ブロークバック・マウンテン☆はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった・・・。

遅ればせながら、昨日(20日)に観てまいりました。
まだ上映してて好かったわ♪
画像
 


ブロークバック・
    マウンテン

BROKEBACK MOUNTAIN
2005年 アメリカ


監督: アン・リー
原作: アニー・プルー
脚本:
ラリー・マクマートリー
ダイアナ・オサナ
音楽:
グスターボ・
     サンタオラヤ


出演: ヒース・レジャー (イニス・デル・マー)
    ジェイク・ギレンホール (ジャク・ツイスト)
    ミシェル・ウィリアムズ (アルマ)
    アン・ハサウェイ (ラリーン・ニューサム)
    ランディ・クエイド (ジョー・アギーレ)
    リンダ・カーデリーニ (キャシー)
    ケイト・マーラ(アルマ・Jr.)

1963年、ワイオミング。
ブロークバック・マウンテンの農牧場で働く為にジョーの事務所で
出会った二人の男・・・イニスとジャック。二人は山で野宿をしながら
羊の放牧の管理を任された。性格的に対照的な2人だったが、
一緒の時間を過ごす中で心身共に打ち解けあうようになる・・・。

やっと、観ることができて嬉しかった♪
先日TVで『ロック・ユー!』を観たばかりだったし
気分的にも盛り上がっておりました。
上映時間が4時頃からだったので普通なら諦めるとこでしたが、
これを逃したら、DVD発売までお預けなんて嫌だ~っ!って感じ(笑)
1000円になる割引券も重宝したよ♪

ゲイ映画は正直、苦手・・・何処が?って声も聞こえますが(笑)
でも、アン・リー監督の描くものならきっと大丈夫だろうと、
勝手な思い込みで臨んで観たものの、
流石に、突然の出来事にはひゃ~っ!って感じでしたが(笑)、
それ以後は、いつもの如く、アン・リー監督の優しさいっぱいの
映像に感激し、涙のラストでありました。
何処がゲイ映画なんだ?という程、人間味溢れた映画だと思いました。
観終わってから考えると、最初の行為に至るまでも
きっと自然に、こうなるんだろうなぁと・・・空間的には開放的な山中、
だけど、社会的には檻とも言える山中では、楽しみも特にないし、
若さ故の生理的欲求みたいのものも出てくるだろうから、
特別なことではなかったのだと・・・思いました。
問題は、それ以後なんだよね。問題って言うのも変だけど、
彼等が社会に帰ってから・・・
例えば、学生時代に楽しい思い出がたくさんありすぎて、
社会に出たとたん彷徨っちゃう、そんな感じと、
いけないことをしてしまったという、後ろめたい感じと、
自分のしたいことが出来ないもどかしさが溢れている彼等、
と、彼等を取り巻く人々、家族・・・
人間の細かい感情を描かせたらアン・リー監督には敵わない♪
男とか、女とか超えて
ひたすら人間を追った映画のように感じました。
肉体的な快楽は一瞬、だけど精神的な快楽は永遠。
生きる拠り所は誰にでもあって、彼等の拠り所は
ブロークバック・マウンテン・・・彼らだけの永遠の楽園。

画像
 ぼそぼそとしゃべり、
 ぶっきら棒な
 イニス=ヒースくん♪
 今までのどちらかと言うと
 お坊ちゃまな感じ(笑)は、
 微塵もなく
 粗野だけど、多くを求めず、
 まじめで純粋な感じが
 好いですね~。
小さな社会から抜け出せない原因であろうトラウマを抱え、
兄たちに育てられ、過去は苦労しただろうなぁと思わせる雰囲気が
伏目がちな表情に現れておりました。
彼の妻への愛し方は種付けみたいで、痛かったけど、
娘への愛情は、特別な物みたいでホッとしたよ。

画像
イニスとは
対照的な行動あるのみ!
のジャック=ジェイクくん♪
女性の好みも対照的だし、
割と世渡り上手だったりする。
イニスに今日はダメとか
暫く会えないとか言われて
他の人に手を出したり、
買いに行っちゃったりも・・・
でも、イニスを見つめたり、見送る目は愛でいっぱい

この二人、陰と陽とはよく言うけれど、対照的な分
欠けている所をお互いがピッタリ埋めてあげていたのだろうね。
その上、彼らの感情の駆け引き・・・って言うと下世話なのですが他に言葉が見つからない
・・・が、また好いですね~。
どうしても、女性的男性的といように分けて考えがちなんで、
・・・自分が女性だから男性の心とか生理とか理解し難い分部が
あるのはしょうがないけど、人間としてわかる部分も
たくさんあって、切なさや嬉しさが伝わってきます。
そして、彼等を見守る家族の描き方がまた好いのです♪
自分より男性を愛した夫に対するアルマの苛立ちや、、
義父にやっと文句を言った夫に対するラリーンのしてやったり顔、
一人暮らしの父を気遣うアルマ・Jr.娘としての思い、
息子の愛したイニスと会い、墓に入れることを許すジャックの父、
遺品を手にしたイニスに微笑で紙袋を渡す母・・・
アン・リー・監督はこうした何気ない表情の中にその人の思い
全てを感じさせてくれます。

そして、その遺品。
イニスが山に忘れてきたと言った、別れ際に思わぬ殴り合いで
血がついたシャツが、同じように血がついたジャックのシャツに
重ねて隠すように残されていたのです。
ジャックの二人だけで住もうという提案を拒否するほど
過去のトラウマから自らの世界を縮めていたイニス。
もしかしたら、ジャックの妻も思っていたようにあの地は
想像の地にしたかったのかも知れないイニスが
実際にあった、確かにあることを自覚したのでしょうね。
娘の結婚式に仕事より大事と思うのも、自覚して初めて
開放されたのではないかと思います。
見つけたときはジャックの物が上にかけてあったシャツが
ラストではイニスの下になっていて・・・
それを見たら、そんな風に思いました。

観た後に、時間が経てば経つほど思いが変わってくる・・・
変わると言うより、深くなる、そんな映画でした。
人間というのは、社会や家族や風習や実にいろんな物に
縛られて生きているものなんだなぁと、今、感じてます。
そして、一番強く縛られる物が愛なのだと・・・

なんだか、上手くまとまらなくて困っています。
DVDになったら、ゆっくり観たいですね~
でも、あの素晴らしい風景は家のTVでは
再現できないだろうなぁ(^^;)
羊の数、凄かった!CGじゃないよね?(笑)

オリジナル・サウンドトラック~ブロークバック・マウンテン

この記事へのコメント

  • 悠雅

    よかったですねぇ。
    大きなスクリーンでご覧になれて、本当によかったです。
    わたしは初見から5ヶ月。サントラを聞き続けてきたせいかどうか、
    彼らを愛する想いは深くなるばかりです。
    わたしももう1度だけ観たくて、明日何とか都合をつけて遠くまで観に行こうと思ってます。

    シャツのエピソード…
    上下を入れ替えようと言ったのは、ヒースなんですって。
    それを聞いたら、またヒースに惚れなおしてしまいます。
    2006年08月21日 16:39
  • ひらで~

    悠雅さん♪
    おかげさまで、無事下山しました(笑)
    ありがとうございました。
    明日、いかれますか?6回目?
    しっかり、目に焼き付けて
    きてくださいね。
    サントラ、私も買おうかな・・・

    シャツの入れ替えはヒースくんの
    アイディアだったのですか!
    私も、惚れなしました♪
    彼の包みこむ愛を感じますね。
    2006年08月21日 20:57
  • 松たけ子

    ひらで~さん、皆さん、こんばんは!
    ついに登られたのですねブロ山!
    この映画、私にとって一番強烈だったシーンは...再会したイニスとジャックが、もう辛抱たまらん!とばかりに、ブチューと熱い抱擁&キスするところを、もう奥さんに見られちゃうところ!もし自分の恋人や旦那が、同性とあーいうコトをしているのを目の当たりにしたら...と想像すると、何だかドキドキしちゃって...
    DVDでも、再見したいですよね。
    私もCG疑惑を持ったほど、羊さんには驚きました。

    悠雅さん、ハジメマシテ!
    あのシャツは、ヒースのアイデアだったんですね。へぇトリビア!ヒース、やっぱ素敵な感性の持ち主!

    2006年08月21日 23:35
  • ひらで~

    松たけ子さん♪
    コメント、ありがとうございます!
    ついに・・・長かったですよ~
    周りの方々は早々に行っていて、
    情報に蓋をするのが大変(笑)

    再会したイニスとジャックの
    抱擁シーン・・・しっかり見られて
    ましたね~あの時の彼女はかなり
    複雑だったろうなぁ~私だったら
    どうかなぁ?映画の時代ほど、
    抵抗ないかも(笑)
    相手にもよるし・・・
    羊さん、やっぱり多いよね~
    最近の戦争映画などの戦闘シーンの
    人間の多さよりビックリしました。
    2006年08月22日 08:55
  • ゆうこ

    この作品観たいな~と思いながら、もうこちらでは、公開が終わってしまって、早くDVD化してもらいたいなぁと思ってました。
    うわぁ。ほんと、観たいです。
    アン・リー監督は、2作しか観たことがないんですけど、けっこう好きな監督さんです。
    2006年08月25日 10:26
  • D

    >観た後に、時間が経てば経つほど思いが変わってくる・・・
    変わると言うより、深くなる、そんな映画でした。
    そして、一番強く縛られる物が愛なのだ・・・

    ああ、まったく同感です!!
    いろんな意味で後を引き、また近いうちに再鑑賞するだろうこの作品、みごとですねぇ~
    2006年10月04日 14:41
  • ひらで~

    ゆうこさん♪
    DVDになりましたよ~!
    ぜひ観てください。
    私は買ってしまいました(^^)v
    アン・リー監督は映像も綺麗だし、
    人間も素敵に描かれるので
    私も好きです♪
    2006年10月05日 09:10
  • ひらで~

    Dさん♪
    TB&コメント、ありがとうございました。
    観るたびに、また発見があったり
    思い入れが強くなったり・・・。
    素敵な作品は再見でも
    楽しみがありますね。
    2006年10月05日 09:12
  • ゆうこ

    観て、ほんとに、切なかった映画でした。
    あの時代だからこそ、ここまで続いたのかな?とも思ったり。
    ヒースと、ジェイクの演技に、相当ひきこまれました!!
    2006年10月25日 11:25
  • ひらで~

    ゆうこさん♪
    あの時代だったからこそでしょうね・・・
    今だったらもっと堂々とできるかも。
    でも、秘めた想いだからこそ、
    あそこまで深くなれたのでしょうね。
    2006年10月26日 08:38

この記事へのトラックバック

下山途中
Excerpt: 今日はネタバレです・・・
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-08-21 16:42

映画「ブロークバック・マウンテン」
Excerpt: 原題:Brokeback Mountain アメリカ西部ワイオミングのブロークバック・マウンテンでの二人の男の運命的な出会いから20余年の友情を越えた禁断の愛の哀しい物語・・・。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
Tracked: 2006-08-22 19:01

ブロークバック・マウンテン
Excerpt: ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション-GNBF-1134-060922 ¥3,392 イケヤ アメリカ 2005年 ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール..
Weblog: 映画を観よう
Tracked: 2006-10-04 14:49

ブロークバック・マウンテン
Excerpt: オスカー確実と言われて、「クラッシュ 」にさらわれた作品。 「クラッシュ 」は好きな作品ではなかったので この作品を早く観たいと思ってました。 DVDで鑑賞。 1963年、ワイオミ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-11-28 05:57

『ブロークバック・マウンテン』を観たぞ~!
Excerpt: 『ブロークバック・マウンテン』を観ましたピュリッツァー賞を受賞した同名短編を基に、ふたりのカウボーイの20年にわたる秘められた禁断の愛の行く末を、雄大な風景をバックに叙情豊かに描いたドラマですちなみに..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-02-28 01:14

ブロークバック・マウンテン
Excerpt: はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった。
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-09-24 08:41