェン・シンシュー[陳星旭]
 楊鉄心の息子、完顔洪烈の息子・完顔康として育つ
穆念慈ぼく・ねんじ・・・モン・ズーイー[孟子義]
 穆易の養女 、比武招婿で完顔康と手合わせする

牛家村
楊鉄心よう・てっしん・・・リー・ゾンハン[李宗翰]
 郭嘯天の義兄弟、楊康の父、穆易(ぼく・えき)と名を変え妻を探す
郭嘯天かく・しょうてん・・・シャオ・ピン[邵兵]
 郭靖の父、段天徳の兵から楊鉄心らを守り命を落とす
李萍り・へい・・・ゾン・リー[曾黎]
 郭嘯天の妻、郭靖の母、段天徳に連れ去られた後蒙古へ
包惜弱ほう・せきじゃく・・・リゥ・チェンハン[劉芊含]
 楊鉄心の妻、楊康の母、完顔洪烈の命を救い・・・

江南七怪(こうなんしちかい)郭靖の師匠 
柯鎮悪か・ちんあく・・・ワン・クイロン[王奎栄]
 飛天蝙蝠(ひてんこうもり)
朱聡しゅ・そう・・・ジー・チェンムー[姫晨牧]
 妙手書生(みようしゅしょせい)
韓宝駒かん・ほうく・・・ワン・チェンユェン[王春元]
 馬王神(ばおうしん)
南希仁なん・きじん・・・マー・ジンジン[馬京京]
 南山樵子(なんざんしょうし)
張阿生ちょう・あせい・・・シン・ポン[信鵬]
 笑弥陀(しょうみだ)、陳玄風に殺害される
全金発ぜん・きんはつ・・・ロン・ダー[龍徳]
 閙市侠隠(どうしきょういん)
韓小瑩かん・しょうえい・・・シャオ・イン[肖茵]
 越女剣(えつじょけん)

全真教
丘処機きゅう・しょき・・・シャオ・フォン[邵峰]
 全真七子・長春子(ちょうしゅんし)、郭靖と楊康の名付け親、楊康の師匠
馬鈺ば・ぎょく・・・ワン・リー[王力]
 全真七子・丹陽子(たんようし)、郭靖に内功を指南
王处一おう・しょいつ・・・グオ・ジュン[郭軍] 
 全真七子・玉陽子(ぎょくようし)丘処機の弟子 
周伯通しゅう・はくつう・・・ニン・ウェントン[寧文彤]
 老頑堂(ろうがんどう)、全真七子師叔、郭靖が桃花島で出会う
王重陽おう・ちょうよう・・・ハン・ドン[韓棟]
 中神通、全真教の開祖、「九陰真教」を守っていたが・・・
孫不二そん・ふじ・・・ジャオ・ツォン[趙聡]
 全真七子・清浄教人(せいじょうさんじん)
程瑶迦てい・ようか・・・スイ・ユーモン[隋雨蒙]
 孫不二の弟子、宝応から牛家村への道中に陸冠英と出会う
譚処端たん・しょたん・・・ジャオ・チウシェン[趙秋生]
 全真七子・長真子(ちょうしんし)
劉処玄りゅう・しょげん・・・ソン・タオ[宋涛]
 全真七子・長生子(ちょうせいし)
郝大通かく・だいつう・・・リゥ・ウェイ[劉威]
 全真七子・広寧子(こうねいし)

丐幇
洪七公こう・しちこう・・・チャオ・リーシン[趙立新]
 北丐、九指神丐(きゅうししんかい)、郭靖の師匠
黎生れい・せい・・・ホー・グォシュエン[何果軒]
 長老、宝応で郭靖と共に欧陽克から程瑶迦を助ける
余兆興よ・ちょうこう・・・シュー・チーハン[許啓航]
 長老、宝応で郭靖と共に欧陽克から程瑶迦を助ける
魯有脚ろ・ゆうきゃく・・・チャン・ボージュン[張柏俊]㊲
 汚衣派の長老 
りょう長老・・・リゥ・ユー[劉禹]
 浄衣派の長老
かん長老・・・ファン・ジョンホァ[范忠華]
 浄衣派の長老
ほう長老・・・ルー・センパオ[盧森堡]
 浄衣派の長老

桃花島
黄薬師こう・やくし・・・ミウ・キウワイ[苗僑偉]
 東邪、裘千仞の父、桃花島・島首、梅越風らの師匠
馮衡ふう・こう・・・リー・イーシャオ[李依暁]
 黄蓉の母、故人、周伯通が持っていた「九陰真教」下巻を暗記 
梅越風ばい・ちょうふう・・・ミー・ルー[米露]
 黒風双殺・鉄屍、江南七怪と戦い失明する、邪悪な九陰白骨爪を習得
陳玄風ちん・げんぷう・・・ジャン・シーライ[張喜来]
 黒風双殺・銅屍、梅超風の夫、少年・郭靖に刺され命を落とす
陸乗風りく・じょうふう・・・チャン・チェン[常鋮]
 帰雲荘・荘主
陸冠英りく・かんえい・・・ゴン・ジェンナン[宮正楠]
 陸乗風の息子、仙霞派・枯木大師の弟子※黄薬師の計らいで程瑶迦と結婚
曲霊風きょく・れいふう
 曲三、※破門後牛家村に住み娘を残し亡くなる 程瑶迦の師伯
曲の娘”アホ娘”[傻姑]・・・シャ・ズートン[夏梓桐]
 牛家村で桃花島から来た郭靖・黄蓉らと出会う
武眠風ぶ・みんふう  
 故人※程瑶迦の父

桃源(大理国)
一灯大師いっとうだいし・・・レイ・ロイ[呂良偉]
 南帝、大理国元皇帝・段智興(だん・ちこう)、黄蓉の内傷を治す
ぎょ・・・フー・ボー[胡博]
 釣り人、南帝の配下
こう・・・イン・シュオ[尹碩]
 農民、南帝の配下
どく・・・リャン・ジンシャン[梁金山]
 書生、南帝の配下
しょう・・・チャン・ルー[張路]
 木こり、南帝の配下
瑛姑えいこ・・・チャン・カイイー[張楷衣]
 裘千仞に追われた郭靖と黄蓉を助け南帝に会せる 


完顔洪烈ワンヤン・こうれつ・・・ゾン・フォンイェン[宗峰岩]
 金国第六皇子、包惜弱に命を救われ横恋慕し・・・
完顔洪熙ワンヤン・こうき・・・ツァオ・ヤン[曹楊]
 金の第三皇子、洪烈を疎ましく思う
段天徳だん・てんとく・・・・ユー・アイレイ[余皚磊]
 南宋の武官、金の手先となり郭嘯天を殺害
蓋運聡がい・うんそう・・・リー・ジョンヤン[李中陽]
 嘉興府知事
簡執事・・・ハン・シュー[韓旭]
 完顔洪烈の執事

白駝山
欧陽鋒おうよう・ほう・・・ヘイズ[黒子]
 西毒、”毒物ジジイ”[老毒物]、「九陰真教」と「武穆遺書」を狙う
欧陽克おうよう・こく・・・リゥ・ジーヤン[劉智揚]
 白駝山少主、鋒の甥(実は息子)
白衣の女A・・・フー・リンジェ[胡麟婕]
 欧陽克の女弟子
白衣の女B・・・ジョウ・ティン[周婷]
 欧陽克の女弟子
白衣の女C・・・ティエン・リービン[田力冰]
 欧陽克の女弟子

鉄掌幇
裘千仞きゅう・せんじん・・・ジャン・イーミン[蒋一銘]
 鉄掌水上瓢、幇主※武穆遺書を探す黄蓉に内傷を負わす
裘千丈きゅう・せんじょう・・・・ジャン・イーミン[蒋一銘]
 裘千仞の双子の兄※弟になりすまし黄蓉たちを翻弄する
上官剣南じょうかん・けんなん
 前幇主、元は宋の名将・韓世忠の配下
 
完顔洪烈の配下・用心棒
侯通海こう・つうかい・・・グー・ダーチャオ[辜徳超]
 三頭蛟(さんとうこう)
沙通天さ・つうてん・・・リン・イージェン[林以政]
 鬼門龍王(きもんりゅうおう)
霊智上人れいちしょうにん・・・レン・シーホン[任希鴻]
 西域密宗の大手印
彭連虎ほう・れんこ・・・スン・ハオ[孫皓]
 千手人屠(せんしゅじんと)
梁子翁りょう・しおう・・・ガオ・ユーチン[高玉慶]
 長白山参仙(ちょうはくさんじんせん)
馬青雄ば・せいゆう・・・ジア・ジン[賈進]
 黄河四鬼・奪魄鞭
銭青健せん・せいけん・・・リゥ・タオタオ[劉涛涛]
 黄河四鬼・喪門斧
呉青烈ご・せいれつ・・・ジャオ・シュァイ[趙帥]
 黄河四鬼・追命槍
沈青剛しん・せいごう・・・ファン・ジェンユン[樊建雲]
 黄河四鬼・断魂刀

蒙古
コジン[華箏]・・・ダイ・ウェンウェン[代文雯]
 テムジンの娘、テムジンが決めた郭靖の許嫁
テムジン[鉄木真]・・・ジェン・ビンフェイ[鄭斌輝]
 後のチンギズハーン[成吉思汗]
トゥルイ[拖雷]・・・ホウ・ルイシャン[侯瑞祥]
少年期:ジャン・ズーハオ[張子豪]
 テムジンの第四子、郭靖のアンダ(義兄弟)
ジェベ[哲別]・・・フー・ティエンジャオ[傅天驕]
 郭靖に命を救われた縁でテムジン旗下となる、郭靖の弓の師匠
オゴタイ[窩闊台]・・・パオ・ディ[宝迪]
 テムジンの第三子
ジョチ[朮赤]・・・ヌオミン・ダーライ[諾敏達莱]
 テムジンの第一子
チャガタイ[察合台]・・・アイ・リークー[艾力庫]
 テムジンの第二子
ボルジュ[博爾朮]・・・スー・リーダー[蘇力徳]
 テムジンの家臣
ムカリ[木華黎]・・・アン・チーアー[安琪爾]
 テムジンの家臣
ジャムハ[札木合]・・・ホントン・バートゥ[宏通巴図]
 テムジンの義弟、金と手を結びテムジンと対立
オン・カーン[王罕]・・・ウーリ・ジートゥ[烏日吉図]
 テムジンの義父、金と手を結びテムジンの命を狙う
セングン[桑昆]・・・パイ・シャー[白鲨]
 オン・カーンの息子
トサカ[都史]・・・ガン・ダーアー[鋼徳爾]
少年期:ガオ・ユーヤン[高宇陽]
 セングンの息子

その他
焦木大師しょうぼくだいし・・・ホウ・トンジャン[侯桐江]
 法華寺住職、段天徳を匿い・・・
史弥遠し・びえん
 宋の宰相
楊再興よう・さいこう
 楊康の先祖、徽宗時代の名将・岳飛配下の将軍、槍の名手
黄裳こう・しょう
 徽宗時代の文官、奥義書「九陰真教」を記す
岳飛がく・ひ
 徽宗時代の名将、兵法書「武穆遺書」を記す
隗順かい・じゅん
 徽宗時代の獄卒、岳飛の死後「武穆遺書」を手に入れ丐幇に入る
ムハンマド・・・チェン・リウイー[程六一]
 ホラズム(現・中央アジア西部の一部)国王、完顔洪烈に唆され蒙古と戦う
陳希夷ちん・きい
 宋の太祖と華山を賭け碁を打ち勝利した道士(以後その場を“賭棋亭”と称す)



おまけ♪
テーマ曲:鉄血丹心

広東語の元唄、唄:羅文& 甄妮1983年

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック