霜花の姫~香密が咲かせし愛~☆登場人物&キャスト

中国ドラマ「霜花の姫~香密が咲かせし愛~」[香蜜沉沉燼如霜]の
登場人物&出演者です(視聴分第60話まで)
画像

錦覓きんべき・・・ヤン・ズー[楊紫]
 花界水鏡で育った葡萄の精霊※実は霜花、洛霖と梓芬の娘
 友・肉肉を救うため天界へ恩のある旭鳳に連れて行ってもらう 
旭鳳きょくほう・・・ダン・ルン[鄧倫]
 火神(鳳凰)、天帝の嫡男(次男)、栖梧宮に住む
 修行途中に邪魔され水鏡に落ち錦覓に助けられる
潤玉じゅんぎょく・・・レオ・ロー[羅云熙]
 夜神(白龍)、天帝の庶子(長男)、璇璣宮に住む
 旭鳳の母から嫌われている、聖獣・尾火虎(びかこ)の主
穂禾すいか・・・ワン・イーフェイ[王一菲]
 鳥族首領
 旭鳳に想いを寄せるが・・・
鎏英りゅうえい・・・チェン・ユーチー[陳鈺琪]
 魔界の王女、暮辞を慕う

花界
梓芬しふん・・・チャン・イェンイェン[張棪琰]
 花神、洛霖との娘・錦覓を産んだ後亡くなる
牡丹ぼたん・・・ポン・ヤン[彭楊]
 長芳主(花界二十四芳主の長)
海棠かいどう・・・マー・ジン[馬境]
 花界二十四芳主の一人
玉蘭ぎょくらん・・・イェン・ルーハン[閆露娢] 
 花界二十四芳主の一人
老胡ろうこ・・・ニン・ウェントン[寧文彤]
 花界散仙、人参の精霊
肉肉じくじく・・・フーロウ・メイチー[付柔美琦]
 多肉仙、霊力を失い植物のままになっている
連翹れんきょう・・・シァ・イーヤォ[夏一瑶]
 精霊、錦覓の友

天界 
月下狐仙・・・シァ・ジーユェン[夏志遠]
 丹朱(白狐狸)、天帝の弟、婚姻府の主
天帝・・・ホー・チョンホァ[何中華]
 太微、潤玉・旭鳳の父
天后・・・キャシー・チョウ[周海媚]
 鳥族元首領・荼姚、旭鳳の生母、穂禾の叔母
洛霖らくりん・・・ワン・レンジュン[王仁君]
 水神、錦覓の父
臨秀りんしゅう・・・ワン・ユェンクー[王媛可]
 風神、洛霖の妻
縁機仙女えんきせんにょ・・・サー・ディンディン[薩頂頂]
 魂の行き先を決める神仙
燎原君りょうげんくん・・・チャン・ジュンラン[張鈞然]
 秦潼、旭鳳の侍衛
彦佑げんゆう・・・リャォ・ジンフォン[廖勁鋒]
 撲哧君、錦覓の友(水中の妖精)、十二支の仙人・蛇仙
鄺露こうろ・・・ドゥ・ユーチェン[杜雨宸]
 潤玉配下の天兵※太巳仙人の娘
黒衣・仮面の男
 奇鳶、天后の間諜※暮辞
廉晁れんちょう・・・リウ・ハオチェン[劉昊宸]
 太微・丹朱の兄、玄穹の光を持つ上神

魔界
焱城王えんじょうおう・・・ワン・ガン[王崗]
 魔尊
固城王こじょうおう・・・ソン・ユンハオ[宋允皓]
 魔尊配下、魔界三王の一人
卞城王べんじょうおう・・・イャォ・チンレン[姚清仁]
 魔尊配下、鎏英の父、魔界三王の一人
窮奇きゅうき・・・フー・ジンヤン[胡錦陽]
 古代獣、肉肉の仇
炫狩げんしゅう・・・リー・スーチォン[李思琼]
 焱城王の息子
熾狩ししゅう・・・ワン・スーユー[汪思宇]
 焱城王の息子
暮辞ぼじ・・・ゾウ・ティンウェイ[鄒廷威]
 滅霊族の生き残り、鎏英と相思相愛だったが・・・
擎城王けいじょうおう・・・ルー・ヨン[盧勇]
 大長老、60数年前に行方知れずだったが・・・※秦潼に託された印信の持ち主
離川りせん
 薬王、絳珠草を密かに栽培
陌岐はくき
 ※離川の双子の兄弟

人間界
陵光りょうこう
 人間界に隠れた錦覓の名
張福徳ちょう・ふくとく・・・リゥ・シャンピン[劉向平]
 土地神
聖女・錦覓
 歴劫(修業)のため人間界の聖医族へ転生した錦覓 
羌活きょうかつ
 人間界での錦覓の親友、人間界での肉肉
熠王・旭鳳ゆうおう
 人間界での旭鳳、淮梧国の王
南平郡主・穂禾
 人間界での穂禾、熠王の婚約者
秦潼しん・とう
 人間界での燎原君、熠王の部下
南平公・・・スン・ニン[孫寧]
 熠王を亡き者にしようと企む
荊芥けいがい・・・ウェン・ジン[文静]
 聖医族長老
傅相・・・チョウ・イーファ[周藝華]
 淮梧国宰相
斉衝さい・しょう・・・ター・グーフォン[拓谷楓] 
 南平公の腹心
劉思退りゅう・したい
 淮梧国の大臣
董瑞喜とう・ずいき
 尚膳監
秦李氏の夫・・・ルー・ヨン[盧勇]
 秦潼が川辺で出会った老人、妻の埋葬を手伝った礼に印信(私印)を与える
秦李氏しんりし
 秦潼が川辺で出会った瀕死の老夫人
凉王りょうおう
 凉虢の王、淮梧を狙う
元錫げん・せき
 熠王の従弟の息子 

洞庭湖
洞庭君どうていくん・・・ファン・ジンリン[樊錦霖]
 鼠仙の主、彦佑の養母※簌離
鼠仙そせん・・・リー・シュェフォン[李雪鋒]
 十二支の仙人
鯉児りじ
 洞庭君の養子、泥鰌(どじょう)の精霊
鱅児ようじ・鰱児れんじ
 洞庭君の侍女

その他の神仙、他(細字はセリフで登場)
岐黄仙官きおうせんかん
 医者
月孛げつはい
 星使、紫気星使の妹
許都きょと
 九曜星宮
斗姆元君とぼげんくん
 900年前花界を襲った窮奇を封印
昴日星君ぼうじつせいくん
 昼間の星の見張る神仙
太上老君たいじょうろうくん・・・リー・ヨンティェン[李永田]
 九天金丹を作ることができる上神
大羅金仙だいらきんせん(斗姆元君)・・・リー・イーシュェン[李羿瑄]
 上清天にいる神仙※洛霖、梓芬、臨秀の師匠
瑶姫ようき
 巫山の神女
女英じょえい
 湘水(湘江の川)の神
精衛せいえい
 神女、石を海に落とし(填海)龍王を追い出す
雷公らいこう・・・ホー・ジュンリン[何俊霖]
 雷の神
電母でんぼ・・・リゥ・スーイン[柳思盈]
 雷の神
破軍星君はぐんせいくん・・・ジョン・ゴー[鄭歌]
 天界を守る神仙
雀霊じゃくれい・・・ドン・シャォバイ[董小白]
 穂禾の侍女
太巳仙人・・・チャン・シーホン[張世宏]
 鄺露の父、潤玉の腹心 
了聴りょうてい・・・チャン・シャォヤン[張笑陽]
 旭鳳の従者 
飛絮・・・ツイ・ビンビン[崔彬斌]
 旭鳳の従者
隠雀いんじゃく・・・フー・ホンシォン[付宏聲]
 鳥族の神仙,太湖の上の鳥族の領地を守る長老
簌離そくり
 太湖に住む龍魚族の公主(錦鯉)※潤玉の生母
南斗六星なんとろくせい
 500年前に玄清九真大司命を縁機に譲る
銭塘君せんとうくん
 簌離の許嫁の父
震澤しんたく
 簌離の兄
龍魚王
 簌離の父、笠澤(太湖)に住む
衛児えいじ
 水神となった錦覓の侍女
 
おまけ♪
主題歌<不染> 唄:毛不易

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~☆登場人物&キャスト

中国ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」[如懿傳]の
登場人物&出演者です♪(視聴分第10話まで)
画像


感想→1・2
烏拉那拉青桜→如懿ウラナラ・せいおう→にょい・・・ジョウ・シュン[周迅]
 弘暦の幼馴染み→宝親王側福晋→嫻妃(延禧宮)
愛新覚羅弘暦あいしんかくら・こうれき・・・ウォレス・フォ[霍建華]
 雍正帝の第四子→宝親王→清国第6代皇帝

富察琅嬅フチャ・ろうか・・・ドン・ジェ[董潔] 
 宝親王嫡福晋→皇后(長春宮)
高晞月こう・きげつ・・・トン・ヤオ[童瑶]
 宝親王格格(庶福晋)→側福晋→慧貴妃(咸福宮)
珂里葉特海蘭ケリェテ・ハイラン・・・チャン・チュンニン[張鈞甯]
 宝親王格格→海常在(咸福宮→延禧宮)
金玉妍きん・ぎょくけん・・・シン・ジーレイ[辛芷蕾]
 宝親王格格→嘉貴人(啟祥宮)
蘇緑筠そ・りょくいん・・・フー・カー[胡可]
 宝親王格格→純嬪(鐘粹宮)
陳婉茵ちん・えんいん・・・ツァオ・シーウェン[曹曦文]
 宝親王格格→婉答応
黄綺瑩こう・きえい・・・ハン・ダントン[韓丹彤]
 宝親王格格→儀貴人(景陽宮)
白蕊姫はく・ずいき・・・ハー・ホンシャン[何泓姗]
 南府琵琶奏者→玫まい答応(永和宮)
哲妃てつひ(故人・富察氏)
 永璜の生母、娘(弘暦の次女)を出産後に娘と共に亡くなる 

永璉えいれん
 弘暦の嫡子(次子)、富察琅嬅の長子
永璜えいこう 
 弘暦の庶子(長子)、哲妃の長子
璟瑟けいしつ
 固倫和敬公主(三女)
永璋えいしょう
 弘暦の庶子(三子)、蘇綠筠の長子

張廷玉ちょう・ていぎょく・・・チン・イェン[秦焔]
 大臣
高斌こう・ひん・・・ガオ・ランツン[高蘭村]
 晞月の父 大臣 鑲黄旗包衣ボーイ両淮塩運使  
劉統勲りゅう・とうくん・・・マー・ウェイフー[馬維福]
 大臣
訥親ナチン
 大臣、鈕祜禄氏の親族
那爾布ナルブ・・・ワン・ジンソン[王勁松]
 青桜の父、満州正黄旗 佐領
李栄保り・えいほ
 琅嬅の父、鑲黄旗 察哈爾チャハル総管

王欽おう・きん・・・フー・ミン[胡明]
 弘暦付き太監→養心殿副総管
李玉り・ぎょく・・・ホァン・ミン[黄宥明]
 弘暦付き太監,、蕊心の幼馴染み
成翰せいかん・・・ジョン・ウェイファ[鐘衛華]
 皇太后付き太監
秦立しんりつ・・・ユー・トン[俞瞳]
 内務府総管太監
江与彬こう・よひん・・・ユェン・ウェンカン[袁文康]
 侍医、蕊心の幼馴染み
郎世寧ろうせいねい(ジュゼッペ・カスティリオーネ)・・・Steven Thomas Boergadine
 宮廷画家、イタリア人イエズス会修道士
斉汝さい・じょ・・・ワン・チュェンヨウ[王全有]
 侍医
趙一泰ちょう・いったい・・・マー・ブォ[馬波]
 琅嬅付き太監
五福ごふく・・・チェン・ジュォ[陳卓]
 海蘭付きの太監
三宝さんぽう・・・リー・チー[李琦]
 如懿付きの太監
双喜そうき・・リゥ・ズーカイ[劉子愷]
 晞月付き太監
きょ
 侍医
小福子しょうふくし・・・ガオ・ウェイボ[高偉博]
 如懿付きの太監
 
阿箬あじゃく・・・ツォン・イーシュェン[曾一萱]
 如懿(青桜)の侍女、父は地方官僚・桂鐸
蕊心ずいしん・・・チェン・シャオユン[陳小紜]
 如懿(青桜)の侍女
素練それん・・・ミン・チュンシャオ[閔春暁]
 琅嬅の侍女 
蓮心れんしん・・・ワン・シャオチョン[王小橙]
 琅嬅の侍女
茉心ばつしん・・・ホァン・シーシン[黄茜荇]
 晞月の侍女
星旋せいせん・・・リー・モンヤン[李夢洋]
 晞月の侍女
葉心ようしん・・・リゥ・ジァ[劉佳]
 海蘭の侍女
水芝すいし・・・リー・リンフェイ[厲藺菲]
 如懿の侍女
香雲きょううん・・・チャン・ファンファン[張歓歓]
 海蘭の侍女
沢芝たくし
 海蘭の新しい侍女
李氏
 永璜の養育係女官
可心かしん・・・バイ・ラン[白瀾]
 蘇緑筠の侍女  

胤禛・・・チャン・フォンイー[張豊毅]
 雍正帝
烏拉那拉ウラナラ氏・・・ジョアン・チェン[陳沖]
 雍正帝皇后(弘時の養母)青桜の叔母→景仁宮に禁足→※服毒死
鈕祜禄ニオフル氏・・・ヴィヴィアン・ウー[鄔君梅]
 雍正帝熹貴妃(弘暦の養母)→聖母皇太后
弘時・・・リージェ[李解]
 雍正帝第三子(名目上の長子)→皇籍剥奪(庶民)
蘇培盛そ・ばいせい・・・シェン・バオピン[沈保平]
 雍正帝付き太監
綉夏しゅうか・・・チャン・イェンイェン[張棪琰]
 雍正帝皇后の侍女
福珈ふくか・・・グォ・ホン[郭虹]
 熹貴妃の侍女

那爾布夫人・・・ファン・シャオリー[方暁莉」
 青桜の母
富察夫人
 琅嬅の母 
瓜爾佳グワルギャ氏 
 正白旗 戸部侍郎 塞克の娘
李金桂り・きんけい
 弘暦の生母、熱河行宮宮女
おまけ♪
オープニング曲:<沉香流年> 唄:雷佳

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~☆1・2

第一話・第二話、観ました。
画像


登場人物&キャスト
#1 如意の行方
清朝雍正帝の治政下、第4皇子弘暦は、母である熹貴妃の期待に反して、自身の妻を選ぶ「福晋選び」で、幼なじみの青桜を正室である嫡福晋に選び、証しの品の如意を授ける。一方、雍正帝は第3皇子弘時の二心を疑い皇籍を剥奪、その母である皇后烏拉那拉(ウラナラ)氏にも生涯禁足の刑を言い渡し、さらに皇后のめいに当たる青桜との婚姻を考え直すよう弘暦に強く迫るのだった。
#2 移りゆく時代
青桜が側福晋として弘暦の王府にこし入れしてから6年の歳月が過ぎたころ、雍正帝が崩御する。これにより弘暦が即位し乾隆帝となるが、雍正帝の唯一の皇后だった烏拉那拉氏に、皇帝の嫡母としての尊号を与えるべきだという声が朝廷から上がる。この話を耳にした弘暦の母・鈕祜禄(ニオフル)氏は憤慨し、烏拉那拉氏が二度と再起できぬよう、青桜に究極の選択を迫るのだった。
待ちに待ったドラマが始まりました(^^)
久々のウォレスでしたが、辮髪姿はどうかな~?と心配・・・
これが、なかなか似合っていて、これなら大丈夫と安心(笑)
画像
同じデコ出しでも「花千骨」よりこっちのほうが好きだわ(ごめんね)
ジョウ・シュンも久々でしたが、変わらないですね~というより、
可愛くなってる。今のところの年齢設定が10代後半から20代初めですから、
可愛い感じなのでしょうね。
画像
物語はウォレス扮する雍正帝の第4皇子弘暦のお嫁さん選びから始まります。
彼は幼馴染のジョウ・シュン扮する青桜が好きで、ホントは正室として
娶りたかったのだけど、高貴な身分故の障害で第二夫人扱いの側室として
娶ります。もう、最初から問題だらけですが、弘暦は何があっても青桜を守る!
と約束・・・でも、絶対守れないから~と、観ている方は思うのよね(笑)
画像
で、正室ともう一人、第三夫人のような格格とどんな戦いが?と思ったら、
いきなり6年後。弘暦は他に嫁を貰っていて、子持ちとなっておりました。そこへ
雍正帝が亡くなったとの知らせ・・・。
最初の難関は弘暦のお母さんとのバトルのようですが、次回のおたのしみ♪

最初から飛ばしてるようで、展開の面白さは期待できそうです。
「宮廷の諍い女」と同じ原作者であることをドラマの宣伝で
アピールしてましたが、あれより、怖いことが起こるのか?とやっぱり
期待してしまいます(笑)
衣装も落ち着きのある豪華さがありますし、今どきらしいドローン撮影で
紫禁城を上から見せたり、遠景の背景も上手にCG使ってあって見応えを
感じます。顔見世だけだった後宮の面々、一癖も二癖ありそうだ、どころか
深い闇も抱えてそうで楽しみです。
ただ、チャン・フォンイーの雍正帝が一話で見納めとはちょっと残念でした。
画像
ゲスト扱いかな~
雍正帝付きの太監・蘇培盛=シェン・バオピンや、第三皇子・弘時=リー・ジェも
これで退場かな・・・リー・ジェは友情情出演らしい(^^)・・・
そーいえばチャン・フォンイーとリー・ジェって「武則天-The Empress-」でも
親子でしたねぇ♪

「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」WOWOWで5月25日スタート♪

嬉しいなぁ♪
画像


今頃知ったの?遅いよ!って感じですが・・・
WOWOWで放送中の「三国志~司馬懿 軍師連盟~」も
そろそろ終わりだよなぁ~とか思いながら、WOWOWのHPを
久々に覗いてみたら、新しいドラマの事が・・・
なんと、昨年の元旦のご挨拶時にウォレスお目当てに観たい!と
書き込んでいたドラマ、「如懿伝」だったので驚きました(笑)
画像
“~紫禁城に散る宿命の王妃~”の副題が付いて5月25日から
放送開始です♪・・・「宮廷の諍い女」の続きのようなドラマだよねぇ、
まさかWOWOWで観れるとは(笑)でも、綺麗どころがいっぱいだから、
男性陣も喜ぶかな(^^)でも、「宮廷の諍い女」の続きだったら、きっと
ドロドロで陰湿な展開だろうから、女性の怖さを思い知るだけかも・・・
追記:第1話・第2話観ました→感想

私としては嬉しいのだが、
「ミーユエ」、録画したまま、まだ観てない・・・観れるのか自信ない(--;)

笑傲江湖 レジェンド・オブ・スウォーズマン☆登場人物&キャスト 

中国ドラマ「笑傲江湖 レジェンド・オブ・スウォーズマン」
[新笑傲江湖]の登場人物&出演者です♪(視聴分第26話まで)
画像

令狐冲れいこ・ちゅう・・・ディン・グワンセン[丁冠森]
 華山派の一番弟子
任盈盈じん・えいえい・・・シュエ・ハオジン[薛昊婧]
 五毒教の独に侵された冲を助ける、聖女
東方不敗とうほうふはい・・・ディン・ユーシー[丁禹兮]
 日月神教少使
藍鳳凰らん・ほうおう・・・リゥ・ジアトン[劉珈彤]
 五毒教教主、黒木令牌を持つ
林平之りん・へいし・・・チェン・シュン[陳汛]
 父母を殺され華山派に[弟子入りする
岳霊珊がく・れいさん・・・ジャン・ズーシン[姜梓新]
 岳不群の娘、令狐冲の師妹
田伯光でん・はくこう・・・ジー・ドンラン[季東燃]
 江湖の色魔、令狐冲に負け儀琳の弟子となる→不可不戒
儀琳ぎりん・・・ジャン・ジュオジュン[姜卓君]
 恒山派門人、田伯光にさらわれたところを令狐冲に助けられる

林震南りん・しんなん・・・
 林平之の父、福威鏢局主人
林夫人りんふじん・・・ミー・リャン[米亮] 
 林平之の母
林遠図りん・えんと 
 故人、林平之の曽祖父、「辟邪剣譜」を林家に遺す
王元霸おう・げんは・・・
 金刀王家主人、林平之の外祖父

岳不群がく・ふぐん・・・リー・ハオハン[李昊翰] 
 華山派掌門
寧中則ねい・ちゅうそく・・・ツァオ・イェン[曹艷]
 岳不群の妻、岳霊珊の母
労徳諾ろう・とくだく・・・リゥ・ズーイー[劉梓亦]
 令狐冲の弟弟子※嵩山派の間諜
陸大有りく・だいゆう・・・ワン・ラーシュエン[王楽軒]
 令狐冲の弟弟子、陸猿
風清揚ふう・せいよう・・・・ワン・ジンソン[王勁松]
 思過崖に隠棲する崋山派剣術流の達人、令狐冲の太師叔 
封不平ほう・ふへい・・・ライ・シャオシェン[頼暁生]
 崋山派剣術流
成不憂せい・ふゆう・・・シュー・コー[許可]
 崋山派剣術流
叢不棄そう・ふき・・・ワン・ジュン[王軍]
 崋山派剣術流 

左冷禅さ・れいぜん・・・ジェン・ハオ[鄭昊]
 嵩山派掌門、五岳剣派の盟主、林家の「辟邪剣譜」を狙う
丁勉てい・べん・・・ホー・タオ[何涛] 
 嵩山派門人
費彬ひ・ひん・・・チャン・シーライ[張喜来]
 嵩山派門人
陸柏りく・はく・・・ワン・ヨンチェン[王永成]
 嵩山派門人
万大平・・・チャン・イャォユー[張耀宇]
 嵩山派門人
湯英顎とう・えいがく・・・シー・シャオグアン[石暁光]
 嵩山派門人
高克新こう・こくしん・・・ドン・チュングァン[董春光]
 嵩山派門人
沙天江さ・てんこう・・・ウェイ・ウェイ[魏威]
 嵩山派門人
左挺さ・てい
 左冷禅の息子

余滄海よ・そうかい・・・木幡 竜
 青城派掌門、摧心掌の使い手、「辟邪剣譜」を狙い林震南を殺害
賈人達か・じんたつ・・・
 青城四秀のひとり
羅人杰ら・じんけつ・・・
 青城四秀のひとり
余人彦よ・じんげん・・・
 余滄海の息子、令狐冲に殺される
長青子ちょうせいし
 故人、余滄海の父
木高峯もく・こうほう・・・ツァオ・ミンホァ[曹明華]
 塞北名駝(さいほくめいだ)、余滄海と「辟邪剣譜」を狙う

定逸ていいつ・・・ウー・シンユー[武馨羽]
 恒山派掌門
定静ていせい・・・ワン・ホンメイ[王紅梅]
 恒山派師太
定閑ていかん・・・チュー・イェン[曲艶]
 恒山派
儀清ぎせい・・・ハン・ツォンツォン[韓聡聡]
 恒山派門人 
儀和ぎわ・・・リゥ・ザー[劉喆]
 恒山派門人
不戒ふかい和尚・・・リュ・ダーリャン[呂徳亮]
 儀琳の父
唖婆婆耳の不自由なおばさん・・・ニウ・リーイェン[牛麗艶]
 ※不戒の妻・儀琳の母
暁風ぎょうふう
 恒山派祖師

天門てんもん・・・ゴー・ジェングァン[葛剣光]
 泰山派掌門
玉璣子ぎょくきし・・・ルー・イン[盧映]
 泰山派門人
玉響子ぎょく・けいし・・・リー・シャンロン[李尊隆]
 泰山派門人
玉音子ぎょく・おんし・・・ルー・フワン[陸歓]
 泰山派門人
方証ほうしょう・・・イェ・ウェン[葉温]
 少林派・方丈、易筋経を会得
方生ほうしょう・・・ジン・チー[荊奇]
 少林派門人

沖虚ちゅうきょ・・・チェン・チェン[陳誠]
 武当派掌門
莫大ばくだい・・・ヤン・コーシン[楊可心]
 衡山派掌門

劉正風りゅう・せいふう・・・ジャン・ハオイェン[姜浩厳]
 衡山派門人、曲洋の知己
魯蓮栄ろ・れんえい
 衡山派門人
劉夫人りゅうふじん
 劉正風の妻
譚廸人たん・てきじん・・・リー・グワンジー[李冠志]
 崑崙派門人
天剣てんけん・・・[阿諾]
 点蒼派・点蒼双剣の一人
地剣ちけん・・・[易国強]
 点蒼派・点蒼双剣の一人
解風かい・ふう
 丐幇・幇主

任我行じん・がこう・・・ワン・ジァニン[王佳寧]
 日月神教教主、任盈盈の父
曲洋きょく・よう・・・ゲン・イーシェン[耿一正]
 日月神教長老、東方不敗の義父
緑竹翁りょくちくおう・・・タン・チュン[譚群]
 任我行の弟子 
平一指へい・いっし・・・チュー・シャオミン[朱暁鳴]
 日月神教の神医
上官雲じょうかん・うん・・・ジュー・シャオミン[朱暁輝]
 日月神教長老、白虎堂堂
楊蓮婷よう・れんてい・・・ジョウ・ルイジュン[周盧君]
 日月神教総管、東方不敗の義理の妹※任我行の娘
向問天こう・もんてん・・・ジン・カイジェ[金楷傑]
 日月神教左師

黄伯流こう・はくりゅう・・・ジョウ・ユン[周勇]
 天河幇幇主、朱仙鎮で冲に三鍋頭汾酒を贈る
祖千秋そ・せんしゅう・・・チャン・ウェイフー[張偉夫]
 “黄河老祖”の一人、朱仙鎮で余滄海に襲われた冲を助ける
老頭子ろう・とうし・・・チャン・ヨンミン[張勇民]
 “黄河老祖”の一人
老不死ろう・ふし・・・リン・チェンハン[林晨涵]
 老頭子の娘
黒熊こく・ゆう・・・ジョウ・フェイロン[周飛龍]
 黄伯流の仲間
桃根仙とう・こんせん・・・グォ・シューセン[郭樹森]
 桃谷四仙(とうこくしせん)の一人  
桃枝仙とう・しせん・・・ファン・シューシー[房旭世]
 桃谷四仙の一人
桃葉仙とう・ようせん・・・チェン・ボー[陳波]
 桃谷四仙の一人
桃幹仙とう・かんせん・・・リゥ・ヨウジュー[劉優舉]
 桃谷四仙の一人
計無施けい・むし・・・グォ・チンロン[郭啓龍]
 任盈盈を少林寺から救うため集まった一人

朱雀すざく・・・ツァイ・ムージン[蔡沐錦]
 五毒教・藍鳳凰の義妹
紫燕しえん・・・リー・ミンフイ[李明憓]
 五毒教・藍鳳凰の義妹
青鸞せいらん・・・リー・シェンナン[李勝楠]
 五毒教・藍鳳凰の義妹
雪鴞せつきょう・・・チャン・シューヤン[張妹陽]
 五毒教・藍鳳凰の義妹
小卓しょうたく
 藍鳳凰の愛蛇

童百川どう・ひゃくせん・・・ティェン・モン[田猛]
 日月神教長老、黒木令牌を狙い五毒教を乗っ取るが・・・
小桃紅しょうとうこう・・・[銭珮怡]
 童百川の愛人
鮑大楚ほう・だいそ・・・チュー・ハイトン[曲海東]
 日月神教
桑三娘そう・さんじょう・・・ジョウ・ユン[周蕾]
 日月神教
賈布か・ほ・・・ウー・ユンフェイ[呉雲飛]
 日月神教長老、鮑大楚と桑三娘の師匠
かつ長老
 日月神教

丹青生たんせいせい・・・リゥ・スーウェイ[劉子威]
 狐山梅荘・四荘主(江南四友)の一人、絵が好き
黄鐘公こうしょうこう・・・スオ・アイシン[羅愛新]
 狐山梅荘・四荘主の一人、音楽が好き
黒白子こくびゃくし・・・フー・リー[胡利]
 狐山梅荘・四荘主の一人、囲碁が好き
禿筆翁とくひつおう・・・リー・シュン[李軍]
 狐山梅荘・四荘主の一人、書が好き
童化金どう・かきん
 狐山梅荘へ江南四友を訪ねた向問天
風二中ふう・じちゅう
 向問天と江南四友を訪ねた令狐冲
任菲菲じん・ひひ
 ※楊蓮婷の正体、任我行と故・楊蓮婷の娘
呉天德ご・てんとく・・・ユェ・ドンフォン[岳東風]
 将軍※五岳派に追われる冲が成りすます

100年前の思過崖の洞窟での出来事に纏わる登場人物
紅葉こうよう
 福建泉州少林寺方丈、100年前に葵花宝典を手に入れる 
岳粛がく・しゅく・蔡子峰さい・しほう
 崋山派門人
 少林寺で葵花宝典を盗み見る→気功流と剣術流に分裂
魔教の十長老
 葵花宝典を手に入れ習得→正派による洞窟の罠に嵌り全滅

向問天の江南四友釣り餌♪
渓山行旅図けいざんこうりょず
 北宋の画師・范中立(はん・ちゅうりつ)の画
吐血譜とけつふ
 宋代の囲碁の名手・劉仲甫(りゅう・ちゅうほ)の碁譜
率意帖そついじょう 
 唐代の書家・張旭(ちょう・きょく)の書(真筆)
広陵散こうりょうさん
 漢代の楽譜
おまけ♪エンディング曲<空> 唄:鄧童天、安宥燃

笑傲江湖 レジェンド・オブ・スウォーズマン

第一話・第二話、チャンネルNECOで観ました♪
画像


いきなり、東方不敗の登場です。
映画、ドラマで何度か映像化されていますが、香港映画版も
初めてまともに観たキラキラバージョン(笑)のドラマ版
共に東方不敗を演じているのが女性でしたので、男性だと何だか新鮮♪
これが本来の姿なんだろうけど(^^;)
出演者の方々も初めて観る方ばかりなので、こちらも新鮮・・・
ですが、何せ登場人物が多いので、役名は知っていても
お顔を覚えるのが大変そうだ(笑)
展開も早く・・・第二話にして主要人物が出そろってるんじゃないか
ってほど、出てまして関係も既に複雑になってます。
まずは。主要人物のご紹介♪
冲くん演じるのは丁冠森(ディン・グワンセン)くん。
素朴な感じで、どう見ても好い人ですね(^^)
画像
冲くんの大切な師妹・岳霊珊は姜梓新(ジャン・ズーシン)さん。
こちらも無垢な感じで可愛いです。
画像
男性の(笑)東方不敗は丁禹兮(ディン・ユーシー)くん。
男性とはいえ美しいお顔立ちではあります。
画像
林平之は陳汛(チェン・シュン)くん。
後に大変身をするはずですが・・・それを見込んでのお顔立ち♪
画像
初めのうちから登場の藍鳳凰は劉珈彤(リウ・ジアトン)さん。
悪いことしなそうな感じですが霊珊さんにもう意地悪してて
さすがは毒使いだけあります(笑)
画像
まだお顔は出てきませんが冲くんを助ける任盈盈は
薛昊婧(シュエ・ハオジン)さん。
どんなお顔なのかは次回に・・・・。

登場人物がそれぞれ面白いので、どう描かれるのか
楽しみです。

独孤伽羅~皇后の願い~☆気になる人たち♪

チャンネル銀河で放送中の中国歴史ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」、
18話まで観ました♪

独孤伽羅さんは、「ムーラン」で観た日本髪のような女帝さんで認知して
面白い名前だなぁ~とか思った程度したので、ドラマもまぁ、観てみるか~
程度で気軽に観始めたのですが・・・時代背景が、以前「蘭陵王」や
「宮廷の涙」を観て嵌った北周、北斉でしたので、たまりません、
即落ちです(笑)
中でも、北周では悪役以外の何者でない宇文護さんが、おじさんではなく
愛こそすべてのようなイケメン設定という反則技が効いております。
画像
何気に陸貞さんが出てきて伽羅さんのお友達だったりと、
驚き設定ばかりですがそれがまた、面白くて・・・結果は分かっているのに、
先が読めない(笑)
そんなドラマですので、そーいうの好きな方はお薦めです♪

好きな時代とはいえ、まだまだ知らないことだらけでしたので、これを機に
また少しお勉強・・・そもそも、独孤伽羅さんは隋の皇帝の妻ってことは
知っても、彼女の二人の姉が北周の皇帝の妻と唐の皇帝の母だったという
史実すら知らなかったのですから(^^;)、これはどういうこと?ってことに
なるわけで(笑)とはいえ、ここで歴史を語ってもつまらないのでここは
お気楽的にいつものように、気になる出演者+登場人物をメモしときます♪
出演者についてはこちら→登場人物&キャスト

徐正溪さん@宇文護(513年-572年)
画像
怒ると右目の色が変わっているみたいでちょっと異質な感じの護さん、
史実では従弟の宇文覚さんを皇帝に立て北周を建国しますが、
実権を握り、刃向った覚さんを即位から10ヵ月で殺害、
反勢力の伽羅さんのお父さん・独孤信さんなどの重臣も排し、
続いて擁立した毓(いく)さんも毒殺。
そして次に擁立した邕(よう)さんに殺害されるという
悪役の見本みたいな方で、覚さんを皇帝にした当時は29歳。
ちなみに覚さんはこの時16歳。
お父さんを11歳の時に戦乱で亡くして、お母さんとは生き別れ・・・
その後、北斉で生きているのが分かって再会できたらしいけれど、
二人のお兄さんのうち上のお兄さんは北斉を建てた高洋の父・高歓に
殺されるなど、厳しい身の上・・・そもそも、お父さんは覚さんの
お父さん・宇文泰さんの兄(長男)ですから、生きていればまた違った
人生だったのではないかと勝手に想像。父を亡くした後は
泰さんの配下として西魏の重臣として活躍してたのですから、
跡継ぎの正統として覚さんを皇帝にしても、自分ならこうする!
って感じでやってたのではないかな。
お兄さん二人も殺された邕さんにとっては仇でしかないけど、
60歳で亡くなった後、10年ほどで北周は滅んでしまうのですから、
国にとっては大事な人だったのでは・・・。
と、演じた徐正溪さんが素敵すぎてつい、ひいき目で見てしまうほど(笑)
徐正溪さんを初めて観たのは「賢后 衛子夫」の段宏役♪
後に武帝の皇后になる衛子夫の幼馴染として想い続けながら、
武帝に仕えるという健気さに涙でした。
続いて観たのが「画皮2 真実の愛」ではヒロインの従兄・肖陽役。
これが段宏とは正反対にほのぼのとした女好きな役で、
そのギャップが楽しくてお気に入りに♪そして、この宇文護さん、
朝廷では我物顔で皇帝でさえ恐れるような人物なのですが、
伽羅さんの上のお姉さん・般若さんを一途に愛する姿は
なんとも健気で痛々しさも感じる程。
目の色が変わって見えるというのは、お母さんが西域の人とか
何か意味があるのかな?そういう謎めいたところも魅力的。
立っている時に両手を腰の脇にあてる仕草も特徴的で、
高圧的な厭らしさを醸し出しておりまして、悪役としても申し分なし♪
あとは退場シーンが見ものなのですね・・・悲しいけど。

應昊茗さん@宇文邕(543年-578年)
画像
伽羅さんの幼馴染みで、いつしか妻にすることを夢見るヨウさん、
史実では17歳で皇帝に即位した後、護さんの顔色を窺うような頼りない
皇帝を演じ油断させておいて暗殺し、宿敵北斉を滅ぼすという、
北周のヒーローのような人生を送ってますが、34歳で病死してしまいます。
その後皇位を継いだ長男・贇(いん)さんはこれまた画に描いたような
ドラ息子の上、皇后の父親・楊堅さんが丞相として権力をふるい、
一年足らずで7歳の息子・闡(せん)くんに譲位したため実権はそのまま
楊堅の手に・・・そして隋の建国となってしまうのですね。
ヨウさんが亡くなって僅か2年ほどの事というのがまたドラマです(--;)
そんなヨウさん演じるのは、應昊茗さん。韓棟さんをソフトにしたような
雰囲気でなかなかの男前。だけど、今まで観たドラマでの役が嫌な奴
ばっかりだったので(「古剣奇譚~久遠の愛~」、「四大名捕 都に舞う侠の花」)
どうなの?って思ってましたが、伽羅さんへの
愛情が護さんに負けず劣らずで、観ていて応援したくなるほど。
しかし楊堅の妻というのが、伽羅さんになるわけで・・・イヤイヤ、この結果に
どのようにアプローチするのか、気になるばかりです。

二人挙げただけで、長々と書いてしまったので、残りは後日・・・の予定(笑)
改めてこの時代のことを調べていると、ドラマに劣らず面白すぎて、
時間を忘れるほど(--:)
一応、PCで調べた他の資料、ちょこっと挙げておきます♪




魏晋南北朝 (講談社学術文庫)
講談社
川勝 義雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


三国志~司馬懿 軍師連盟~(69-80話)☆登場人物&キャスト

中国歴史ドラマ「三国志~司馬懿 軍師連盟~」第二部 
[大軍師 司馬懿之虎嘯龍吟]
第69話~第82話(視聴分)の登場人物&出演者です♪
画像


第1話~第24話  第25話~第42話  第43話~第68話
司馬家細字はセリフで登場
司馬懿しば・い仲達・・・ウー・ショウポー[呉秀波]
 大尉→太傅(皇帝の師、名誉職)
司馬孚しば・ふ叔達・・・ワン・ドン[王東]
 司馬懿の弟、尚書
司馬師しば・し子元・・・シャオ・シュンヤオ[肖順堯](Aero)
 司馬懿と春華の長男、中護軍
司馬昭しば・しょう子上・・・タン・ジェンツー[檀健次]
 司馬懿と春華の次男、典農中郎将
司馬倫しば・りん子彝・・・[劉奇]
 司馬懿と柏霊筠の息子
司馬攸しば・ゆう
 司馬昭と王元姫の息子→司馬師の猶子
司馬尚しば・しょう
 司馬昭と王元姫の息子

張春華ちょう・しゅんか・・・リウ・タオ[劉濤]
 司馬懿の妻
柏霊筠はく・れいいん・・・チャン・チュンニン[張鈞甯]
 司馬懿の側室
夏侯徽かこう・き媛容・・・チャン・ドウドウ[張逗逗]
 司馬師の妻
司馬柔しば・じゅう・・・フー・メイチー[賀美琦]
 司馬師と夏侯徽の娘
王元姫おう・げんき・・・[蒲萄]
 司馬昭の妻

小沅しょうげん・・・ルー・イェンチー[陸妍淇]
 柏霊筠の侍女
侯吉こうきつ・・・ライ・シー[来喜]
 司馬家執事
意馬いば
 司馬懿の愛亀 

汲布きゅう・ふ・・・ルー・スーユー[陸思宇]
 校事府校尉→※司馬懿の私兵を鍛錬する
                      
曹一族
曹叡そう・えい元仲・・・リゥ・ファン[劉歡]
 平原王→魏国第二代皇帝(明帝)→病死
曹芳そう・ほう蘭卿・・・チェン・ジァルン[陳喆倫]
 斉王→皇太子→魏国第三代皇帝

夏侯玄かこう・げん太初・・・チェン・チャン[程誠]
 夏侯徽の兄、中護軍・司馬門を守る→征西将軍
曹爽そう・そう昭伯・・・ドゥ・イーフン[杜奕衡]
 曹芳の補佐役、大将軍、司馬懿と対立
何晏か・あん平叔・・・イェン・ウェンシェン[閻汶宣]
 駙馬(曹操の養子で娘婿)、曹爽の取り巻き
曹麟そう・りん・・・[何鸞輝]
 曹爽と蒹葭の息子
曹羲そう・ぎ
 曹爽の弟
夏侯覇かこう・は仲権
 夏侯玄の父の従兄(夏侯淵の息子)

郭皇太后・・・ウェン・ジン[文静]
 明帝皇后、曹芳の養母
劉氏・・・ジョン・シントン[鄭心潼]
 曹芳の生母、任城王(曹楷)の側室、曹爽により曹芳の養育係となる
蒹葭けんか・・・トン・イェンコー[鄧燕歌]
 曹叡の妃嬪→曹爽の妻

韓琳かん・りん・・・チュ・ヨンリン[朱勇林]
 曹芳の内侍(総監:内侍の長、曹爽の手下)
辟邪へきじゃ・・・チャン・ティエンヤン[張天陽]
 曹叡の内侍→死罪

曹魏の臣細字はセリフで登場
丁謐てい・ひつ彦靖・・・チャオ・ファンユー[趙寰宇]
 曹爽の取り巻き、郎中→尚書
鍾会しょう・かい士季・・・リゥ・ユェ[劉岳]
 秘書郎→中書侍郎
鄧艾とう・がい士載・・・リゥ・リンジー[劉凌志]
 司馬懿の属官、蜀の姜維の攻撃を阻止するために長安へ
満寵まん・ちょう伯寧・・・ワン・リー[王力]
 廷尉
孫礼そん・れい徳達・・・イェン・ジェ[言傑]
 将軍、司馬懿派
郭淮かく・わい伯済・・・ホー・シャン・[何翔]
 将軍、司馬懿派
李勝り・しょう公昭・・・[蔡国隆]
 曹爽の取り巻き、荊州刺史
蒋済しょう・さい子通・・・[周芸華]
 太尉、司馬懿派(後に離反)
陳泰ちん・たい玄伯
 尚書、陳羣の息子
桓範かん・はん元則
 大司農、曹爽の腹心
鄧颺とう・よう玄茂
 尚書、曹爽派
畢軌ひつ・き昭先
 校尉 曹爽派
王淩おう・りよう彦雲・・・[翟万臣]
 王允の甥、郭淮の妻の兄、曹芳を廃し曹彪の擁立を企てる
曹彪そう・ひょう朱虎
 楚王、曹操の息子(曹植の異母弟)
令狐愚れいこ・ぐ公治
 王淩の甥、王淩を担ぎ曹彪の擁立を企てる
李豊り・ほう安国
 夏侯玄を担ぎ司馬懿の排除を画策
張緝ちょう・しゅう敬仲
 李豊と共に司馬懿の排除を画策

おまけ♪エンディング曲

独孤伽羅~皇后の願い~☆登場人物&キャスト 

中国ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」[独孤天下]の
第1話~第52話(視聴分)の登場人物&出演者です♪
画像


※~はネタバレ、反転してね♪
独孤伽羅どっこ・から・・・フー・ビンチン[胡冰卿]
 独孤信の三女※李澄と婚約→楊堅に嫁ぐ
独孤般若どっこ・はんじゃく・・・アン・アン[安以軒]
 独孤信の長女※宇文毓に嫁ぐ
独孤曼陀どっこ・ばんた・・・リー・イーシャオ[李依曉]
 独孤信の次女(庶子)※楊堅の許嫁→李昞の正室

楊堅よう・けん・・・チャン・ダンフォン[張丹峰]
 北周朝臣、楊忠の息子、→隋州刺史→隋国公→隋国王→隋国皇帝
宇文護うぶん・ご薩保・・・シュー・ジェンシー[徐正溪]
 太師→晋国公、宇文泰の甥(長兄の三男)、般若を一途に愛するが・・・
宇文邕うぶん・よう・・・イン・ハオミン[應昊茗]
 宇文泰の三男(庶子)、伽羅の幼馴染み、輔城王→第三代皇帝(武帝)
宇文覚うぶん・かく・・・リー・ルイチャオ[李瑞超]
 宇文泰の次男、北周開国君主・孝閔帝※→廃帝
宇文毓いぶん・いく・・・ゾウ・ティンウェイ[鄒廷威]
 宇文泰の長男(庶子)、寧都王※→第二代皇帝
宇文泰うぶん・たい・・・スー・マオ[蘇茂]
 故人、西魏・丞相、大将軍(八柱国)→北周文帝(追封)
宇文贇うぶん・いん・・・リゥ・シュェイ[劉帥]
 宇文邕の長男→皇太子→第四代皇帝
宇文闡うぶん・せん
 宇文贇の長男→皇太子→第五代皇帝

独孤信(如願)どっこ・しん(じょがん)・・・ホァン・ウェンハオ[黄文豪]
 西魏八柱国の一人→北周柱国大将軍、丞相
李昞り・へい・・・ルー・シンユ[盧星宇]
 隴西郡公
楊忠よう・ちゅう・・・[盧慶輝]
 楊堅の父、柱国→隋国公
趙貴ちょう・き・・・シー・ニン[施寧]
 西魏八大柱国の一人→北周朝臣

独孤順どっこ・じゅん・・・ティェン・ボー[田渤]
 独孤信の息子、般若と曼陀の弟、伽羅の兄
李澄り・ちょう・・・チャン・ユー[強宇]
 李昞の長男
独孤善どっこ・ぜん
 独孤信の息子
宇文訓うぶん・くん
 宇文護の息子、崇業郡公
楊麗華よう・れいか・・・[郜思雯](成人)
 楊堅と伽羅の娘※般若と宇文護の娘
楊勇よう・ゆう・・・[楊作燦](成人)
 楊堅と伽羅の長男、博平侯
楊広よう・こう
 楊堅と伽羅の次男、雁門郡公
李淵り・えん・・・・チェン・グーファン[陳柯帆](成人)
 李昞と曼陀の息子(不確かだけど)
宇文憲うぶん・けん
 宇文邕の弟、大冢宰(丞相)  
 
哥舒か・じょ・・・チャオ・イーシン[趙毅新]
 宇文護の腹心、大将軍
鄭栄てい・えい・・・マー・アン[馬昂]
 楊堅の腹心侍従
春詩しゅんし・・・ユェン・シャオシュ[袁曉旭]
 般若の侍女
夏歌かか・・・モンナン[夢楠]
 伽羅の侍女
春葉しゅんよう・・・リー・ハオヤン[李昊陽]
 伽羅のために般若から遣わされた侍女
冬曲とうきょく・・・マー・フェイ[馬菲]
 陸貞の陶磁器工房の使用人→伽羅の侍女
秋詞しゅうし・・・ユ・シャオワン[于小琬]
 曼陀の侍女 
馬氏ばし・・・リゥ・リーリー[劉莉莉]
 曼陀の乳母
獨孤家の執事・・・ヤォ・ジェンミン[姚建明]
 独孤信に仕える
杜校尉・・・[郭偉]
 済慈院(伽羅が管理する救貧施設)の護衛兵の指南役
尉遅康うっち・こう・・・[周斌]
 羽林率(宇文毓の親衛隊)校尉
沈茂しん・も
 尉遅康の配下
元福げんふく
 宇文毓付き内官
杜鵑とけん
 隴西郡公の侍女
可泉か・せん・・・クー・イーリャン[顧乙亮] 
 宇文邕の侍従
朱敬宗しゅ・けいそう
 済慈院で大工として働く独孤家の配下
王軌おう・き
 太史令(天文・暦法) 
尉遲迥うっち・けい・・・ユー・ズークァン[于子寬]
 柱国将軍、楊堅を牽制する宇文贇に利用される

清河郡主・・・レン・メイシー[任媄熙]
 宇文護の妻、西魏郡主※宇文護に毒殺される
宇文覚の皇后・・・ヤン・ツァイイン[楊采盈]
 宇文覚の正室
陸貞りく・てい・・・リュ・イー[呂一]
 伽羅の北斉の友人※高湛の子・緯の養母
高湛こう・たん・・・[王争]
 高歓の五男、次兄の高洋が孝静帝に禅譲を迫り建てた北斉の第4代皇帝
馮氏ふうし・・・[尹姗姗]
 李昞の側室
裴錦娘はい・きんじょう・・・[姜析源]
 李昞の側室、李昞の次男の生母
王氏・・・[張茜]
 皇后(般若)から遣わされた曼陀の世話係
李娥姿り・がし・・・[張子璇]
 宇文邕の側室、討文怨の生母
趙昭ちょう・しょう
 北周きっての観相師
皇太后
 宇文邕の生母
朱満月しゅ・まんげつ・・・[朱笛児]
 宇文贇の宮女※宇文贇のお手つきとなり闡を産む→妃→皇后
尉遲熾繁うっち・しはん
 尉遲迥の孫娘 西陽郡公夫人、宇文贇が側女とする→皇后

アシナ大王[阿史那可汗]
 突厥の王
アシナ・ユン[阿史那雲]・・・[黄梓熙]
 突厥の公主、アシナ大王の娘→武帝・宇文邕の皇后
アナ [阿娜]・・・[彭思琪]
 アシナ・ユンの侍女 
無量天尊
 
 
セリフで登場
孝文帝こうぶんてい
 元(拓跋)宏、北朝・北魏の第6代皇帝、六鎮の乱を招いたのち 
 高歓に都・洛陽を追われ 長安の宇文泰に助けられる(西魏)
高歓こう・かん
 北魏・大丞相、孝文帝に排除されかけるが逆に孝文帝を追い出し
 孝武帝の従甥・元善見を帝(孝静帝)に擁立(東魏)
高緯こう・い
 父・高湛が病気のため北斉第5代皇帝に即位
陳霸先ちん・はせん
 南朝・梁の武将、後に陳の初代皇帝となる
独孤羅どっこ・ら
 独孤信と前妻・羅氏の息子 
徐安陸じょ・あんりく
 鄭州の将軍、楊家の配下
陳思ちん・し
 安州の宇文護配下
侯莫陳崇 こうばくちん・すう
 梁国公、反宇文護派
李明源り・めいげん
 李澄の従兄
新興郡主
 宇文護の娘、、蘇威を婿にし公主となる
蘇威そ・い
 大行台(地方へ出向いた尚書の役人)・蘇綽(そ・しゃく:宇文泰の腹心)の子
陸令萱りく・れいけん
 高緯の乳母→侍中※陸貞を追い出し なり替わる
陳頊ちん・ぎょく
 陳・第4代皇帝
斛律光こくりつ・こう
 北斉の丞相
西陽郡公
 妻を宇文贇に奪われ・・・
司馬消難しば・しょうなん
 北斉から亡命して北周の臣となるが尉遲迥と呼応し挙兵するが
 楊堅に追われ陳へ逃れる
宇文衎うぶん・かん
 莱らい王、宇文贇の息子
宇文術うぶん・じゅつ
 郢えい王、宇文贇の息子
宇文賛うぶん・さん
 漢王、宇文邕(武帝)の息子
宇文贄うぶん・し
 秦王、宇文邕(武帝)の息子
 
おまけ♪
オープニング曲 <獨孤天下> 唄:ユゥガン・リー[李玉剛]♪

女王陛下のお気に入り☆ごめんあそばせ、宮廷では良心は不用品よ。

孤独な女王とその寵愛を奪い合う二人の女を描く宮廷絵巻。
これはまさに英国版“大奥”。
画像


女王陛下のお気に入り
THE FAVOURITE
2018年 アイルランド/アメリカ/イギリス
監督: ヨルゴス・ランティモス
脚本: デボラ・デイヴィス
     トニー・マクナマラ
衣装デザイン: サンディ・パウエル
出演: オリヴィア・コールマン (アン女王)
    エマ・ストーン (アビゲイル・ヒル)
    レイチェル・ワイズ( レディ・サラ )
    ニコラス・ホルト (ロバート・ハーリー)
    ジョー・アルウィン (サミュエル・マシャム)
    マーク・ゲイティス (モールバラ公ジョン・チャーチル)
    ジェームズ・スミス( ゴドルフィン)
時は18世紀初頭、アン女王が統治するイングランドはフランスと戦争中。アン女王の幼馴染で、イングランド軍を率いるモールバラ公爵の妻サラが女王を意のままに操っていた。
そこに、サラの従妹だと名乗るアビゲイルが現れる。上流階級から没落した彼女はサラに頼み込み、召使として雇ってもらうことになったのだ。
ある日、アビゲイルは、痛風に苦しむアン女王の足に、自分で摘んだ薬草を塗る。サラは勝手に女王の寝室に入ったアビゲイルをムチ打たせるが、女王の痛みが和らいだと知り、彼女を侍女に昇格させる。
アカデミー賞授賞式でWOWOWのスタジオゲストの川村元気さんが、
彼女は顔の表情が右と左を使い分けていてスゴイと仰ってしたので、
気になって本日鑑賞♪
授賞式の時のウサギの謎も解けてスッキリ(笑)

以下ネタバレあります・・・
性的嗜好は別ですが(笑)なんかわかるわ~って感じで、笑えるけど
切ないお話でした。若い子には多分醜悪に見えたり理解し難いところ
ばかりかもしれないので、おばさん限定かもしれないけど(笑)

女王の寵愛を巡って争う物語ではあるけれど(映画のコピーにある英国版
“大奥”っていうのはどうかと思うぞ)、女王が一人立ちする話でも思えて
彼女の健気さに泣ける。オリヴィア・コールマン、さすがです。
ウサギの存在も泣かせるし、ウサギが真実を分からせてくれるのですね。
ラストもブチ切れるような終わり方だけど、親友を傷つけ、ウサギを踏みつけた
アビゲイルへの復讐が始まったような印象で、おばちゃんはニンマリ
実在の人物を描いていて、大まかな展開も史実通りらしいのには
驚きましたが、人の心と宮殿の美しさと醜さの混ざり具合が
面白い作品でした。
そして、レイチェル・ワイズは顔に傷を負っても綺麗です(^^)

ワンス・アポン・ア・タイム 闘神 ☆三生三世十里桃花

WOWOWで鑑賞♪
画像


ワンス・アポン・ア・タイム 闘神
三生三世十里桃花
ONCE UPON A TIME
2017年 中国
監督: チャオ・シャオティン[趙小丁]
    アンソニー・ラモリナーラ[Anthony LaMolinara]
原作: タン・チー[唐七]
脚本: リー・ハン[李晗]
     リュウ・ハン[劉晗]
     マイ・レイ[麥靈]
    チャン・イャーリャン[張亞亮」
    タン・チー
出演: リウ・イーフェイ[劉亦菲](白浅/素素/司音)
    ヤン・ヤン[楊洋](夜華/墨淵)
    ルオ・チン[羅晋](折顏)
    ヤン・イークァ[嚴屹寬](擎蒼)
    リ・チュン[李純](素錦)
    グー・シュエン[顧璇](玄女)
    ポン・ズースー[彭子蘇](阿離/団子)
    チャン・ヤーチン[張雅欽](奈奈)
    チャオ・ウェンハオ[趙文浩](伽昀)
    ワン・ユージョン[王羽錚](審判官)
    [陳星旭](禮儀官)
    [黄小戈](紫衣)
    [周恬](緑袖)
    [宋伊人](兔仙)
    [黄維天元](松鼠仙)
    [秦雪](鹿仙)
    [齊羽嘉](猴仙)
    [董文騰](狼仙)
声:ジョシュア・イ・シャオシン[叫兽易小星](ミグ[迷谷])
天界の太子・夜華と人界の素素は住む世界が異なりながらも想いを寄せ合い、人間である素素との恋が許されないにもかかわらず結婚する。やがて彼女の存在が天界に見つかり、夜華はやむを得ず素素を天界に連れて行く。ところがそこで彼女を疎ましく思う者たちの罠にはめられ、素素は誅仙台より身を投げてしまう。そして300年後、天界の東海竜宮で、二人は予期せずして再会する。実は素素は青丘の皇帝の娘・白浅のもう一つの姿だったのだ。生まれ変わった彼女の心をもう一度掴もうと夜華は必死になるのだが、白浅には夜華との記憶は失われていた…。
ドラマ「永遠の桃花~三生三世~」の劇場版♪

ドラマの好いとこ取りというか、凝縮された感じで
当然だけど、ドラマとはまた違った趣で、豪華な作りで
これはこれで好きだわ(^^)
擎蒼はカッコいし、
画像
折顏はちゃんと鳳凰になってる~♪↓なる前の姿も好♪
画像
青丘が動物たちの世界しなってたり、東海が海の中だったりと、
世界観は、こっちのほうがはっきりしていていいかも。
戦い方も独特ですしね・・・鳥も集団になると怖いよ~
ミク[迷谷]が不思議な生きものになってるのには笑った・・・
せめて、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のグルートぐらい
しっかりした作りにしてほしかった(笑)
ラストはどうなんだろう・・・夜華と墨淵は同一なのか?
それはそれで、ドラマと違ったハッピーエンドなのかな。
その夜華と墨淵・・・ヤン・ヤン、美しいです
画像
また、リウ・イーフェイも綺麗で可愛い
画像
何もかも綺麗なので、劇場で観たかったなぁ
悔しいので
また、ドラマ観なおそう・・・(笑)

第91回 アカデミー賞☆授賞式

今年もLIVEで観ることができました♪
画像


レッドカーペットでのインタビューにいきなり是枝監督がいらして
お~♪とか思っていたら細田監督も合流で、一気にテンションUP。
すぐわきにはグレン・クローズ・・・光ってます
候補作は主要な賞のものは観てなくてj授賞式前の特番でしか
わからないけれど、今までとは違う授賞式になるってことは
感じるので、楽しみ♪
ホストがいない分、プレゼンター大量投入で盛り上げるようで、
それだけで、期待は膨らみます。さて・・・

オープニング パフォーマンス
 “We Will Rock You”
 “We Are the Champions”  クィーン+アダム・ランバート

火花が降り注いで一気にお祭り気分に♪

プレゼンター(以下P):かしまし娘☆ティナ・フェイ、マーヤ・ルドルフ、エイミー・ポーラー
助演女優賞
  エイミー・アダムス 『バイス』
  マリーナ・デ・タビラ 『ROMA/ローマ』
レジーナ・キング 『ビール・ストリートの恋人たち』
  エマ・ストーン 『女王陛下のお気に入り』
  レイチェル・ワイズ 『女王陛下のお気に入り』
初ノミネートで初受賞・・・前評判も有力だったようです。
『女王陛下のお気に入り』 は二人で評を分けるかもという町井さんの
コメントどうりになりました。

P:ピンクがお揃い☆ヘレン・ミレン&ジェイソン・モモア
長編ドキュメンタリー映画賞
『Free Solo』
  『Hale County This Morning, This Evening』
  『Minding the Gap』
  『Of Fathers and Sons』
  『RBG 最強の85才』
ヨセミテの岩壁を登る映画だそうで、高所恐怖症には無理かも・・・

作品賞候補作紹介 P:ギタリスト☆トム・モメロ
 『バイス』

P:将来有望☆エルシー・フィッシャー&ステファン・ジェームズ
メイクアップ&ヘアスタイリング賞
  『ボーダー(原題)』
  『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
『バイス』
クリスチャン・ベイルって一見、分かんないよね
去年はチャーチル首相で今年はアメリカ副大統領・・・細い人が
太った方を演じるってことだけで驚きですが、自然すぎる!!

P:不思議な国の女王さま☆メリッサ・マッカーシー&ブライン・タイリー・ヘイリー
衣裳デザイン賞
  『バスターのバラード』
『ブラックパンサー』
  『女王陛下のお気に入り』
  『メリー・ポピンズ リターンズ』
  『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
プレゼンター、凄すぎる衣装で登場(笑)
メリッサにはウサギがいっぱい・・・マントの上にも(笑)
封筒をウサギが開けてる・・・なかなか開けれなくて会場は爆笑
追記:ウサギの存在理由が『女王陛下のお気に入り』 を観て
    やっと、わかりました・・・でも、映画を観ると笑えなくなるのよね(--)
衣裳デザイン賞でSFものって珍しくない?

P:光と影☆ジェニファー・ロペス&クリス・エヴァンス
美術賞
『ブラックパンサー』
  『女王陛下のお気に入り』
  『ファースト・マン』
  『メリー・ポピンズ リターンズ』
  『ROMA/ローマ』

女優さんのような装いで感極まるスピーチでした。パワー貰った。

P:出たぞ~☆タイラー・ペリー
撮影賞
  『COLD WAR あの歌、2つの心』
  『女王陛下のお気に入り』
  『Werk ohne Autor』
『ROMA/ローマ』
  『アリー/ スター誕生』
観てないけど、VTRで観た雰囲気からも
ちょっと違った感じでしたので、これでしょ!って感じですね。

歌曲賞候補作紹介 P:ハン・ソロの初恋の人☆エミリア・クラーク
 “I'll Fight”  ジェニファー・ハドソン
 『RBG 最強の85才』より  作詞・作曲: ダイアン・ウォーレン

作品賞候補作紹介 P:テニスの王女様☆セレナ・ウィリアムズ
 『アリー/ スター誕生』

P:恐怖映画繋がり?ジェームズ・マカヴォイ&ダナイ・グリラ
音響編集賞
  『ブラックパンサー』
『ボヘミアン・ラプソディ』
  『ファースト・マン』
  『クワイエット・プレイス』
  『ROMA/ローマ』
録音賞
  『ブラックパンサー』
『ボヘミアン・ラプソディ』
  『ファースト・マン』
  『ROMA/ローマ』
  『アリー/ スター誕生』
W受賞!久々に音楽モノに来た気がする・・・

作品賞候補作紹介P:女王繋がり?☆クイーン・ラティファ
 『女王陛下のお気に入り』

P:トム・クルーズ繋がり?(無理やり)☆アンジェラ・バセット&ハビエル・バルデム
外国語映画賞
  『カペナウム(原題)』(レバノン)
  『COLD WAR あの歌、2つの心』 (ポーランド)
  『ネヴァー・ルック・アウェイ(原題)』(ドイツ)
『ROMA/ローマ』(メキシコ)
  『万引き家族』(日本)
う~ん、是枝監督、残念でしたがこれはしょうがない・・・これから、これから。
でも、スピーチの中で日本映画の名が出てきて何だかいい気分♪

歌曲賞候補作紹介 P:傘を差して降ってきた☆キーガン=マイケル・キー
 “The Place Where Lost Things Go” ベッド・ミドラー
 『メリー・ポピンズ・リターンズ』より

ベッド・ミドラー好きです♪生唄、いいわ~♪♪ドレスも可愛い

作品賞候補作紹介 P:注目のコメディアン☆トレヴァー・ノア
 『ブラックパンサー』

P:別人かと思った☆マイケル・キートン
編集賞
  『ブラック・クランズマン』
『ボヘミアン・ラプソディ』
  『女王陛下のお気に入り』
  『グリーンブック』
  『バイス』
時系列が違うとか言われてたそうですが、
それを逆手に取ったような受賞なのかな?

P:身長差コンビ1☆シャーリーズ・セロン&ダイエル・クレイグ
助演男優賞
マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』
  アダム・ドライバー 『ブラック・クランズマン』
  サム・エリオット 『アリー/ スター誕生』
  リチャード・E・グラント 『ある女流作家の罪と罰』
  サム・ロックウェル -『バイス』
私的にはサム押しでしたが(観てないけど)、
好い映画そうだよなぁ・・・ヴィゴさんでてるし♪でも、ここで獲ったら、
ヴィゴさんには行かないかも・・・

アカデミー映画博物館の紹介
 P:映画芸術科学アカデミー会長にはならないぞ☆ローラ・ダーン

なんだか凄い物ができたようです・・・宮崎駿監督作品の世界に浸れるらしい。

P:アニメ繋がり?(無理やり)☆ミシェル・ヨー&ファレル・ウィリアムス
長編アニメーション映画賞
  『インクレディブル・ファミリー』
  『犬ヶ島』
  『未来のミライ』
  『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『スパイダーマン: スパイダーバース』
こちらも細田監督残念・・・
作り手から観ると苦労がにじみ出てるような作品だそうで
団体戦だったのが分かるスピーチでした。

歌曲賞候補作紹介 P:カントリーの歌姫☆ケイシー・マスグレイヴス
 “When a Cowboy Trades His Spurs for Wings”
 ジリアン・ウェルチ&デヴィッド・ローリングス
 『バスターのバラード』より

作品賞候補作紹介 P:老けても賑やか☆マイク・マイヤーズ&ダナ・カービィ
 『ボヘミアン・ラプソディ』

P:初心者でも二人なら大丈夫☆オークワフィナ&ジョン・ムレイニー
短編アニメ映画賞
  『アニマル・ビヘイヴィア(原題)』
『Bao』
  『Late Afternoon』
  『One Small Step』
  『Weekends』
短編ドキュメンタリー賞
  『ブラック・シープ(原題)』
  『エンド・ゲーム:最後のあり方』
  『ライフボート(原題)』
  『ア・ナイト・アット・ザ・ガーデン(原題)』
『ピリオド 羽ばたく女性たち.』

共に女性たちに栄冠♪

作品賞候補作紹介 
P:スペインのシェフ&メキシコの俳優☆ホセ・アンドレス&ディエゴ・ルナ
 『ROMA/ローマ』

P:赤が眩しい☆ポール・ラッド&サラ・ポールソン
視覚効果賞
  『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
  『プーと大人になった僕』
『ファースト・マン』
  『レディ・プレイヤー1』
  『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
アポロ11号船長アームストロングの視点ですか~
手作り感満載だそうです。上映中みたいなので観てみたい♪
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は劇場で、
『レディ・プレイヤー1』はたまたまWOWOWで観ました♪
『レディ・プレイヤー1』はゴジラとガンダムが共演してる!

歌曲賞候補作パフォーマンス
 “シャロウ” レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー
 『アリー/ スター誕生』より

紹介もなく、静かに壇上に上がった二人が静かに唄い始めました・・・
これはヤバイ!!完璧に行ったわ・・・


P:ファッションアイコン☆クリステン・リッター&キキ・レイン
短編実写映画賞
  『ディチイメント(原題)』
  『野獣』
  『マルグリット』
  『マザー(原題)』
『スキン』
キキ・レインのピンクのドレス、めちゃくちゃ可愛い!!

P:アベンジャーズ・コンビ☆ブリー・ラーソン&サミュエル・L・ジャクソン
脚本賞
  『女王陛下のお気に入り』
  『魂のゆくえ』
『グリーンブック』
  『ROMA/ローマ』
  『バイス』
脚色賞
『バスターのバラード』
  『ブラック・クランズマン』
  『ある女流作家の罪と罰』
  『ビール・ストリートの恋人たち』
  『アリー/ スター誕生』
サミュエル・L・ジャクソンが脚色賞の封筒を開けた時の歓喜の声と
発表を聞いて喜んでサミュエルに抱きついたスパイク・リー監督の姿、
そして監督のスピーチが印象的でした。

P:『クリード』コンビ☆テッサ・トンプソン&マイケル・B・ジョーダン
作曲賞
『ブラックパンサー』
  『ブラック・クランズマン』
  『ビール・ストリートの恋人たち』
  『犬ヶ島』
  『メリー・ポピンズ リターンズ』


P:若者の人気者☆コンスタンス・ウー&チャドウィックボーズマン
歌曲賞
  “All the Stars” 『ブラックパンサー』
  作曲: マーク・スピアーズ、ケンドリック・ラマー、アンソニー・ティフィス
  作詞: ケンドリック・ラマー、アンソニー・ティフィス、ソラーナ・ロウ
  “I'll Fight” 『RBG 最強の85才』
  作詞・作曲: ダイアン・ウォーレン
  “The Place Where Lost Things Go”『メリー・ポピンズ リターンズ』
  作詞・作曲: マーク・シャイマン、スコット・ウィットマン
“Shallow” 『アリー/ スター誕生』
  作詞・作曲: レディー・ガガ、マーク・ロンソン、アンソニー・ロッソマンド、
          アンソニー・ワイアット
  “When a Cowboy Trades His Spurs for Wings” 『バスターのバラード』
 作詞・作曲: デヴィッド・ローリングス、ギリアン・ウェルチ
あのパフォーマンスの流れからは
当然の結果ですね。涙のスピーチ、感動します。

P:AMPAS(映画芸術科学アカデミー)会長 ジョン・ベイリー
追悼パフォーマンス
 “The Journey Home” 
 指揮:グスターボ・ドゥダメル 演奏:ロサンゼルス・フィルハーモニック

作品賞候補作紹介 P:大御所☆バーブラ・ストライサンド
 『ブラック・クランズマン』


P:身長差コンビ2☆アリソン・ジャネイ&ゲイリー・オールドマン
主演男優賞
  クリスチャン・ベール 『バイス』
  ブラッドリー・クーパー 『アリー/ スター誕生』
  ウィレム・デフォー 『永遠の門 ゴッホの見た未来』
ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ』
  ヴィゴ・モーテンセン 『グリーンブック』
誰が獲っても不思議じゃないらしい中で、
それでのこう来たか~!って感じですかねぇ。 ただ、若くして
これだけの強烈な役をしてしまうと、次が大変そう・・・
大きなお世話だろうけど、がんばれ~!

作品賞候補作紹介 P:ジョン・ルイス&アマンダ・クーテンバーグ
 『グリーンブック』

P:コンビ復活☆フランシス・マクドーマンド&サムロックウェル
主演女優賞
  ヤリッツァ・アパリシオ 『ROMA/ローマ』
  グレン・クローズ 『天才作家の妻 40年目の真実』
オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』
  レディー・ガガ 『アリー/ スター誕生』
  メリッサ・マッカーシー 『ある女流作家の罪と罰』
グレン・クローズ推しの空気の中で
少々意外な展開になったようですが、
スタジオゲストの川村元気さんが、彼女は顔の表情が
右と左を使い分けていてスゴイと仰ってしたので
今週末、早速観てこよう♪ 追記:観ました♪→感想
素顔、可愛い女優さんです、
スピーチ、こっちまでうれし泣きしそうなくらい良かったなぁ。

P:昨年を思い出します☆ギレルモ・デル・トロ
監督賞
  スパイク・リー 『ブラック・クランズマン』
  パヴェウ・パヴリコフスキ 『COLD WAR あの歌、2つの心』
  ヨルゴス・ランティモス 『女王陛下のお気に入り』
アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』
  アダム・マッケイ 『バイス』
当然の結果の様ですが、このまま行くかは
まだまだ分かりません。

P:お変わりありません☆ジュリア・ロバーツ
作品賞
  『ブラックパンサー』
  『ブラック・クランズマン』
  『ボヘミアン・ラプソディ』
  『女王陛下のお気に入り』
『グリーンブック』
  『ROMA/ローマ』
  『アリー/ スター誕生』
  『バイス』
分けそうな気がしてたけど・・・ここまでの
雰囲気からはちょっと驚きました。だけど、ヴィゴさん、良かったね♪

ホストがしゃべる時間を受賞者のスピーチの時間に充てたのだろうか
いつもより、長くて好かった。
それにしても、去年の候補作への批判を振り払うかのようにな
受賞結果でしたねえ、選ぶ人が入れ変ったんじゃないかって思うほど。
商業的なものも感じられなくて、心底映画が好きで集まった人たちの
思いがとっても感じられる授賞式になってたと思いました。
プレゼンターが多いのも観ている方は楽しるし、
映画は色んな国のたくさんの人の手がかかってると改めて思わされ、
誰でもチャンスがあるんだってよく、受賞者のスピーチにもあるけど
そういうのもしみじみ感じられる授賞式で感動的でもありました。
夜の字幕版が楽しみです♪
そうそう、カビラさんがラミ・マレックの次作はドリトル先生の映画で
ゴリラのチィチィの声だそうと教えてくれました・・・がんばれ~!!

三国志~司馬懿 軍師連盟~☆気になる出演者♪其之壱

WOWOWで視聴中♪

感想を!と毎回思いながらも、気がつけば58話・・・
8年も前になるのかな、「三国志Three Kingdoms[三国]」で陸毅の孔明に
心を奪われて以来、ここまで来ましたが(笑)、
こっちの王洛勇さんの孔明もなかなか♪
でも、あと数話の命なんだろうなぁ・・・手遅れにならないうちに
ここいらで「三国」の時みたいに気になる方々をメモ(^^)
・・・相変わらずで、すみません(笑)

まずは孔明からと行きたいところを、ちょっと我慢して
退場者優先で・・・まずは若者編(演じる役者さんの年齢が)♪
章賀さん@曹真
画像
先週退場です。
最初から司馬懿を目の敵にしてきた天敵のような人ですが
根は単純な体育会系な感じで、どこか憎めないのよね(笑)
「三国」ではコロコロ体型で・・・実際もそうだったらしい・・・お笑い担当な
感じで憎めなかったけど、章賀さんは鍛えてる感じの男前。
孔明&姜維の策略に引っかかって司馬懿に相談しようかうろうろしてる姿が
なんとも面白かったけれど、スタイル好いよなぁ♪などと思って観てた。
嫌な奴だったけれど、彼なりの正義も感じて、王双に対する姿や
臨終シーンにはさすがに泣けた。
              
郭家諾さん@張郃
画像

彼も曹真の参軍として司馬懿に意地悪。でも武将といては優れていて
孔明が手こずった相手ですから「三国」でもかなりの男前でしたが、
そこは郭家諾さんの張郃も負けてませんでした。
退却する蜀軍を司馬懿に追うように命じられて、最後を悟ったような
表情、切なかったなぁ。こともあろうに蜘蛛の巣のシーンが挿入されてて、
やめて~!って、感じで・・・矢の雨ですからねぇ、そのあと。
孔明、容赦ないなぁって思ってしまった。
            
曹磊さん@郭嘉
画像

実は三国志を知るきっかけがNHKの「人形劇 三国志」で中でも
郭嘉がお気に入りでしたので、その流れで大注目♪
「三国」で演じた方は幼い感じの方で、いつの間にか消えてしまっていたので
残念でしたが、こちらでは存在がかなり大きくて嬉しかった・・・でも、
消えるのはやっぱり早い(--;)
曹磊さん、なんだか若い時の遠藤憲一さんに似てない?彼を優しくした感じ?
影のあるような、少々悪っぽい感じが郭嘉に合ってました。

翟天臨さん@楊脩
画像
司馬懿の最初のライバルとして描かれ、
跡目争いの犠牲者みたいな最後が辛かった。
頭が切れすぎて、曹操に摘み取られた感じでもありましたが、
生きるか死ぬかしかしかないような状態においても
いつも自信満々な太々しさに悪っぽさが滲み出てました。
翟天臨さんを初めて観たのは「蘭陵王」の高緯役で、巧い人だなぁって
感心してましたが、更に巧くなってて嬉しかった。
衣装も綺麗だったよね♪

欒浚威さん@丁儀
画像
楊脩と組んで曹丕と司馬懿を蹴落とそうとダークな道を
突き進んだ挙句、戦いに敗れ無残な最期に・・・
悪役担当を背負ってしましたが、考えてみればこんな風にしたのは
曹丕の理不尽な物言いがそもそもの原因だし、楊脩に好いように
利用された感じもあって、なんだか切なかったなぁ。
特徴ある眼を生かしたような表情が怖くもあり、悲しくもあり・・・
欒浚威さん、素顔はなかなか素敵な方です♪

王仁君さん@曹植
画像
実はこのドラマでのお目当てがこの方、王仁君さんだったのですよ♪
初めて観たのは「孫子≪兵法≫大伝」の孫武の息子・孫馳役でしたが、
落ちたのは「新笑傲江湖・月下の恋歌」の殺人名医・平一指役。
でもその後は「トキメキ!弘文学院」、「開封府-北宋を包む青い天-」で
ちらっと観ただけでしたので、期待してました♪
その気はなかったのに楊脩と丁儀に担ぎ上げられ、
その気になったとたん酒で身を滅ぼす情けない姿や、甄宓との悲恋めいた
関係で、好い感じでドラマを盛り上げていただき、ファンとしては嬉しい(^^)
二部でも謀反の動きありと、名前が挙がったので再登場を期待したのですが
どうやらこのまま消えそう・・・
昨年、衛星劇場で放送した 『三国志 Secret of Three Kingdoms[三国機密]』 に
荀彧役で出ているそうなので、観れるといいなぁ。

次は叔父様編♪・・・の予定。

このショット、裏では壮絶バトルなんだけど、なんか好き♪
画像

寵妃の秘密~私の中の二人の妃~☆来世があるなら、またあなたと一緒にいたい・・・

LaLaTVで「寵妃の秘密~私の中の二人の妃~」[双世寵妃]全18話、
観終りました♪
画像


かなり気にいっていた「永遠の桃花~三生三世~」が終わってしまい
気が抜けたようになっていて、予告を観ても誰も知らんし~、
タイムスリップものか~、でも観てみるか・・・と、観始めた本作、
なんだかね、申し訳ないけど、作りが安っぽいというか・・・「桃花」に
くらべるとね・・・役者さんも気を抜いてるんじゃなかろうかとか、
物語も安易だよなぁ~なんて初めのうちは思って観ていたのですが、
変な仙人みたいのが出て来たあたりから、妙にこの安易な感じが
クセになってきて、楽しいぞ、これ♪って(^^)
後宮モノから一気に仙界モノになったぞ~と期待してたら
あっさり終わってしまった・・・かなり寂しい。。。。。
でも、何がこんなに面白かったんだろ?不思議だ(笑)
ツッコミ処が満載だったからか?今まで観たドラマのいいとこ取りのような、
展開と、女子が好きそうなキャラ設定で日本だったら少女漫画でしょうね。
でも、こういう漫画っぽいの好きだし、ヒロインの現代的な女子思考に、
半ば呆れつつも・・・ここは娘が考えそうだ、ってかんじで(笑)
ツッコミ処を楽しんでいたようです、今思うと。

変な仙人みたいの=流千水が唯一、観たことある役者さん・・・
画像
「三国志~司馬懿 軍師連盟~」に出てる侯吉(こうきつ)だったのも
ツボだったかな、お蔭で、「軍師連盟」観る時、思い出して困るではないか(笑)
あと面白かったのが、墨連城の侍衛・于皓くん・・・
守る気あるのかないのかわかんないようなぽわ~んとした
感じだったのが妙(笑)
この人、「三国志Three Kingdoms」の夏侯霸役だったらしいけど。。。
ごめんなさい、記憶にないです、(--;)さがしてみます
ラストもね、予想してたけど
現代的なった連城くん、あまりにも雰囲気が違ってて・・・(^^)
やっぱり時代劇の姿は7割増しにカッコいいのだ
画像
なんだか、感想になってないなぁ・・・「永遠の桃花~三生三世~」が
終わって悲しいとか言ってた割には楽しんでしまったけれど
違う楽しみ方をした、ということで(笑)
続きがあるらしいので↓、ぜひ放送をお願いしたいです。
画像
ぽわ~んとしていた于皓くんも、やる気がでたようだ↓(^0^)/~
画像




三国志~司馬懿 軍師連盟~(43-68話)☆登場人物&キャスト

中国歴史ドラマ「三国志~司馬懿 軍師連盟~」第二部 
[大軍師 司馬懿之虎嘯龍吟]
第43話~第68話の登場人物&出演者です♪
画像


第1話~第24話 第25話~第42話 第69話~
司馬家
司馬懿しば・い仲達・・・ウー・ショウポー[呉秀波]
 驃騎将軍
司馬孚しば・ふ叔達・・・ワン・ドン[王東]
 司馬懿の弟
張春華ちょう・しゅんか・・・リウ・タオ[劉濤]
 司馬懿の妻
司馬師しば・し子元・・・シャオ・シュンヤオ[肖順堯](Aero)
 司馬懿と春華の長男
司馬昭しば・しょう子上・・・タン・ジェンツー[檀健次]
 司馬懿と春華の次男
夏侯徽かこう・き媛容・・・チャン・ドウドウ[張逗逗]
 司馬師の妻、夏侯尚の娘
柏霊筠はく・れいいん・・・チャン・チュンニン[張鈞甯]
 司馬懿の側室
小沅しょうげん・・・ルー・イェンチー[陸妍淇]
 柏霊筠の侍女
侯吉こうきつ・・・ライ・シー[来喜]
 司馬家執事
司馬倫しば・りん子彝
幼少期・・・ルー・ジンハォ[盧瑾灝]
 司馬懿と柏霊筠の息子
司馬柔しば・じゅう
幼年期・・・リゥ・イーハン[劉一涵]
 司馬師と夏侯徽の長女
司馬霊しば・れい
 司馬師と夏侯徽の次女
意馬いば
 司馬懿の愛亀      
                      
曹一族細字はセリフで登場
曹丕そう・ひ子桓・・・リー・チェン[李晨]
 魏国初代皇帝文帝→崩御
曹植そう・しょく子建
 雍丘王
曹叡そう・えい元仲・・・リゥ・ファン[劉歡]
 平原王→魏国第二代皇帝
曹芳そう・ほう蘭卿
幼少期・・・[盛梓航]
 斉王→皇太子、曹叡の養子、実父は曹楷(曹彰の息子)
曹詢そう・じゅん
 秦王、曹叡の養子、曹芳の弟

曹真そう・しん子丹・・・チャン・ホウ[章賀]
 大将軍→大司馬→病死
曹休そう・きゅう文烈・・・ドウ・シンチー[杜星奇]
 大司馬→病死
夏侯尚かこう・しょう伯仁・・・チャン・シンジァ[張興哲]
 夏侯惇の甥
夏侯玄かこう・げん太初・・・チェン・チャン[程誠]
 夏侯尚の息子
夏侯楙かこう・ぼう子林・・・リー・ションイェ[李晟燁]
 夏侯惇の息子
曹爽そう・そう昭伯・・・ドゥ・イーフン[杜奕衡]
 曹真の息子、武衛将軍
何晏か・あん平叔・・・イェン・ウェンシェン[閻汶宣]
 曹操の養子、曹爽の仲良し
夏侯覇かこう・は仲権
 夏侯淵の息子
夏侯威かこう・い季権
 夏侯覇の弟
曹宇そう・う彭祖・・・[時光]
 燕王、曹操の息子(曹沖の同母弟)、曹芳の補佐の座をめぐり争うが・・・
曹肇そう・ちょう長思・・・[付正陽]
 曹休の息子、曹宇派、屯騎校尉(禁軍宿衛兵を統率)
夏侯献かこう・けん・・・?
 宗族の一人、曹宇派、領軍将軍(禁軍を統率)
秦朗しん・ろう元明
 曹操の養子、曹宇派、驍騎将軍(上位の雑号将軍の一つ)

郭照かく・しょう・・・タン・イーシン[唐藝昕]
 曹叡の養母、文帝文徳皇后→皇太后→賜死
清河せいか公主・・・リー・ユーヤン[李雨洋]
 曹丕・曹彰・曹植の異母姉、夏侯楙の妻
郭皇后・・・[文静]
 曹叡の正室
辟邪へきじゃ・・・チャン・ティエンヤン[張天陽]
 曹叡の内侍
施淳し・じゅん・・・イン・グォファ[尹国華]
 曹丕の内侍

曹魏の臣
鍾繇しょう・よう元常・・・シュ・ミン[徐敏]
 大理寺卿
陳羣ちん・ぐん長文・・・チュ・シュァンジョン[褚栓忠]
 大司空
賈逵か・き梁道・・・ワン・シゥチィァン[王琇強]
 将軍
満寵まん・ちょう伯寧・・・ワン・リー[王力 ]
 校事府頭目→将軍
汲布きゅう・ふ・・・ルー・スーユー[陸思宇]
 校事府校尉
鍾会しょう・かい士季・・・リゥ・ユェ[劉岳]
 秘書郎、鍾繇の息子
鄧艾とう・がい士載・・・リゥ・リンジー[劉凌志]
 司馬懿の属官
張郃ちょう・こう儁乂・・・グォ・ジァヌォ[郭家諾]
 将軍→戦死
孫礼そん・れい徳達・・・イェン・ジェ[言傑]
 将軍
郭淮かく・わい伯済・・ホー・シャン・[何翔]
 将軍
郝昭かく・しょう伯道・・・チャォ・ズォシャン[趙作山]
 将軍、、陳倉太守→自決
王双おう・そう子全・・・[郭野]
 隴西出身の猛将、曹真の配下、虎威将軍→戦死
費耀ひ・よう・・・?
 将軍→自決
張華ちょう・か・・・?
 費耀の副将、費耀自決後諸葛亮に降伏
張虎ちょう・こ・・・[王梓]
 将軍、張遼の息子
楽綝がく・りん・・・[胡力]
 将軍、楽進の息子
孟達もう・たつ子敬→子度・・・ツァォ・ジーチャン[曹積強]
 新城太守
鄧賢とう・けん・・・リー・ユーハォ[李雨豪]
 孟達の甥
田豫でん・よ国譲・・・?
 将軍
公孫淵こうそん・えん文懿 
 遼東太守、呉と通じ燕王を称す→司馬懿に討伐される
毌丘倹かんきゅう・けん仲恭
 幽州刺史、司馬懿と共に公孫淵を破る
劉放りゅう・ほう子棄・・・[劉国際]
 方城侯、曹芳の補佐に司馬懿と曹爽を推し曹宇らと争う
孫資そん・し彦龍・・・[王崗]
 中都侯、劉放と共に曹芳の補佐に司馬懿と曹爽を推す

東呉細字はセリフで登場
孫権そん・けん仲謀・・・ディン・ハイフォン[丁海峰]
 呉国皇帝  
陸遜りく・そん伯言・・・ルー・シンユー[盧星宇]
 将軍、孫権の腹心
周魴しゅう・ほう子魚・・・チャン・ヨン[張雍]
 鄱陽太守
諸葛瑾しょかつ・きん子瑜
 将軍、諸葛亮の兄
孫韶そん・しょう公礼
 将軍
張承ちょう・しょう仲嗣
 将軍、張昭の息子

蜀漢細字はセリフで登場
諸葛亮しょかつ・りょう孔明・・・ワン・ルォヨン[王洛勇]
 丞相
李厳り・げん正方・・・リゥ・シャ[劉沙]
 中都護→平民
劉禅りゅう・ぜん公嗣・・・ジャン・ハン[姜寒]
 皇帝
姜維きょう・い伯約・・・バイ・ハイタォ[白海涛]
 魏より諸葛亮に降伏
趙雲ちょう・うん子龍・・・シャオ・ロンション[肖榮生]
 将軍
魏延ぎ・えん文長・・・ハン・ドン[韓東]
 将軍
馬謖ば・しょく幼常・・・リゥ・グァンナン[劉広楠]
 諸葛亮参軍→刑死
関興かん・こう安国・・・カン・フェイ[康飛]
 将軍→没(病死?)
張苞ちょう・ほう興国・・・ ?
 将軍
郭攸之かく・ゆうし演長・・・ ?
 侍中
王平おう・へい子均・・・ハオ・ロングァン[郝榮光]
 将軍
楊儀よう・ぎ威公・・・チェン・リーシン[陳立新]
 諸葛亮の幕僚
蒋琬しょう・えん公琰・・・[公方敏]
 諸葛亮参軍
馬岱ば・たい伯瞻・・・[許占偉]
 将軍
謝雄しゃ・ゆう
 王双に討たれる
龔起きょう・き
 王双に討たれる
張嶷ちょう・ぎょく伯岐
 王双と戦い負傷
廖化りょう・か元倹
 諸葛亮参軍
苟安こうあん・・・?
 都尉、李厳の配下
呉班ご・はん元雄・・・[王鉄凌]
 将軍→戦死
呉懿ご・い子遠・・・?
 将軍
高翔こう・しょう・・・[宋涛]
 将軍
李軽宵り・けいしょう・・・シュ・ユェンユェン[許媛媛]
 李厳の養女→劉禅の寵妃
黄皓こう・こう・・・シャォ・ビン[蕭兵]
 劉禅付き太監
諸葛瞻しょかつ・せん思遠
 諸葛亮の長子 


王おう 
 司馬懿の故郷・温県で再会した司馬家の隣人
しゅう・・・リー・ゼンザー[李振澤]
 司馬懿が温県で再会した馬夫時代の同僚・大周

おまけ♪
軍師聯盟之虎嘯龍吟 - 諸葛武侯MV

特別展 三国志展 公式サイトオープン♪

今年の7月9日から東京国立博物館、続いて10月1日から九州国立博物館で
開催される、特別展「三国志」の公式サイトが11日にオープンしました。

こちらです→三国志展公式サイト

        公式Twitter

昨年秋に、フェルメールとムンクを上野に観に行った際にチラシ↓を見つけて
一緒に行った娘をよそに一人で大喜び(笑)
Twitterで情報を知らせるとのことで、ついに私もTwitterを始めることに・・・
娘にやり方教えてもらって何とか始めたけれど、
何だかまだやり方がよくわからない(--:)というのは置いといて、
三国志展♪、公式サイトがオープンでどんな内容になるのか
だんだんと明らかになっていくのですね~
曹操のお墓、再現してあったらいいなぁ♪
画像


三国志といえば、WOWOWで放送中のドラマ「三国志~司馬懿 軍師連盟~」
面白いです♪今日は孟達斬り~の、街亭の戦いでした・・・ここの孔明さん、
登場シーンで既に悲壮感漂ってまして、なんとも切ないの。

永遠の桃花~三生三世~☆何度生まれ変わっても、私は貴方とめぐり逢うー

恭賀新年♪今頃なんですが、一応、ご挨拶・・・

久々の更新です・・・あっという間に、今年も一週間が過ぎてしまった(--:)
中国ドラマの感想を書こうと思いつつ、なかなか時間が取れず・・・
ほぼ毎日放送してますからねぇ、ちょっと気を抜くと
溜まってしまい、観るので精一杯・・・既に、まずいことなってますが(笑)
それでも、この「永遠の桃花~三生三世~」は、面白くて
仕事から帰って速攻、観てました♪で、今日が最終回・・・
これは、今年の感想書き込み始めにせねば!ということで(笑)
画像
ジャンルは何でしょう(笑)仙界モノというのか、神界モノとかいうのな?
中国の神様は、あんまり知らないのですが、今までであったこともない
神様がいっぱい出てきて、不思議感がいっぱい。
話も全く予想がつかず、それでいてこうなったらいいなぁ~って思った
通りになるところもあって、ツッコミ処もあるけれど(笑)それも楽しみ処で、
好い気分で観ていられるドラマでした。
世界観もエリート集団が住む都があると思えば、自由気まままで自然いっぱいの
世界や桃源郷や竜宮城っぽいところとかでてきて、飽きませんし、
何より登場人物が綺麗悪役も綺麗なのでなんだか憎めない(笑)
日本だったら、アニメの世界になるのでしょうが、ここまで綺麗に作られると
只々見入るばかりです。
衣装も好きだわ♪こういうの、大好き(笑)
画像
お話は終わってみれば、神様たちも愛を貫くのは大変なのね~って感じですが、
展開が読めないのと、登場人物の綺麗さと健気さに毎回ドキドキさせられまして
終わってしまったのが悲しいくらい・・・。
画像
悲しいので次回よりお気に入り登場人物について少しずつ
紹介して楽しみたいと思います♪…気長にね(笑)
キャスト一覧はコチラ→永遠の桃花~三生三世~☆登場人物&キャスト 

こんな感じで、バタバタとまとまりもせず、始まりましたが
今年もよろしくお願いいたします♪

月に咲く花の如く☆登場人物&キャストⅡ

「月に咲く花の如く」[那年花開月正圓]の
第52話~の登場人物&出演者です♪(視聴分まで)
画像
第1話~第52話までのはこちら→月に咲く花の如く☆登場人物&キャストⅠ

周瑩しゅう・えい・・・スン・リー[孫儷]
 呉家東院の女主人、陝西機器織布局副局長 
沈星移しん・せいい・・・チェン・シャオ[陳暁]
 上海で星月貿易会社を創立→味経書院の雑用係
趙白石ちょう・はくせき・・・レン・ジョン[任重]
 陝西巡撫、陝西機器織布局局長→失職
呉漪ご・い・・・ツォン・チー[曾淇]
 呉蔚武の娘、趙白石の妻

沈家
沈四海しん・しかい・・・シェ・ジュンハオ[謝君豪]
 星移の父、杜明礼と結託
夫人・・・リゥ・ジェ[劉洁]
 星移の母
玲瓏れいろう・・・ワン・ルーユン[汪蘆雲]
 星移の侍女、星移を慕う
霍鑫かく・きん・・・フェ・ユンチン[賀雲慶]
 沈家の家職
謝上徳・・・[白建材]
 茶問屋番頭

呉家
てい氏・・・ゴン・ツーエン[龔慈恩]
 周瑩の義母(聘の母)
呉蔚武ご・いぶ・・・ホウ・チャンロン[侯長栄]
 呉家西院の当主、周瑩の義叔父
呉蔚全ご・いぜん・・・タン・シーフー[譚希和]
 呉家中院の当主、周瑩の義叔父
呉沢ご・たく・・・チャン・ティェンヤン[張天陽]
 蔚武の息子
王世均おう・せいきん・・・リー・ザーフォン[李澤鋒]
 周瑩の秘書
趙鴻伍ちょう・こうご・・・ワン・イーモン[王藝蒙]
 周瑩の部下
江福祺こう・ふくき・・・ガオ・ユェン[高遠]
 周瑩の部下
おばさん[張媽]・・・ガイ・ラン[盖然]
 鄭氏の侍女
福来ふくらい・・・イン・チェンディ[尹晨迪]
 周瑩の使用人
 春杏しゅんきょう・・・シュ・ファンイー[許芳銥]
 周瑩の侍女
韓三春かん・さんしゅん・・・[王浩宇]
 東院の護衛
千紅せんこう・・・チョウ・リーチー[周麗淇]
 韓三春の妻、周瑩の義姉
王二虎おう・にこ・・・リー・チーシン[李啓芯]
 周瑩の部下
荷香か・こう
 呉漪の侍女
がん番頭
 茶問屋の番頭

朝廷関係
杜明礼と・めいれい・・・ユー・ハオミン[俞灝明]
 皇商・隆昇和の主人
郡王・・・[石小満]
 愛新覚羅 載漪、杜明礼の大ボス 
查坤さこん・・・リー・イークァ[李藝科]
 杜明礼の護衛
張長清ちょう・ちょうせい・・・チャン・シーチェン[張喜前]
 趙白石の師、杜明礼の主人と敵対
ちょう夫人・・・[張晶]
 張長清の妻
董廷旭・・・[袁忠遠]
 趙白石の次の陝西巡撫
那桐ダトウ・・・[陳冠男]
 刑部侍郎
庭敬てい・けい
 趙白石の友人

その他
クラウディ『剋労迪]・・・[安得路]
 沈星移の上海での顧客→周瑩の顧客 
劉光賁りゅう・こうふん
 味経書院の先生 
布和プハ・・・[張啓]
 蒙古の商人 

永遠の桃花~三生三世~☆登場人物&キャスト 

中国ドラマ「永遠の桃花~三生三世~」[三生三世十里桃花]の
の登場人物&出演者です♪ 
画像


白浅はく・せん/司音しいん/素素そそ・・・ヤン・ミー[楊冪]
 青丘の狐帝の娘(白浅)、神器・玉清崑崙扇に選ばれる
 折顔が拾った十里桃林に住む野狐・司音として墨淵の17番弟子となる
 擎蒼を再封印した際 記憶を消され人間にされる
 人間界に来た夜華と出会い 素素と名付けられ妻となる
墨淵ぼくえん・・・マーク・チャオ[趙又廷]
 崑崙虚上神(天族の武神)、父神より金蓮を与えられ世話をする
 謀反を起こした擎蒼を東皇鐘に封印するが・・・
夜華やか/照歌しょうか・・・マーク・チャオ[趙又廷]
 墨淵亡き後楽胥に金蓮が宿り誕生 皇太子となる
 白浅の婚約者となるが人間界で素素を妻とする
 修練のため人間界で照歌として生きる
素錦そきん・・・マギー・ホァン[黄夢瑩]
 素錦皇族の最後の一人、昭仁皇女として央錯・楽胥夫妻の養女となる
 天君の天妃(側室)→夜華の側室
阿離あり・・・ハマー・チャン[張藝瀚]
 夜華と素素の息子
 
天族
折顔せつがん・・・ケン・チャン[張智堯]
 鳳族上神、十里桃林に住む
天君てんくん・・・ジャン・カイ[蒋愷]
 四海八荒・天界の主
東華帝君とうかていくん/皇帝・・・ガオ・ウェイグァン[高偉光]
 天君の前の四海八荒の主、人間界で皇帝となり修業する
司命星君しめいせいくん・・・ワン・シャォ[王驍]
 東華帝君の側近、人間の運命を司る
成玉元君せいぎょくてんくん・・・ワン・ティン[王汀]
 人間界から上神となる、連宋は元彼

父神ふしん・・・チャオ・イェンソン[趙岩松]
 墨淵の父
霊宝天尊れいほうてんそん・・・ワン・ビン[王斌]
 上仙になったばかりの司音に破雲扇を贈る、夜華の師兄
普化天尊・・・イェ・シンユー[葉新宇]
 天雷刑罰を司る
薬王やくおう・・・チャオ・シンファン[趙新環]
 天宮御医
若水土地神・・・リー・ドン[李棟]
 封じ込められた擎蒼の見張り番 
瑶光ようこう・・・リー・シンイー[李芯逸]
 上神、墨淵に片思い、擎蒼と戦い命を落とす

央錯ようさく・・・ムー・フォンビン[牟鳳彬]
 天君長子
桑籍そうせき・・・ワン・ルォリン[王若麟]
 天君次子、白浅の婚約者だったが・・・→北海水君
連宋れんそう・・・リー・ドンホン[李東恒]
 天君三子、夜華の理解者
楽胥らくしょ・・・リゥ・シャオイェ[劉曉曄]
 央錯の妻、夜華の母
織越しょくえつ・・・リゥ・メイリン[劉玫麟]
 夜華の従妹、方壺仙山小仙

奈奈だいだい・・・ヤン・アンチー[楊安琪]
 天界に連れてこられた素素の侍女
天枢てんすう・・・ユー・ウェンタォ[虞文涛]
 天宮小仙、夜華の護衛
伽昀かきん・・・ユーシェンホンハオ[于軒鴻灝]
 天宮小仙、夜華の秘書
辛奴しんど・・・チャン・ランイー[張冉怡]
 素錦の侍女

崑崙虚
子闌しらん・・・リゥ・ルイリン[劉芮麟]
 墨淵の16番弟子
疊風ちょうほう・・・ライ・イー[賴藝]
 墨淵の1番弟子、西海水君の王子
令羽れいう・・・チャン・ファ[張赫]
 9番弟子
長衫ちょうさん・・・ソン・ハイシェ[宋海頡]
 2番弟子

青丘
白止はく・し・・・チャン・ゴン[張弓]
 九尾狐の末裔の狐帝
白真はく・しん・・・ユー・モンロン[于朦朧]
 上神、白浅の4番目の兄
白奕はく・えき・・・ラン・ハイミン[冷海銘]
 上神、白浅の2番目の兄
白鳳九はく・ほうきゅう/陳貴人・・・ディリラバ[迪麗熱巴]
 白奕の娘、東華帝君に命を救われ恩返しのため働くが・・・
 人間界で陳貴人として東華帝君に恩返しのため働く
白止の妻・・・マー・ルイ[馬睿]
 白浅の母
玄女げんじょ・・・ジュ・シュダン[祝緒丹]
 白玄上神の妻の妹→離鏡の妻
玄女の母・・・ガン・リーイン[甘麗影]

迷谷めいこく・・・チャン・ヨウハオ[張宥浩]
 青丘の執事、樹精
少辛しょうしん・・・アン・ユエシー[安悦溪]
 司音に助けられた巴蛇、司音から破雲扇をもらう、桑籍と恋に落ち・・・
畢方ひつほう・・・リー・エンション[李恩晟]
 神獣、白真と折顔の乗りモノ、白浅が好き

四海
長海水君ちょうかいすいくん・・・ファ・ウェイ[賀偉]
 鮫人族と手を結ぼうとするが・・・
緑袖公主りょくしゅうこうしゅ・・・ジン・フォン[金豊]
 長海水君の娘
西海水君・・・ユー・ズークァン[于子寬]
 疊風・疊雍の父
疊雍ちょうよう・・・フー・ファフォン[付華鋒]
 西海水君の長子、疊風の兄
東海水君・・・リゥ・グーハオ[劉顧浩]
 繆清の兄
繆清公主・・・ワン・シュージュ[王秀竹]
 東海水君の妹、人間界で阿離を救い・・・→夜華の侍女
元貞げんてい・・・チェン・グーファン[陳柯帆]  
 北海水君(桑籍)と少辛の息子
西海王后・・・リーファシンイー[李華欣怡]
 西海水君の妃、疊風・疊雍の母
鮫人族頭領・・・スン・ジャオロン[孫蛟龍]
 長海水君を手なずけようとするが・・・

翼族
擎蒼けいそう・・・レン・イーミン[連奕名]
 翼王
離鏡りきょう・・・チャン・ビンビン[張彬彬]
 擎蒼の次男、擎蒼が封印された後 離怨を捕え王となる
胭脂えんじ・・・ダイ・スー[代斯]
 擎蒼の娘、離鏡の異母妹、離怨の同母妹
離怨りえん・・・ドウ・ジュンザァ[杜俊澤]
 擎蒼の長男、離鏡の異母兄、離鏡の母を殺害、母は鮫人族
金猊獣きんげいじゅう・・・レン・タォ[任滔]
 擎蒼の下部→離怨の部下
火麒麟かきりん・・・ホァン・ティェンチー[黄天崎]
 離鏡の下部

人間界
皇后・・・ルー・ミファン[陸梅芳]
 人間界で修業中の東華帝君(皇帝)の皇后
徳妃・・・チャン・チャオ[張超]
 皇帝の妃
賢妃・・・リゥ・ウェイ[劉微]
 皇帝の妃
玉璫きょくとう・・・チェン・サイサイ[陳賽賽]
 陳貴人(白鳳九)の侍女


おまけ♪オープニング曲≪三生三世≫唄:張杰

三国志~司馬懿 軍師連盟~(25-42話)☆登場人物&キャスト

中国歴史ドラマ「三国志~司馬懿 軍師連盟~」第一部 
[大軍師司馬懿之軍師聯盟]第25話~第42話の登場人物&出演者です♪
画像


第1話~第24話  第43話~第68話  第69話~
司馬家
司馬懿しば・い仲達・・・ウー・ショウポー[呉秀波]
 司馬防の次男、御史中丞(副丞相)→侍中(皇帝の側近)
司馬孚しば・ふ叔達・・・ワン・ドン[王東]
 司馬防の三男、中書郎(臣下と天子の取次ぎ役)
司馬防しば・ぼう建公・・・チャン・ジージョン[張志忠]
 京兆尹→病死
張春華ちょう・しゅんか・・・リウ・タオ[劉濤]
 司馬懿の妻
司馬師しば・し子元・・・シャオ・シュンヤオ[肖順堯](Aero)
 司馬懿と春華の長男
司馬昭しば・しょう子上・・・タン・ジェンツー[檀健次]
 司馬懿と春華の次男
夏侯徽かこう・き媛容・・・チャン・ドウドウ[張逗逗]
 司馬師の妻、夏侯尚の娘

柏霊筠はく・れいいん・・・チャン・チュンニン[張鈞甯]
 曹操に淮南郡から献上された美女→曹丕から司馬懿に下賜され側室となる
小沅しょうげん・・・ルー・イェンチー[陸妍淇]
 柏霊筠の侍女、正体は校事府の者

侯吉こうきつ・・・ライ・シー[来喜]
 司馬家執事

曹一族
曹丕そう・ひ子桓・・・リー・チェン[李晨]
 魏王→曹魏国皇帝
曹彰そう・しょう子文
 鄢陵侯
曹植そう・しょく子建・・・ワン・レンジュン[王仁君]
 鄄城侯
曹叡そう・えい・・・ホァン・イー[黄毅]
 曹丕の長子、生母は甄宓→郭貴嬪の養子
曹礼そう・れい
 曹叡の異母弟  

曹真そう・しん子丹・・・チャン・ホウ[章賀]
 鎮西将軍
曹洪そう・こう子廉・・・チェン・チーフイ[陳之輝]
 驃騎将軍
夏侯惇かこう・とん元譲・・・ヤン・ハンビン[楊涵斌]
 大将軍→病死
曹仁そう・じん子孝・・・チャン・ジン[常晋]
 曹操の従兄、車騎将軍
曹休そう・きゅう文烈・・・ドウ・シンチー[杜星奇]
 曹操の族子、領軍将軍
夏侯尚かこう・しょう伯仁・・・チャン・シンジァ[張興哲]
 夏侯惇の甥、中領軍
夏侯玄かこう・げん太初・・・チェン・チャン[程誠]
 夏侯尚の息子、散騎黄門侍郎(奏上文に関わる仕事)
夏侯楙かこう・ぼう子林・・・リー・ションイェ[李晟燁]
 夏侯惇の息子
曹爽そう・そう昭伯
 曹真の息子

べん夫人・・・ルー・リン[陸玲]
 曹丕・曹彰・曹植の生母
甄宓しん・ふく・・・チャン・ジーシー[張芷溪] 
 曹丕の正室→賜死
郭照かく・しょう・・・タン・イーシン[唐藝昕]
 曹丕の側室、貴嬪
東郷とうごう公主・・・チャオ・ユンチュオ[趙蘊卓]
 曹丕と甄宓の娘、曹叡の妹
山陽公大公主・・・ユー・シュシン[虞書欣]
 曹丕の側室、劉協の娘(姉)
山陽公小公主・・・ウー・ユージェ[呉雨珏]
 曹丕の側室、劉協の娘(妹)
徳陽とくよう郷主
 夏侯尚の妻
清河公主・・・リー・ユーヤン[李雨洋]
 曹丕・曹彰・曹植の異母姉、夏侯楙の妻
施淳(阿翁)し・じゅん(あおう)・・・イン・グォファ[尹国華]
 曹丕付き太監

魏王府→曹魏国の臣(曹丕配下)
程昱てい・いく仲徳・・・リュゥ・ユーリン[柳玉林]
 重臣
鍾繇しょう・よう元常・・・シュ・ミン[徐敏]
 廷尉
陳羣ちん・ぐん長文・・・チュ・シュァンジョン[褚栓忠]
 尚書令、妻は荀彧の娘
鍾会しょう・かい士季・・・リゥ・ユェ[劉岳]
 鍾繇の息子、太学の学生→秘書郎(経書管理)
鄧艾とう・がい士載・・・リゥ・リンジー[劉凌志]
 小役人→司馬懿の属官
張遼ちょう・りょう文遠・・・リゥ・シュ[劉旭]
 前将軍
張郃ちょう・こう儁乂・・・グォ・ジァヌォ[郭家諾]
 左将軍
徐晃じょ・こう公明・・・ウェイ・ユー[衛羽]
 右将軍
賈逵か・き梁道・・・ワン・シゥチィァン[王琇強]
 将軍
華歆か・きん子魚
 重臣
満寵まん・ちょう伯寧・・・ワン・リー[王力 ]
 校事府頭目
汲布きゅう・ふ・・・ルー・スーユー[陸思宇]
 校事府校尉

灌均かん・きん・・・シェン・シュエウェイ[沈雪煒]
 鄄城侯曹植の監国謁者(監視役)
法建ほう・けん・・・チャン・ヨンミン[張勇民]
 鄢陵侯曹彰の監国謁者
丁儀てい・ぎ正礼・・・ルァン・シュンウェイ[欒浚威]
 刑死 
 
その他
子夜しや・・・チャオ・シン[趙昕]
 鄧艾の幼馴染み→妻→曹洪の手にかかり亡くなる
劉協りゅう・きょう伯和・・・ワン・マオレイ[王茂蕾]
 後漢第14代皇帝・献帝→山陽公
張音ちょう・いん・・・チャン・ジュン[張軍]
 高廟使

劉備りゅう・び玄徳
 漢中王

孫権そん・けん仲謀
 荊州をめぐり魏と結び劉備と敵対 

セリフで登場した人物&故事など お気楽的メモ♪
蔡琰さいえん文姫
 蔡邕(前出)の娘、戦火で失われた父の碑文作品を所蔵
徐栄じょ・えい
 董卓に仕えた武人、反董卓軍の曹操らと対戦した
劉徹りゅう・てつ
 前漢の第7代皇帝・武帝
劉安りゅう・あん
 淮南王、武帝の政策に逆らった咎で処罰された事を機に
 謀反を起こそうとしたが密告され自害
景けい帝
 劉啓、前漢の第6代皇帝、皇太子時代に呉王の次子(又従兄弟)を誤って
 殺めた事を発端に呉王の不満を抱かせ呉楚七国の乱を導く
 乱を収めるため晁錯に罪を負わせる
晁錯ちょう・そ
 景帝時の御史大夫(副丞相)、景帝が諸侯王を抑えるために皇太子時から
 仕え信頼を置いていた晁錯を使い領地を口実を設けて削るなどしたため
 不満を募らせた呉王が起こした呉楚七国の乱の最中
 “君側を清める”として処刑される(“誅晁錯、清君側”)
梁冀りょう・き伯卓
 後漢・順帝(8代)~ 桓帝(11代)時に外戚として権勢を振るうが
 宦官の助けを借りた桓帝によって誅殺される、以降宦官が勢力を
 強めることとなる
霊帝
 劉宏、後漢の第12代皇帝
伯牙はく・が、鍾子期しょう・しき
 中国春秋時代の晋の人、鍾子期は伯牙の古琴の音を聞き
 心情まで聞き分け、伯牙は子期の亡き後は琴を絶ったことから
 「知音」、「断琴の契り」の故事となる
王翦おう・せん
 秦王政(始皇帝)の名将、猜疑心が強く役立たずには容赦なしの秦王政に
 対し自分は恩賞にしか 興味がないと思わせることで逆心がないことを示し
 老齢を理由に役を退くなどして統一後も粛清されることなく平穏に暮らした
鄭崇てい・すう子游
 前漢12代皇帝・哀帝の臣、封侯やお気に入りへの過度の寵愛を諌めた
 鄭崇に気を悪くしていた哀帝が他の奸臣からの宗族と通じているとの讒言を
 信じ「お前の家には市場のように人が集まっているのに、主君には
 諌めるのか?」と質すと「家は市場の様であっても私の心は水のように
 清らかです(“臣門如市、臣心如水”)ので、お調べください」と答え、
 哀帝の怒りを買った鄭崇は投獄され獄死した
苦肉の計、黄蓋こう・がい公覆
 赤壁の戦いにおいて黄蓋(孫堅・孫策・孫権に仕えた武将)が周瑜(前出)に
 献じた偽計:曹操の大艦隊と戦いを目前に黄蓋が周瑜の無策を罵倒、怒った
 周瑜に罰せられ大怪我をしたのを機に曹操に帰順、受け入れられたところで
 艦隊を焼き払った
卓文君たく・ぶんくん&司馬相如しば・しょうじょ、「白頭吟はくとうぎん」
 前漢・景帝時代の夫婦、卓文君が駆け落ちしてまで一緒になった
 夫・司馬相如が妾をつくったのに対し ての三下り半と共に送った詩が
 「白頭吟」→「風中の縁」&「宮廷の諍い女」参照
荘そう公、荘姜しょう・きょう、戴嬀たいぎ
 春秋時代・衛の第12代君主・荘公(姫揚き・よう)は斉の公女・荘姜を正室に
 娶るが子がなく陳の公女(厲嬀れいぎ)を娶り孝伯が生まれる、しかし
 二人とも亡くなったため、その後厲嬀の妹・戴嬀が生んだ
 完を荘姜に育てさせ太子とした
 荘姜は『詩経・衛風』で美人として詠まれた「碩人(せきじん)」のモデル
堯ぎょう、舜しゅん
 理想の天子として見本となるような伝説上の聖君主。堯は息子が二人も
 いながら跡継ぎを推挙させ、孝行者の舜を登用し二人の娘を嫁がせ
 舜が功績を上げたため禅譲した
賈誼か・ぎ
 前漢第5代皇帝・文帝に仕えた政治家・文章家
「鵩鳥賦(ふくちょうのふ)」
 鵩鳥はフクロウの事、賈誼が長沙に流された時に作った賢人失志の賦
 “達人大観”(達人は大観す)の元
典論てんろん
 曹丕が書いた文学評論書
信陵君しんりょうくん
 戦国時代・魏の安釐王の弟、姉が嫁いだ趙を秦から食客の侯嬴の
 策によって救うが、安釐王を欺いたとして帰国せずにいたところ、信陵君が
 いない隙をねらっって秦が魏を攻めたため安釐王に請われて帰国し、秦を
 追い払う。信陵君が邪魔な秦は信陵君が王位を狙っているとの噂で安釐王を
 惑わし、信陵君を遠ざけてしまう。失意の信陵君は酒で体を壊し亡くなる
侯嬴こうえい
 大梁の門番から70歳で信陵君の食客となる。秦が趙を攻めた際に援軍を
 送れば次は魏だと脅され派遣を拒んだ安釐王を欺いて出兵する策を
 信陵君に授けた後に自害→「史記·魏公子列傳」
                 信陵君、兵符を窃んで趙を救う“信陵君窃符救趙”
張騫ちょう・ けん
 前漢・武帝時代の外交官、武帝の命で大月氏に赴いて匈奴との同盟を説き、
 漢に西域の情報をもたらす 

おまけ♪曹操舞槍