大河ドラマ「麒麟がくる」

「麒麟がくる」、観終りました。





撮り直しで放送開始が遅れたり
コロナで途中お休みがあって
どこまで挽回できるのか?と
心配しましたが、時期を伸ばして
予定本数での放送で
しっかり楽しませていただきました。
初めてオープニングを観た時、
重量感のある音楽と懐かしさを
感じるクレジットの文字に
お~!って期待感が高まったのが
凄く昔に感じている反面、
もう終わってしまったのねと
寂しい感じがしています。
最終回、”本能寺の変”でしたが
信長さんの殺陣がなかなか
カッコ良くて見応えありました。
殺陣以上に良かったのが表情。
染谷さんの表情の変化の
振り幅っていうのかな、
変わり様が最終回に向かうほど
どんどん広くなって
毎回ゾクゾクしながら観てましたが
本能寺での最後を悟った表情は
解放感も観て取れて
素晴らしいものでした。
お話も色んな方向から語られていて
それぞれの立場の正義の形があって
面白かったです。
特に帝と将軍の描き方。
玉三郎さんが出るんだ~♪って感じで
軽く観てたら、結構重くて・・・
滝藤さんの弱々しいけど抜け目ない
将軍も印象的。
秀吉さんもかなり黒くて面白かったし
・・・黒田官兵衛さん、あれだけ?
贅沢な配役じゃないか(笑)
そして光秀さん・・・長谷川さんは
「八重の桜」の尚之助さんのイメージを
捨てきれないまま観ていたところも
あるけれど、誠実さとか芯の強さは
重なるので素敵でした。
素敵といえば衣装。
色合いが綺麗で、年齢と共に落ち着いた
雰囲気にしてあって毎回楽しみでした。

ラストは・・・ふんわりな感じで
賛否両論でしょうが、
無事に最終回を見せていただいただけで
充分。ありがたいです。
ご苦労様でした!

この記事へのコメント