フレッシュ・デリ(劇場未公開)

DVDで鑑賞♪
画像
フレッシュ・デリ
THE GREEN BUTCHERS
DE GRONNE SLAGTERE
2003年 デンマーク
監督・脚本: アナス・トーマス・イェンセン
音楽: イエッペ・コース
出演: マッツ・ミケルセン (スヴェン)
    ニコライ・リー・カース(ビャン/アイギル)
    ボディル・ヨルゲンセン (ティナ)
    リーネ・クルーセ (アストレッド)
    オーレ・テストラップ(ホルガー)
ホルガーの肉屋で働いていた スヴェンとビャンは二人で新しい肉屋を開店するが、
一向にお客が来ない。ある日、冷凍庫で作業中の電気屋がいることを知らずに
スヴェンが鍵をかけて帰ってしまった。次の日、冷凍庫で死体となっていた
電気屋を見つけたスヴェンはとんでもないことを思いつく・・・。

ず~っと、観たかった一本♪
『キング・アーサー』で惚れて、他の作品観たいなぁ~といろいろ
検索してたら、これのデンマークでのHPがあって、
予告編で変なマッツ・ミケルセンの姿にぶっ飛んだという、思い出が(笑)
ネタバレになりますが・・・もう知ってるか・・・
死体をマリネにして売ってしまう肉屋さんのお話で、
香港映画だったら、肉饅頭でグロ系になるのだろうけど、
そこは北欧・・・デンマークって違ったっけ?あやふやだけど(笑)
のんびり~~~~、気にしない~~~~、質素に行こ~~~~な雰囲気の中、
何人犠牲になっても、のほほん~~~~。
グロいシーンがないので笑って済ませちゃうのね。
いいのか?って気にもなるけど、
マッツ・ミケルセン演じる嫌われ者スヴェンがやっと得た幸せを思うとね、
いいよ、いいよ、バレなきゃ・・・って思ってしまう(笑)
最後、幸せに海水浴しちゃってる姿なんぞを観れば
余計にね・・・
っていうか、こんなお話に、もう、どうしろって言うのよ!って感じです(笑)

ビャン役のニコライ・リー・カースも事故で障害者となった双子の弟アイギルと
二役を演じ別けていて、言われなきゃわからないこの二人(?)、
とっても好かったです♪
『しあわせの孤独』ではニコライ・リー・カースは交通事故の被害者、
マッツ・ミケルセンは加害者の夫で被害者の婚約者とできちゃうという、
え~!っていう感じで、共感するとこがなくて、戸惑う感じでしたが、
本作は共感って言うのはできないけど(笑)
アクシデントから未来が不幸にずれていく『しあわせの孤独』より、
未来が幸せに置き換わっていく本作の方が好感度が高いので
好きだな・・・現実に起こりえるアクシデントは
『しあわせの孤独』のほうなんだろうけど(^^;)

それにしても、マッツ・ミケルセンの姿・・・
本人、好きなのかなぁ?
今、丁度『キング・アーサー』のノベライズを古本屋で手に入れ、
読んでるところで・・・トリスタンとの落差が楽しいです(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フレッシュ・デリ

    Excerpt: 2003 デンマーク 洋画 ドラマ 作品のイメージ:笑える、ほのぼの、切ない 出演:ニコライ・リー・カース、マッツ・ミケルセン、リーネ・クルーセ、ボディル・ヨルゲンセン マッツ・ミケルセン目.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-03-17 14:37
  • ???????? (2003)

    Excerpt: ??????????De grne slagtere English Title?The Green Butchers ???????????????? ?????????????????Ander.. Weblog: NORDIC CINEMA racked: 2011-09-05 04:03