ドラマ「三国志Three Kingdoms」88☆危急存亡

先の北伐で失った力を再び取り戻した蜀では
孔明が再び動こうとしていた。
そんな矢先、趙雲の訃報が・・・。

第88話 曹真、兵権を譲る ≪趙雲辭世≫
趙雲死去の知らせが伝わり、諸葛亮は悲嘆にくれる。しかし、曹休が石亭で敗れたことを知った諸葛亮は、再度北伐を始め、陳倉城を攻める。曹叡は、曹真に喝を入れるため、蜀軍の迎撃を命じる。郝昭の必死の抵抗により、苦戦を強いられていた蜀軍だが、曹真が陳倉近くで陣を構えたことを知り、曹真の裏をかく作戦に打って出る。曹真はまんまと策にはまり、魏延に殺されそうになる…。


229年、漢中、右将軍府。
荊州を失ったことを悔む孔明・・・しかし北伐は劉備の願い、
先の北伐で疲弊した蜀は潤いの兆し、魏が呉に苦戦を強いられる今、
立たねばという思いと、地の利の不利と司馬懿という脅威の出現に
成すことが出来るのか不安な様子・・・それでもやらねばなりません。
孔明は陛下に書を書くと人払い・・・(後)出師の表を書き始めます。
画像
先帝慮漢賊不両立      先帝は漢と賊とは両立せず
王業不偏安          王業は偏安せざるを慮(おもんばか)り
故託臣以討賊也       臣に賊を討つことを託す
以先帝之明 量臣之才   先帝の明を以て 臣の才を鑑み
故知臣伐曹魏         臣が曹魏を伐つに
賊才弱敵彊也         敵の強きを知れり
然而不伐賊 王業必亡    然れども、伐たざれば 王業は滅びぬ
與其坐而待亡         座して滅ぶより 
不如併力伐之         これを伐つにしかず
臣受命至今          臣 命を受け今に至り 
寝不安席 食不甘味     寝食ともに安からず
深知北征 必先入南     北征には まず南征
故有五月渡濾         ゆえに5月 濾を渡り
深入不毛之地 以安後方  不毛の地に入り 後方を安ず
臣非不自惜          惜しまざるに非ず
是知王業不能編安于蜀中 王業は蜀中に 編安すべからざるを知り
必奉先帝之意         必ずや先帝の遺志を奉じ
図北伐大挙也         北伐の大挙を図らん

そこへ突然の趙雲の訃報・・・片腕を亡くした、と嘆き
画像
臨終の際に「北伐」と3度叫んだと聞き、その場に崩れ落ちる孔明
画像
彼の心残りは北伐、けれど命を縮めたのも北伐だったのかも・・・。
趙雲は生年が不明なため没年齢がわかりません・・・60歳説、70歳説が
あるようですが・・・趙雲についての記載が少ないせいもあるのでしょう。
孔明は意を決したように、続きを記します。

臣鞠躬尽瘁           臣 鞠躬尽瘁(きっきゅうじんすい)して
死而后已            死して後 已まん
至于北伐成敗利鈍      北伐の成否に至りては
非臣之所能逆賭也      臣 予見せざるところなり

魏は呉との戦いで乱れており、今こそ北伐の好機と孔明は
劉禅に出兵を上奏。劉禅は趙雲の死は出兵には不吉の前兆と
心配しますが、天文を見ると吉兆なので心配には及びませんと
孔明・・・前回の北伐の時は天文は変わりやすいから
宛てにはならんと反対を押し切ったのに・・・ここで、劉禅、
若者らしい、ストレートな疑問を孔明に投げかけます。
画像
魏は攻めて来ないのに、相父は何度も攻める、もし出兵して
いなければ蜀、魏、呉はいがみ合わなかったのでは?と。
この3国の中で一番若い陛下にはまだ先がありますが、
私は52歳になります。蜀は20年は安泰ですが、その後は
曹魏は必ず攻めてきます。その時は私はもう居ません。
生きているうちに中原をとり、天下を平定したいため
私は北伐を行いたいのですと孔明は応えます。
画像
魏には魏の、呉のは呉の、そして蜀には蜀の
大業があるのです、勝手にやめたり、滅んだりすれば
ご先祖さんや亡き主君になんて言ったらいいのか・・・
この時代はそういう時代だったのだと思います。
劉禅、更に上奏文にもあるように、必ず勝つかわからぬのに
推し進めるのか?と問い、座して死を待つよりは北伐すべきと
考えていると孔明・・・残りの人生を北伐だけに懸けたい孔明、
自分がこの時代、この世に生を受けた意味がそこにあるかのよう・・・
それしかないとの思いが伝わって来ます・・・切ないけどなぁ。

曹魏、洛陽宮では曹真が曹叡に呼ばれ、雍涼を守っているはずが
なぜまだ都にいるのかと問われます。孔明が迫ってきているのに
それも知らずに女遊びで忙しい曹真です(--;)
画像
曹叡は司馬懿一族を抑えるように言われたが、そんなことを
している間に諸葛亮に奪われるぞ!と、とうとう怒りを顕わにし、
早く行かねば司馬懿を大都督にするぞと脅し、3日以内に
行けと命令。負けたら戻って来るなとは、かなりの成長ぶりを
見せてくれる叡くんです。
画像
この方、あまり幸せとは言えない育ち方をしているせいか、
人を見る目はあるみたい。
曹真は息子曹爽と共に陳倉に向かいます。

228年、陳倉の戦い。
孔明が戦いを見ながら、郝昭の動きを偵察。
画像
蜀軍は郝昭に阻まれ苦戦していましたが
援軍の将が曹真だと知り、姜維に呉が曹休にやったように
偽降の計を曹真に仕掛けてみよと、孔明。元魏兵の姜維を
使うところが孔明の凄いところ。孔明の読み通り、
投降の書を姜維から受け取った曹真は、すっかりそれを信じ、
天は我に味方したと大喜び。
孔明を姜維と挟み打つにすると計画した曹真はのこのこと
孔明の陣中に入って行き、袋の鼠状態に・・・。
画像
姜維、魏延に迫られ、また負けた~
と、自決を覚悟した曹真でしたが、曹爽の援軍で何とか脱出。

孔明の陣。曹真を打ちとれず、少々ご不満げな孔明・・・こういう
態度も珍しい・・・陳倉を攻めるのに時間がかかり過ぎたうえ、
糧道を塞がれ、兵糧がもたぬので南へ帰ると言います。
画像
一気呵成になぜ攻めないのかと魏延が問うと、兵を置くには
地形が悪く勢いだけでは勝てぬ、撤退は命令だと孔明。
がっかりと肩を落とす魏延です。
画像


敗走中の曹真の元に孔明南下の知らせが入り、
曹爽が追撃に出ることに。それでは足りんと、曹爽の部下・王双に
陳倉の郝昭を合流させようとしますが、彼は司馬懿の部下、
良い返事をするわけがなく、兵符を見せてようやく
半分の兵を出すことに。

そのころ、魏延が孔明への不満を口にいたしておりますと、
孔明から呼び出されます・・・いきなり、不満を口にするとは
不届きだと怒られる魏延・・・孔明ったら、地獄耳(笑)・・・ですが、
画像
魏延には武将としての意地もあり、いつになったら活躍できるのかと
撤退への不満を孔明に訴えます。ならば、曹真の追撃を
待ちうけよ、と命令。そう来なくっちゃ~♪ってな感じで、
画像
孔明の話もそこそこで出撃する魏延でした・・・なまじ、力があるから
扱いが面倒でも孔明は使うしかないんでしょうね~。
画像
そして孔明は姜維に陳倉攻めを命令・・・こちらは素直。まるで
馬謖の代わりに?って思うほどの可愛がりようです。

そして、陳倉・・・閉じていたはずの城門が開けられ蜀軍が侵入。
魏延が倒した王双に合流していた郝昭の兵が着ていた鎧を
利用し、開城させた姜維・張苞が攻撃してきたのです。
要害を落とされ、これまでと悟った郝昭は司馬懿に詫びながら
自害・・・魏延の伏兵に散々にやられた曹爽の姿を見た曹真は
皇叔の身分に胡坐をかき、誰よりも負け戦が多くても大都督として
咎められずにいたが、これで終わりだ・・・と嘆きます。
画像
すると、部下の郭淮(かくわい)が病気と称し、
司馬懿の派遣を上奏するように進言。
そして死罪を免れようと、怪我を負った曹爽を上奏に・・・
情けない父親のために、傷を負って、嘘まで言わされてる曹爽、
かわいそうだなぁ~。
曹叡はなぜ本人が来ない~!と激怒しますが、曹爽渾身の演技に
百官達は騙され(^^;)、曹真の命だけは~と懇願。
仕方がないな~と、曹叡は華歆に司馬懿を連れて来るように
命じます。

第87話                      第89話
前回の馬謖の死から今回冒頭の趙雲の訃報で、ど~んと
落ち込んでいましたが、曹真が出てきてからはなんだか
楽しい♪でも、また司馬懿が出てくるんだ・・・                    
三国志 Three Kingdoms 第9部-危急存亡-ブルーレイvol.9 [Blu-ray]
エスピーオー
2012-06-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三国志 Three Kingdoms 第9部-危急存亡-ブルーレイvol.9 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

  • さっちゃん

    こんばんは。

    今日の回をを見ていて孔明の姜維に対する様子ですが、この二人の年齢差もあると思うのです。
    多分このころ姜維は27か28くらいだから、孔明は自分が主君に三顧の礼で迎えられた時と同じような感じ?
    もしかすると親子のような情があったと考えます。
    今回この三国志は年齢が親子ほど離れたコンビネーションはうまく連携ができていていいと感じています。

    それにしてもあの筆を落として、そのあとよろよろとよろめくように倒れるあの姿。
    泣けました。ボロボロでした。
    それと52歳という年齢。あと2年なんですね。
    複雑な心境です。
    2012年08月02日 20:28
  • ひらで~

    さっちゃんさん♪
    そうか、年齢歳ね。
    そういう年周りなんですね。
    俳優さんの実年齢を考えちゃうから
    それで、その年齢?って惑われる
    事があって、姜維の歳は気にして
    なかったです(笑)
    でも、それだけ離れてて、使い勝手が
    良ければ可愛がりたくもりますね。
    魏延、可愛くないし(笑)

    趙雲の訃報を聞いてからの姿は
    切なかった・・・さすがにこの回は
    出だしにいきなりそんなシーンで
    ブログどうしようか~って思った程。
    でも、後半が小気味よくて、気分が
    少し晴れました。

    あと2年・・・その回までにあと6話です。
    2012年08月02日 23:28
  • 涼子

    ひらで~さま。このサイト&三国志ファンの皆様。ひらで~さんの記事がアップされるないなや、ほぼオンタイムで見ているのですが(実は仕事中というのはないしょ・・・(^^;))、このところルー・イー@孔明様が毎日泣いてばかりいるので皆さん同様私も悲しくて、昨日は何をコメントしていいのかわからず書けませんでした。ドラマなんだしユーチューブもあるのだから、蜀を建国するまでの回を見てお口直し?すればいいのだけど、今最終回に向かいつつあるこの雰囲気を壊したくないとも思う複雑な気持ち。それでも今後のために(今後もっと悲しくなったときのために)、皆様のお気に入りの回orお気に入りのルー・イー@孔明様はどれかを教えて欲しいのです!私は・・・選ぶのはそりゃあ難しいのですが、やっぱり37話の江東での舌戦のところでしょうか。ひらで~さん&他の皆様はいかがですか?教えて下さい。
    2012年08月03日 09:44
  • ひらで~

    涼子さん♪
    このところ、悲しいお顔ばかりで
    書いていても辛いのですけど、
    孔明の最後は変わりませんので、
    仕方ないですね。

    お気に入り・・・う~ん難しい(笑)
    舌戦も含めて呉の中で頑張ってる
    姿は良いですよね~
    周瑜の病を治す処方箋のとことか
    怒らすところととか・・周瑜には
    悪いけど(笑)
    あとはやっぱり、隆中対ですかね~♪
    若々しくて素敵です。
    そうそう、張飛にいじめられる(?)
    ところも・・・って、挙げてけば
    多すぎ?(笑)
    2012年08月03日 10:19
  • ちはる

    こんにちは。

    趙雲の死は観ていて辛かったです。あんなに取り乱して号泣するんですから、私まで泣けてきました。

    「八人の英雄」の若くてお顔がふっくらしたルー・イーを観た後に、88話を観たせいか孔明が老けてやつれて見える気がするんですが、そう思うのはのは私だけでしょうか(笑)

    ひらで~さんがおっしゃるように、曹真が出てくると一気にコメディーチックになって面白いですよね。このドラマの曹真は度量が狭くて、自分は皇叔で司馬懿より偉いんだと言ってて、我が一族は名門だと言っていた袁紹を思い出してしまいました。こんな父親をもつ曹爽が不憫です。まぁ、観てて楽しいのでいいですけど(^◇^)

    上のコメント拝見しました。涼子さんはじめまして。お気に入りの孔明様ですか、三顧の礼や赤壁の孔明も好きですが、私は35話で劉琦が孔明の助言を聞き出すために、古書のある二階に上がらせ梯子をはずしてしまう回が好きです。

    古書を楽しそうに読む姿や梯子をはずされ困った表情+小声でアイヤーって言うルー・イー@孔明は観ていて楽しかったです。
    2012年08月03日 15:35
  • ひらで~

    ちはるさん♪
    頼りにしていた趙雲を亡くした哀しみと
    劉備の思いを一人で背負わねばならない
    孔明の心細さのようなものを感じて、
    孔明の涙には、私も泣かされました。

    「八人の英雄」のルー・イーはぽっちゃりで
    可愛いですよね。あれから5年経っての
    「三国」ですから、変わってますよね。
    「三国」でも33話の彼に比べれば
    ほっそりした感じに見えますもの。
    ドラマ、暑かったり寒かったり、
    大変だったのではないでしょうか。

    曹真ね~私も袁紹タイプの育ち方
    したんじゃないかと思います(笑)
    息子、健気ですよね。あんな父親でも
    父親ですから、仕方ないけど・・・。

    あいや~って言う孔明、私も好きです♪
    ルー・イーが言うの初めて聞いた(笑)
    う~ん、好きなシーンいっぱいあるなぁ~
    どれって、決められないわ(笑)
    2012年08月03日 20:57

この記事へのトラックバック